「そして」「しまう」を使うな(2019年5月号)

  • 結果発表
  • 文芸

2019.04.09

文学賞を受賞するにはどうすればいいのか、傾向と対策はどう立てればよいのか。

多数のプロ作家を世に送り出してきた若桜木虔先生が、デビューするための裏技を文学賞別に伝授します。

「そして」「しまう」を使うな

前々回、新人賞を狙うに際しての細かな心構えとして「そして」 という接続詞を使うな、「しまう」 という強調語を使うな、ということを書いた。ピンと来ない人もいると思うので具体例(悪例)を挙げるので、参考にして欲しい。

敢えて実名を挙げるが獅子宮敏彦という作家がいる。創元推理短編賞を『神国崩壊』で受賞してデビューした作家で、受賞作を読んだ時から「あまり上手くない作家だな」という印象を持ったのだが、年を追うごとに、どんどん下手に なっていく。

案の定、ファン離れが進み(アマゾンのレビューを読んでもらえば分かる)再デビューを狙うしかなかったと見えて、今年の松本清 張賞の一次選考通過で二次選考落ちの顔ぶれの中に獅子宮敏彦の名前があった。

松本清張賞は、去年は私の生徒の川越宗一が『天地に燦たり』で グランプリを射止め、今年も『青い刺繍』という作品で、生徒が最終候補になっている(この原稿の執筆時点でグランプリは未確定)。

二人とも獅子宮よりは遙かに上手い。他に二次選考を突破したものの最終候補には残れなかった生徒が二人いるが、彼らでさえ獅子宮よりは格段に上手い。

関心のある人は獅子宮が二〇一三年に出した『卑弥呼の密室』という作品を読んで欲しい。

獅子宮の文章には「そして」がやたら出て来る。「そして」に限らず「しかし」でも「だが」でも、 接続詞を可能な限り減らすのが名文を書くコツ。名作といわれた和歌や俳句に「そして」「だが」「しかし」が入っている作品が一つでもあるか? と考えてみれば、接続詞の多用がダメな理由はわかるだろう。

『卑弥呼の密室』には、おそらく五百個以上の接続詞がある(暇な人はマークして数えながら読んでみて欲しい)つまり獅子宮は使った接続詞の九十九%を削除しなければ名文にならない。

「しまう」「しまった」の他に文末を「のである」という強調表現で終わる箇所も非常に目立つ。これは、おそらく一千個近くあって、こうなると、ただもうウザったいだけで、強調の意味を全然なしていない。獅子宮は使った強調表現 の九十%を削除しなければ読みやすい文章にならない。

前々回、第三の注意として、台詞のカギ括弧に続いて「そう言って」「そう言った」と安直に書くなと書いたが、獅子宮の文章は、これも非常に多い。

「反復表現を使うな」という注意もしたが、獅子宮の文章には相手の台詞の言葉を反復する鸚鵡返しが非常に多い。

映像脚本だと重要なことは鸚鵡返しが基本(台詞は片端から消えていくため)だが、小説では反対に「芸がない」として選考時の減点対象になるから、使ったらだめである。

こういったタブー・ポイントを蛍光ペンで色分けしてマークしながら『卑弥呼の密室』を読んでみて欲しい。そうしたら、どういうことをやったらダメなのか、万が一、新人賞を射止めたとしても遠からず文壇から消え失せる運命にあるかが見えてくるはずである。

これほど文章がド下手な獅子宮がなぜミステリー系の新人賞でグ ランプリを射止められたかと言えば、トリックが優れていたからに他ならない。

本格トリックに見るべきものがあれば、ミステリー・ファンは大概の欠点には目を瞑る。

だが、本格トリックは無制限に捻り出せるものではない。「本格トリックなど、いくらでも捻り出せる」と豪語しておられた、奇術師としても第一人者だった泡坂妻夫のような作家を除けば、どうしても質的低下は免れない。

デビューからの三作『密室の鍵貸します』『密室に向かって撃て!』『完全犯罪に猫は何匹必要か?』で本格ミステリー・ファンを唸らせた東川篤哉でさえ、トリックの質的低下は免れず『謎解きはディナーのあとで』のように登場人物のキャラの魅力に頼るようになっている。

獅子宮の捻り出すトリックは作品を追うごとに質が低下し、既存作のトリックを組み合わせてお茶を濁す方向に進んだ。密室トリックは「実は、隠れた抜け穴があって」という手を使ったら、もはやアウト。

『卑弥呼の密室』の密室トリック は、これである。せめて主人公のキャラが立っていれば東川篤哉 『謎解きはディナーのあとで』のように救いがあるのだが、『卑弥呼の密室』の主人公のキャラは全然ダメ。ABCDEFの六段階評 価ならEの魅力ゼロ。

C以上でないと予選突破できず、B以上でないと新人賞は取れない。 そもそも、何で編集部がOKを出したのかが、全く理解できない。出版界は未曾有の不況下にあるが、 編集者の質的低下は目を覆うばかりで、こういう駄作に高い定価を付けて世に送り出しているようでは、今後とも「お先真っ暗」と言わざるを得ない。

好奇心から『卑弥呼の密室』を手に取った人は、最後の最後に、地の文を全て隠して台詞だけを読んでみて欲しい。

その中に、唯の一つでも心を惹かれる台詞が、あるかどうか?

