アガサ・クリスティー賞 その1(2019年12月9日更新)

  • 結果発表
  • 文芸

2019.12.09

傾向と対策を立てにくい新人賞

今回は、アガサ・クリスティー賞について論じる。

応募規定枚数は400字詰の原稿用紙換算で300~800枚だが、40字×30行もしくは30字×40行で印字する(このフォーマットを3枚と見なす)ので、A4で100枚~267枚という計算になる。

さて、アガサ・クリスティー賞ほど“傾向と対策”を立てにくい新人賞もない。それというのも受賞作の傾向がバラバラだからだ。

どこかのビッグ・タイトル新人賞の馬鹿な選考委員が「傾向と対策など立ててはいけない」などと、ふざけた戯言をほざいたが、真に受けたらいけない。

人間は「これは自分独自のアイディアだ」と思いつつ、実は、他に全く同じアイディアを思いつく人間が大勢いる。

「世の中に自分と瓜二つの人間が2人は存在する」と俗に言われるが、物語の発想に関しても同じである。

電話のような超画期的な発明でさえ、発明者と認定されたベルの他に、発明王エジソンなど、ほとんどタッチの差で思いついた人間が他に2人いたほどである。

“傾向と対策”を立てて過去の受賞作を研究しなければ、ほぼ間違いなく、どこかの新人賞の受賞作に酷似した作品を書いてしまう。

まあ、選考委員からしてみれば、“傾向と対策”を立てていない応募作は「あ、これは**賞の受賞作の**に酷似している」で、そこから先は読まずに落とす横着な選考が可能になって、楽に選考謝礼を手に入れることができる。そこで、純粋なアマチュアを誑かそうと「傾向と対策など立ててはいけない」と腹黒い発言をしたのだろうが。

「一般人が知り得ない」がキーポイント

さて、今回、取り上げるのは、第4回の受賞作『しだれ桜恋心中』(松浦千恵美。応募時のタイトルは『傀儡呪』)である。この受賞作は、手に取った瞬間「これは、時代劇ミステリーだな」と直感した。

カバー・デザインが、どう見ても吉原の花魁だったからだが、物の見事に裏切られた。時代劇でもなければ、ミステリーでもなかった。

現代劇でホラーである。「ホラーも広義のミステリーに含まれる」と強弁すれば言えないこともないのだろうが、そのくらいアガサ・クリスティー賞は応募要項に謳っている「広義のミステリー」の範囲が広い。

過去の、ミステリーから程遠い受賞作とも読み比べてみれば「アガサ・クリスティー賞はミステリーであるとないとを問わない。何でも有りのノンジャンルの新人賞である」と表現したほうが正鵠を射ている気がする。

さて、『しだれ桜恋心中』は、古典芸能の人形浄瑠璃文楽の世界で起きる怪奇事件ものである。文楽の世界が非常に詳しく描かれているので、これが最大の得点源になったことは疑問の余地がない。

新人賞は「他の人には思いつかない物語を書ける新人を発掘する」ことに主眼を置いて選考が行われる。文楽などは、劇場やテレビで見ることはあっても、舞台裏の人間関係、師弟関係などは知り得ない。

そこが詳細に書かれている点で『しだれ桜恋心中』は、高評価ができる。アガサ・クリスティー賞に限らず、どの新人賞を狙う場合でも「一般人が知り得ない」はグランプリを射止めるキーポイントになる。

新人賞でやってはいけない欠点

さて、『しだれ桜恋心中』には多々、やってはいけない欠点がある。それを箇条書きしていくので、新人賞を狙っているアマチュアは心に留めてほしい。

①登場人物一覧が、ない。『しだれ桜恋心中』は文楽の世界なので、登場人物は本名と芸名を持っている。

芸名は、一門で一文字を共通させる特徴があるので(落語家や歌舞伎役者の世界を考えてみれば、容易に想像できる)酷似した名前の人物が大勢、出てくる。

物覚えの悪い人だったら、誰が誰やら分からなくなることは確実。冒頭に登場人物一覧があれば、それで確認できるのだが。

応募作品数が多い新人賞で、大量に応募作を読まなければならない立場に置かれた一次選考の下読み選者だと腹を立てて読まずに落としかねない。

②章立てがない。『しだれ桜恋心中』は、奇怪な殺人事件が起き、それを捜査する刑事と、過去にカットバックして、その事件で殺されることになる被害者の文楽の人形遣いの若者のW主人公の構成である。

