現代と昔で大きく意味が異なる言葉 その1(2021年9月9日更新)

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2021.09.09

小走り

今回から何回か「現代と昔で大きく意味が異なる言葉」に関して詳述する。

時代劇を書く場合、「現代とは意味が異なる」と承知の上で、敢えてその言葉を使うか、知らずに使うかで大なり小なり変わってくる。

『超高速参勤交代』という、かなりヒットした映画がある。

岩城平から江戸まで、たったの五日で参覲(「参覲」は「将軍に拝謁する」こと)する、というもの。

しかし、岩城平から江戸まで五日であれば「超高速」ではなく「高速」のレベル。

「超高速」は、謀叛の疑いを掛けられた加賀の前田家(第三代の利常の時)が、嫌疑を晴らすために江戸までの二百㎞近い道程をたったの七日間(通常であれば十五日)で突っ走ったのが、まさに該当する。

この時、先頭を、声を嗄らして走った集団がいる。「下に、下に(土下座せよ)」ではない。

「どけどけ!」「前田家の行列が行くぞ。よけろよけろ!」です。

行く手の人々は、慌てて道を譲って脇によける。道幅が広く、街路樹などがあれば、木陰で行列を見物する。土下座をする必要は、ない。物見高く見物しても、咎められることは、ない。

土下座を求められたのは将軍家および尾張、和歌山、水戸の、徳川御三家である。それだけ御三家は、権威があったわけだ。

この「どけどけ!」と声を嗄らして走る集団は、健脚の足軽たちで「走り衆」と呼ばれる。で、最も健脚の、先頭のそのまた先頭を任されるのが「小走り」である。

行く手に頑是無(がんぜな)い幼児などがいれば、抱き上げて街道脇に避難させる。

この間に後続の行列が追いついてくるので、全力疾走しても、行列の本隊から大きく離れることは、ない。

江戸時代が幕を閉じ、大名行列などはなくなったので、自然消滅で「走り衆」も「小走り」も、なくなった。

そこで、樋口一葉が「ちょっとした早足」のニュアンスで使った「小走り」の誤用が定着し、そのまま現代に至っている。

さて、参覲交代は、前田家の場合は規模が大きいので、現代の金銭換算で、一日におよそ一億円を要した。

前田家は、八億円の費用が浮いたわけである。前田家は、参覲して将軍に面会してもなお、謀叛の嫌疑が晴らせなかった場合に備え、この八億円を軍備に投入する。

こうして寛永二十年(一六四三)に建てられた金沢城の出丸が「忍者寺」こと日蓮宗の妙立寺である。

妙立寺がどんな奇妙な寺で、金沢城の出丸としか考えられないことは『ウィキペディア』で「妙立寺」を検索すれば詳しく載っている。

この妙立寺は、前田家三代目の前田利常(文禄二年(一五九四)~万治元年(一六五八)が創建した。

徳川幕府は第二代将軍・秀忠(在職は慶長十年(一六〇五)~元和九年(一六二三)から第三代の家光(在職は元和九年(一六二三)~慶安四年(一六五一)である。

この頃は、豊臣家の滅亡した大坂の陣(慶長十九年(一六一四)~二十年)から、まだ少しの年月しか経っていない。

日本中に、何とか豊臣家を再興させようという動きがあった。

特に前田家は、開祖の前田利家が豊臣秀吉とは無二の親友だった間柄である。秀吉の下で、前田家は加賀百万石の大大名に伸し上がった。

徳川家康は豊臣家を滅ぼすのに成功したが、前田家の開祖の利家(天文七年(一五三九)~慶長四年(一五九九)の死後である。

そもそも関ヶ原合戦も、あたかも利家の死を待っていたかのように、翌年の慶長五年に起こっている。

いや、「あたかも利家の死を待っていたかのように」ではなく、実際に家康は利家の死を待っていたに違いない。

もしも前田家が関ヶ原合戦で西軍についていれば、家康の勝利はなかったであろう。

家康は関ヶ原合戦に先立って、前田家の内応を取り付けたに違いない。

前田家は嫡子の利長が東軍、弟の利政が西軍に別れて戦ったが、これは形ばかりで、実際には、利政は参戦していなかった。

戦後、利政は所領を没収されたが、それは、そのまま利長に与えられて、前田家全体として見れば、所領は全く減っていない。

それどころか西軍についた大名の旧領の十八万三千石を与えられている。

前田家は徳川政権において尾張・和歌山・水戸の御三家に次ぐ地位を与えられ、利常の正室は徳川秀忠の娘の珠姫、その間に生まれたのが第四代の光高である。

この光高は御三家第三の水戸家の徳川頼房の娘を正室に迎え、その間に生まれたのが第五代の綱紀と、いよいよ徳川家との繋がりを深めていく。

プロフィール

若桜木虔(わかさき・けん) 昭和22年静岡県生まれ。NHK文化センターで小説講座の講師を務める。若桜木虔名義で約300冊、霧島那智名義で約200冊の著書がある。『修善寺・紅葉の誘拐ライン』が文藝春秋2004年傑作ミステリー第9位にランクイン。
 

