落選する理由(2021年1月9日更新)

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2021.01.09

神様視点

私が「公募スクール」で担当している中に「落選理由を探る」という講座があって、それは前回も触れたのだが、ここに送られて来る作品には2つのタイプがある。

1つは、文字通り「**賞に応募したのだが、一次選考も突破できず、講評もしてもらえなかった。なので、一次選考落ちの理由を教えて欲しい」というもの。

もう1つは「長編を書き上げて**賞に応募したいのだが、もっと向いている新人賞があれば教えて欲しい」というもの。

前回は「基本的に時事ネタで挑戦すると、他の応募作とバッティングが起きるので、束にして落とされる」というキーポイントを書いた。

時事ネタと同じくらい一次選考で撥ねられる作品に「神様視点でスタートする物語」がある。

統計を取っているわけではないので、どっちが多いのかは分からないが、どっちも同じぐらいの多さだろう、という心証がある。

「神様視点でスタートする物語」とは、「冒頭に主人公が登場しない物語」である。

時代劇の合戦場面、ある事件なり事故なりを冒頭で扱っているのだが、そこに主人公が介在していないのが、「神様視点でスタートする物語」である。

これは、読んでいて読者(選考委員)が感情移入することができない。

「神様視点でスタートする物語は基本的に一次選考で落とす」が一次選考担当の下読み選者の共通認識となっている。

ただ、これは下読み選者の共通認識ではない。とはいえ、圧倒的に多数派を占めるので、新人賞のグランプリを狙うアマチュアは、多数派の方針に従うのが賢明と言える。

私は、自分の小説教室の生徒には、「主人公は1行目に、それが無理なら5行以内に登場」させるように、と指導している。

冒頭シーンに「前例のないほど強烈なインパクトのある場面」があって、そこに惹き付けられるのであれば、もう少し主人公の登場が遅れても構わないのだが、まず、それは至難の業。

例えばテレビのミステリー・ドラマの冒頭のように、「友人宅を訪ねてみたら、そこに死体が転がっていた」などは駄目である。

一発で、予選落ちすると思っていたほうが良い(しかし、そこが理解できていないアマチュアは、想像以上に多い。

まさか「自分だけは別だ」などと我田引水のことを思っているわけでもないだろうが。

出し惜しみ

「神様視点でスタートする物語」を書く人には、ある程度まで共通した特徴がある。それは「出し惜しみ性向」である。

物語のキーポイントになることは、あとのほうに出すように構成したほうが選考委員の気を惹くことができると勘違いしているとしか思えない。

そういう気持ちで読んでもらえるのは、人気プロ作家になってからである。

例えばアガサ・クリスティーは新人時代、さっさと事件を起こしていたが、人気が上昇するに従って、殺人事件の発生が遅くなった。

全体の60%を過ぎるまで事件が起きない構成になっている物語も珍しくない。

新人賞を狙うアマチュアは、晩年のアガサ・クリスティーのような「踏ん反り返った態度」で新人賞応募作を書いたら駄目である。

それでは永久に一次選考の壁を突破できずに終わる。

また、「神様視点でスタートする物語」を書く人の中には、主人公(視点人物)がコロコロ次から次へと変遷していく物語にしてしまう人も相当数、存在する。

これなど「神様視点でスタートする物語」どころか「視点」の意味すら理解できていないとしか思えない。

こういう人は、まず「主人公の単独視点の物語」を書くことである。

「この人物を描きたい!」と考えている人物を決め、物語の冒頭5枚以内に出し「主人公の目に映らない・耳に聞こえない・気づかない・忘れている・認識できないことは絶対に書かない」を肝に銘じて書くことである。

しかし、「**は振り返らなかった。だが、別れたばかりの**が自分の背中を凝視していることには、全く気づかなかった」などといった類の文章を書く人は意外に多いのである。

①主人公は、できるだけ早く出す。
②主人公の五感に触れないことは絶対に書かない。

この2項目に加えて「主人公のキャラが立っている」ことは必須である。

「キャラが立つ=選者(作家・評論家・幹部編集者)が、その人物を魅力的と判断する」である。

「平凡な主婦」「ごく普通のサラリーマン」「ごく普通の学生」などを主人公に設定したら、予選落ちは確実だと心得ていたほうが良い。

プロフィール

若桜木虔(わかさき・けん) 昭和22年静岡県生まれ。NHK文化センターで小説講座の講師を務める。若桜木虔名義で約300冊、霧島那智名義で約200冊の著書がある。『修善寺・紅葉の誘拐ライン』が文藝春秋2004年傑作ミステリー第9位にランクイン。
 

