時代劇の間違い その3(2022年1月7日更新)

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2022.01.07

士農工商は身分制度ではない

時代劇では「士農工商の身分制度」に触れないわけにはいかない。ただし、士農工商を言い出すのは明治維新以降の、それも、かなり遅い時期で、おそらく大正時代か昭和初期。

江戸時代は武士(御目見以上)・百姓町人(御目見以下の御家人は百姓の扱い)・穢多非人の三区分しかなく、商人が最も下という身分制度は存在しない。

それが明らかになったので、日本史の教科書からも「士農工商」の文言は消えた。

平成生まれの人は「士農工商」の言葉を知らない。平成生まれの東大の後輩に「何ですか、士農工商って?」と訊き返された時には、さすがに驚いた。

しかし、大多数の時代劇作家は昭和時代の生まれなので、士農工商の言葉を使った、時代考証間違いの作品は、まだまだ大量に出回っている。

実際、士農工商の身分制度があったとすれば、百姓(農工商)に武士になる機会を与えれば喜んで飛びついたはずである。

身分制度でない「士農工商」の言葉自体はあって、これは一種の職業区分である。

侍(将軍や大名に仕えている武士で、御目見以上の者)と百姓(農工商。御目見以下の武士も、これに含まれる)で、侍とは現代で言うなら国家公務員(将軍に仕えている武士)か地方公務員(大名に仕えている武士)と考えれば、当たらずといえども遠からずである。

某直木賞作家の書いた作品(時代劇ではない)に「先祖は大百姓だったが、御家人になりたくて家屋敷を手放した」というようなことが書かれていて、唖然とした。

そんな馬鹿げたことが、有り得ようはずがない。

喩えるなら、民間企業の社長(二部上場程度)が「私企業では、いつ潰れるかわからない」と全財産を手放して運動し、市役所か町役場の平職員に雇ってもらうようなものである。どれほど非現実的か、分かってもらえただろうか。

百姓から侍になった例

さて、話を士農工商のことに戻そう。

「侍になれ」と言われて、「嫌(いや)である」と断った事例は山ほど大量に存在する。

もちろん周囲との柵(しがらみ)から、やむを得ず侍になる道を選んだ人も大勢いて、その一人が井沢弥惣兵衛である。

弥惣兵衛は、和歌山の那賀郡溝ノ口村(現在の海南市野上新)の豪農で、私費を投じて付近の貴志川(高野山に源を発する、紀ノ川では最大の支流)の埋め立て、および新田開発事業に取り組み、目覚ましい成果を上げたことから、徳川光貞(吉宗の父親)に召し出されて和歌山徳川家の勘定方に就任する。

この時点で百姓から侍になったわけで、その過程で様々な柵(しがらみ)があったであろうことは、容易に想像が付く。

勘定方でも、引き続き田畑の管理や、新田開発に従事したであろうと思うが、弥惣兵衛の治水家としての業績は、吉宗の代になって本格化する。

大々的に紀ノ川流域の新田開発に従事し、ここでも同様の大きな成果を上げたことから、吉宗の将軍位就任に伴って、江戸帯同を命じられる。

関東では武蔵国の見沼(現在の埼玉県さいたまし見沼区)の干拓、見沼代用水(埼玉県行田市付近で利根川から取水、東京都足立区や、さいたま市南区に至る)開削(かいさく)、多摩川改修、下総国の手賀沼(千葉県柏市、我孫子市、白井(しろい)市、印西市に跨がる利根川水系の湖沼)の新田開発、木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)の改修計画、鴻沼(埼玉県にあった沼で、さいたま市中央区、桜区、見沼区に跨がる)の干拓、小合溜井(東京都葛飾区と埼玉県三郷市に跨がる池で準用河川)などに実績を残す。

▲ 見沼自然公園の井沢弥惣兵衛の銅像。

弥惣兵衛は幕臣としても大出世し、享保十六年(一七三一)には勘定吟味役(老中直属で勘定奉行に次ぐ地位)、同二十年には美濃郡代(美濃の三割を占める幕府直轄領を管理する大代官)にまで抜擢される。

プロフィール

若桜木虔(わかさき・けん) 昭和22年静岡県生まれ。NHK文化センターで小説講座の講師を務める。若桜木虔名義で約300冊、霧島那智名義で約200冊の著書がある。『修善寺・紅葉の誘拐ライン』が文藝春秋2004年傑作ミステリー第9位にランクイン。
 

