日本ホラー小説大賞(2012年10月号)

  • 結果発表
  • 文芸

2012.10.09

日本ホラー小説大賞(2012年10月号)

文学賞を受賞するにはどうすればいいのか、傾向と対策はどう立てればよいのか。

多数のプロ作家を世に送り出してきた若桜木虔先生が、デビューするための裏技を文学賞別に伝授します。

日本ホラー小説大賞

新人賞選考において選考委員がまず第一義的に見るのが、応募者の創造力・想像力である。これが優れていれば、現在の出版界の構造不況を立て直すほどのメガヒット作品を連発してくれる可能性があるから、そういう新人を発掘するのは選考側の悲願とも言える。

しかし、そんな人物は、現在の文壇を見渡しても片手で数えられるほどの小人数しか存在しないのだから、まあ当講座の読者の中にいる可能性となると、限りなくゼロに近い。

その次に見るのが、応募者の知識である。特定分野に関して極めて詳しい知識を持っていれば、その分野が好きな読者数が多ければ、メガヒットは望めないにしても、そこそこ安定した売れ行きが望めるから、出版社にとっては願ってもない新人ということになる。

例えば、航空機の分野。根強い人気があるのだが、この分野を書ける作家は数少ない。

内田幹樹、高野裕美子といった作家が相次いで亡くなったこともあって、現在では自衛隊ものを得意とする有川浩ぐらいしか、航空機分野を書ける多作作家は思い当たらない。

こう書くと、早合点して「私は、この分野なら誰にも負けません!」と言い出すアマチュアが多いのだが、それは天使と悪魔の話だったり、北欧神話の話だったり、陰陽師の話だったり、SFでは、ロボットやサイボーグ、ヴァーチャル・リアリティの世界だったりする。「この分野は詳しい!」と思えても、そう思っている新人の総数が多ければ、結果的に新人賞応募作にも大量に送られてきて、予備選考担当の下読み選者に「また、似たようなのが来た」と、うんざりさせる(つまり、落とされる)のだからNGである。

その次に多いのが社会問題として頻繁にマスコミに取り上げられる素材。特に老人介護、DV、引き籠もり、虐めなどは、関わっている総人数が多いだけに応募作にも大量にある。よほど詳しく、なおかつ設定やストーリー展開に捻りがなければ一顧だにされない。

第三に見るのが“既存アイディアの組み合わせ”である。一つ一つのアイディアには前例があるのだが、これを組み合わせる手法の妙によって、新鮮味を感じさせる応募作。

既存アイディアの組み合わせで新鮮味演出”は、プロ作家として文壇で長く生き残るには、必要不可欠なテクニックである。どれほど優れたプロ作家でも、果てしなく“前例のない画期的なアイディア”を連発するのは不可能なのだから、応募時点でこのテクニックを身に着けている応募者は、出版社にとっては得難い人材となる。その観点で取り上げるのが、第十七回日本ホラー小説大賞長編賞受賞作の『バイロケーション』(法条遙)である。

日本ホラー小説大賞は十一月三十日が締切(当日消印有効)で、応募規定は印字原稿の場合は四十字×四十行で三十八枚~百六十三枚(手書きなら四百字詰め原稿用紙百五十枚~六百五十枚)だが、どうしてもホラーとなると、そうそう目新しいアイディアなど出せるものではない。法条遙が『バイロケーション』で採った手法は、大いに参考になるだろう。

ドッペルゲンガーという、ゾンビや幽霊と並んでホラー小説では定番の素材に、ミステリーで二階堂黎人が好んで多用する二人一役トリックを組み合わせたものである。ミステリーにおける二人一役トリックは、双生児だったり、よく似た別人が化粧や変装によって一人の人物になりすますものだが、『バイロケーション』はドッペルゲンガーだから素材的には一卵性双生児の二人一役に近い。

唯一、小粒ながら“新奇のアイディア”と言えないこともないのが「本物も、ドッペルゲンガーも、どっちも“自分のほうが本物だ”と思い込んでいる」点である。法条は、そこを最大限に押し進めて、やはりミステリーでは常套の“叙述トリック”を組み合わせている。どういうことかというと、『バイロケーション』は終始“私”を主人公にした一人称視点で書かれているのだが、その“私”が実は桐村忍と、そのドッペルゲンガーの二人いるという“騙し”を読者に対して仕掛けている。

