阿刀田高のTO-BE小説工房 選外佳作「形の悪いデラウェア」ゆい子

  • 結果発表
  • 文芸
  • 会員限定

2019.08.09

第53回 阿刀田高のTO-BE小説工房 選外佳作「形の悪いデラウェア」ゆい子

一年前からつきあっている彼の上司がホームパーティーをするから、と彼に同行したが、非常に後悔している。早くこの場から立ち去りたい。

完全アウェー。

当然だが、みんな彼の会社の人達で、話は会社での楽しいことや、過去のトラブルや、私の知らない誰かの噂。

彼は私を気遣って、いちいち解説を挟んでくれるし、私が心細いだろうと思ってか、常に隣にいてくれる。その気遣いはありがたいけど、ちょっと違うんじゃない? と私は心の中で叫んでいる。

彼が私を連れてきたのは、会社の皆に私を自慢したかったからだ。彼は今、恋愛病に罹っているから、私をかわいいと思っている。だから自慢して歩きたいのだ。

でもこの場に招待されている彼の会社の女性達の眼は違う。クスクス笑っている。その笑いは「嘲笑」なのだ。

私は彼より一回り年上だ。いくらスキンケアをがんばっても、スタイルを良くしようと運動をしても、十二歳という年の差は埋まらない。下手に若作りしても「イタイ」と陰口を叩かれるだけだ。

彼は顔は整っているし、性格も優しくて、会話も楽しくできる、人気者の部類に入る人だ。既に四十四の私が隣にいるのは「絵にならない」ということなのだろう。彼女達の嘲笑も、その意味も、恋愛病の彼にはわからない。

「みんな、葡萄食べる? デラウェア。」

ホームパーティー主催の男性が声を張り上げた。

「僕の母の実家が葡萄園やってて。形が悪くて売り物にならない葡萄をくれたんだ。味はすごくいいんだよ。」

男性は葡萄を大皿に山盛りにして、テーブルの中央に、どん、と置いた。

「嬉しい。いただきまーす。」

若い女の子達数人が我先にと葡萄を手に取った。

「あー、この葡萄、変な形。」

ピンクのオフショルダーの服をかわいく着こなしている女の子が、ひと房の葡萄を皆に見せびらかした。

その葡萄は中央からぐにゃりと曲がっている。確かに売り物にはならないだろう。

「かわいそうですよねー。」

女の子の突拍子もない言葉に、全員が注目した。

「この葡萄だってがんばったと思うんですよ。でもこんな形になっちゃって。」

「何、優しいこと言ってるのー。」

同僚らしい女の子が隣で笑っている。この場にいる皆が笑い、場が楽しい雰囲気になっていく。

「この葡萄だって、ほかの葡萄みたいに大切に扱われて、スーパーでお高い値段で、きれいな箱に入れられて売られたかっただろうな、って。でももう形が悪くなっちゃった自分を受け入れて、相応の身分になるべきなんですよね。」

彼女は最後の「ね」を言うのと同時に、チラッと私に視線を向けた。いや、しっかり私の目を見た。

ああ、そうか。この子、彼のことが好きなんだ。きっと好きで好きでたまらなくて、胸を痛めて、何度も目が腫れ上がるほど泣いたんだ。そんなに好きな男性の恋人が、決して若いとは言えない、自分の母親に年が近い女だなんて。認めたくないに決まってる。攻撃したくなるに決まってる。

「何それー。葡萄の気持ち?」

皆が一層笑っている。実は彼女が私に、「身分をわきまえろ」と言っていることには気づかずに。

その時、私の隣に座っている彼が手を伸ばして、言った。

「ねえ、その葡萄、俺にくれよ。」

「え?」

女の子は明らかに動揺している。しかし彼は手を引っ込めない。周りの人達も、小さくざわつき始めた。女の子はおどおどしながら、彼の手に曲がった葡萄を載せた。

「サンキュー。」

彼は素早く、一粒口に入れた。

「うわ、すっげえ甘い。何これ、最高!」

主催の男性が

「そうだろ。味は保証するよ。」

と自慢げに言った。

「それにちょっと形が悪いくらい個性がないと、葡萄もつまらないよ。」

と彼が葡萄を目線の高さに持ち上げた。

「なんか今日は葡萄の気持ちを語る日?」

と誰かが言って、皆が笑った。

彼は私に顔を向けて、ニヤッといたずらっ子のような笑顔を見せた。