角川春樹小説賞 その3(2020年10月9日更新)

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2020.10.09

敢えて「現代語」で書く

今回も、前回に引き続き、角川春樹小説賞について論じる。

取り上げるのは、第10回受賞作の『童の神』(今村翔吾)である。第9回受賞作の『乱世をゆけ――織田の徒花、滝川一益』と比較して、段違いに出来映えが良い。ぐいぐい物語世界に惹き込んでいくだけの、卓越した筆力がある。

さすが第19回の伊豆文学賞を受賞、第23回の九州さが大衆文学賞大賞と笹沢左保賞をW受賞し、第96回のオール讀物新人賞と第8回の野性時代フロンティア文学賞候補という錚々たる応募実績は伊達ではない。

『童の神』は、第160回の直木賞候補と第10回の山田風太郎賞候補にもノミネートされている。

これほどの『童の神』と比べ『乱世をゆけ』は、遥かに見劣りがする。見劣りがするから、前回、書いたように、時代考証間違いの出鱈目ぶりが、どうしても目に付く。

時代考証間違いという点に関しては、『童の神』の物語の舞台は、平安時代で、この時代には存在しなかった言葉が『童の神』には頻出する。敢えて言うなら「現代語」である。

が、おそらく作者の今村翔吾は、きちんと承知の上で、「このほうが、今の読者には読みやすいはず」という信念に基づいて、現代語のオンパレードで『童の神』を書いている。その点が、時代考証の無知ぶりを露呈した佐々木功と根本的に違うところ。

それを明確に感じたのは、1里を約4㎞と註釈して書いてあったこと。1里が4㎞になったのは江戸時代で、それも主要5街道だけである。

全国的に1里が4㎞になったのは、明治時代になってからである。平安時代の1里は、中国に倣って、およそ500mだった。

しかし、1里=500mの換算率で書いたら、おそらく現代の読者の大半は、ついて来られない。執筆の基準が「現代感覚」に統一されているから、良いのである。

『童の神』の剣戟シーンの迫力などは素晴らしく、帯に「北方謙三、今野敏、角川春樹、満場一致の大激賞!」とキャッチ・コピーが書かれているのも頷ける。

この剣戟シーンは、時代劇で新人賞を射止めようと目論んでいるアマチュアは是非とも模倣して欲しい。

超有名人を登場させるべからず

もっとも、『童の神』に問題点がないわけではない。新人賞を狙うアマチュアが犯しそうな問題点である。

基本的に新人賞は「他の人には思いつかないような物語を書ける新人を発掘する」ことに主眼を置いて選考が行われる。したがって、似たような設定の物語は、束にして落とされる。

つまり時代劇だと、超有名人が登場する応募作は、他の応募者とアイディアがバッティングする確率が極めて高いからダメなのである。

例えば、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、武田信玄、上杉謙信、伊達政宗、真田幸村、徳川綱吉、徳川吉宗、徳川家斉、徳川慶喜、田沼意次、松平定信、井伊直弼、近藤勇、土方歳三、沖田総司、斎藤一、渋沢栄一、千葉周作、桂小五郎、高杉晋作、坂本龍馬などは完全アウトな人物と言える。

こういう見方で『童の神』には、知名度から言ったら完全アウトな登場人物が出て来る。それも1人や2人ではない。山ほど、である。

まず、主人公が大江山の酒呑童子(最初は、酒呑童子とは分からない。「桜暁丸」という幼名で書かれ、酒呑童子だと分かるのは、物語の後半になってからである)。

しかし、物語が始まって早々に、物語の鍵を握る重要人物として、陰陽師の安倍晴明が出て来る。

他に、源頼光、渡辺綱、坂田金時、金太郎、怪盗の袴垂(藤原保輔)、藤原道長と、前述の超有名人と同程度に超有名な歴史上の人物が出て来る。

また、朝廷(実際は藤原道長)が酒呑童子討伐軍を、源頼光を総大将に、数千人規模で起こすが、おそらく、この時代の日本の総人口は、500万人から600万人程度。

これほど大人数の討伐軍を編制できたわけがない。そういったところは意図的に無視して、とにかく迫力重視で書いたところに『童の神』の良さがある。

ところで、時代劇の受賞作で、平安時代を舞台にした作品は少なく、最近では、第13回の鮎川哲也賞受賞作『千年の黙 異本源氏物語』(森谷明子)と第19回の松本清張賞受賞作『烏に単は似合わない』(阿部智里)あたりが記憶に残る程度である。

つまり、平安時代を舞台にした時代劇は、ほとんど売れない(『千年の黙』はミステリーだし、『烏に単』はライトノベルで、時代劇ファンを読者層には想定していない)からだが、『童の神』が直木賞候補にノミネートまでされたことで、大いなる勘違いをしたアマチュアが、平安時代を舞台に、超有名人(源義経、源為朝、木曾義仲、巴御前、弁慶など)を登場させる応募作を諸新人賞に応募することが予想される。