一人称の単独視点に見えて、実は二人視点の上に、どっちも「私が本物の桐村忍」だと信じ込んで記述している、という設定になっているのだから、よほど細部まで綿密に読み込んで伏線を見つけ出すように心がけていないと、かなり後半に近づくまで仕掛けに気づかないだろう。気楽に読んだら、おそらく最後の最後まで気づかない。このように「本格ミステリーでは使い古された常套トリックを、ホラー小説でも常套的に扱われる素材と組み合わせて新鮮味を出す」は、まだまだ大いに可能性がある手法および素材と言える。

『バイロケーション』を「この“私”は、はて、どっちの忍なんだ?」と分析しながら読み、更に、要領が呑み込めたら、本格ミステリーの密室トリック、アリバイ・トリックなどと組み合わせてみる手法を模索してみると良いだろう。

「ホラー小説大賞に応募したいんだけれど、どうにも目新しいホラーのアイディアがなあ……」と思案投げ首のアマチュアにとっては、意外に斬新な道が開けるはずである。

若桜木先生が送り出した作家たち

小説現代長編新人賞

小島環(第9回)

仁志耕一郎(第7回)

田牧大和(第2回)

中路啓太(第1回奨励賞)

朝日時代小説大賞

仁志耕一郎(第4回)

平茂寛(第3回)

歴史群像大賞

山田剛(第17回佳作)

祝迫力(第20回佳作)

富士見新時代小説大賞

近藤五郎(第1回優秀賞)

電撃小説大賞

有間カオル(第16回メディアワークス文庫賞)

『幽』怪談文学賞長編賞

風花千里(第9回佳作)

近藤五郎(第9回佳作)

藤原葉子(第4回佳作)

日本ミステリー文学大賞新人賞 石川渓月(第14回)
角川春樹小説賞

鳴神響一(第6回)

C★NOVELS大賞

松葉屋なつみ(第10回)

ゴールデン・エレファント賞

時武ぼたん(第4回)

わかたけまさこ(第3回特別賞)

日本文学館 自分史大賞 扇子忠(第4回)
その他の主な作家 加藤廣『信長の棺』、小早川涼、森山茂里、庵乃音人、山中将司
新人賞の最終候補に残った生徒 菊谷智恵子(日本ミステリー文学大賞新人賞)、高田在子(朝日時代小説大賞、日本ラブストーリー大賞、日経小説大賞、坊っちゃん文学賞、ゴールデン・エレファント賞)、日向那由他(角川春樹小説賞、富士見新時代小説大賞)、三笠咲(朝日時代小説大賞)、木村啓之介(きらら文学賞)、鈴城なつみち(TBSドラマ原作大賞)、大原健碁(TBSドラマ原作大賞)、赤神諒(松本清張賞)、高橋桐矢(小松左京賞)、藤野まり子(日本ラブストーリー&エンターテインメント大賞)

若桜木虔(わかさき・けん) プロフィール

昭和22年静岡県生まれ。NHK文化センター、読売文化センター(町田市)で小説講座の講師を務める。若桜木虔名義で約300冊、霧島那智名義で約200冊の著書がある。『修善寺・紅葉の誘拐ライン』が文藝春秋2004年傑作ミステリー第9位にランクイン。

