小説すばる新人賞(2012年3月号)

  • 結果発表
  • 文芸

2012.03.09

小説すばる新人賞(2012年3月号)

文学賞を受賞するにはどうすればいいのか、傾向と対策はどう立てればよいのか。

多数のプロ作家を世に送り出してきた若桜木虔先生が、デビューするための裏技を文学賞別に伝授します。

小説すばる新人賞

新人賞の大賞がW受賞の場合、いずれも“帯に短し、襷に長し”で、選考委員の評が大きく割れた結果、二作品に授賞、というのが従来の傾向だった(例えば、第七回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作の山下貴光『屋上ミサイル』と柚月裕子『臨床真理』の場合など)のだが、どうも最近、必ずしもそうとも言えなくなってきたようだ。

小説すばる新人賞の第二十三回受賞作の畑野智美『国道沿いのファミレス』と安田依央『たぶらかし』を連続して読んだのだが、両者の出来栄えには、雲泥の差があった(第二十四回受賞作の橋本長道『サラの柔らかな香車』は、当講座の原稿執筆時点では未刊)。

『国道沿いのファミレス』のほうは、腹が立って破り捨てたくなるほど、つまらなかった。

主人公を含め、主要登場人物のキャラクターが全く立っていない。起承転結のメリハリも皆無に近い。会話も月並みで、面白くないし、事件もストーカーの話で、目新しさゼロ

主人公は無節操で、ひたすら手近な女と片端からセックスしまくるだけで、これといって特筆すべき思想もない。

ラストも、「世の中、そんな風に行くほど甘くはないぞ」と忠告したくなるほどで、だからといって意外性があるわけでもない。

帯には四人の選考委員の絶賛寸評が載っていて「選考委員、瞠目の大型新人登場!」とあるのだが、「出版社の売らんかなの詐欺商法に荷担して、駄作を傑作に偽装するのは、止めてくれ!」と叫びたくなった。

この感想は私だけかと思い、念のため、他の新人賞の下読み選者二人に『国道沿いのファミレス』の読後感を訊いてみた。そうしたところ「自分なら一次選考で落とす。これに授賞した集英社の感覚が全く理解できない」が一人の意見で、編集者でもあるもう一人は「編集部が暇なんで、仕事を増やすためにW受賞にしたんじゃないの? 授賞したからといって、その後の作家人生にまで責任を持つわけじゃないし」とまで言ったので、つくづく呆れた。

はっきり言わせてもらう。息の長いプロ作家になりたければ、こういう作品を書いてはいけない。そういう意味で『国道沿いのファミレス』は、小説すばる新人賞に限らず「何かの新人賞を射止めてプロ作家になろう!」と志しているアマチュア作家の絶好の“傾向と対策”の参考書たり得る作品と言える。真似してはいけない“他山の石”“反面教師”の作品。

続けて読んだ『たぶらかし』は、帯には宮部みゆきさんの「ときどき読む手が止まるくらい笑っちゃいました!」という短い評が載っているだけで、絶賛という雰囲気ではないし、他の選考委員の寸評は全く載っていないので、さほど期待せずに読み始めた。

ところが、宮部さんの評のとおりで、これが素晴らしく面白い。主人公のマキを巡って次から次に、奇妙奇天烈なエピソードが起きる、一種の短編連作の手法を取り入れた長編なのだが、主人公のみならず、出てくる登場人物のほとんど全員のキャラが立っている。

ステレオ・タイプのキャラ造型は皆無に近い。台詞が快テンポで秀逸だし、主人公の心理描写が地の文でモノローグ的に語られるのだが、それも巧みで、主人公の人生を斜めに見ているような、そんじょそこらにはいない魅力的なヒロイン像が浮かび上がってくる。

主人公のマキは、もう間もなく四十歳に手が届く、売れなくなった女優で、ORコーポレーションという、極めて怪しい人材派遣会社に属して“代打屋”を務めている。

親の勧める縁談を断りたい男性に頼まれて婚約者に化け、男性の親に会ったり、多忙な女社長の一人息子の“お受験”で、母親に化けて学校の面接に立ち会ったり、果ては、顔が損壊して友人知人に遺体と対面させることができない死体の代役さえも務めたりする。

