横溝正史ミステリ&ホラー大賞(2019年9月号)

  • 結果発表
  • 文芸

2019.08.09

文学賞を受賞するにはどうすればいいのか、傾向と対策はどう立てればよいのか。

多数のプロ作家を世に送り出してきた若桜木虔先生が、デビューするための裏技を文学賞別に伝授します。

横溝正史ミステリ&ホラー大賞

今回から複数回、横溝正史ミステリ&ホラー大賞について論じる。

締切は九月末。応募規定枚数は、A4の白紙に四十字×四十行で印字し、五十枚以上百七十五枚以内。

第三十六回の受賞作『虹を待つ彼女』(逸木裕)は、ミステリー系の新人賞を狙うアマチュアには必読。

『虹』は、駄作が続いた近年のミステリー系新人賞受賞作の中では傑作の部類に属するが、アマチュアが模倣すべき部分と、模倣してはNGな部分とが混在している。

後者部分を「これで良いのだ」と誤解して応募作を書くと、とんでもない落とし穴に嵌まる。

まず、冒頭は、ヒロインの水科晴が渋谷のスクランブル交差点を見下ろすビルの屋上に四機のドローンを手にして現れる場面から始まる。

渋谷のスクランブル交差点が駄目ならドローンも駄目。これは、応募落選作には山ほどある。普通なら、この冒頭で落とされる。ところが、『虹』は見せ方が非常に巧い。

晴は、ドローンを使って衝撃的な自殺を敢行しようとしている(つまり、この手は二度と使えない)。

次に画面は切り替わり、学校で虐められっ子で引きこもりになり、ゲーム漬けになった田島淳也が二番目の主人公になる。

学校での虐め場面は、要らない。書き古されていてオリジナリティがゼロ。引きこもりになるまでの経緯の二ページはどうでも良い。

田島は、晴が作成したゲームの熱烈なファンで、渋谷が舞台でゾンビが跳梁跋扈しているのをドローン搭載の機銃で射殺していくゲームに取り組んでいる。

これまではゲームだったが、この日に限ってゲーム内のドローンは晴が用意した現実のドローンに連動していた。田島は、そうと知らずに、ドローン搭載の銃で晴を射殺する自殺幇助をさせられる。

この冒頭は出色だろう。二番煎じが絶対に使えないアイディアなので新人賞を狙うアマチュアは模倣したら駄目である。

模倣すべきは、①冒頭で、いきなりヒロインが死ぬ②それきり殺人事件は出てこない――の二点である。

ミステリーを大量に読んでいる選考委員は、殺人事件には食傷している。殺人事件が起きないだけで、選考委員にとっては充分な目新しさになる。

物語は、そこから一気に六年ジャンプし、二〇二〇年になって真の主人公の工藤賢が登場し、以降は基本的に工藤の単独視点で進行する(数カ所に晴の恋人の雨の回顧談が一つの謎の提起として挿入されるが)。

工藤はAIに囲碁を打たせてプロ棋士と対抗させるソフトの開発者である。これも大流行の分野で、もしこれが『虹』のメイン・テーマだったら、一次選考は突破しても二次選考で落とされただろう。時事ネタだからである。

マスコミで派手に取り上げられた素材は全て新人賞応募落選作に大量にある。新人賞は応募者の創造力・想像力を見るものだが、時事ネタを材料にしただけで選考委員は「この応募者は創造力・想像力が貧困」と見なして選考時の減点対象にする。マスコミで取り上げられない素材を出すのが応募作を書く場合の基本。

工藤が取り組むのは、人工知能に故人を再現させることで、工藤が選ぶのが冒頭で自殺を遂げた晴。

既に死んでいる人間がヒロインになる作品は記憶にない。非常に目新しい。しかも晴は極めて孤独で寡黙な人間で、写真も数枚しか残っていないし、声も分からない。

これでは人工知能という形で晴を復活させることは不可能。そこで、工藤が何とかして人工知能化するのに必要な情報を得るべく、四苦八苦悪戦苦闘して晴の過去を探っていく――この過程が『虹』のミステリーの根幹部分である。

そうすると「晴の過去を探るな。探ろうとすれば殺す」という脅迫が始まる。ここで工藤が開発した囲碁ソフトというサイド・ストーリーが巧妙に絡んで来る。

工藤のソフトに負けたくないプロ棋士の目黒が、「敵の弱点を知る」目的で工藤の身辺を私立探偵に探らせる。これに工藤はミス・ディレクトされて、真の脅迫者の正体を見誤まる。工藤を憎悪し、殺そうと企んでいるのは、晴の恋人だった雨なのである。

ここで作者の逸木は、小説作法的にやっては駄目な間違いを犯している。やや軽率な行動をすることで、雨の襲撃を許し、危うく殺されかねない状況に陥る。

これはNG。主人公は徹頭徹尾、ノーミスで行動し、それでも、なおかつ敵の罠に嵌まるような書き方をしなければならない。

犯人の雨のほうも些細なミスで、もうちょいとで工藤を殺せるところで、取り逃がす。

どっちのミスも些細だから、グランプリ受賞の瑕疵にまでなっていないが、こういう「ミスでピンチを演出する」ことをやると、プロ作家になって締切に追われた時に、ついつい安直に、主人公のミスでピンチの場面を作る。そうしたら、すぐさまファンに見放されて文壇から消えることになる。

過去、そういう間違いを犯して文壇から消えた作家を何人も知っている。そうなったら、再デビューのために、また別の新人賞を狙わなければならなくなる。

こういう観点で分析しつつ『虹』を読んで見てほしい。

 
 受賞できるかどうかは、書く前から決まっていた!

