鮎川哲也賞(2020年5月8日更新)

  • 結果発表
  • 文芸

2020.05.08

SFで新人賞を射止める

今回は、第26回の鮎川哲也賞受賞作『ジェリーフィッシュは凍らない』(市川憂人)について論じる。以前に取り上げた『屍人荘の殺人』(今村昌弘)の前年の受賞作である。

なぜ、わざわざ古い作品を取り上げるのかというと、これがSFだからである。

現在、SFは全く、ほとんど壊滅的に売れていないので、SFと見ただけで、内容の出来不出来に無関係に、一次選考で落とされる新人賞が、いくつか存在する。

もちろん、表立って応募規定に明記されているわけではないが。

しかし、一部のアマチュアの中には、SFが大好きで「できることなら、SFで新人賞を射止めたい」と希望している人間が一定数、存在する。

現在、明らかに「SFでもOK」としている新人賞は、ライトノベルだけである。

ところが、ライトノベルは、これまた応募要項には書かれていないが、30歳を越えると(版元によっては、35歳)「若い人の感性が解るわけがない」と読まずに落とすと、小耳に挟んでいる。

「SFで新人賞を射止めたい」と希望しているアマチュアは、新人賞を射止めないままに歳を重ねて、35歳のボーダーラインを突破してしまう事例が多い。

『ジェリーフィッシュは凍らない』の作者の市川憂人も、受賞時点でジャスト40歳である。

ライトノベル系新人賞に応募しても、見えざる年齢制限に引っ掛かって落とされそうなSFマニアの書き手が唯一、狙えるのが「SF本格ミステリー」それも「SF密室トリック殺人事件ミステリー」である。

これは、密室殺人事件が大好きなミステリー・ファンが読む。このファン層は常に一定数が存在している。

現在、新人賞受賞者がプロ作家になって文壇で生き延びる、いわゆる“生存率”が最も高いのが鮎川哲也賞であるが、根強い“密室殺人事件ファン”がいるからに他ならない。

グランプリを射止めずとも、鮎川哲也賞の最終候補にノミネートされただけで、人気作家になって生き延びている作家が何人も実在する。

例えば第2回の最終候補に『琥珀の城の殺人』でノミネートされた篠田真由美は『ウィキペディア』を読めば一目瞭然、単著だけで70冊以上の著作を送り出している。

人気の凋落に伴い、2009年に募集が停止された新人賞だが、日本SF新人賞の第1回の受賞作『M.G.H. 楽園の鏡像』(三雲岳斗)も宇宙ステーションを舞台にした「密室殺人事件ミステリー」である。

篠田真由美ほどではないが、三雲岳斗も文壇で、しぶとく生き延びている。

要注意のキーポイント

さて、話を『ジェリーフィッシュは凍らない』に戻そう。これはSF的にはパラレル・ワールド物である。

物語の舞台は1983年のアメリカであるが、アメリカとは出てこない。アメリカは「U国」日本は「J国」カナダは「C国」メキシコは「M国」ソ連は「S国」という仮名である。

またアリゾナは「A州」と、アリゾナ州都のフェニックスは「F」と書かれ、密室殺人事件の捜査に取り組む刑事は、A州F署刑事課のマリア・ソールズベリー警部で、その部下で刑事側の狂言回し役を務める九条漣刑事が「J国人」と書かれている。

いくら現実世界ではなく、パラレル・ワールドに舞台を置いているからといって、この手法は、どうかと首を捻る。

「この物語はパラレル・ワールドを舞台としています」と最初に銘打てば良いだけの話で、ここまで明確な地名を仮名にする必要は、どこにもない。

選考委員の北村薫は、選評の中で「読み始めた時には《U国・C国・S国・R国》といった書き方に、抵抗を感じた」と書いている。

ここは要注意のキーポイントである。

鮎川哲也賞は応募作品数が少なく、「前代未聞の密室トリック」が“売り”なので、予選委員もきっちり最後まで読んでくれる。

しかし、応募作品数が多い新人賞で、一次選考で、「仮名で書かれるとリアリティが感じられない」と考える選考委員にぶつかったら、読まずに落とされる危険性が存在する。

また『ジェリーフィッシュは凍らない』は、時系列が頻繁に行ったり来たりする。

墜落した《ジェリーフィッシュ》という名称の飛行船の中で起きた密室殺人事件、それもアガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』的な全員殺人事件を捜査するA州F署のマリア警部、および九条刑事の立場と、連続殺人事件が起きる前の、あるいは連続殺人事件が“現在進行中”の飛行船内の奇怪なエピソードとが交互に描かれる。

