予選突破作品のレベル(2018年5月号)

  • 結果発表
  • 文芸

2018.04.09

予選突破作品のレベル(2018年5月号)

文学賞を受賞するにはどうすればいいのか、傾向と対策はどう立てればよいのか。

多数のプロ作家を世に送り出してきた若桜木虔先生が、デビューするための裏技を文学賞別に伝授します。

予選突破作品のレベル

公募ガイド誌で私が担当している中に「落選理由を探る」コーナーがあって、予選突破できなかった作品を読んでいるのだが、残念ながら、落とされて当然の作品しか来ない。

たぶん、ビッグ・タイトル新人賞受賞作、最終候補どまりの作、上位ベスト20ぐらいまでの作品で、大きな落差があるように思い込んで、「予選突破ぐらいは楽勝」という誤解をしているのではないかと痛感する。

現実には紙一重の差しかなく、選考委員の好みに合わなくて不運にも落とされたが、受賞作よりも面白いのでは、と思わせる作品さえ珍しくない。

しかし、アマチュアの立場では、残念ながら、そういった「受賞できず、候補作にも残れなかった作品」を読むことができない。

最近では『このミステリーがすごい!』大賞第十回の「隠し玉」の『保健室の先生は迷探偵』が一次選考落ち作品である。だが、出版に際して大幅加筆が行われているので、参考にならない。

そこで今回、叢文社の協力協賛を得て、予選突破したが最終まで残れなかった作品を、全く加筆改稿せずに応募作の状態で刊行して皆さんに読んでもらうことにした。

その第一弾として笹木一加『幸徳秋水の狐落とし││萬朝報怪異譚』(第十五回『このミステリーがすごい!』大賞ベスト21で応募時のペンネームは松野未加子)を取り上げる。

この作品は読者プレゼントするので、ふるって応募してほしいし、通販サイトでも購入可能である。

笹木は別ペンネームで朝日時代小説大賞の最終候補に二度、日経小説大賞と日本ミステリー文学大賞新人賞の最終候補に一度、残っている、腕利きのアマチュアだが、敢えて候補作ではなく、その前段階の応募作を世に出す理由は、ベスト20程度で留まった作品のレベルを周知してもらうためである。

この作品の講評は宝島社の『このミステリーがすごい!』大賞第十五回のサイトで読むことができる。一次選考は突破したが二次選考で「いささか、ふざけすぎ」と反対した選者がいて、落とされた。

しかし、『このミステリーがすごい!』大賞から出て来た作品には、「これ、ふざけすぎだろ?」という感想を抱くものが少なくない(特に「隠し玉」として刊行された作品群に目立つ)。

これらの作品群と『幸徳秋水』を読み比べてもらえば、ふざけることで登場人物のキャラを立てる手法の許容範囲がどのあたりにあるのか、見極めがつくかもしれない。

しかし、よほど読解力がないと、どこまでOKで、どこからがNGになるのかが分からないだろう。

そのくらい際どいライン上に笹木の『幸徳秋水』は、ある。これが、今回の企画の第一弾として私が選んだ理由である。

笹木は私の小説教室の生徒なので彼女がこれまでに書いた二十数作は全て読んでいるが、ほぼ全作に共通した欠点があって、それは「時系列が乱れがち」「カットバックの多用」である。

どっちも新人賞選考では致命的な減点を食らう可能性が高い。

笹木は「私は、こういう書き方が好きなんです」と頑固に物語構成法を変えようとしないので、もう、これは、どうしようもない。

それでもビッグ・タイトル新人賞で四度も最終候補作にノミネートされたほどだから、どうしても物語に時系列崩しやカットバックを盛り込みたいアマチュアには『幸徳秋水』は参考になることは間違いない。

『幸徳秋水』は序章と第一章の間で大きく時間がジャンプするし、序章の主人公は「使い捨て」で、その後は一度も主人公として復帰しない。

主要人物として何度も名前が出て来るが、ほとんど姿を見せることはなく、実際に姿を見せるのは物語の後半になってからである。

幸徳秋水は主人公ではなく、主人公の御代田遼次を、徹頭徹尾、引きずり回す性格最悪の名探偵役である。

で、遼次と秋水の二人がコンビになって奇怪な事件を追っている間に、二箇所(第六章、第八章)で大きくカットバックして過去の複雑な事情が明かされる。

また主人公の遼次の夢の中でも、一種のカットバックで、過去の少年時代に戻っての回想が再三に亘り、語られる。

この手法は、一つでも間違えれば一発で落選にされかねないほどの、大きな危険を含んでいる。

なぜ落選にされるのかというと、急いで読むことを義務づけられている予備選考の下読み選者の頭が混乱を引き起こすからで、下読み選者の混乱は、即刻落選と同義語である。

しかし、宝島社のサイトの一次選考評価は絶賛されている。つまり下読み選者は混乱しなかったわけだ。

この辺りの微妙な線引きを知るのに『幸徳秋水』は役立つはず。

 
 受賞できるかどうかは、書く前から決まっていた!