 あらすじ・プロットの段階で添削するのが、受賞の近道!

 あらすじ・プロット添削講座

 自分に合った文学賞はどれ? どこに応募すればいい?

 あなたの欠点を添削しつつ、応募すべき文学賞を教えます。

 文学賞指南 添削講座

若桜木先生が送り出した作家たち

日経小説大賞 西山ガラシャ(第7回)
小説現代長編新人賞 泉ゆたか(第11回)

小島環(第9回)

仁志耕一郎(第7回)

田牧大和(第2回)

中路啓太(第1回奨励賞)

朝日時代小説大賞 木村忠啓(第8回)

仁志耕一郎(第4回)

平茂寛(第3回)

歴史群像大賞 山田剛(第17回佳作)

祝迫力(第20回佳作)

富士見新時代小説大賞 近藤五郎(第1回優秀賞)
電撃小説大賞 有間カオル(第16回メディアワークス文庫賞)
『幽』怪談文学賞長編賞 風花千里(第9回佳作)

近藤五郎(第9回佳作)

藤原葉子(第4回佳作)

日本ミステリー文学大賞新人賞 石川渓月(第14回)
角川春樹小説賞 鳴神響一(第6回)
C★NOVELS大賞 松葉屋なつみ(第10回)
ゴールデン・エレファント賞 時武ぼたん(第4回)

わかたけまさこ(第3回特別賞)

新沖縄文学賞 梓弓(第42回)
歴史浪漫文学賞 扇子忠(第13回研究部門賞)
日本文学館 自分史大賞 扇子忠(第4回)
その他の主な作家 加藤廣『信長の棺』、小早川涼、森山茂里、庵乃音人、山中将司
新人賞の最終候補に残った生徒 菊谷智恵子(日本ミステリー文学大賞新人賞)、高田在子(朝日時代小説大賞、日本ラブストーリー大賞、日経小説大賞、坊っちゃん文学賞、ゴールデン・エレファント賞)、日向那由他(角川春樹小説賞、富士見新時代小説大賞)、三笠咲(朝日時代小説大賞)、木村啓之介(きらら文学賞)、鈴城なつみち(TBSドラマ原作大賞)、大原健碁(TBSドラマ原作大賞)、赤神諒(松本清張賞)、高橋桐矢(小松左京賞)、藤野まり子(日本ラブストーリー&エンターテインメント大賞)

若桜木虔(わかさき・けん) プロフィール

昭和22年静岡県生まれ。NHK文化センター、読売文化センター(町田市)で小説講座の講師を務める。若桜木虔名義で約300冊、霧島那智名義で約200冊の著書がある。『修善寺・紅葉の誘拐ライン』が文藝春秋2004年傑作ミステリー第9位にランクイン。