バックナンバー

2021年10月8日 現代と昔で大きく意味が異なる言葉 その2(2021年10月8日更新)
2021年9月9日 現代と昔で大きく意味が異なる言葉 その1(2021年9月9日更新)
2021年8月6日 パロディ その3(2021年8月6日更新)
2021年7月9日 パロディ その2(2021年7月9日更新)
2021年6月9日 パロディ その1(2021年6月9日更新)
2021年2月10日 休載のお知らせ(2021年2月9日更新)
2021年1月9日 落選する理由(2021年1月9日更新)
2020年12月9日 時事ネタを書くなら(2020年12月9日更新)
2020年11月9日 文学賞の時代考証について(2020年11月9日更新)
2020年10月9日 角川春樹小説賞 その3(2020年10月9日更新)
2020年9月9日 角川春樹小説賞 その2(2020年9月9日更新)
2020年8月7日 角川春樹小説賞(2020年8月7日更新)
2020年7月9日 新潮ミステリー大賞 その2(2020年7月9日更新)
2020年6月9日 新潮ミステリー大賞(2020年6月9日更新)
2020年5月22日 鮎川哲也賞 その2(2020年5月22日更新)
2020年5月8日 鮎川哲也賞(2020年5月8日更新)
2020年3月24日 直木賞受賞作『熱源』について(2020年3月24日更新)
2020年2月7日 新潮ミステリー大賞(2020年2月7日更新)
2020年1月17日 アガサ・クリスティー賞 その2(2020年1月17日更新)
2019年12月9日 アガサ・クリスティー賞 その1(2019年12月9日更新)
2019年11月8日 江戸川乱歩賞(2019年11月8日更新)
2019年10月25日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞 その3(2019年10月25日更新)
2019年9月9日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞 その2(2019年10月号)
2019年8月9日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞(2019年9月号)
2019年7月9日 時代劇本格ミステリーの手法(2019年8月号)
2019年6月7日 文章の巧いプロ作家(2019年7月号)
2019年5月9日 文章の欠点(2019年6月号)
2019年4月9日 「そして」「しまう」を使うな(2019年5月号)
2019年3月8日 新人賞を狙う際の心構え(2019年4月号)
2019年2月8日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その3(2019年3月号)
2019年1月9日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その2(2019年2月号)
2018年12月7日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞(2019年1月号)
2018年11月9日 ミステリー系新人賞を狙うなら(2018年12月号)
2018年10月9日 松本清張賞(2018年11月号)
2018年9月7日 時代劇本格ミステリー その2(2018年10月号)
2018年8月9日 時代劇本格ミステリー(2018年9月号)
2018年7月9日 警察考証のポイント(2018年8月号)
2018年6月8日 大藪春彦新人賞(2018年7月号)
2018年4月9日 予選突破作品のレベル(2018年5月号)
2018年5月9日 選考委員との相性(2018年6月号)
2018年3月8日 プロ作家への道(2018年4月号)
2018年2月13日 警察小説大賞(2018年3月号)
2018年1月9日 一次選考で落とされる4つのパターン(2018年2月号)
2017年12月18日 オール讀物新人賞(2018年1月号)
2017年11月13日 落選作のレベル5段階(2017年12月号)
2017年10月5日 刑事ドラマの警察考証間違い3(2017年11月号)
2017年9月5日 刑事ドラマの警察考証間違い2(2017年10月号)
2017年8月9日 刑事ドラマの警察考証間違い(2017年9月号)
2017年8月9日 小学館文庫小説賞(2017年8月号)
2017年7月9日 予選を突破するには(2017年7月号)
2015年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2015年5月号)
2015年4月9日 横溝正史ミステリ大賞(2015年4月号)
2015年3月9日 本格トリックを創るのが苦手な人が ミステリーを書くには(2015年3月号)
2015年2月9日 江戸川乱歩賞(2015年2月号)
2014年11月9日 松本清張賞(2014年11月号)
2015年1月9日 福山ミステリー文学新人賞/鮎川哲也賞(2015年1月号)
2014年12月9日 アガサ・クリスティー賞(2014年12月号)
2016年1月9日 新潮ミステリー大賞(2016年1月号)
2015年12月9日 島田荘司推理小説賞(2015年12月号)
2015年11月9日 江戸川乱歩賞(2015年11月号)
2015年10月9日 小学館文庫小説賞(2015年10月号)
2015年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2015年9月号)
2014年10月9日 横溝正史ミステリ大賞(2014年10月号)
2014年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2014年9月号)
2014年8月9日 小学館文庫小説賞(2014年8月号)
2014年7月9日 日経小説大賞(2014年7月号)
2014年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2014年6月号)
2014年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2014年5月号)