バックナンバー

2021年9月9日 現代と昔で大きく意味が異なる言葉 その1(2021年9月9日更新)
2021年8月6日 パロディ その3(2021年8月6日更新)
2021年7月9日 パロディ その2(2021年7月9日更新)
2021年6月9日 パロディ その1(2021年6月9日更新)
2021年2月10日 休載のお知らせ(2021年2月9日更新)
2021年1月9日 落選する理由(2021年1月9日更新)
2020年12月9日 時事ネタを書くなら(2020年12月9日更新)
2020年11月9日 文学賞の時代考証について(2020年11月9日更新)
2020年10月9日 角川春樹小説賞 その3(2020年10月9日更新)
2020年9月9日 角川春樹小説賞 その2(2020年9月9日更新)
2020年8月7日 角川春樹小説賞(2020年8月7日更新)
2020年7月9日 新潮ミステリー大賞 その2(2020年7月9日更新)
2020年6月9日 新潮ミステリー大賞(2020年6月9日更新)
2020年5月22日 鮎川哲也賞 その2(2020年5月22日更新)
2020年5月8日 鮎川哲也賞(2020年5月8日更新)
2020年3月24日 直木賞受賞作『熱源』について(2020年3月24日更新)
2020年2月7日 新潮ミステリー大賞(2020年2月7日更新)
2020年1月17日 アガサ・クリスティー賞 その2(2020年1月17日更新)
2019年12月9日 アガサ・クリスティー賞 その1(2019年12月9日更新)
2019年11月8日 江戸川乱歩賞(2019年11月8日更新)
2019年10月25日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞 その3(2019年10月25日更新)
2019年9月9日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞 その2(2019年10月号)
2019年8月9日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞(2019年9月号)
2019年7月9日 時代劇本格ミステリーの手法(2019年8月号)
2019年6月7日 文章の巧いプロ作家(2019年7月号)
2019年5月9日 文章の欠点(2019年6月号)
2019年4月9日 「そして」「しまう」を使うな(2019年5月号)
2019年3月8日 新人賞を狙う際の心構え(2019年4月号)
2019年2月8日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その3(2019年3月号)
2019年1月9日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その2(2019年2月号)
2018年12月7日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞(2019年1月号)
2018年11月9日 ミステリー系新人賞を狙うなら(2018年12月号)
2018年10月9日 松本清張賞(2018年11月号)
2018年9月7日 時代劇本格ミステリー その2(2018年10月号)
2018年8月9日 時代劇本格ミステリー(2018年9月号)
2018年7月9日 警察考証のポイント(2018年8月号)
2018年6月8日 大藪春彦新人賞(2018年7月号)
2018年4月9日 予選突破作品のレベル(2018年5月号)
2018年5月9日 選考委員との相性(2018年6月号)
2018年3月8日 プロ作家への道(2018年4月号)
2018年2月13日 警察小説大賞(2018年3月号)
2018年1月9日 一次選考で落とされる4つのパターン(2018年2月号)
2017年12月18日 オール讀物新人賞(2018年1月号)
2017年11月13日 落選作のレベル5段階(2017年12月号)
2017年10月5日 刑事ドラマの警察考証間違い3(2017年11月号)
2017年9月5日 刑事ドラマの警察考証間違い2(2017年10月号)
2017年8月9日 刑事ドラマの警察考証間違い(2017年9月号)
2017年8月9日 小学館文庫小説賞(2017年8月号)
2017年7月9日 予選を突破するには(2017年7月号)
2015年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2015年5月号)
2015年4月9日 横溝正史ミステリ大賞(2015年4月号)
2015年3月9日 本格トリックを創るのが苦手な人が ミステリーを書くには(2015年3月号)
2015年2月9日 江戸川乱歩賞(2015年2月号)
2014年11月9日 松本清張賞(2014年11月号)
2015年1月9日 福山ミステリー文学新人賞/鮎川哲也賞(2015年1月号)
2014年12月9日 アガサ・クリスティー賞(2014年12月号)
2016年1月9日 新潮ミステリー大賞(2016年1月号)
2015年12月9日 島田荘司推理小説賞(2015年12月号)
2015年11月9日 江戸川乱歩賞(2015年11月号)
2015年10月9日 小学館文庫小説賞(2015年10月号)
2015年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2015年9月号)
2014年10月9日 横溝正史ミステリ大賞(2014年10月号)
2014年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2014年9月号)
2014年8月9日 小学館文庫小説賞(2014年8月号)
2014年7月9日 日経小説大賞(2014年7月号)
2014年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2014年6月号)
2014年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2014年5月号)
2014年4月9日 小説すばる新人賞(2014年4月号)