そうすると選考委員は「また、似たようなのが来た」と、真剣に読まずに落とすことになる。

その辺りを、じっくり考えて応募作のプロットを練って欲しい。

プロフィール

若桜木虔(わかさき・けん) 昭和22年静岡県生まれ。NHK文化センターで小説講座の講師を務める。若桜木虔名義で約300冊、霧島那智名義で約200冊の著書がある。『修善寺・紅葉の誘拐ライン』が文藝春秋2004年傑作ミステリー第9位にランクイン。
 

バックナンバー

2021年10月8日 現代と昔で大きく意味が異なる言葉 その2(2021年10月8日更新)
2021年9月9日 現代と昔で大きく意味が異なる言葉 その1(2021年9月9日更新)
2021年8月6日 パロディ その3(2021年8月6日更新)
2021年7月9日 パロディ その2(2021年7月9日更新)
2021年6月9日 パロディ その1(2021年6月9日更新)
2021年2月10日 休載のお知らせ(2021年2月9日更新)
2021年1月9日 落選する理由(2021年1月9日更新)
2020年12月9日 時事ネタを書くなら(2020年12月9日更新)
2020年11月9日 文学賞の時代考証について(2020年11月9日更新)
2020年10月9日 角川春樹小説賞 その3(2020年10月9日更新)
2020年9月9日 角川春樹小説賞 その2(2020年9月9日更新)
2020年8月7日 角川春樹小説賞(2020年8月7日更新)
2020年7月9日 新潮ミステリー大賞 その2(2020年7月9日更新)
2020年6月9日 新潮ミステリー大賞(2020年6月9日更新)
2020年5月22日 鮎川哲也賞 その2(2020年5月22日更新)
2020年5月8日 鮎川哲也賞(2020年5月8日更新)
2020年3月24日 直木賞受賞作『熱源』について(2020年3月24日更新)
2020年2月7日 新潮ミステリー大賞(2020年2月7日更新)
2020年1月17日 アガサ・クリスティー賞 その2(2020年1月17日更新)
2019年12月9日 アガサ・クリスティー賞 その1(2019年12月9日更新)
2019年11月8日 江戸川乱歩賞(2019年11月8日更新)
2019年10月25日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞 その3(2019年10月25日更新)
2019年9月9日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞 その2(2019年10月号)
2019年8月9日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞(2019年9月号)
2019年7月9日 時代劇本格ミステリーの手法(2019年8月号)
2019年6月7日 文章の巧いプロ作家(2019年7月号)
2019年5月9日 文章の欠点(2019年6月号)
2019年4月9日 「そして」「しまう」を使うな(2019年5月号)
2019年3月8日 新人賞を狙う際の心構え(2019年4月号)
2019年2月8日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その3(2019年3月号)
2019年1月9日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その2(2019年2月号)
2018年12月7日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞(2019年1月号)
2018年11月9日 ミステリー系新人賞を狙うなら(2018年12月号)
2018年10月9日 松本清張賞(2018年11月号)
2018年9月7日 時代劇本格ミステリー その2(2018年10月号)
2018年8月9日 時代劇本格ミステリー(2018年9月号)
2018年7月9日 警察考証のポイント(2018年8月号)
2018年6月8日 大藪春彦新人賞(2018年7月号)
2018年4月9日 予選突破作品のレベル(2018年5月号)
2018年5月9日 選考委員との相性(2018年6月号)
2018年3月8日 プロ作家への道(2018年4月号)
2018年2月13日 警察小説大賞(2018年3月号)
2018年1月9日 一次選考で落とされる4つのパターン(2018年2月号)
2017年12月18日 オール讀物新人賞(2018年1月号)
2017年11月13日 落選作のレベル5段階(2017年12月号)
2017年10月5日 刑事ドラマの警察考証間違い3(2017年11月号)
2017年9月5日 刑事ドラマの警察考証間違い2(2017年10月号)
2017年8月9日 刑事ドラマの警察考証間違い(2017年9月号)
2017年8月9日 小学館文庫小説賞(2017年8月号)
2017年7月9日 予選を突破するには(2017年7月号)
2015年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2015年5月号)
2015年4月9日 横溝正史ミステリ大賞(2015年4月号)
2015年3月9日 本格トリックを創るのが苦手な人が ミステリーを書くには(2015年3月号)
2015年2月9日 江戸川乱歩賞(2015年2月号)
2014年11月9日 松本清張賞(2014年11月号)
2015年1月9日 福山ミステリー文学新人賞/鮎川哲也賞(2015年1月号)
2014年12月9日 アガサ・クリスティー賞(2014年12月号)
2016年1月9日 新潮ミステリー大賞(2016年1月号)
2015年12月9日 島田荘司推理小説賞(2015年12月号)
2015年11月9日 江戸川乱歩賞(2015年11月号)
2015年10月9日 小学館文庫小説賞(2015年10月号)
2015年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2015年9月号)
2014年10月9日 横溝正史ミステリ大賞(2014年10月号)
2014年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2014年9月号)
2014年8月9日 小学館文庫小説賞(2014年8月号)
2014年7月9日 日経小説大賞(2014年7月号)
