ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その2(2019年2月号)

  • 結果発表
  • 文芸

2019.01.09

文学賞を受賞するにはどうすればいいのか、傾向と対策はどう立てればよいのか。

多数のプロ作家を世に送り出してきた若桜木虔先生が、デビューするための裏技を文学賞別に伝授します。

ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その2

前回この講座で取り上げた『星宿る虫』に続き、第二十回(二〇一七年)の日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作『木足の猿』(戸南浩平)について論ずる。

その前に、まず、日本ミステリー文学大賞新人賞は受賞作の刊行から次回の応募締切までに、約三カ月の時間的猶予がある賞である。
そこで、受賞作を読んで、自分なりの〝傾向と対策〞を立ててから応募作の執筆に取り組める。それが、受賞作の刊行から次回の締切まで、ほとんど時間的な猶予がない横溝正史ミステリ&ホラー大賞や鮎川哲也賞とは違っている。
時間的猶予がある新人賞の場合には、以前に当講座でも触れたこ とがあるが、受賞作が傑作だった場合には「この賞はハードルが高そう」と考えて次回は敬遠されて競争率が下がるし、受賞作が「こんな程度で受賞できるの?」とい う駄作だった場合には「これなら私でも射止められそう」と考えて 応募作が増える傾向が見られる(絶対にそう、とまでは言い切れないが)。
前回、当講座で触れたように『星宿る虫』は駄作だった。主人公を含む主要登場人物に全く個性が見られなかった。
『星宿る虫』の第十九回の応募作品数が百七十二編だったのに対して、第二十回は百九十四編と一気に増えたのは、そういう応募者の思考法が如実に表れている。
さて、第二十回受賞作の『木足の猿』の内容に踏み込むと、主人公の奥井隆之や、悲劇的な死を遂げるヒロインのお陽といった主要登場人物の性格描写が非常に巧い。
これを読むと「とても、こう上手には書けない。こんな作品が来るんだったら日本ミステリー文学大賞新人賞に応募するのは見送ろう」と考えるアマチュアは大勢いるだろうと思われる。
しかし、『木足の猿』に関して私は敢えて「主要登場人物のキャラが立っている」とは書かない。
作者の戸南は、おそらく「主要登場人物のキャラ立て」に関して大きな勘違いをしている。
「キャラ立て」は「読者に〝この人物は実に魅力的。この作者の作品なら、次回作も次々回作も読みたい〞と思わせることである。
つまり「キャラ立て」は「主要登場人物の性格描写を際立たせる」ことの、もう一段階、上に来るのだ。
そういう観点で読むと『木足の猿』の主要登場人物は全くキャラが立っていない。
物語全体が陰惨、悲惨な雰囲気を湛えている。
こういう作品は選考委員には受けても、一般読者には受けない。
「次回作も買おう」という購買意欲を起こさせない。
もし、受賞第一作でも同じ轍を踏んでいたら、戸南は確実に遠からず文壇から消えることになる。
『木足の猿』には〝華〞がない。
ヒロインの役割を振られたお陽という女にしてからが、ひたすら悲惨な境遇で華やかな要素は何一つない。
こういうタイプの物語は、社会が非常な好景気で活気づいている時には売れるが、不景気になると、全く売れなくなる。
今の日本は、アベノミクスで上向いていると政府は煽っているが、それは一部の大企業だけで、末端の一般消費者のレベルでは、ほとんど潤っていない。
つまり、『木足の猿』タイプの物語が爆発的に売れる要素は、現在の日本には存在しない。
『木足の猿』は、主人公の奥井が、 かつて命を救われた恩人の水口修二郎が、朋輩の矢島鉄之進に十七年前に殺害された。そのまま矢島は逐電し、その足跡を追い続ける復讐譚の時代劇ハードボイルドである。
それは良いのだが、十七年前を頻繁にカットバックで回想する。
エンターテインメントでは回想を可能な限り避け、エピソードを出来事の順番通りに並べるのが鉄則である。どうしても、それ以外に方法がない場合以外にカットバック手法を採ってはいけない。
カットバックが多用されると一部の読者はストーリー展開についていくことができず、混乱する。結果、「この作者の書く話は読み難い」という感想に結び付く。
私には、戸南が深く考えず、至極安直にカットバックを手法を用いているとしか思えなかった。
あるいは、カットバックを使ったほうが読者受けすると、大いなる勘違いをしているか。後者だったら、余計に始末に負えないことになる。
こういう物語で新人賞を狙おうと考えているアマチュアには『木足の猿』を〝他山の石〞として応募作の執筆構想を練るように忠告する。
①カットバック(回想)は、どう しても他の手法を思いつけない場合以外には使わない。
②「こういう登場人物が出て来る物語を読みたい!」と読者に思わせるような登場人物構成にする。
③特にヒロインには「華」があるように描く。
ここで鳴神響一のハードカバー の新作『斗星、北天にあり』と『木足の猿』の読み比べを勧める。
『斗星、北天にあり』のヒロインは二人とも悲劇的な死を迎えるが生き様に「華」があって魅力的である。過去の因縁が強く現在に絡む物語だが、カットバックは皆無に近い。

『斗星、北天にあり』は発売当日に重版が懸かったほど好評だが、頷ける。 

 
 
 受賞できるかどうかは、書く前から決まっていた!