バックナンバー

2022年1月7日 時代劇の間違い その3(2022年1月7日更新)
2021年12月9日 時代劇の間違い その2(2021年12月9日更新)
2021年11月9日 時代劇の間違い その1(2021年11月9日更新)
2021年10月8日 現代と昔で大きく意味が異なる言葉 その2(2021年10月8日更新)
2021年9月9日 現代と昔で大きく意味が異なる言葉 その1(2021年9月9日更新)
2021年8月6日 パロディ その3(2021年8月6日更新)
2021年7月9日 パロディ その2(2021年7月9日更新)
2021年6月9日 パロディ その1(2021年6月9日更新)
2021年2月10日 休載のお知らせ(2021年2月9日更新)
2021年1月9日 落選する理由(2021年1月9日更新)
2020年12月9日 時事ネタを書くなら(2020年12月9日更新)
2020年11月9日 文学賞の時代考証について(2020年11月9日更新)
2020年10月9日 角川春樹小説賞 その3(2020年10月9日更新)
2020年9月9日 角川春樹小説賞 その2(2020年9月9日更新)
2020年8月7日 角川春樹小説賞(2020年8月7日更新)
2020年7月9日 新潮ミステリー大賞 その2(2020年7月9日更新)
2020年6月9日 新潮ミステリー大賞(2020年6月9日更新)
2020年5月22日 鮎川哲也賞 その2(2020年5月22日更新)
2020年5月8日 鮎川哲也賞(2020年5月8日更新)
2020年3月24日 直木賞受賞作『熱源』について(2020年3月24日更新)
2020年2月7日 新潮ミステリー大賞(2020年2月7日更新)
2020年1月17日 アガサ・クリスティー賞 その2(2020年1月17日更新)
2019年12月9日 アガサ・クリスティー賞 その1(2019年12月9日更新)
2019年11月8日 江戸川乱歩賞(2019年11月8日更新)
2019年10月25日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞 その3(2019年10月25日更新)
2019年9月9日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞 その2(2019年10月号)
2019年8月9日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞(2019年9月号)
2019年7月9日 時代劇本格ミステリーの手法(2019年8月号)
2019年6月7日 文章の巧いプロ作家(2019年7月号)
2019年5月9日 文章の欠点(2019年6月号)
2019年4月9日 「そして」「しまう」を使うな(2019年5月号)
2019年3月8日 新人賞を狙う際の心構え(2019年4月号)
2019年2月8日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その3(2019年3月号)
2019年1月9日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その2(2019年2月号)
2018年12月7日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞(2019年1月号)
2018年11月9日 ミステリー系新人賞を狙うなら(2018年12月号)
2018年10月9日 松本清張賞(2018年11月号)
2018年9月7日 時代劇本格ミステリー その2(2018年10月号)
2018年8月9日 時代劇本格ミステリー(2018年9月号)
2018年7月9日 警察考証のポイント(2018年8月号)
2018年6月8日 大藪春彦新人賞(2018年7月号)
2018年4月9日 予選突破作品のレベル(2018年5月号)
2018年5月9日 選考委員との相性(2018年6月号)
2018年3月8日 プロ作家への道(2018年4月号)
2018年2月13日 警察小説大賞(2018年3月号)
2018年1月9日 一次選考で落とされる4つのパターン(2018年2月号)
2017年12月18日 オール讀物新人賞(2018年1月号)
2017年11月13日 落選作のレベル5段階(2017年12月号)
2017年10月5日 刑事ドラマの警察考証間違い3(2017年11月号)
2017年9月5日 刑事ドラマの警察考証間違い2(2017年10月号)
2017年8月9日 刑事ドラマの警察考証間違い(2017年9月号)
2017年8月9日 小学館文庫小説賞(2017年8月号)
2017年7月9日 予選を突破するには(2017年7月号)
2015年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2015年5月号)
2015年4月9日 横溝正史ミステリ大賞(2015年4月号)
2015年3月9日 本格トリックを創るのが苦手な人が ミステリーを書くには(2015年3月号)
2015年2月9日 江戸川乱歩賞(2015年2月号)
2014年11月9日 松本清張賞(2014年11月号)
2015年1月9日 福山ミステリー文学新人賞/鮎川哲也賞(2015年1月号)
2014年12月9日 アガサ・クリスティー賞(2014年12月号)
2016年1月9日 新潮ミステリー大賞(2016年1月号)
2015年12月9日 島田荘司推理小説賞(2015年12月号)
2015年11月9日 江戸川乱歩賞(2015年11月号)
2015年10月9日 小学館文庫小説賞(2015年10月号)
2015年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2015年9月号)
2014年10月9日 横溝正史ミステリ大賞(2014年10月号)
2014年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2014年9月号)
2014年8月9日 小学館文庫小説賞(2014年8月号)
2014年7月9日 日経小説大賞(2014年7月号)
2014年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2014年6月号)