テレビ朝日の「土曜ワイド劇場」で、片平なぎさ主演で三話まで放送された『変装婦警の事件簿』を彷彿とさせる(しかも、ずっと出来が良い)八面六臂の活躍ぶりで、おそらく、この『たぶらかし』は映像化されるだろうと思われる。

『たぶらかし』と『国道沿いのファミレス』を併せて読めば、間違いなく新人賞狙いのアマチュア作家には“傾向と対策”の絶好の参考書となる。
①登場人物の造型
②登場人物の台詞
③主人公の心理描写
④取り上げるエピソード(事件)
の四項目について、対照表を作成しながら読んでみることを勧める。

エンターテインメントとは、どういうふうに書けば良いのか、また逆に、どういうふうに書いたらNGなのか、自ずと3D的(立体的)に浮き上がって見えてくるはずである。

若桜木先生が送り出した作家たち

小説現代長編新人賞

小島環(第9回)

仁志耕一郎(第7回)

田牧大和(第2回)

中路啓太(第1回奨励賞)

朝日時代小説大賞

仁志耕一郎(第4回)

平茂寛(第3回)

歴史群像大賞

山田剛(第17回佳作)

祝迫力(第20回佳作)

富士見新時代小説大賞

近藤五郎(第1回優秀賞)

電撃小説大賞

有間カオル(第16回メディアワークス文庫賞)

『幽』怪談文学賞長編賞

風花千里(第9回佳作)

近藤五郎(第9回佳作)

藤原葉子(第4回佳作)

日本ミステリー文学大賞新人賞 石川渓月(第14回)
角川春樹小説賞

鳴神響一(第6回)

C★NOVELS大賞

松葉屋なつみ(第10回)

ゴールデン・エレファント賞

時武ぼたん(第4回)

わかたけまさこ(第3回特別賞)

日本文学館 自分史大賞 扇子忠(第4回)
その他の主な作家 加藤廣『信長の棺』、小早川涼、森山茂里、庵乃音人、山中将司
新人賞の最終候補に残った生徒 菊谷智恵子(日本ミステリー文学大賞新人賞)、高田在子(朝日時代小説大賞、日本ラブストーリー大賞、日経小説大賞、坊っちゃん文学賞、ゴールデン・エレファント賞)、日向那由他(角川春樹小説賞、富士見新時代小説大賞)、三笠咲(朝日時代小説大賞)、木村啓之介(きらら文学賞)、鈴城なつみち(TBSドラマ原作大賞)、大原健碁(TBSドラマ原作大賞)、赤神諒(松本清張賞)、高橋桐矢(小松左京賞)、藤野まり子(日本ラブストーリー&エンターテインメント大賞)

若桜木虔(わかさき・けん) プロフィール

昭和22年静岡県生まれ。NHK文化センター、読売文化センター(町田市)で小説講座の講師を務める。若桜木虔名義で約300冊、霧島那智名義で約200冊の著書がある。『修善寺・紅葉の誘拐ライン』が文藝春秋2004年傑作ミステリー第9位にランクイン。

