時代劇本格ミステリー(2018年10月号)

  • 結果発表
  • 文芸

2018.09.07

時代劇本格ミステリー(2018年10月号)

文学賞を受賞するにはどうすればいいのか、傾向と対策はどう立てればよいのか。

多数のプロ作家を世に送り出してきた若桜木虔先生が、デビューするための裏技を文学賞別に伝授します。

時代劇本格ミステリー その二

 

前回に引き続き、鳴神響一が提唱する新ジャンル「時代劇本格ミステリー」の『多田文治郎推理帖』 第二弾『能舞台の赤光』に触れる。

第一弾の『猿島六人殺し』も同様だが、ページを捲ると、早々に事件現場の見取り図が出て来る。

これは本格ミステリー(新本格を含む)を書こうと目論む場合には、必須である。

従来の定義どおりの密室であろうが、衆人環視状況の中で殺人事件が決行されて犯人が分からない、広義の密室(これを「開かれた密室」と呼ぶ)であろうが、見取り図は絶対に入れなければならない。

なぜならば、本格ミステリーの愛読者(選考委員を含む)にとって、事件現場の見取り図を見ながら本文を読み進め、ああでもない、こうでもなかろう……と推理しながら読み進むのは至福の時間だからだ。

従来の、現代が舞台の本格ミステリーには事件現場の見取り図が入った作品は山ほどあるが、時代劇では目にした記憶がない。

だからこそ新ジャンルと言えるのである。

『猿島』も『能舞台』も、事件現場の見取り図は、冒頭の一箇所だけである。プロ作家の作品は、これだけで良いが、新人賞応募作の場合は、これだけではNGである。

なぜなら、一般読者は読んでいて分からない箇所にぶつかったら、冒頭ページを捲り返して見取り図の確認を行うが、限られた時間内で予選突破作と落選作を振り分ける義務を負っている予選委員は、そんな丁寧な読み方はしていられないからだ。

丁寧に読んでくれるのは、最終候補作に残った場合の選考を行う、応募要項に名前が出ている有名作家や評論家だけである。

だから、応募作の場合は要所要所に複数回、事件現場の見取り図を挿入しなければならない。

もちろん、冒頭に挿入するものと同一ではダメで、もっと細分化した図を入れなければならない。

『能舞台』であれば、まず、被害者の上州屋惣右衛門が殺害された時に、主人公の多田文治郎を含む、薪能の鑑賞者が、どういう位置取りで座っていたのかを示す、白州席の見取り図を入れなければならない。

で、文治郎が、薪能を主催した、福岡黒田家の江戸留守居役および黒田家六代当主の継高から依頼されて不可解な密室殺人事件の謎を解いていく名探偵になるわけだが、これは不可能、これまた不可能……と考え得るトリックを次々に潰 していく。

その全ての場面で見取り図が必要になってくる。これは応募者が自分で作成しなければならない(友人知人に依頼して作成してもらう場合を含む)が、首尾良く新人賞受賞者となってプロ作家デビューできる将来を考えれば、自力でパソコンで作成できるのが望ましい。

エクセルで作成してPDFにするのも良し、ウィンドウズ常備のペイントという簡易な画像ソフトで作成しても良い。

ちなみに私は青春出版社から何冊か視力回復のトレーニング本を執筆してベストセラーとなっているが、その中のイラストの九割以上は自分の手で作成している。

これだけ電子データが重要視される時代になった以上は、プロ作家たらんとする者は文章だけでなく、必要最低限のイラストぐらいはパソコンで描けなくては、とうてい読者のニーズに応えられない。

大昔の、読書ぐらいしか知的娯楽が存在しなかった時代に比べて、現代は世間に娯楽が溢れている。

読み難くても、難解でも、最後まで読み通してくれる辛抱強い読者は圧倒的少数派で、たいていは見放す。それが選考委員であれば「この作品は難解。状況が頭に入らない」と決めつけて落選にする。

応募作は、とにかく複雑怪奇な密室殺人事件の状況を気の短い選考委員に理解してもらうのが至上命題であるから、作中に挿入する事件現場の見取り図は何枚あっても良い。

ここで思い出して欲しいのは第十三回の日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作の『ラガド 煉獄の教室』(両角長彦)である。

これは密室殺人事件ではなく、衆人環視状態の教室内で殺人が行われ、犯人が誰なのかも分かっていて動機のみが不明の物語だが、九十三枚もの大量の教室の見取り図が挿入されている。

さすがに『能舞台』は、そこまで大量に見取り図は必要としないが、それでも、新人賞応募作ならば最低でも五枚ぐらいは事件現場周辺の見取り図を入れたほうが読みやすいことは間違いない。

まず、『能舞台』を通して最後まで読んで見る。で、真犯人と殺害方法が分かったところで、主人公の文治郎が探偵作業を開始する時点に戻って「自分なら、ここと、ここに見取り図を挿入するな」などと考えながらの再読を勧める。

そうすれば、この時代劇本格ミステリーという新ジャンルで新人賞を狙おうとするアマチュアには、大いに役立つはずである。

 
 受賞できるかどうかは、書く前から決まっていた!