2014年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2014年5月号)
2014年4月9日 小説すばる新人賞(2014年4月号)
2014年3月9日 日本エンタメ小説大賞(2014年3月号)
2014年2月9日 小説現代長編新人賞(2014年2月号)
2014年1月9日 江戸川乱歩賞(2014年1月号)
2013年12月9日 日本ホラー小説大賞(2013年12月号)
2013年11月9日 鮎川哲也賞(2013年11月号)
2015年7月9日 日経小説大賞(2015年7月号)
2015年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2015年6月号)
2013年10月9日 小学館文庫小説賞(2013年10月号)
2013年9月9日 野生時代フロンティア文学賞(2013年9月号)
2013年8月9日 日本ラブストーリー大賞(2013年8月号)
2013年7月9日 ゴールデン・エレファント賞(2013年7月号)
2013年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2013年6月号)
2013年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2013年5月号)
2013年4月9日 小説すばる新人賞(2013年4月号)
2013年3月9日 新潮エンターテインメント大賞(2013年3月号)
2013年2月9日 江戸川乱歩賞(2013年2月号)
2013年1月9日 小説現代長編新人賞(2013年1月号)
2012年12月9日 角川春樹小説賞(2012年12月号)
2012年11月9日 松本清張賞(2012年11月号)
2012年10月9日 日本ホラー小説大賞(2012年10月号)
2012年9月9日 横溝正史ミステリ大賞(2012年9月号)
2012年8月9日 小学館文庫小説賞(2012年8月号)
2012年7月9日 日本ラブストーリー大賞(2012年7月号)
2012年6月9日 『幽』怪談文学賞(2012年6月号)
2012年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2012年5月号)
2012年4月9日 ゴールデン・エレファント賞(2012年4月号)
2012年3月9日 小説すばる新人賞(2012年3月号)
2012年2月9日 江戸川乱歩賞(2012年2月号)
2012年1月9日 朝日時代小説大賞(2012年1月号)
2011年12月9日 松本清張賞(2011年12月号)
2011年11月9日 日本ホラー小説大賞(2011年11月号)
2011年10月9日 キャラ立て(2011年10月号)
2011年9月9日 リアリティ(2011年9月号)
2011年8月9日 時代小説の文学賞(2011年8月号)
2011年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2011年7月号)
2011年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2011年6月号)
2011年4月9日 日本ファンタジーノベル大賞について(2011年4月号)
2011年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞 その2(2011年5月号)
2011年3月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(続)(2011年3月号)
2011年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2011年2月号)
2011年1月9日 新潮エンターテインメント大賞について(2011年1月号)
2010年12月9日 小説現代長編新人賞について(2010年12月号)
2010年11月9日 松本清張賞について(2010年11月号)
2010年10月9日 新人賞を狙う基本常識について(2010年10月号)
2017年6月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2017年6月号)
2017年5月9日 受賞に必要な要素(2017年5月号)
2010年9月9日 歴史群像大賞について(2010年9月号)
2010年8月9日 『幽』怪談文学賞長編賞について(2010年8月号)
2010年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2010年7月号)
2010年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2010年6月号)
2010年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2010年5月号)
2017年4月9日 新人賞が求めること、読者が求めること(2017年4月号)
2017年3月9日 展開を読まれてはならない(2017年3月号)
2017年2月9日 受賞するための三要素(2017年2月号)
2017年1月9日 アガサ・クリスティー賞(2017年1月号)
2016年12月9日 江戸川乱歩賞(2016年12月号)
2016年11月9日 時代劇で受賞するには(2016年11月号)
2016年10月9日 新人賞の選考基準(2016年10月号)
2016年8月9日 メフィスト賞 その2(2016年8月号)
2016年9月9日 強い女性刑事の書き方(2016年9月号)
2016年7月9日 メフィスト賞(2016年7月号)
2016年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞   その2(2016年6月号)
2016年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2016年5月号)
2016年4月9日 ばらのまち福山ミステリー文学賞(2016年4月号)
2016年3月9日 日経小説大賞(2016年3月号)
2016年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2016年2月号)