バックナンバー

2017年11月13日 落選作のレベル5段階(2017年12月号)
2017年10月5日 刑事ドラマの警察考証間違い3(2017年11月号)
2017年9月5日 刑事ドラマの警察考証間違い2(2017年10月号)
2017年8月9日 刑事ドラマの警察考証間違い(2017年9月号)
2017年8月9日 小学館文庫小説賞(2017年8月号)
2017年7月9日 予選を突破するには(2017年7月号)
2017年6月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2017年6月号)
2017年5月9日 受賞に必要な要素(2017年5月号)
2017年4月9日 新人賞が求めること、読者が求めること(2017年4月号)
2017年3月9日 展開を読まれてはならない(2017年3月号)
2017年2月9日 受賞するための三要素(2017年2月号)
2017年1月9日 アガサ・クリスティー賞(2017年1月号)
2016年12月9日 江戸川乱歩賞(2016年12月号)
2016年11月9日 時代劇で受賞するには(2016年11月号)
2016年10月9日 新人賞の選考基準(2016年10月号)
2016年9月9日 強い女性刑事の書き方(2016年9月号)
2016年8月9日 メフィスト賞 その2(2016年8月号)
2016年7月9日 メフィスト賞(2016年7月号)
2016年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞   その2(2016年6月号)
2016年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2016年5月号)
2016年4月9日 ばらのまち福山ミステリー文学賞(2016年4月号)
2016年3月9日 日経小説大賞(2016年3月号)
2016年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2016年2月号)
2016年1月9日 新潮ミステリー大賞(2016年1月号)
2015年12月9日 島田荘司推理小説賞(2015年12月号)
2015年11月9日 江戸川乱歩賞(2015年11月号)
2015年10月9日 小学館文庫小説賞(2015年10月号)
2015年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2015年9月号)
2015年7月9日 日経小説大賞(2015年7月号)
2015年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2015年6月号)
2015年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2015年5月号)
2015年4月9日 横溝正史ミステリ大賞(2015年4月号)
2015年3月9日 本格トリックを創るのが苦手な人が ミステリーを書くには(2015年3月号)
2015年2月9日 江戸川乱歩賞(2015年2月号)
2015年1月9日 福山ミステリー文学新人賞/鮎川哲也賞(2015年1月号)
2014年12月9日 アガサ・クリスティー賞(2014年12月号)
2014年11月9日 松本清張賞(2014年11月号)
2014年10月9日 横溝正史ミステリ大賞(2014年10月号)
2014年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2014年9月号)
2014年8月9日 小学館文庫小説賞(2014年8月号)
2014年7月9日 日経小説大賞(2014年7月号)
2014年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2014年6月号)
2014年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2014年5月号)
2014年4月9日 小説すばる新人賞(2014年4月号)
2014年3月9日 日本エンタメ小説大賞(2014年3月号)
2014年2月9日 小説現代長編新人賞(2014年2月号)
2014年1月9日 江戸川乱歩賞(2014年1月号)
2013年12月9日 日本ホラー小説大賞(2013年12月号)
2013年11月9日 鮎川哲也賞(2013年11月号)
2013年10月9日 小学館文庫小説賞(2013年10月号)
2013年9月9日 野生時代フロンティア文学賞(2013年9月号)
2013年8月9日 日本ラブストーリー大賞(2013年8月号)
2013年7月9日 ゴールデン・エレファント賞(2013年7月号)
2013年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2013年6月号)
2013年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2013年5月号)
2013年4月9日 小説すばる新人賞(2013年4月号)
2013年3月9日 新潮エンターテインメント大賞(2013年3月号)
2013年2月9日 江戸川乱歩賞(2013年2月号)
2013年1月9日 小説現代長編新人賞(2013年1月号)
2012年12月9日 角川春樹小説賞(2012年12月号)
2012年11月9日 松本清張賞(2012年11月号)
2012年10月9日 日本ホラー小説大賞(2012年10月号)
2012年9月9日 横溝正史ミステリ大賞(2012年9月号)
2012年8月9日 小学館文庫小説賞(2012年8月号)
2012年7月9日 日本ラブストーリー大賞(2012年7月号)
2012年6月9日 『幽』怪談文学賞(2012年6月号)
2012年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2012年5月号)
2012年4月9日 ゴールデン・エレファント賞(2012年4月号)
2012年3月9日 小説すばる新人賞(2012年3月号)
2012年2月9日 江戸川乱歩賞(2012年2月号)
2012年1月9日 朝日時代小説大賞(2012年1月号)
2011年12月9日 松本清張賞(2011年12月号)
2011年11月9日 日本ホラー小説大賞(2011年11月号)
2011年10月9日 キャラ立て(2011年10月号)
2011年9月9日 リアリティ(2011年9月号)
2011年8月9日 時代小説の文学賞(2011年8月号)
2011年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2011年7月号)
2011年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2011年6月号)
2011年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞 その2(2011年5月号)
2011年4月9日 日本ファンタジーノベル大賞について(2011年4月号)
2011年3月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(続)(2011年3月号)
2011年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2011年2月号)
2011年1月9日 新潮エンターテインメント大賞について(2011年1月号)
2010年12月9日 小説現代長編新人賞について(2010年12月号)
2010年11月9日 松本清張賞について(2010年11月号)
2010年10月9日 新人賞を狙う基本常識について(2010年10月号)
2010年9月9日 歴史群像大賞について(2010年9月号)
2010年8月9日 『幽』怪談文学賞長編賞について(2010年8月号)
2010年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2010年7月号)
2010年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2010年6月号)
2010年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2010年5月号)