以上に述べたことを、一日を潰してやってもらえば〝他山の石〞で、自ずと、やってはいけないこと、やらなくてはいけないことが、見えてくる。 

 
 受賞できるかどうかは、書く前から決まっていた!

 あらすじ・プロットの段階で添削するのが、受賞の近道!

 あらすじ・プロット添削講座

 自分に合った文学賞はどれ? どこに応募すればいい?

 あなたの欠点を添削しつつ、応募すべき文学賞を教えます。

 文学賞指南 添削講座

若桜木先生が送り出した作家たち

日経小説大賞 西山ガラシャ(第7回)
小説現代長編新人賞 泉ゆたか(第11回)

小島環(第9回)

仁志耕一郎(第7回)

田牧大和(第2回)

中路啓太(第1回奨励賞)

朝日時代小説大賞 木村忠啓(第8回)

仁志耕一郎(第4回)

平茂寛(第3回)

歴史群像大賞 山田剛(第17回佳作)

祝迫力(第20回佳作)

富士見新時代小説大賞 近藤五郎(第1回優秀賞)
電撃小説大賞 有間カオル(第16回メディアワークス文庫賞)
『幽』怪談文学賞長編賞 風花千里(第9回佳作)

近藤五郎(第9回佳作)

藤原葉子(第4回佳作)

日本ミステリー文学大賞新人賞 石川渓月(第14回)
角川春樹小説賞 鳴神響一(第6回)
C★NOVELS大賞 松葉屋なつみ(第10回)
ゴールデン・エレファント賞 時武ぼたん(第4回)

わかたけまさこ(第3回特別賞)

新沖縄文学賞 梓弓(第42回)
歴史浪漫文学賞 扇子忠(第13回研究部門賞)
日本文学館 自分史大賞 扇子忠(第4回)
その他の主な作家 加藤廣『信長の棺』、小早川涼、森山茂里、庵乃音人、山中将司
新人賞の最終候補に残った生徒 菊谷智恵子(日本ミステリー文学大賞新人賞)、高田在子(朝日時代小説大賞、日本ラブストーリー大賞、日経小説大賞、坊っちゃん文学賞、ゴールデン・エレファント賞)、日向那由他(角川春樹小説賞、富士見新時代小説大賞)、三笠咲(朝日時代小説大賞)、木村啓之介(きらら文学賞)、鈴城なつみち(TBSドラマ原作大賞)、大原健碁(TBSドラマ原作大賞)、赤神諒(松本清張賞)、高橋桐矢(小松左京賞)、藤野まり子(日本ラブストーリー&エンターテインメント大賞)

若桜木虔(わかさき・けん) プロフィール

昭和22年静岡県生まれ。NHK文化センター、読売文化センター(町田市)で小説講座の講師を務める。若桜木虔名義で約300冊、霧島那智名義で約200冊の著書がある。『修善寺・紅葉の誘拐ライン』が文藝春秋2004年傑作ミステリー第9位にランクイン。

