一次選考で落とされる4つのパターン(2018年2月号)

  • 結果発表
  • 文芸

2018.01.09

一次選考で落とされる4つのパターン(2018年2月号)

文学賞を受賞するにはどうすればいいのか、傾向と対策はどう立てればよいのか。

多数のプロ作家を世に送り出してきた若桜木虔先生が、デビューするための裏技を文学賞別に伝授します。

一次選考で落とされる4つのパターン

「公募スクール」の「落選理由を探る」のコーナーに、どうして一次選考で落選にされたのか、理由を解説してほしい、という依頼の応募作が送られてくるのだが、私の目から見れば「一次選考で落とされて当然」の作品だけだった。

つまり、応募者の感覚と選考委員が応募作を読む感覚には極めて大きなズレが存在するわけで、今回は、そのギャップを掘り下げて分析してみることにしたい。

何人かの応募者とメールで質疑応答してみた結果、「選考委員には応募作を丁寧に読んで貰える」という、勘違いの幻想が存在して
いることが歴然と分かった。

選考委員は基本的に応募作を「落とす」つもりで読み始める、という大前提が存在する。

応募作品数の少ない新人賞でも、九十五パーセントは予選で弾かれるのである。応募作品数の多い新人賞になると九十九・九パーセントが予選落ちし、中には九十九・九五パーセントまで落とされる新人賞さえ存在する。

一次選考の下読み選者は、編集部から渡された応募作を、決められた期日までに当落の選別をし、そういう決定を下した理由を、簡単なレポートを添えて二次選考以降の選考委員にリレーしなければならない。

となれば「全応募作を丁寧に」読み込んでいる時間などはない。

中には「この応募作は、ダメ」と最初の数枚で落とす作品も出てくる。

というか、数的には、冒頭の数枚で落とされる応募作のほうが絶対多数を占めるのだ。

では「最初の数枚」とは具体的には何枚なのか。何人かの親しい下読み選者に当たってみたが、気の短い人だと最初の一枚(原稿用紙換算ではなく、印字されたワープロ原稿で)で、気の長い人でも四枚までに落選にしていた。

こうして、応募作の大半を読まずに落としたことで捻出した時間で、「この応募作は面白そう」と感じた作品を、じっくり時間を掛けて読み込み、二次選考に上げる。

つまり、二次選考を通過しなければ、その先にあるグランプリを射止めることは叶わないわけだから、冒頭の一枚、最悪でも四枚までに下読み選者の心を「この応募作は面白そう」と予感させなければならない。

まず、速攻で落とされる原稿を列挙していくと、次のようになる。

①原稿用紙フォーマットで印字された原稿、原稿用紙に書かれた手書き原稿。

原稿用紙フォーマットに印字したら駄目、と応募規定に明記されている。「この応募者は応募規定を読まずに応募している」で直ちに落選。

手書き原稿は不可の新人賞と、OKの新人賞とがあるが、何人かの下読み選者は「手書き原稿は読みにくいので読まずに落とす」と明言していた。とにかく九割以上の応募作が一次選考で落ちるのだから、読まずに落としても何の問題もない。落選理由は、添付されている梗概を読めば纏められる。

②冒頭の四枚までに主人公の台詞が全然ない作品。
台詞がなければ、主人公の性格が伝わってこない。

性格が分からないようなら、当然、キャラは立っていない。新人賞選考の基準が厳しくなって、「主人公のキャラ立て」の配点が大きくなっている。「キャラが立つ=選者(作家・評論家・幹部編集者)が、その人物を魅力的と判断する」で、その基準で見れば零点だから当然、落ちる。

もちろん主人公以外の人間がいなくて会話が成立しない状況も有り得る。その場合は独り言のモノローグで構わない。モノローグと心理描写(事件現場の推理とか、今後の展開の予測)を組み合わせれば、いくらでも主人公のキャラ立ては可能である。

③バー、スナック、レストラン、家庭のリビング、キッチンなど、飲食シーンでスタートしている物語。

テレビのホームドラマでは定番のスタートで、応募作の相当数がこういう冒頭を持ってきて、躊躇なく落選にされる。

そもそも新人賞は「他の人には思いつかないような物語を書ける新人を発掘する」ことに主眼を置いて選考が行われる。したがって、似たような設定の物語は、束にして落とされる。冒頭に飲食シーンを置くと、もろに、この「落選の落とし穴」に嵌まる。

④主人公に何一つピンチがない。

危機的状況に主人公が置かれていないと、どうしても主人公が置かれている物語世界の状況説明を延々とやりたくなる。

このタイプの応募作も非常に多くて即座に落選にされる。主人公がピンチであって、なおかつ「既存作に見た記憶がない」場面からスタートしている冒頭が最も望ましい。

ちょっと考えれば、いくらでも「主人公のピンチ」で下読み選者のハートを掴む手は思いつく。それが思いつけないようなら、そもそもプロ作家になる資格はない。

 
 受賞できるかどうかは、書く前から決まっていた!