この過去と現在を行ったり来たりする手法は前回、取り上げた『到達不能極』(斉藤詠一)と同じだが、更にわかりにくい。章立てされていないからだ。

これは絶対に、過去と現在で章立てし、しかも、冒頭に目次を付けて、明確に分かるようにしておかなければならない。

要するに、読者(選考委員)に対して極めて不親切な書き方(物語構成)で、これも応募作品数の多い新人賞なら読まずに落とされかねない重大な欠点である。

③過去と現在、どっちの主人公もキャラが立っていない。これは、読めば誰でも分かる。他に登場人物のキャラが立った競合作があったら、確実に二次選考か、最終選考止まり。受賞できたのは運が良かった。

キャラが立っているのは唯一、カバー・デザインの花魁の人形の桔梗だけである。

プロフィール

若桜木虔(わかさき・けん) 昭和22年静岡県生まれ。NHK文化センターで小説講座の講師を務める。若桜木虔名義で約300冊、霧島那智名義で約200冊の著書がある。『修善寺・紅葉の誘拐ライン』が文藝春秋2004年傑作ミステリー第9位にランクイン。

バックナンバー

2020年2月7日 新潮ミステリー大賞(2020年2月7日更新)
2020年1月17日 アガサ・クリスティー賞 その2(2020年1月17日更新)
2019年12月9日 アガサ・クリスティー賞 その1(2019年12月9日更新)
2019年11月8日 江戸川乱歩賞(2019年11月8日更新)
2019年10月25日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞 その3(2019年10月25日更新)
2019年9月9日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞 その2(2019年10月号)
2019年8月9日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞(2019年9月号)
2019年7月9日 時代劇本格ミステリーの手法(2019年8月号)
2019年6月7日 文章の巧いプロ作家(2019年7月号)
2019年5月9日 文章の欠点(2019年6月号)
2019年4月9日 「そして」「しまう」を使うな(2019年5月号)
2019年3月8日 新人賞を狙う際の心構え(2019年4月号)
2019年2月8日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その3(2019年3月号)
2019年1月9日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その2(2019年2月号)
2018年12月7日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞(2019年1月号)
2018年11月9日 ミステリー系新人賞を狙うなら(2018年12月号)
2018年10月9日 松本清張賞(2018年11月号)
2018年9月7日 時代劇本格ミステリー その2(2018年10月号)
2018年8月9日 時代劇本格ミステリー(2018年9月号)
2018年7月9日 警察考証のポイント(2018年8月号)
2018年6月8日 大藪春彦新人賞(2018年7月号)
2018年5月9日 選考委員との相性(2018年6月号)
2018年4月9日 予選突破作品のレベル(2018年5月号)
2018年3月8日 プロ作家への道(2018年4月号)
2018年2月13日 警察小説大賞(2018年3月号)
2018年1月9日 一次選考で落とされる4つのパターン(2018年2月号)
2017年12月18日 オール讀物新人賞(2018年1月号)
2017年11月13日 落選作のレベル5段階(2017年12月号)
2017年10月5日 刑事ドラマの警察考証間違い3(2017年11月号)
2017年9月5日 刑事ドラマの警察考証間違い2(2017年10月号)
2017年8月9日 刑事ドラマの警察考証間違い(2017年9月号)
2017年8月9日 小学館文庫小説賞(2017年8月号)
2017年7月9日 予選を突破するには(2017年7月号)
2017年6月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2017年6月号)
2017年5月9日 受賞に必要な要素(2017年5月号)
2017年4月9日 新人賞が求めること、読者が求めること(2017年4月号)
2017年3月9日 展開を読まれてはならない(2017年3月号)
2017年2月9日 受賞するための三要素(2017年2月号)
2017年1月9日 アガサ・クリスティー賞(2017年1月号)
2016年12月9日 江戸川乱歩賞(2016年12月号)
2016年11月9日 時代劇で受賞するには(2016年11月号)
2016年10月9日 新人賞の選考基準(2016年10月号)
2016年9月9日 強い女性刑事の書き方(2016年9月号)
2016年8月9日 メフィスト賞 その2(2016年8月号)
2016年7月9日 メフィスト賞(2016年7月号)
2016年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞   その2(2016年6月号)
2016年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2016年5月号)
2016年4月9日 ばらのまち福山ミステリー文学賞(2016年4月号)
2016年3月9日 日経小説大賞(2016年3月号)
2016年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2016年2月号)
2015年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2015年5月号)
2015年4月9日 横溝正史ミステリ大賞(2015年4月号)
2015年3月9日 本格トリックを創るのが苦手な人が ミステリーを書くには(2015年3月号)
