阿刀田高のTO-BE小説工房 佳作「スパルタ教師」清本一麿

  • 結果発表
  • 文芸
  • 会員限定

2020.11.09

第68回 阿刀田高のTO-BE小説工房 佳作「スパルタ教師」清本一麿

「せ、先生ごめんなさい。許してください」
 甲高い声がして、うつむきながら校庭を歩いていた京子は振り返る。同級生の哲夫が先生に右手をつかまれ、ねじり上げられていた。
「先生、痛い! 離して!」
「校則違反は絶対許さんと言ったはずだ」
 ああ、登校した早々、これか。高まる心音。京子は二人の元へ走り寄る。
「やめてあげてください、先生」
「なんだと?」
 先生は京子をじろりとにらみ、言う。
「校則第九条、生徒は教師に逆らってはならない。私に逆らうのなら、お前も校則違反だ」
「そんなつもりじゃありません」
 京子は哲夫の腕を見やる。背中に回された腕は、ぎりぎりと音を立てそうだ。哲夫はいかにも痛そうに顔をしかめている。
「でも……哲夫君の腕が折れちゃう!」
「そうか。ではこれでどうだ」
 先生は哲夫の腕を離し、髪の毛をむんずとつかんだ。
「痛い痛い痛い!」
 哲夫が悲痛な声で叫ぶ。
「校則第二十三条、前髪は眉毛にかかってはならない」
 先生は校則をすべて暗記している。京子はそれを知っていた。
「校則校則って、規則のことばっかり! 先生、少しは私たちのことも考えてください」
 京子が心の底からそう言うと、先生は落ち着き払った声で答えた。
「校則がすべてだ」
 心が鉛のように沈んでいく。やはり、先生は私たちのことなんか考えてはくれない。ただ校則を守らせたいだけなんだ。
 他の生徒たちも、騒ぎを聞きつけやってくる。先生は全く意に介さないかのように、
「こい! その頭、丸坊主にしてやる」
 と、哲夫をひきずっていく。
「イヤだぁ! やめてください先生!」
 哲夫はばたばたと腕を回してもがく。しかし先生の力は強い。いくら抵抗しても、校庭に波線のように引きずられる跡が描かれるだけだった。
「先生やめてください!」
 京子はまた先生の隣に駆けていく。祈るように両手を握り、先生に懇願する。集まってきた生徒たちも、
「先生やめて!」
「やりすぎだよ先生!」
 と声を上げる。すると、
「だめだだめだ」
 先生の声の調子がワントーン高くなる。
「だめだめだめだ」
 さらにワントーン。
「だめだだだめだ、だめだっだだだだだだだ」
「おい、様子がおかしいぞ」
 周りで様子を見守っていた生徒たちから心配げな声が漏れる。
「だだだだだだだだだだだだだだ」
「だだだ、しか言わなくなっちまったぞ」
 先生の手から力が抜け、哲夫がどさり、と地面に落ちる。
「ちぇっ、なんだよ」
 哲夫は両手をついて立ち上がる。
「いいところだったのに」
 足の砂を払うと、固まってしまった先生の顔を残念そうに見上げる。先生はミケランジェロの彫刻みたいにぴくりとも動かない。それから先生は「ピー」という甲高い音を上げ始める。
「またか。おい、京子」
 哲夫が苦々しげに言う。京子は先生の元へ近づき、手を伸ばす。先生の後頭部をぱかっと開くと、燃料タンクのメーターを確認する。
「ガス欠だわ」
 やれやれ、という声が校庭に響く。
「惜しかったなあ。本当に、本物の、スパルタ教師みたいだったのに」
「ああ、それにしてもH‐05型はやっぱり激しいな」
「うん。一度は稼働禁止になっただけあるね。おい、誰かはやく燃料を持ってこいよ」
 京子は肩を落とし、先の新型ウイルス大流行のことを思う。初めてウイルスが確認されたのが二年前。それから一ヵ月も経たないうちにパンデミックが起こり、ものすごい感染力であっという間に世界中へ広まった。若年層はほぼ無症状なのに、年齢が上がると致死率ほぼ百パーセント。
 結局、この世界に大人は一人も残らなかった。子供たちは仕方なく、一度稼働したが廃棄された、このようなロボットを大人がわりに使うしかなかった。
 先生が発する電子音が鳴りやまない。
 大人がいない世界。初めの頃は、なんてすばらしい世界だろうと思っていたけれど……。
 京子は、長く深いため息をつくと叫んだ。
「ねえ、早くしてよ。誰か早く先生動かしてよ!」
(了)