こういう“時系列崩し”も嫌う選考委員が多いから、要注意である。

この2つの要注意点に留意しつつ『ジェリーフィッシュは凍らない』を読めば、SF密室殺人事件で新人賞を狙うアマチュアには参考になるはずである。

まあ、犯人は一種の“報復殺人”に成功するわけだが、その成功の過程には、かなりご都合主義の展開が散見される。

これは、新人賞を狙うレベルのアマチュアなら容易に気づけるだろう。

ここまで入り組んだトリックの計画殺人を成功させるには、どうしたって、ある程度は犯人にとって好都合なご都合主義は致し方ないが、それは可能な限り少なく抑えなければならない。

これは、最も重要度は低いが、3つめの留意点である。

プロフィール

若桜木虔(わかさき・けん) 昭和22年静岡県生まれ。NHK文化センターで小説講座の講師を務める。若桜木虔名義で約300冊、霧島那智名義で約200冊の著書がある。『修善寺・紅葉の誘拐ライン』が文藝春秋2004年傑作ミステリー第9位にランクイン。

バックナンバー

2021年10月8日 現代と昔で大きく意味が異なる言葉 その2(2021年10月8日更新)
2021年9月9日 現代と昔で大きく意味が異なる言葉 その1(2021年9月9日更新)
2021年8月6日 パロディ その3(2021年8月6日更新)
2021年7月9日 パロディ その2(2021年7月9日更新)
2021年6月9日 パロディ その1(2021年6月9日更新)
2021年2月10日 休載のお知らせ(2021年2月9日更新)
2021年1月9日 落選する理由(2021年1月9日更新)
2020年12月9日 時事ネタを書くなら(2020年12月9日更新)
2020年11月9日 文学賞の時代考証について(2020年11月9日更新)
2020年10月9日 角川春樹小説賞 その3(2020年10月9日更新)
2020年9月9日 角川春樹小説賞 その2(2020年9月9日更新)
2020年8月7日 角川春樹小説賞(2020年8月7日更新)
2020年7月9日 新潮ミステリー大賞 その2(2020年7月9日更新)
2020年6月9日 新潮ミステリー大賞(2020年6月9日更新)
2020年5月22日 鮎川哲也賞 その2(2020年5月22日更新)
2020年5月8日 鮎川哲也賞(2020年5月8日更新)
2020年3月24日 直木賞受賞作『熱源』について(2020年3月24日更新)
2020年2月7日 新潮ミステリー大賞(2020年2月7日更新)
2020年1月17日 アガサ・クリスティー賞 その2(2020年1月17日更新)
2019年12月9日 アガサ・クリスティー賞 その1(2019年12月9日更新)
2019年11月8日 江戸川乱歩賞(2019年11月8日更新)
2019年10月25日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞 その3(2019年10月25日更新)
2019年9月9日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞 その2(2019年10月号)
2019年8月9日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞(2019年9月号)
2019年7月9日 時代劇本格ミステリーの手法(2019年8月号)
2019年6月7日 文章の巧いプロ作家(2019年7月号)
2019年5月9日 文章の欠点(2019年6月号)
2019年4月9日 「そして」「しまう」を使うな(2019年5月号)
2019年3月8日 新人賞を狙う際の心構え(2019年4月号)
2019年2月8日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その3(2019年3月号)
2019年1月9日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その2(2019年2月号)
2018年12月7日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞(2019年1月号)
2018年11月9日 ミステリー系新人賞を狙うなら(2018年12月号)
2018年10月9日 松本清張賞(2018年11月号)
2018年9月7日 時代劇本格ミステリー その2(2018年10月号)
2018年8月9日 時代劇本格ミステリー(2018年9月号)
2018年7月9日 警察考証のポイント(2018年8月号)
2018年6月8日 大藪春彦新人賞(2018年7月号)
2018年4月9日 予選突破作品のレベル(2018年5月号)
2018年5月9日 選考委員との相性(2018年6月号)
2018年3月8日 プロ作家への道(2018年4月号)
2018年2月13日 警察小説大賞(2018年3月号)
2018年1月9日 一次選考で落とされる4つのパターン(2018年2月号)
2017年12月18日 オール讀物新人賞(2018年1月号)
2017年11月13日 落選作のレベル5段階(2017年12月号)
2017年10月5日 刑事ドラマの警察考証間違い3(2017年11月号)
2017年9月5日 刑事ドラマの警察考証間違い2(2017年10月号)
2017年8月9日 刑事ドラマの警察考証間違い(2017年9月号)
2017年8月9日 小学館文庫小説賞(2017年8月号)
2017年7月9日 予選を突破するには(2017年7月号)
2015年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2015年5月号)
2015年4月9日 横溝正史ミステリ大賞(2015年4月号)
2015年3月9日 本格トリックを創るのが苦手な人が ミステリーを書くには(2015年3月号)
2015年2月9日 江戸川乱歩賞(2015年2月号)
2014年11月9日 松本清張賞(2014年11月号)
2015年1月9日 福山ミステリー文学新人賞/鮎川哲也賞(2015年1月号)
2014年12月9日 アガサ・クリスティー賞(2014年12月号)
2016年1月9日 新潮ミステリー大賞(2016年1月号)
2015年12月9日 島田荘司推理小説賞(2015年12月号)
2015年11月9日 江戸川乱歩賞(2015年11月号)
2015年10月9日 小学館文庫小説賞(2015年10月号)
2015年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2015年9月号)
2014年10月9日 横溝正史ミステリ大賞(2014年10月号)
2014年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2014年9月号)