 あらすじ・プロットの段階で添削するのが、受賞の近道!

 あらすじ・プロット添削講座

 自分に合った文学賞はどれ? どこに応募すればいい?

 あなたの欠点を添削しつつ、応募すべき文学賞を教えます。

 文学賞指南 添削講座

若桜木先生が送り出した作家たち

日経小説大賞 西山ガラシャ(第7回)
小説現代長編新人賞 泉ゆたか(第11回)

小島環(第9回)

仁志耕一郎(第7回)

田牧大和(第2回)

中路啓太(第1回奨励賞)

朝日時代小説大賞 木村忠啓(第8回)

仁志耕一郎(第4回)

平茂寛(第3回)

歴史群像大賞 山田剛(第17回佳作)

祝迫力(第20回佳作)

富士見新時代小説大賞 近藤五郎(第1回優秀賞)
電撃小説大賞 有間カオル(第16回メディアワークス文庫賞)
『幽』怪談文学賞長編賞 風花千里(第9回佳作)

近藤五郎(第9回佳作)

藤原葉子(第4回佳作)

日本ミステリー文学大賞新人賞 石川渓月(第14回)
角川春樹小説賞 鳴神響一(第6回)
C★NOVELS大賞 松葉屋なつみ(第10回)
ゴールデン・エレファント賞 時武ぼたん(第4回)

わかたけまさこ(第3回特別賞)

新沖縄文学賞 梓弓(第42回)
歴史浪漫文学賞 扇子忠(第13回研究部門賞)
日本文学館 自分史大賞 扇子忠(第4回)
その他の主な作家 加藤廣『信長の棺』、小早川涼、森山茂里、庵乃音人、山中将司
新人賞の最終候補に残った生徒 菊谷智恵子(日本ミステリー文学大賞新人賞)、高田在子(朝日時代小説大賞、日本ラブストーリー大賞、日経小説大賞、坊っちゃん文学賞、ゴールデン・エレファント賞)、日向那由他(角川春樹小説賞、富士見新時代小説大賞)、三笠咲(朝日時代小説大賞)、木村啓之介(きらら文学賞)、鈴城なつみち(TBSドラマ原作大賞)、大原健碁(TBSドラマ原作大賞)、赤神諒(松本清張賞)、高橋桐矢(小松左京賞)、藤野まり子(日本ラブストーリー&エンターテインメント大賞)

若桜木虔(わかさき・けん) プロフィール

昭和22年静岡県生まれ。NHK文化センター、読売文化センター(町田市)で小説講座の講師を務める。若桜木虔名義で約300冊、霧島那智名義で約200冊の著書がある。『修善寺・紅葉の誘拐ライン』が文藝春秋2004年傑作ミステリー第9位にランクイン。