バックナンバー

2019年5月9日 文章の欠点(2019年6月号)
2019年4月9日 「そして」「しまう」を使うな(2019年5月号)
2019年3月8日 新人賞を狙う際の心構え(2019年4月号)
2019年2月8日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その3(2019年3月号)
2019年1月9日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その2(2019年2月号)
2018年12月7日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞(2019年1月号)
2018年11月9日 ミステリー系新人賞を狙うなら(2018年12月号)
2018年10月9日 松本清張賞(2018年11月号)
2018年9月7日 時代劇本格ミステリー その2(2018年10月号)
2018年8月9日 時代劇本格ミステリー(2018年9月号)
2018年7月9日 警察考証のポイント(2018年8月号)
2018年6月8日 大藪春彦新人賞(2018年7月号)
2018年5月9日 選考委員との相性(2018年6月号)
2018年4月9日 予選突破作品のレベル(2018年5月号)
2018年3月8日 プロ作家への道(2018年4月号)
2018年2月13日 警察小説大賞(2018年3月号)
2018年1月9日 一次選考で落とされる4つのパターン(2018年2月号)
2017年12月18日 オール讀物新人賞(2018年1月号)
2017年11月13日 落選作のレベル5段階(2017年12月号)
2017年10月5日 刑事ドラマの警察考証間違い3(2017年11月号)
2017年9月5日 刑事ドラマの警察考証間違い2(2017年10月号)
2017年8月9日 刑事ドラマの警察考証間違い(2017年9月号)
2017年8月9日 小学館文庫小説賞(2017年8月号)
2017年7月9日 予選を突破するには(2017年7月号)
2017年6月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2017年6月号)
2017年5月9日 受賞に必要な要素(2017年5月号)
2017年4月9日 新人賞が求めること、読者が求めること(2017年4月号)
2017年3月9日 展開を読まれてはならない(2017年3月号)
2017年2月9日 受賞するための三要素(2017年2月号)
2017年1月9日 アガサ・クリスティー賞(2017年1月号)
2016年12月9日 江戸川乱歩賞(2016年12月号)
2016年11月9日 時代劇で受賞するには(2016年11月号)
2016年10月9日 新人賞の選考基準(2016年10月号)
2016年9月9日 強い女性刑事の書き方(2016年9月号)
2016年8月9日 メフィスト賞 その2(2016年8月号)
2016年7月9日 メフィスト賞(2016年7月号)
2016年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞   その2(2016年6月号)
2016年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2016年5月号)
2016年4月9日 ばらのまち福山ミステリー文学賞(2016年4月号)
2016年3月9日 日経小説大賞(2016年3月号)
2016年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2016年2月号)
2015年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2015年5月号)
2015年4月9日 横溝正史ミステリ大賞(2015年4月号)
2015年3月9日 本格トリックを創るのが苦手な人が ミステリーを書くには(2015年3月号)
2015年2月9日 江戸川乱歩賞(2015年2月号)
2014年11月9日 松本清張賞(2014年11月号)
2015年1月9日 福山ミステリー文学新人賞/鮎川哲也賞(2015年1月号)
2014年12月9日 アガサ・クリスティー賞(2014年12月号)
2016年1月9日 新潮ミステリー大賞(2016年1月号)
2015年12月9日 島田荘司推理小説賞(2015年12月号)
2015年11月9日 江戸川乱歩賞(2015年11月号)
2015年10月9日 小学館文庫小説賞(2015年10月号)
2015年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2015年9月号)
2014年10月9日 横溝正史ミステリ大賞(2014年10月号)
2014年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2014年9月号)
2014年8月9日 小学館文庫小説賞(2014年8月号)
2014年7月9日 日経小説大賞(2014年7月号)
2014年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2014年6月号)
2014年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2014年5月号)
2014年4月9日 小説すばる新人賞(2014年4月号)
2014年3月9日 日本エンタメ小説大賞(2014年3月号)
2014年2月9日 小説現代長編新人賞(2014年2月号)
2014年1月9日 江戸川乱歩賞(2014年1月号)
2013年12月9日 日本ホラー小説大賞(2013年12月号)
2013年11月9日 鮎川哲也賞(2013年11月号)
2015年7月9日 日経小説大賞(2015年7月号)
2015年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2015年6月号)
2013年10月9日 小学館文庫小説賞(2013年10月号)
2013年9月9日 野生時代フロンティア文学賞(2013年9月号)
2013年8月9日 日本ラブストーリー大賞(2013年8月号)
2013年7月9日 ゴールデン・エレファント賞(2013年7月号)
2013年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2013年6月号)
2013年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2013年5月号)
2013年4月9日 小説すばる新人賞(2013年4月号)
2013年3月9日 新潮エンターテインメント大賞(2013年3月号)
2013年2月9日 江戸川乱歩賞(2013年2月号)
2013年1月9日 小説現代長編新人賞(2013年1月号)
2012年12月9日 角川春樹小説賞(2012年12月号)
2012年11月9日 松本清張賞(2012年11月号)
2012年10月9日 日本ホラー小説大賞(2012年10月号)
2012年9月9日 横溝正史ミステリ大賞(2012年9月号)
2012年8月9日 小学館文庫小説賞(2012年8月号)
2012年7月9日 日本ラブストーリー大賞(2012年7月号)
2012年6月9日 『幽』怪談文学賞(2012年6月号)
2012年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2012年5月号)
2012年4月9日 ゴールデン・エレファント賞(2012年4月号)
2012年3月9日 小説すばる新人賞(2012年3月号)
2012年2月9日 江戸川乱歩賞(2012年2月号)
2012年1月9日 朝日時代小説大賞(2012年1月号)
2011年12月9日 松本清張賞(2011年12月号)
2011年11月9日 日本ホラー小説大賞(2011年11月号)
2011年10月9日 キャラ立て(2011年10月号)
2011年9月9日 リアリティ(2011年9月号)
2011年8月9日 時代小説の文学賞(2011年8月号)
2011年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2011年7月号)
2011年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2011年6月号)
2011年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞 その2(2011年5月号)
2011年4月9日 日本ファンタジーノベル大賞について(2011年4月号)
2011年3月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(続)(2011年3月号)
2011年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2011年2月号)
2011年1月9日 新潮エンターテインメント大賞について(2011年1月号)
2010年12月9日 小説現代長編新人賞について(2010年12月号)
2010年11月9日 松本清張賞について(2010年11月号)
2010年10月9日 新人賞を狙う基本常識について(2010年10月号)
2010年9月9日 歴史群像大賞について(2010年9月号)
2010年8月9日 『幽』怪談文学賞長編賞について(2010年8月号)
2010年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2010年7月号)
2010年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2010年6月号)
2010年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2010年5月号)