2015年2月9日 江戸川乱歩賞(2015年2月号)
2014年11月9日 松本清張賞(2014年11月号)
2015年1月9日 福山ミステリー文学新人賞/鮎川哲也賞(2015年1月号)
2014年12月9日 アガサ・クリスティー賞(2014年12月号)
2016年1月9日 新潮ミステリー大賞(2016年1月号)
2015年12月9日 島田荘司推理小説賞(2015年12月号)
2015年11月9日 江戸川乱歩賞(2015年11月号)
2015年10月9日 小学館文庫小説賞(2015年10月号)
2015年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2015年9月号)
2014年10月9日 横溝正史ミステリ大賞(2014年10月号)
2014年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2014年9月号)
2014年8月9日 小学館文庫小説賞(2014年8月号)
2014年7月9日 日経小説大賞(2014年7月号)
2014年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2014年6月号)
2014年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2014年5月号)
2014年4月9日 小説すばる新人賞(2014年4月号)
2014年3月9日 日本エンタメ小説大賞(2014年3月号)
2014年2月9日 小説現代長編新人賞(2014年2月号)
2014年1月9日 江戸川乱歩賞(2014年1月号)
2013年12月9日 日本ホラー小説大賞(2013年12月号)
2013年11月9日 鮎川哲也賞(2013年11月号)
2015年7月9日 日経小説大賞(2015年7月号)
2015年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2015年6月号)
2013年10月9日 小学館文庫小説賞(2013年10月号)
2013年9月9日 野生時代フロンティア文学賞(2013年9月号)
2013年8月9日 日本ラブストーリー大賞(2013年8月号)
2013年7月9日 ゴールデン・エレファント賞(2013年7月号)
2013年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2013年6月号)
2013年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2013年5月号)
2013年4月9日 小説すばる新人賞(2013年4月号)
2013年3月9日 新潮エンターテインメント大賞(2013年3月号)
2013年2月9日 江戸川乱歩賞(2013年2月号)
2013年1月9日 小説現代長編新人賞(2013年1月号)
2012年12月9日 角川春樹小説賞(2012年12月号)
2012年11月9日 松本清張賞(2012年11月号)
2012年10月9日 日本ホラー小説大賞(2012年10月号)
2012年9月9日 横溝正史ミステリ大賞(2012年9月号)
2012年8月9日 小学館文庫小説賞(2012年8月号)
2012年7月9日 日本ラブストーリー大賞(2012年7月号)
2012年6月9日 『幽』怪談文学賞(2012年6月号)
2012年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2012年5月号)
2012年4月9日 ゴールデン・エレファント賞(2012年4月号)
2012年3月9日 小説すばる新人賞(2012年3月号)
2012年2月9日 江戸川乱歩賞(2012年2月号)
2012年1月9日 朝日時代小説大賞(2012年1月号)
2011年12月9日 松本清張賞(2011年12月号)
2011年11月9日 日本ホラー小説大賞(2011年11月号)
2011年10月9日 キャラ立て(2011年10月号)
2011年9月9日 リアリティ(2011年9月号)
2011年8月9日 時代小説の文学賞(2011年8月号)
2011年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2011年7月号)
2011年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2011年6月号)
2011年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞 その2(2011年5月号)
2011年4月9日 日本ファンタジーノベル大賞について(2011年4月号)
2011年3月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(続)(2011年3月号)
2011年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2011年2月号)
2011年1月9日 新潮エンターテインメント大賞について(2011年1月号)
2010年12月9日 小説現代長編新人賞について(2010年12月号)
2010年11月9日 松本清張賞について(2010年11月号)
2010年10月9日 新人賞を狙う基本常識について(2010年10月号)
2010年9月9日 歴史群像大賞について(2010年9月号)
2010年8月9日 『幽』怪談文学賞長編賞について(2010年8月号)
2010年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2010年7月号)
2010年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2010年6月号)
2010年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2010年5月号)