2014年4月9日 小説すばる新人賞(2014年4月号)
2014年3月9日 日本エンタメ小説大賞(2014年3月号)
2014年2月9日 小説現代長編新人賞(2014年2月号)
2014年1月9日 江戸川乱歩賞(2014年1月号)
2013年12月9日 日本ホラー小説大賞(2013年12月号)
2013年11月9日 鮎川哲也賞(2013年11月号)
2015年7月9日 日経小説大賞(2015年7月号)
2015年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2015年6月号)
2013年10月9日 小学館文庫小説賞(2013年10月号)
2013年9月9日 野生時代フロンティア文学賞(2013年9月号)
2013年8月9日 日本ラブストーリー大賞(2013年8月号)
2013年7月9日 ゴールデン・エレファント賞(2013年7月号)
2013年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2013年6月号)
2013年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2013年5月号)
2013年4月9日 小説すばる新人賞(2013年4月号)
2013年3月9日 新潮エンターテインメント大賞(2013年3月号)
2013年2月9日 江戸川乱歩賞(2013年2月号)
2013年1月9日 小説現代長編新人賞(2013年1月号)
2012年12月9日 角川春樹小説賞(2012年12月号)
2012年11月9日 松本清張賞(2012年11月号)
2012年10月9日 日本ホラー小説大賞(2012年10月号)
2012年9月9日 横溝正史ミステリ大賞(2012年9月号)
2012年8月9日 小学館文庫小説賞(2012年8月号)
2012年7月9日 日本ラブストーリー大賞(2012年7月号)
2012年6月9日 『幽』怪談文学賞(2012年6月号)
2012年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2012年5月号)
2012年4月9日 ゴールデン・エレファント賞(2012年4月号)
2012年3月9日 小説すばる新人賞(2012年3月号)
2012年2月9日 江戸川乱歩賞(2012年2月号)
2012年1月9日 朝日時代小説大賞(2012年1月号)
2011年12月9日 松本清張賞(2011年12月号)
2011年11月9日 日本ホラー小説大賞(2011年11月号)
2011年10月9日 キャラ立て(2011年10月号)
2011年9月9日 リアリティ(2011年9月号)
2011年8月9日 時代小説の文学賞(2011年8月号)
2011年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2011年7月号)
2011年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2011年6月号)
2011年4月9日 日本ファンタジーノベル大賞について(2011年4月号)
2011年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞 その2(2011年5月号)
2011年3月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(続)(2011年3月号)
2011年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2011年2月号)
2011年1月9日 新潮エンターテインメント大賞について(2011年1月号)
2010年12月9日 小説現代長編新人賞について(2010年12月号)
2010年11月9日 松本清張賞について(2010年11月号)
2010年10月9日 新人賞を狙う基本常識について(2010年10月号)
2017年6月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2017年6月号)
2017年5月9日 受賞に必要な要素(2017年5月号)
2010年9月9日 歴史群像大賞について(2010年9月号)
2010年8月9日 『幽』怪談文学賞長編賞について(2010年8月号)
2010年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2010年7月号)
2010年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2010年6月号)
2010年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2010年5月号)
2017年4月9日 新人賞が求めること、読者が求めること(2017年4月号)
2017年3月9日 展開を読まれてはならない(2017年3月号)
2017年2月9日 受賞するための三要素(2017年2月号)
2017年1月9日 アガサ・クリスティー賞(2017年1月号)
2016年12月9日 江戸川乱歩賞(2016年12月号)
2016年11月9日 時代劇で受賞するには(2016年11月号)
2016年10月9日 新人賞の選考基準(2016年10月号)
2016年8月9日 メフィスト賞 その2(2016年8月号)
2016年9月9日 強い女性刑事の書き方(2016年9月号)
2016年7月9日 メフィスト賞(2016年7月号)
2016年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞   その2(2016年6月号)
2016年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2016年5月号)
2016年4月9日 ばらのまち福山ミステリー文学賞(2016年4月号)
2016年3月9日 日経小説大賞(2016年3月号)
2016年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2016年2月号)