 あらすじ・プロットの段階で添削するのが、受賞の近道!

 あらすじ・プロット添削講座

 自分に合った文学賞はどれ? どこに応募すればいい?

 あなたの欠点を添削しつつ、応募すべき文学賞を教えます。

 文学賞指南 添削講座

若桜木先生が送り出した作家たち

日経小説大賞 西山ガラシャ(第7回)
小説現代長編新人賞 泉ゆたか(第11回)

小島環(第9回)

仁志耕一郎(第7回)

田牧大和(第2回)

中路啓太(第1回奨励賞)

朝日時代小説大賞 木村忠啓(第8回)

仁志耕一郎(第4回)

平茂寛(第3回)

歴史群像大賞 山田剛(第17回佳作)

祝迫力(第20回佳作)

富士見新時代小説大賞 近藤五郎(第1回優秀賞)
電撃小説大賞 有間カオル(第16回メディアワークス文庫賞)
『幽』怪談文学賞長編賞 風花千里(第9回佳作)

近藤五郎(第9回佳作)

藤原葉子(第4回佳作)

日本ミステリー文学大賞新人賞 石川渓月(第14回)
角川春樹小説賞 鳴神響一(第6回)
C★NOVELS大賞 松葉屋なつみ(第10回)
ゴールデン・エレファント賞 時武ぼたん(第4回)

わかたけまさこ(第3回特別賞)

新沖縄文学賞 梓弓(第42回)
歴史浪漫文学賞 扇子忠(第13回研究部門賞)
日本文学館 自分史大賞 扇子忠(第4回)
その他の主な作家 加藤廣『信長の棺』、小早川涼、森山茂里、庵乃音人、山中将司
新人賞の最終候補に残った生徒 菊谷智恵子(日本ミステリー文学大賞新人賞)、高田在子(朝日時代小説大賞、日本ラブストーリー大賞、日経小説大賞、坊っちゃん文学賞、ゴールデン・エレファント賞)、日向那由他(角川春樹小説賞、富士見新時代小説大賞)、三笠咲(朝日時代小説大賞)、木村啓之介(きらら文学賞)、鈴城なつみち(TBSドラマ原作大賞)、大原健碁(TBSドラマ原作大賞)、赤神諒(松本清張賞)、高橋桐矢(小松左京賞)、藤野まり子(日本ラブストーリー&エンターテインメント大賞)

若桜木虔(わかさき・けん) プロフィール

昭和22年静岡県生まれ。NHK文化センター、読売文化センター(町田市)で小説講座の講師を務める。若桜木虔名義で約300冊、霧島那智名義で約200冊の著書がある。『修善寺・紅葉の誘拐ライン』が文藝春秋2004年傑作ミステリー第9位にランクイン。