 あらすじ・プロットの段階で添削するのが、受賞の近道!

 あらすじ・プロット添削講座

 自分に合った文学賞はどれ? どこに応募すればいい?

 あなたの欠点を添削しつつ、応募すべき文学賞を教えます。

 文学賞指南 添削講座

若桜木先生が送り出した作家たち

日経小説大賞 西山ガラシャ(第7回)
小説現代長編新人賞 泉ゆたか(第11回)

小島環(第9回)

仁志耕一郎(第7回)

田牧大和(第2回)

中路啓太(第1回奨励賞)

朝日時代小説大賞 木村忠啓(第8回)

仁志耕一郎(第4回)

平茂寛(第3回)

歴史群像大賞 山田剛(第17回佳作)

祝迫力(第20回佳作)

富士見新時代小説大賞 近藤五郎(第1回優秀賞)
電撃小説大賞 有間カオル(第16回メディアワークス文庫賞)
『幽』怪談文学賞長編賞 風花千里(第9回佳作)

近藤五郎(第9回佳作)

藤原葉子(第4回佳作)

日本ミステリー文学大賞新人賞 石川渓月(第14回)
角川春樹小説賞 鳴神響一(第6回)
C★NOVELS大賞 松葉屋なつみ(第10回)
ゴールデン・エレファント賞 時武ぼたん(第4回)

わかたけまさこ(第3回特別賞)

新沖縄文学賞 梓弓(第42回)
歴史浪漫文学賞 扇子忠(第13回研究部門賞)
日本文学館 自分史大賞 扇子忠(第4回)
その他の主な作家 加藤廣『信長の棺』、小早川涼、森山茂里、庵乃音人、山中将司
新人賞の最終候補に残った生徒 菊谷智恵子(日本ミステリー文学大賞新人賞)、高田在子(朝日時代小説大賞、日本ラブストーリー大賞、日経小説大賞、坊っちゃん文学賞、ゴールデン・エレファント賞)、日向那由他(角川春樹小説賞、富士見新時代小説大賞)、三笠咲(朝日時代小説大賞)、木村啓之介(きらら文学賞)、鈴城なつみち(TBSドラマ原作大賞)、大原健碁(TBSドラマ原作大賞)、赤神諒(松本清張賞)、高橋桐矢(小松左京賞)、藤野まり子(日本ラブストーリー&エンターテインメント大賞)

若桜木虔(わかさき・けん) プロフィール

昭和22年静岡県生まれ。NHK文化センター、読売文化センター(町田市)で小説講座の講師を務める。若桜木虔名義で約300冊、霧島那智名義で約200冊の著書がある。『修善寺・紅葉の誘拐ライン』が文藝春秋2004年傑作ミステリー第9位にランクイン。