バックナンバー

2019年7月9日 時代劇本格ミステリーの手法(2019年8月号)
2019年8月9日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞(2019年9月号)
2019年6月7日 文章の巧いプロ作家(2019年7月号)
2019年5月9日 文章の欠点(2019年6月号)
2019年4月9日 「そして」「しまう」を使うな(2019年5月号)
2019年3月8日 新人賞を狙う際の心構え(2019年4月号)
2019年2月8日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その3(2019年3月号)
2019年1月9日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その2(2019年2月号)
2018年12月7日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞(2019年1月号)
2018年11月9日 ミステリー系新人賞を狙うなら(2018年12月号)
2018年10月9日 松本清張賞(2018年11月号)
2018年9月7日 時代劇本格ミステリー その2(2018年10月号)
2018年8月9日 時代劇本格ミステリー(2018年9月号)
2018年7月9日 警察考証のポイント(2018年8月号)
2018年6月8日 大藪春彦新人賞(2018年7月号)
2018年5月9日 選考委員との相性(2018年6月号)
2018年4月9日 予選突破作品のレベル(2018年5月号)
2018年3月8日 プロ作家への道(2018年4月号)
2018年2月13日 警察小説大賞(2018年3月号)
2018年1月9日 一次選考で落とされる4つのパターン(2018年2月号)
2017年12月18日 オール讀物新人賞(2018年1月号)
2017年11月13日 落選作のレベル5段階(2017年12月号)
2017年10月5日 刑事ドラマの警察考証間違い3(2017年11月号)
2017年9月5日 刑事ドラマの警察考証間違い2(2017年10月号)
2017年8月9日 刑事ドラマの警察考証間違い(2017年9月号)
2017年8月9日 小学館文庫小説賞(2017年8月号)
2017年7月9日 予選を突破するには(2017年7月号)
2017年6月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2017年6月号)
2017年5月9日 受賞に必要な要素(2017年5月号)
2017年4月9日 新人賞が求めること、読者が求めること(2017年4月号)
2017年3月9日 展開を読まれてはならない(2017年3月号)
2017年2月9日 受賞するための三要素(2017年2月号)
2017年1月9日 アガサ・クリスティー賞(2017年1月号)
2016年12月9日 江戸川乱歩賞(2016年12月号)
2016年11月9日 時代劇で受賞するには(2016年11月号)
2016年10月9日 新人賞の選考基準(2016年10月号)
2016年9月9日 強い女性刑事の書き方(2016年9月号)
2016年8月9日 メフィスト賞 その2(2016年8月号)
2016年7月9日 メフィスト賞(2016年7月号)
2016年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞   その2(2016年6月号)
2016年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2016年5月号)
2016年4月9日 ばらのまち福山ミステリー文学賞(2016年4月号)
2016年3月9日 日経小説大賞(2016年3月号)
2016年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2016年2月号)
2015年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2015年5月号)
2015年4月9日 横溝正史ミステリ大賞(2015年4月号)
2015年3月9日 本格トリックを創るのが苦手な人が ミステリーを書くには(2015年3月号)
2015年2月9日 江戸川乱歩賞(2015年2月号)
2014年11月9日 松本清張賞(2014年11月号)
2015年1月9日 福山ミステリー文学新人賞/鮎川哲也賞(2015年1月号)
2014年12月9日 アガサ・クリスティー賞(2014年12月号)
2016年1月9日 新潮ミステリー大賞(2016年1月号)
2015年12月9日 島田荘司推理小説賞(2015年12月号)
2015年11月9日 江戸川乱歩賞(2015年11月号)
2015年10月9日 小学館文庫小説賞(2015年10月号)
2015年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2015年9月号)
2014年10月9日 横溝正史ミステリ大賞(2014年10月号)
2014年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2014年9月号)
2014年8月9日 小学館文庫小説賞(2014年8月号)
2014年7月9日 日経小説大賞(2014年7月号)
2014年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2014年6月号)
2014年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2014年5月号)
2014年4月9日 小説すばる新人賞(2014年4月号)
2014年3月9日 日本エンタメ小説大賞(2014年3月号)
2014年2月9日 小説現代長編新人賞(2014年2月号)
2014年1月9日 江戸川乱歩賞(2014年1月号)
2013年12月9日 日本ホラー小説大賞(2013年12月号)
2013年11月9日 鮎川哲也賞(2013年11月号)
2015年7月9日 日経小説大賞(2015年7月号)
2015年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2015年6月号)
2013年10月9日 小学館文庫小説賞(2013年10月号)
2013年9月9日 野生時代フロンティア文学賞(2013年9月号)
2013年8月9日 日本ラブストーリー大賞(2013年8月号)
2013年7月9日 ゴールデン・エレファント賞(2013年7月号)
2013年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2013年6月号)
2013年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2013年5月号)
2013年4月9日 小説すばる新人賞(2013年4月号)
2013年3月9日 新潮エンターテインメント大賞(2013年3月号)
2013年2月9日 江戸川乱歩賞(2013年2月号)
2013年1月9日 小説現代長編新人賞(2013年1月号)
2012年12月9日 角川春樹小説賞(2012年12月号)
2012年11月9日 松本清張賞(2012年11月号)
2012年10月9日 日本ホラー小説大賞(2012年10月号)
2012年9月9日 横溝正史ミステリ大賞(2012年9月号)
2012年8月9日 小学館文庫小説賞(2012年8月号)
2012年7月9日 日本ラブストーリー大賞(2012年7月号)
2012年6月9日 『幽』怪談文学賞(2012年6月号)
2012年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2012年5月号)
2012年4月9日 ゴールデン・エレファント賞(2012年4月号)
2012年3月9日 小説すばる新人賞(2012年3月号)
2012年2月9日 江戸川乱歩賞(2012年2月号)
2012年1月9日 朝日時代小説大賞(2012年1月号)
2011年12月9日 松本清張賞(2011年12月号)
2011年11月9日 日本ホラー小説大賞(2011年11月号)
2011年10月9日 キャラ立て(2011年10月号)
2011年9月9日 リアリティ(2011年9月号)
2011年8月9日 時代小説の文学賞(2011年8月号)
2011年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2011年7月号)
2011年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2011年6月号)
2011年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞 その2(2011年5月号)
2011年4月9日 日本ファンタジーノベル大賞について(2011年4月号)
2011年3月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(続)(2011年3月号)
2011年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2011年2月号)
2011年1月9日 新潮エンターテインメント大賞について(2011年1月号)
2010年12月9日 小説現代長編新人賞について(2010年12月号)
2010年11月9日 松本清張賞について(2010年11月号)
2010年10月9日 新人賞を狙う基本常識について(2010年10月号)
2010年9月9日 歴史群像大賞について(2010年9月号)
2010年8月9日 『幽』怪談文学賞長編賞について(2010年8月号)
2010年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2010年7月号)
2010年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2010年6月号)
2010年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2010年5月号)