バックナンバー

2018年9月7日 時代劇本格ミステリー(2018年10月号)
2018年8月9日 時代劇本格ミステリー(2018年9月号)
2018年7月9日 警察考証のポイント(2018年8月号)
2018年6月8日 大藪春彦新人賞(2018年7月号)
2018年5月9日 選考委員との相性(2018年6月号)
2018年4月9日 予選突破作品のレベル(2018年5月号)
2018年3月8日 プロ作家への道(2018年4月号)
2018年2月13日 警察小説大賞(2018年3月号)
2018年1月9日 一次選考で落とされる4つのパターン(2018年2月号)
2017年12月18日 オール讀物新人賞(2018年1月号)
2017年11月13日 落選作のレベル5段階(2017年12月号)
2017年10月5日 刑事ドラマの警察考証間違い3(2017年11月号)
2017年9月5日 刑事ドラマの警察考証間違い2(2017年10月号)
2017年8月9日 刑事ドラマの警察考証間違い(2017年9月号)
2017年8月9日 小学館文庫小説賞(2017年8月号)
2017年7月9日 予選を突破するには(2017年7月号)
2017年6月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2017年6月号)
2017年5月9日 受賞に必要な要素(2017年5月号)
2017年4月9日 新人賞が求めること、読者が求めること(2017年4月号)
2017年3月9日 展開を読まれてはならない(2017年3月号)
2017年2月9日 受賞するための三要素(2017年2月号)
2017年1月9日 アガサ・クリスティー賞(2017年1月号)
2016年12月9日 江戸川乱歩賞(2016年12月号)
2016年11月9日 時代劇で受賞するには(2016年11月号)
2016年10月9日 新人賞の選考基準(2016年10月号)
2016年9月9日 強い女性刑事の書き方(2016年9月号)
2016年8月9日 メフィスト賞 その2(2016年8月号)
2016年7月9日 メフィスト賞(2016年7月号)
2016年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞   その2(2016年6月号)
2016年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2016年5月号)
2016年4月9日 ばらのまち福山ミステリー文学賞(2016年4月号)
2016年3月9日 日経小説大賞(2016年3月号)
2016年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2016年2月号)
2015年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2015年5月号)
2015年4月9日 横溝正史ミステリ大賞(2015年4月号)
2015年3月9日 本格トリックを創るのが苦手な人が ミステリーを書くには(2015年3月号)
2015年2月9日 江戸川乱歩賞(2015年2月号)
2015年1月9日 福山ミステリー文学新人賞/鮎川哲也賞(2015年1月号)
2014年12月9日 アガサ・クリスティー賞(2014年12月号)
2014年11月9日 松本清張賞(2014年11月号)
2016年1月9日 新潮ミステリー大賞(2016年1月号)
2015年12月9日 島田荘司推理小説賞(2015年12月号)
2015年11月9日 江戸川乱歩賞(2015年11月号)
2015年10月9日 小学館文庫小説賞(2015年10月号)
2015年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2015年9月号)
2014年10月9日 横溝正史ミステリ大賞(2014年10月号)
2014年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2014年9月号)
2014年8月9日 小学館文庫小説賞(2014年8月号)
2014年7月9日 日経小説大賞(2014年7月号)
2014年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2014年6月号)
2014年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2014年5月号)
2014年4月9日 小説すばる新人賞(2014年4月号)
2014年3月9日 日本エンタメ小説大賞(2014年3月号)
2014年2月9日 小説現代長編新人賞(2014年2月号)
2014年1月9日 江戸川乱歩賞(2014年1月号)
2013年12月9日 日本ホラー小説大賞(2013年12月号)
2013年11月9日 鮎川哲也賞(2013年11月号)
2015年7月9日 日経小説大賞(2015年7月号)
2015年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2015年6月号)
2013年10月9日 小学館文庫小説賞(2013年10月号)
2013年9月9日 野生時代フロンティア文学賞(2013年9月号)
2013年8月9日 日本ラブストーリー大賞(2013年8月号)
2013年7月9日 ゴールデン・エレファント賞(2013年7月号)
2013年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2013年6月号)
2013年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2013年5月号)
2013年4月9日 小説すばる新人賞(2013年4月号)
2013年3月9日 新潮エンターテインメント大賞(2013年3月号)
2013年2月9日 江戸川乱歩賞(2013年2月号)
2013年1月9日 小説現代長編新人賞(2013年1月号)
2012年12月9日 角川春樹小説賞(2012年12月号)
2012年11月9日 松本清張賞(2012年11月号)
2012年10月9日 日本ホラー小説大賞(2012年10月号)
2012年9月9日 横溝正史ミステリ大賞(2012年9月号)
2012年8月9日 小学館文庫小説賞(2012年8月号)
2012年7月9日 日本ラブストーリー大賞(2012年7月号)
2012年6月9日 『幽』怪談文学賞(2012年6月号)
2012年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2012年5月号)
2012年4月9日 ゴールデン・エレファント賞(2012年4月号)
2012年3月9日 小説すばる新人賞(2012年3月号)
2012年2月9日 江戸川乱歩賞(2012年2月号)
2012年1月9日 朝日時代小説大賞(2012年1月号)
2011年12月9日 松本清張賞(2011年12月号)
2011年11月9日 日本ホラー小説大賞(2011年11月号)
2011年10月9日 キャラ立て(2011年10月号)
2011年9月9日 リアリティ(2011年9月号)
2011年8月9日 時代小説の文学賞(2011年8月号)
2011年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2011年7月号)
2011年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2011年6月号)
2011年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞 その2(2011年5月号)
2011年4月9日 日本ファンタジーノベル大賞について(2011年4月号)
2011年3月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(続)(2011年3月号)
2011年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2011年2月号)
2011年1月9日 新潮エンターテインメント大賞について(2011年1月号)
2010年12月9日 小説現代長編新人賞について(2010年12月号)
2010年11月9日 松本清張賞について(2010年11月号)
2010年10月9日 新人賞を狙う基本常識について(2010年10月号)
2010年9月9日 歴史群像大賞について(2010年9月号)
2010年8月9日 『幽』怪談文学賞長編賞について(2010年8月号)
2010年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2010年7月号)
2010年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2010年6月号)
2010年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2010年5月号)