バックナンバー

2018年12月7日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞(2019年1月号)
2018年11月9日 ミステリー系新人賞を狙うなら(2018年12月号)
2018年10月9日 松本清張賞(2018年11月号)
2018年9月7日 時代劇本格ミステリー(2018年10月号)
2018年8月9日 時代劇本格ミステリー(2018年9月号)
2018年7月9日 警察考証のポイント(2018年8月号)
2018年6月8日 大藪春彦新人賞(2018年7月号)
2018年5月9日 選考委員との相性(2018年6月号)
2018年4月9日 予選突破作品のレベル(2018年5月号)
2018年3月8日 プロ作家への道(2018年4月号)
2018年2月13日 警察小説大賞(2018年3月号)
2018年1月9日 一次選考で落とされる4つのパターン(2018年2月号)
2017年12月18日 オール讀物新人賞(2018年1月号)
2017年11月13日 落選作のレベル5段階(2017年12月号)
2017年10月5日 刑事ドラマの警察考証間違い3(2017年11月号)
2017年9月5日 刑事ドラマの警察考証間違い2(2017年10月号)
2017年8月9日 刑事ドラマの警察考証間違い(2017年9月号)
2017年8月9日 小学館文庫小説賞(2017年8月号)
2017年7月9日 予選を突破するには(2017年7月号)
2017年6月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2017年6月号)
2017年5月9日 受賞に必要な要素(2017年5月号)
2017年4月9日 新人賞が求めること、読者が求めること(2017年4月号)
2017年3月9日 展開を読まれてはならない(2017年3月号)
2017年2月9日 受賞するための三要素(2017年2月号)
2017年1月9日 アガサ・クリスティー賞(2017年1月号)
2016年12月9日 江戸川乱歩賞(2016年12月号)
2016年11月9日 時代劇で受賞するには(2016年11月号)
2016年10月9日 新人賞の選考基準(2016年10月号)
2016年9月9日 強い女性刑事の書き方(2016年9月号)
2016年8月9日 メフィスト賞 その2(2016年8月号)
2016年7月9日 メフィスト賞(2016年7月号)
2016年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞   その2(2016年6月号)
2016年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2016年5月号)
2016年4月9日 ばらのまち福山ミステリー文学賞(2016年4月号)
2016年3月9日 日経小説大賞(2016年3月号)
2016年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2016年2月号)
2015年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2015年5月号)
2015年4月9日 横溝正史ミステリ大賞(2015年4月号)
2015年3月9日 本格トリックを創るのが苦手な人が ミステリーを書くには(2015年3月号)
2015年2月9日 江戸川乱歩賞(2015年2月号)
2014年11月9日 松本清張賞(2014年11月号)
2015年1月9日 福山ミステリー文学新人賞/鮎川哲也賞(2015年1月号)
2014年12月9日 アガサ・クリスティー賞(2014年12月号)
2016年1月9日 新潮ミステリー大賞(2016年1月号)
2015年12月9日 島田荘司推理小説賞(2015年12月号)
2015年11月9日 江戸川乱歩賞(2015年11月号)
2015年10月9日 小学館文庫小説賞(2015年10月号)
2015年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2015年9月号)
2014年10月9日 横溝正史ミステリ大賞(2014年10月号)
2014年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2014年9月号)
2014年8月9日 小学館文庫小説賞(2014年8月号)
2014年7月9日 日経小説大賞(2014年7月号)
2014年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2014年6月号)
2014年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2014年5月号)
2014年4月9日 小説すばる新人賞(2014年4月号)
2014年3月9日 日本エンタメ小説大賞(2014年3月号)
2014年2月9日 小説現代長編新人賞(2014年2月号)
2014年1月9日 江戸川乱歩賞(2014年1月号)
2013年12月9日 日本ホラー小説大賞(2013年12月号)
2013年11月9日 鮎川哲也賞(2013年11月号)
2015年7月9日 日経小説大賞(2015年7月号)
2015年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2015年6月号)
2013年10月9日 小学館文庫小説賞(2013年10月号)
2013年9月9日 野生時代フロンティア文学賞(2013年9月号)
2013年8月9日 日本ラブストーリー大賞(2013年8月号)
2013年7月9日 ゴールデン・エレファント賞(2013年7月号)
2013年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2013年6月号)
2013年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2013年5月号)
2013年4月9日 小説すばる新人賞(2013年4月号)
2013年3月9日 新潮エンターテインメント大賞(2013年3月号)
2013年2月9日 江戸川乱歩賞(2013年2月号)
2013年1月9日 小説現代長編新人賞(2013年1月号)
2012年12月9日 角川春樹小説賞(2012年12月号)
2012年11月9日 松本清張賞(2012年11月号)
2012年10月9日 日本ホラー小説大賞(2012年10月号)
2012年9月9日 横溝正史ミステリ大賞(2012年9月号)
2012年8月9日 小学館文庫小説賞(2012年8月号)
2012年7月9日 日本ラブストーリー大賞(2012年7月号)
2012年6月9日 『幽』怪談文学賞(2012年6月号)
2012年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2012年5月号)
2012年4月9日 ゴールデン・エレファント賞(2012年4月号)
2012年3月9日 小説すばる新人賞(2012年3月号)
2012年2月9日 江戸川乱歩賞(2012年2月号)
2012年1月9日 朝日時代小説大賞(2012年1月号)
2011年12月9日 松本清張賞(2011年12月号)
2011年11月9日 日本ホラー小説大賞(2011年11月号)
2011年10月9日 キャラ立て(2011年10月号)
2011年9月9日 リアリティ(2011年9月号)
2011年8月9日 時代小説の文学賞(2011年8月号)
2011年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2011年7月号)
2011年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2011年6月号)
2011年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞 その2(2011年5月号)
2011年4月9日 日本ファンタジーノベル大賞について(2011年4月号)
2011年3月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(続)(2011年3月号)
2011年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2011年2月号)
2011年1月9日 新潮エンターテインメント大賞について(2011年1月号)
2010年12月9日 小説現代長編新人賞について(2010年12月号)
2010年11月9日 松本清張賞について(2010年11月号)
2010年10月9日 新人賞を狙う基本常識について(2010年10月号)
2010年9月9日 歴史群像大賞について(2010年9月号)
2010年8月9日 『幽』怪談文学賞長編賞について(2010年8月号)
2010年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2010年7月号)
2010年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2010年6月号)
2010年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2010年5月号)