2014年3月9日 日本エンタメ小説大賞(2014年3月号)
2014年2月9日 小説現代長編新人賞(2014年2月号)
2014年1月9日 江戸川乱歩賞(2014年1月号)
2013年12月9日 日本ホラー小説大賞(2013年12月号)
2013年11月9日 鮎川哲也賞(2013年11月号)
2015年7月9日 日経小説大賞(2015年7月号)
2015年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2015年6月号)
2013年10月9日 小学館文庫小説賞(2013年10月号)
2013年9月9日 野生時代フロンティア文学賞(2013年9月号)
2013年8月9日 日本ラブストーリー大賞(2013年8月号)
2013年7月9日 ゴールデン・エレファント賞(2013年7月号)
2013年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2013年6月号)
2013年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2013年5月号)
2013年4月9日 小説すばる新人賞(2013年4月号)
2013年3月9日 新潮エンターテインメント大賞(2013年3月号)
2013年2月9日 江戸川乱歩賞(2013年2月号)
2013年1月9日 小説現代長編新人賞(2013年1月号)
2012年12月9日 角川春樹小説賞(2012年12月号)
2012年11月9日 松本清張賞(2012年11月号)
2012年10月9日 日本ホラー小説大賞(2012年10月号)
2012年9月9日 横溝正史ミステリ大賞(2012年9月号)
2012年8月9日 小学館文庫小説賞(2012年8月号)
2012年7月9日 日本ラブストーリー大賞(2012年7月号)
2012年6月9日 『幽』怪談文学賞(2012年6月号)
2012年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2012年5月号)
2012年4月9日 ゴールデン・エレファント賞(2012年4月号)
2012年3月9日 小説すばる新人賞(2012年3月号)
2012年2月9日 江戸川乱歩賞(2012年2月号)
2012年1月9日 朝日時代小説大賞(2012年1月号)
2011年12月9日 松本清張賞(2011年12月号)
2011年11月9日 日本ホラー小説大賞(2011年11月号)
2011年10月9日 キャラ立て(2011年10月号)
2011年9月9日 リアリティ(2011年9月号)
2011年8月9日 時代小説の文学賞(2011年8月号)
2011年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2011年7月号)
2011年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2011年6月号)
2011年4月9日 日本ファンタジーノベル大賞について(2011年4月号)
2011年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞 その2(2011年5月号)
2011年3月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(続)(2011年3月号)
2011年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2011年2月号)
2011年1月9日 新潮エンターテインメント大賞について(2011年1月号)
2010年12月9日 小説現代長編新人賞について(2010年12月号)
2010年11月9日 松本清張賞について(2010年11月号)
2010年10月9日 新人賞を狙う基本常識について(2010年10月号)
2017年6月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2017年6月号)
2017年5月9日 受賞に必要な要素(2017年5月号)
2010年9月9日 歴史群像大賞について(2010年9月号)
2010年8月9日 『幽』怪談文学賞長編賞について(2010年8月号)
2010年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2010年7月号)
2010年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2010年6月号)
2010年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2010年5月号)
2017年4月9日 新人賞が求めること、読者が求めること(2017年4月号)
2017年3月9日 展開を読まれてはならない(2017年3月号)
2017年2月9日 受賞するための三要素(2017年2月号)
2017年1月9日 アガサ・クリスティー賞(2017年1月号)
2016年12月9日 江戸川乱歩賞(2016年12月号)
2016年11月9日 時代劇で受賞するには(2016年11月号)
2016年10月9日 新人賞の選考基準(2016年10月号)
2016年8月9日 メフィスト賞 その2(2016年8月号)
2016年9月9日 強い女性刑事の書き方(2016年9月号)
2016年7月9日 メフィスト賞(2016年7月号)
2016年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞   その2(2016年6月号)
2016年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2016年5月号)
2016年4月9日 ばらのまち福山ミステリー文学賞(2016年4月号)
2016年3月9日 日経小説大賞(2016年3月号)
2016年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2016年2月号)