2014年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2014年6月号)
2014年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2014年5月号)
2014年4月9日 小説すばる新人賞(2014年4月号)
2014年3月9日 日本エンタメ小説大賞(2014年3月号)
2014年2月9日 小説現代長編新人賞(2014年2月号)
2014年1月9日 江戸川乱歩賞(2014年1月号)
2013年12月9日 日本ホラー小説大賞(2013年12月号)
2013年11月9日 鮎川哲也賞(2013年11月号)
2015年7月9日 日経小説大賞(2015年7月号)
2015年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2015年6月号)
2013年10月9日 小学館文庫小説賞(2013年10月号)
2013年9月9日 野生時代フロンティア文学賞(2013年9月号)
2013年8月9日 日本ラブストーリー大賞(2013年8月号)
2013年7月9日 ゴールデン・エレファント賞(2013年7月号)
2013年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2013年6月号)
2013年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2013年5月号)
2013年4月9日 小説すばる新人賞(2013年4月号)
2013年3月9日 新潮エンターテインメント大賞(2013年3月号)
2013年2月9日 江戸川乱歩賞(2013年2月号)
2013年1月9日 小説現代長編新人賞(2013年1月号)
2012年12月9日 角川春樹小説賞(2012年12月号)
2012年11月9日 松本清張賞(2012年11月号)
2012年10月9日 日本ホラー小説大賞(2012年10月号)
2012年9月9日 横溝正史ミステリ大賞(2012年9月号)
2012年8月9日 小学館文庫小説賞(2012年8月号)
2012年7月9日 日本ラブストーリー大賞(2012年7月号)
2012年6月9日 『幽』怪談文学賞(2012年6月号)
2012年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2012年5月号)
2012年4月9日 ゴールデン・エレファント賞(2012年4月号)
2012年3月9日 小説すばる新人賞(2012年3月号)
2012年2月9日 江戸川乱歩賞(2012年2月号)
2012年1月9日 朝日時代小説大賞(2012年1月号)
2011年12月9日 松本清張賞(2011年12月号)
2011年11月9日 日本ホラー小説大賞(2011年11月号)
2011年10月9日 キャラ立て(2011年10月号)
2011年9月9日 リアリティ(2011年9月号)
2011年8月9日 時代小説の文学賞(2011年8月号)
2011年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2011年7月号)
2011年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2011年6月号)
2011年4月9日 日本ファンタジーノベル大賞について(2011年4月号)
2011年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞 その2(2011年5月号)
2011年3月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(続)(2011年3月号)
2011年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2011年2月号)
2011年1月9日 新潮エンターテインメント大賞について(2011年1月号)
2010年12月9日 小説現代長編新人賞について(2010年12月号)
2010年11月9日 松本清張賞について(2010年11月号)
2010年10月9日 新人賞を狙う基本常識について(2010年10月号)
2017年6月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2017年6月号)
2017年5月9日 受賞に必要な要素(2017年5月号)
2010年9月9日 歴史群像大賞について(2010年9月号)
2010年8月9日 『幽』怪談文学賞長編賞について(2010年8月号)
2010年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2010年7月号)
2010年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2010年6月号)
2010年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2010年5月号)
2017年4月9日 新人賞が求めること、読者が求めること(2017年4月号)
2017年3月9日 展開を読まれてはならない(2017年3月号)
2017年2月9日 受賞するための三要素(2017年2月号)
2017年1月9日 アガサ・クリスティー賞(2017年1月号)
2016年12月9日 江戸川乱歩賞(2016年12月号)
2016年11月9日 時代劇で受賞するには(2016年11月号)
2016年10月9日 新人賞の選考基準(2016年10月号)
2016年8月9日 メフィスト賞 その2(2016年8月号)
2016年9月9日 強い女性刑事の書き方(2016年9月号)
2016年7月9日 メフィスト賞(2016年7月号)
2016年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞   その2(2016年6月号)
2016年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2016年5月号)
2016年4月9日 ばらのまち福山ミステリー文学賞(2016年4月号)
2016年3月9日 日経小説大賞(2016年3月号)
2016年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2016年2月号)