 あらすじ・プロットの段階で添削するのが、受賞の近道!

 あらすじ・プロット添削講座

 自分に合った文学賞はどれ? どこに応募すればいい?

 あなたの欠点を添削しつつ、応募すべき文学賞を教えます。

 文学賞指南 添削講座

若桜木先生が送り出した作家たち

日経小説大賞 西山ガラシャ(第7回)
小説現代長編新人賞 泉ゆたか(第11回)

小島環(第9回)

仁志耕一郎(第7回)

田牧大和(第2回)

中路啓太(第1回奨励賞)

朝日時代小説大賞 木村忠啓(第8回)

仁志耕一郎(第4回)

平茂寛(第3回)

歴史群像大賞 山田剛(第17回佳作)

祝迫力(第20回佳作)

富士見新時代小説大賞 近藤五郎(第1回優秀賞)
電撃小説大賞 有間カオル(第16回メディアワークス文庫賞)
『幽』怪談文学賞長編賞 風花千里(第9回佳作)

近藤五郎(第9回佳作)

藤原葉子(第4回佳作)

日本ミステリー文学大賞新人賞 石川渓月(第14回)
角川春樹小説賞 鳴神響一(第6回)
C★NOVELS大賞 松葉屋なつみ(第10回)
ゴールデン・エレファント賞 時武ぼたん(第4回)

わかたけまさこ(第3回特別賞)

新沖縄文学賞 梓弓(第42回)
歴史浪漫文学賞 扇子忠(第13回研究部門賞)
日本文学館 自分史大賞 扇子忠(第4回)
その他の主な作家 加藤廣『信長の棺』、小早川涼、森山茂里、庵乃音人、山中将司
新人賞の最終候補に残った生徒 菊谷智恵子(日本ミステリー文学大賞新人賞)、高田在子(朝日時代小説大賞、日本ラブストーリー大賞、日経小説大賞、坊っちゃん文学賞、ゴールデン・エレファント賞)、日向那由他(角川春樹小説賞、富士見新時代小説大賞)、三笠咲(朝日時代小説大賞)、木村啓之介(きらら文学賞)、鈴城なつみち(TBSドラマ原作大賞)、大原健碁(TBSドラマ原作大賞)、赤神諒(松本清張賞)、高橋桐矢(小松左京賞)、藤野まり子(日本ラブストーリー&エンターテインメント大賞)

若桜木虔(わかさき・けん) プロフィール

昭和22年静岡県生まれ。NHK文化センター、読売文化センター(町田市)で小説講座の講師を務める。若桜木虔名義で約300冊、霧島那智名義で約200冊の著書がある。『修善寺・紅葉の誘拐ライン』が文藝春秋2004年傑作ミステリー第9位にランクイン。