2014年8月9日 小学館文庫小説賞(2014年8月号)
2014年7月9日 日経小説大賞(2014年7月号)
2014年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2014年6月号)
2014年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2014年5月号)
2014年4月9日 小説すばる新人賞(2014年4月号)
2014年3月9日 日本エンタメ小説大賞(2014年3月号)
2014年2月9日 小説現代長編新人賞(2014年2月号)
2014年1月9日 江戸川乱歩賞(2014年1月号)
2013年12月9日 日本ホラー小説大賞(2013年12月号)
2013年11月9日 鮎川哲也賞(2013年11月号)
2015年7月9日 日経小説大賞(2015年7月号)
2015年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2015年6月号)
2013年10月9日 小学館文庫小説賞(2013年10月号)
2013年9月9日 野生時代フロンティア文学賞(2013年9月号)
2013年8月9日 日本ラブストーリー大賞(2013年8月号)
2013年7月9日 ゴールデン・エレファント賞(2013年7月号)
2013年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2013年6月号)
2013年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2013年5月号)
2013年4月9日 小説すばる新人賞(2013年4月号)
2013年3月9日 新潮エンターテインメント大賞(2013年3月号)
2013年2月9日 江戸川乱歩賞(2013年2月号)
2013年1月9日 小説現代長編新人賞(2013年1月号)
2012年12月9日 角川春樹小説賞(2012年12月号)
2012年11月9日 松本清張賞(2012年11月号)
2012年10月9日 日本ホラー小説大賞(2012年10月号)
2012年9月9日 横溝正史ミステリ大賞(2012年9月号)
2012年8月9日 小学館文庫小説賞(2012年8月号)
2012年7月9日 日本ラブストーリー大賞(2012年7月号)
2012年6月9日 『幽』怪談文学賞(2012年6月号)
2012年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2012年5月号)
2012年4月9日 ゴールデン・エレファント賞(2012年4月号)
2012年3月9日 小説すばる新人賞(2012年3月号)
2012年2月9日 江戸川乱歩賞(2012年2月号)
2012年1月9日 朝日時代小説大賞(2012年1月号)
2011年12月9日 松本清張賞(2011年12月号)
2011年11月9日 日本ホラー小説大賞(2011年11月号)
2011年10月9日 キャラ立て(2011年10月号)
2011年9月9日 リアリティ(2011年9月号)
2011年8月9日 時代小説の文学賞(2011年8月号)
2011年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2011年7月号)
2011年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2011年6月号)
2011年4月9日 日本ファンタジーノベル大賞について(2011年4月号)
2011年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞 その2(2011年5月号)
2011年3月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(続)(2011年3月号)
2011年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2011年2月号)
2011年1月9日 新潮エンターテインメント大賞について(2011年1月号)
2010年12月9日 小説現代長編新人賞について(2010年12月号)
2010年11月9日 松本清張賞について(2010年11月号)
2010年10月9日 新人賞を狙う基本常識について(2010年10月号)
2017年6月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2017年6月号)
2017年5月9日 受賞に必要な要素(2017年5月号)
2010年9月9日 歴史群像大賞について(2010年9月号)
2010年8月9日 『幽』怪談文学賞長編賞について(2010年8月号)
2010年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2010年7月号)
2010年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2010年6月号)
2010年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2010年5月号)
2017年4月9日 新人賞が求めること、読者が求めること(2017年4月号)
2017年3月9日 展開を読まれてはならない(2017年3月号)
2017年2月9日 受賞するための三要素(2017年2月号)
2017年1月9日 アガサ・クリスティー賞(2017年1月号)
2016年12月9日 江戸川乱歩賞(2016年12月号)
2016年11月9日 時代劇で受賞するには(2016年11月号)
2016年10月9日 新人賞の選考基準(2016年10月号)
2016年8月9日 メフィスト賞 その2(2016年8月号)
2016年9月9日 強い女性刑事の書き方(2016年9月号)
2016年7月9日 メフィスト賞(2016年7月号)
2016年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞   その2(2016年6月号)
2016年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2016年5月号)
2016年4月9日 ばらのまち福山ミステリー文学賞(2016年4月号)
2016年3月9日 日経小説大賞(2016年3月号)
2016年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2016年2月号)