バックナンバー

2017年9月5日 刑事ドラマの警察考証間違い2(2017年10月号)
2017年8月9日 刑事ドラマの警察考証間違い(2017年9月号)
2017年8月9日 小学館文庫小説賞(2017年8月号)
2017年7月9日 予選を突破するには(2017年7月号)
2017年6月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2017年6月号)
2017年5月9日 受賞に必要な要素(2017年5月号)
2017年4月9日 新人賞が求めること、読者が求めること(2017年4月号)
2017年3月9日 展開を読まれてはならない(2017年3月号)
2017年2月9日 受賞するための三要素(2017年2月号)
2017年1月9日 アガサ・クリスティー賞(2017年1月号)
2016年12月9日 江戸川乱歩賞(2016年12月号)
2016年11月9日 時代劇で受賞するには(2016年11月号)
2016年10月9日 新人賞の選考基準(2016年10月号)
2016年9月9日 強い女性刑事の書き方(2016年9月号)
2016年8月9日 メフィスト賞 その2(2016年8月号)
2016年7月9日 メフィスト賞(2016年7月号)
2016年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞   その2(2016年6月号)
2016年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2016年5月号)
2016年4月9日 ばらのまち福山ミステリー文学賞(2016年4月号)
2016年3月9日 日経小説大賞(2016年3月号)
2016年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2016年2月号)
2016年1月9日 新潮ミステリー大賞(2016年1月号)
2015年12月9日 島田荘司推理小説賞(2015年12月号)
2015年11月9日 江戸川乱歩賞(2015年11月号)
2015年10月9日 小学館文庫小説賞(2015年10月号)
2015年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2015年9月号)
2015年7月9日 日経小説大賞(2015年7月号)
2015年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2015年6月号)
2015年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2015年5月号)
2015年4月9日 横溝正史ミステリ大賞(2015年4月号)
2015年3月9日 本格トリックを創るのが苦手な人が ミステリーを書くには(2015年3月号)
2015年2月9日 江戸川乱歩賞(2015年2月号)
2015年1月9日 福山ミステリー文学新人賞/鮎川哲也賞(2015年1月号)
2014年12月9日 アガサ・クリスティー賞(2014年12月号)
2014年11月9日 松本清張賞(2014年11月号)
2014年10月9日 横溝正史ミステリ大賞(2014年10月号)
2014年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2014年9月号)
2014年8月9日 小学館文庫小説賞(2014年8月号)
2014年7月9日 日経小説大賞(2014年7月号)
2014年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2014年6月号)
2014年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2014年5月号)
2014年4月9日 小説すばる新人賞(2014年4月号)
2014年3月9日 日本エンタメ小説大賞(2014年3月号)
2014年2月9日 小説現代長編新人賞(2014年2月号)
2014年1月9日 江戸川乱歩賞(2014年1月号)
2013年12月9日 日本ホラー小説大賞(2013年12月号)
2013年11月9日 鮎川哲也賞(2013年11月号)
2013年10月9日 小学館文庫小説賞(2013年10月号)
2013年9月9日 野生時代フロンティア文学賞(2013年9月号)
2013年8月9日 日本ラブストーリー大賞(2013年8月号)
2013年7月9日 ゴールデン・エレファント賞(2013年7月号)
2013年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2013年6月号)
2013年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2013年5月号)
2013年4月9日 小説すばる新人賞(2013年4月号)
2013年3月9日 新潮エンターテインメント大賞(2013年3月号)
2013年2月9日 江戸川乱歩賞(2013年2月号)
2013年1月9日 小説現代長編新人賞(2013年1月号)
2012年12月9日 角川春樹小説賞(2012年12月号)
2012年11月9日 松本清張賞(2012年11月号)
2012年10月9日 日本ホラー小説大賞(2012年10月号)
2012年9月9日 横溝正史ミステリ大賞(2012年9月号)
2012年8月9日 小学館文庫小説賞(2012年8月号)
2012年7月9日 日本ラブストーリー大賞(2012年7月号)
2012年6月9日 『幽』怪談文学賞(2012年6月号)
2012年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2012年5月号)
2012年4月9日 ゴールデン・エレファント賞(2012年4月号)
2012年3月9日 小説すばる新人賞(2012年3月号)
2012年2月9日 江戸川乱歩賞(2012年2月号)
2012年1月9日 朝日時代小説大賞(2012年1月号)
2011年12月9日 松本清張賞(2011年12月号)
2011年11月9日 日本ホラー小説大賞(2011年11月号)
2011年10月9日 キャラ立て(2011年10月号)
2011年9月9日 リアリティ(2011年9月号)
2011年8月9日 時代小説の文学賞(2011年8月号)
2011年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2011年7月号)
2011年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2011年6月号)
2011年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞 その2(2011年5月号)
2011年4月9日 日本ファンタジーノベル大賞について(2011年4月号)
2011年3月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(続)(2011年3月号)
2011年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2011年2月号)
2011年1月9日 新潮エンターテインメント大賞について(2011年1月号)
2010年12月9日 小説現代長編新人賞について(2010年12月号)
2010年11月9日 松本清張賞について(2010年11月号)
2010年10月9日 新人賞を狙う基本常識について(2010年10月号)
2010年9月9日 歴史群像大賞について(2010年9月号)
2010年8月9日 『幽』怪談文学賞長編賞について(2010年8月号)
2010年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2010年7月号)
2010年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2010年6月号)
2010年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2010年5月号)