バックナンバー

2019年7月9日 時代劇本格ミステリーの手法(2019年8月号)
2019年6月7日 文章の巧いプロ作家(2019年7月号)
2019年5月9日 文章の欠点(2019年6月号)
2019年4月9日 「そして」「しまう」を使うな(2019年5月号)
2019年3月8日 新人賞を狙う際の心構え(2019年4月号)
2019年2月8日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その3(2019年3月号)
2019年1月9日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その2(2019年2月号)
2018年12月7日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞(2019年1月号)
2018年11月9日 ミステリー系新人賞を狙うなら(2018年12月号)
2018年10月9日 松本清張賞(2018年11月号)
2018年9月7日 時代劇本格ミステリー その2(2018年10月号)
2018年8月9日 時代劇本格ミステリー(2018年9月号)
2018年7月9日 警察考証のポイント(2018年8月号)
2018年6月8日 大藪春彦新人賞(2018年7月号)
2018年5月9日 選考委員との相性(2018年6月号)
2018年4月9日 予選突破作品のレベル(2018年5月号)
2018年3月8日 プロ作家への道(2018年4月号)
2018年2月13日 警察小説大賞(2018年3月号)
2018年1月9日 一次選考で落とされる4つのパターン(2018年2月号)
2017年12月18日 オール讀物新人賞(2018年1月号)
2017年11月13日 落選作のレベル5段階(2017年12月号)
2017年10月5日 刑事ドラマの警察考証間違い3(2017年11月号)
2017年9月5日 刑事ドラマの警察考証間違い2(2017年10月号)
2017年8月9日 刑事ドラマの警察考証間違い(2017年9月号)
2017年8月9日 小学館文庫小説賞(2017年8月号)
2017年7月9日 予選を突破するには(2017年7月号)
2017年6月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2017年6月号)
2017年5月9日 受賞に必要な要素(2017年5月号)
2017年4月9日 新人賞が求めること、読者が求めること(2017年4月号)
2017年3月9日 展開を読まれてはならない(2017年3月号)
2017年2月9日 受賞するための三要素(2017年2月号)
2017年1月9日 アガサ・クリスティー賞(2017年1月号)
2016年12月9日 江戸川乱歩賞(2016年12月号)
2016年11月9日 時代劇で受賞するには(2016年11月号)
2016年10月9日 新人賞の選考基準(2016年10月号)
2016年9月9日 強い女性刑事の書き方(2016年9月号)
2016年8月9日 メフィスト賞 その2(2016年8月号)
2016年7月9日 メフィスト賞(2016年7月号)
2016年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞   その2(2016年6月号)
2016年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2016年5月号)
2016年4月9日 ばらのまち福山ミステリー文学賞(2016年4月号)
2016年3月9日 日経小説大賞(2016年3月号)
2016年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2016年2月号)
2015年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2015年5月号)
2015年4月9日 横溝正史ミステリ大賞(2015年4月号)
2015年3月9日 本格トリックを創るのが苦手な人が ミステリーを書くには(2015年3月号)
2015年2月9日 江戸川乱歩賞(2015年2月号)
2014年11月9日 松本清張賞(2014年11月号)
2015年1月9日 福山ミステリー文学新人賞/鮎川哲也賞(2015年1月号)
2014年12月9日 アガサ・クリスティー賞(2014年12月号)
2016年1月9日 新潮ミステリー大賞(2016年1月号)
2015年12月9日 島田荘司推理小説賞(2015年12月号)
2015年11月9日 江戸川乱歩賞(2015年11月号)
2015年10月9日 小学館文庫小説賞(2015年10月号)
2015年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2015年9月号)
2014年10月9日 横溝正史ミステリ大賞(2014年10月号)
2014年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2014年9月号)
2014年8月9日 小学館文庫小説賞(2014年8月号)
2014年7月9日 日経小説大賞(2014年7月号)
2014年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2014年6月号)
2014年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2014年5月号)
2014年4月9日 小説すばる新人賞(2014年4月号)
2014年3月9日 日本エンタメ小説大賞(2014年3月号)
2014年2月9日 小説現代長編新人賞(2014年2月号)
2014年1月9日 江戸川乱歩賞(2014年1月号)
2013年12月9日 日本ホラー小説大賞(2013年12月号)
2013年11月9日 鮎川哲也賞(2013年11月号)
2015年7月9日 日経小説大賞(2015年7月号)
2015年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2015年6月号)
2013年10月9日 小学館文庫小説賞(2013年10月号)
2013年9月9日 野生時代フロンティア文学賞(2013年9月号)
2013年8月9日 日本ラブストーリー大賞(2013年8月号)
2013年7月9日 ゴールデン・エレファント賞(2013年7月号)
2013年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2013年6月号)
2013年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2013年5月号)
2013年4月9日 小説すばる新人賞(2013年4月号)
2013年3月9日 新潮エンターテインメント大賞(2013年3月号)
2013年2月9日 江戸川乱歩賞(2013年2月号)
2013年1月9日 小説現代長編新人賞(2013年1月号)
2012年12月9日 角川春樹小説賞(2012年12月号)
2012年11月9日 松本清張賞(2012年11月号)
2012年10月9日 日本ホラー小説大賞(2012年10月号)
2012年9月9日 横溝正史ミステリ大賞(2012年9月号)
2012年8月9日 小学館文庫小説賞(2012年8月号)
2012年7月9日 日本ラブストーリー大賞(2012年7月号)
2012年6月9日 『幽』怪談文学賞(2012年6月号)
2012年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2012年5月号)
2012年4月9日 ゴールデン・エレファント賞(2012年4月号)
2012年3月9日 小説すばる新人賞(2012年3月号)
2012年2月9日 江戸川乱歩賞(2012年2月号)
2012年1月9日 朝日時代小説大賞(2012年1月号)
2011年12月9日 松本清張賞(2011年12月号)
2011年11月9日 日本ホラー小説大賞(2011年11月号)
2011年10月9日 キャラ立て(2011年10月号)
2011年9月9日 リアリティ(2011年9月号)
2011年8月9日 時代小説の文学賞(2011年8月号)
2011年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2011年7月号)
2011年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2011年6月号)
2011年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞 その2(2011年5月号)
2011年4月9日 日本ファンタジーノベル大賞について(2011年4月号)
2011年3月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(続)(2011年3月号)
2011年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2011年2月号)
2011年1月9日 新潮エンターテインメント大賞について(2011年1月号)
2010年12月9日 小説現代長編新人賞について(2010年12月号)
2010年11月9日 松本清張賞について(2010年11月号)
2010年10月9日 新人賞を狙う基本常識について(2010年10月号)
2010年9月9日 歴史群像大賞について(2010年9月号)
2010年8月9日 『幽』怪談文学賞長編賞について(2010年8月号)
2010年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2010年7月号)
2010年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2010年6月号)
2010年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2010年5月号)