バックナンバー

2018年1月9日 一次選考で落とされる4つのパターン(2018年2月号)
2017年12月18日 オール讀物新人賞(2018年1月号)
2017年11月13日 落選作のレベル5段階(2017年12月号)
2017年10月5日 刑事ドラマの警察考証間違い3(2017年11月号)
2017年9月5日 刑事ドラマの警察考証間違い2(2017年10月号)
2017年8月9日 刑事ドラマの警察考証間違い(2017年9月号)
2017年8月9日 小学館文庫小説賞(2017年8月号)
2017年7月9日 予選を突破するには(2017年7月号)
2017年6月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2017年6月号)
2017年5月9日 受賞に必要な要素(2017年5月号)
2017年4月9日 新人賞が求めること、読者が求めること(2017年4月号)
2017年3月9日 展開を読まれてはならない(2017年3月号)
2017年2月9日 受賞するための三要素(2017年2月号)
2017年1月9日 アガサ・クリスティー賞(2017年1月号)
2016年12月9日 江戸川乱歩賞(2016年12月号)
2016年11月9日 時代劇で受賞するには(2016年11月号)
2016年10月9日 新人賞の選考基準(2016年10月号)
2016年9月9日 強い女性刑事の書き方(2016年9月号)
2016年8月9日 メフィスト賞 その2(2016年8月号)
2016年7月9日 メフィスト賞(2016年7月号)
2016年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞   その2(2016年6月号)
2016年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2016年5月号)
2016年4月9日 ばらのまち福山ミステリー文学賞(2016年4月号)
2016年3月9日 日経小説大賞(2016年3月号)
2016年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2016年2月号)
2016年1月9日 新潮ミステリー大賞(2016年1月号)
2015年12月9日 島田荘司推理小説賞(2015年12月号)
2015年11月9日 江戸川乱歩賞(2015年11月号)
2015年10月9日 小学館文庫小説賞(2015年10月号)
2015年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2015年9月号)
2015年7月9日 日経小説大賞(2015年7月号)
2015年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2015年6月号)
2015年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2015年5月号)
2015年4月9日 横溝正史ミステリ大賞(2015年4月号)
2015年3月9日 本格トリックを創るのが苦手な人が ミステリーを書くには(2015年3月号)
2015年2月9日 江戸川乱歩賞(2015年2月号)
2015年1月9日 福山ミステリー文学新人賞/鮎川哲也賞(2015年1月号)
2014年12月9日 アガサ・クリスティー賞(2014年12月号)
2014年11月9日 松本清張賞(2014年11月号)
2014年10月9日 横溝正史ミステリ大賞(2014年10月号)
2014年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2014年9月号)
2014年8月9日 小学館文庫小説賞(2014年8月号)
2014年7月9日 日経小説大賞(2014年7月号)
2014年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2014年6月号)
2014年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2014年5月号)
2014年4月9日 小説すばる新人賞(2014年4月号)
2014年3月9日 日本エンタメ小説大賞(2014年3月号)
2014年2月9日 小説現代長編新人賞(2014年2月号)
2014年1月9日 江戸川乱歩賞(2014年1月号)
2013年12月9日 日本ホラー小説大賞(2013年12月号)
2013年11月9日 鮎川哲也賞(2013年11月号)
2013年10月9日 小学館文庫小説賞(2013年10月号)
2013年9月9日 野生時代フロンティア文学賞(2013年9月号)
2013年8月9日 日本ラブストーリー大賞(2013年8月号)
2013年7月9日 ゴールデン・エレファント賞(2013年7月号)
2013年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2013年6月号)
2013年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2013年5月号)
2013年4月9日 小説すばる新人賞(2013年4月号)
2013年3月9日 新潮エンターテインメント大賞(2013年3月号)
2013年2月9日 江戸川乱歩賞(2013年2月号)
2013年1月9日 小説現代長編新人賞(2013年1月号)
2012年12月9日 角川春樹小説賞(2012年12月号)
2012年11月9日 松本清張賞(2012年11月号)
2012年10月9日 日本ホラー小説大賞(2012年10月号)
2012年9月9日 横溝正史ミステリ大賞(2012年9月号)
2012年8月9日 小学館文庫小説賞(2012年8月号)
2012年7月9日 日本ラブストーリー大賞(2012年7月号)
2012年6月9日 『幽』怪談文学賞(2012年6月号)
2012年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2012年5月号)
2012年4月9日 ゴールデン・エレファント賞(2012年4月号)
2012年3月9日 小説すばる新人賞(2012年3月号)
2012年2月9日 江戸川乱歩賞(2012年2月号)
2012年1月9日 朝日時代小説大賞(2012年1月号)
2011年12月9日 松本清張賞(2011年12月号)
2011年11月9日 日本ホラー小説大賞(2011年11月号)
2011年10月9日 キャラ立て(2011年10月号)
2011年9月9日 リアリティ(2011年9月号)
2011年8月9日 時代小説の文学賞(2011年8月号)
2011年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2011年7月号)
2011年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2011年6月号)
2011年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞 その2(2011年5月号)
2011年4月9日 日本ファンタジーノベル大賞について(2011年4月号)
2011年3月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(続)(2011年3月号)
2011年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2011年2月号)
2011年1月9日 新潮エンターテインメント大賞について(2011年1月号)
2010年12月9日 小説現代長編新人賞について(2010年12月号)
2010年11月9日 松本清張賞について(2010年11月号)
2010年10月9日 新人賞を狙う基本常識について(2010年10月号)
2010年9月9日 歴史群像大賞について(2010年9月号)
2010年8月9日 『幽』怪談文学賞長編賞について(2010年8月号)
2010年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2010年7月号)
2010年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2010年6月号)
2010年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2010年5月号)
最新号はこちら
1