公募を探す

新人賞落選作のパターン その2(2022年6月15日更新)

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2022.06.15

主人公の魅力

  新人賞応募落選作に共通することは、とにかく主人公に魅力がない。どこにでもいる平凡な人物が主人公に設定されている作品が、圧倒的大多数を占める。

  これでは予選突破できない。「平凡な人物」なら、極論すれば、誰でも思い付く。

  主人公に特殊技術を持たせるところまでは良い。しかし、そこに頼ってしまったら、やはり「余裕で予選突破できる魅力的な主人公」とは、なりえない。

  最新の日本ミステリー文学大賞新人賞受賞者に茜灯里さんの『馬疫』(応募時のタイトルは『オリンピックに駿馬は狂騒(くる)う』である)がある。

  主人公は馬を専門とする獣医(応募者の茜さん自身が獣医で、東大の獣医学科を出ている)で、しかも、キャラが立っている。
これは多分、作者の茜さん自身がキャラが立っているのだ。

  この年の『このミステリーがすごい!』大賞のグランプリ受賞者が東大出の「美人弁護士」で、茜さんは、「東大出の美人が新人賞授賞の条件の一つなら、私は確実に受賞できますね」と応募時点で自信満々に語っていた。

  このくらいでなければいけない。

  しかも、作者のキャラが立っているだけでなく、それが応募作の主人公像に反映されなければならない。

  ある高校生の美少女がいる(実在人物である)。

  見るからにファッション・モデル体形の細身なのだが、それは鍛えに鍛え上げているからで、体脂肪率は十%を切っている。

  腹筋が何段にも割れているし、胸囲のほうがバストよりも長い逆三角形の体形で、「寝ていて、反動を付けずに起き上がる腹筋運動」が何回ぐらいできるか訊いたところが、「何回できるか、挑戦したことがないので、分かりません。二百回までで止めています」が返事だった。

  ある小説で、女性主人公が腹筋五十回で「凄い」設定になっていたが、「この作者は運動音痴だな」と瞬時に分かって、読む気をなくした。

  運動音痴の作家が自分を基準にしてスポーツ小説を書くと、こういうみっともない物語を書く、という典型的な好例だった。

  で、その美少女に話を戻すと「痴漢に襲われるのが趣味」だった。

  別に、痴漢に襲われて刺される、あるいは強姦される、というマゾ小説ではない(それはそれで、別の意味でキャラが立っていないこともないが)。

  街灯もないような裏道を好んで歩いて、かなりの高率で痴漢に襲われる。

  直ちに逆襲に転じて、徹底的に叩きのめす(その少女は、さる武術道場の師範代を務めている)。

  曰く「最近の痴漢は根性がなくて張り合いがない。ぶちのめすと、すぐにメソメソ泣き出して許しを請う。情けないったら、ありゃしない」だった。

  そういう武術(剣道、柔道などのように明治維新以来スポーツ化した武道ではなく、江戸時代までの古流武術)を倣っている女性は意外に多い。

「全中国武術選手権」で優勝した女子高校生(前述とは別人)に会ったことがある。

「この術は、日本で私しかできません」と実演を見せてくれたのが「双槍の術」だった。

  中国の伝奇小説『水滸伝』の天罡星の一人に「天立星」こと双槍将の董平という人物がいる。両手に槍を持って戦うことから「双槍将」の渾名がついたのだが、具体的にどう戦うのか、イメージできなかった。

  で、その女子高校生に見せてもらったのだが、二本の槍を風車の如く振り回して演舞し、私と同行した剣道五段の男性が、「こりゃ、私でも勝てない。そもそも近づけない」と唸っていた。

  その女子高校生は、まだ未熟だった時に山ほど失敗して、背中はトータルで何十針も縫った傷だらけだそうである。

  しかも、嬉しそうに、ニコニコして失敗談を語る。「おいおい。そこまでやるのかよ」という世界である。

「主人公のキャラを立てる」とは、どういうことか、多少なりとも分かってもらえただろうか。

プロフィール

若桜木虔(わかさき・けん) 昭和22年静岡県生まれ。NHK文化センターで小説講座の講師を務める。若桜木虔名義で約300冊、霧島那智名義で約200冊の著書がある。『修善寺・紅葉の誘拐ライン』が文藝春秋2004年傑作ミステリー第9位にランクイン。
 

バックナンバー

2022年4月15日 時代劇の間違い その6(2022年4月15日更新)
2022年5月15日 新人賞落選作のパターン その1(2022年5月15日更新)
2022年6月15日 新人賞落選作のパターン その2(2022年6月15日更新)
2022年3月30日 時代劇の間違い その5(2022年3月15日更新)
2022年2月15日 時代劇の間違い その4(2022年2月15日更新)
2022年1月7日 時代劇の間違い その3(2022年1月7日更新)
2021年12月9日 時代劇の間違い その2(2021年12月9日更新)
2021年11月9日 時代劇の間違い その1(2021年11月9日更新)
2021年10月8日 現代と昔で大きく意味が異なる言葉 その2(2021年10月8日更新)
2021年9月9日 現代と昔で大きく意味が異なる言葉 その1(2021年9月9日更新)
2021年8月6日 パロディ その3(2021年8月6日更新)
2021年7月9日 パロディ その2(2021年7月9日更新)
2021年6月9日 パロディ その1(2021年6月9日更新)
2021年2月10日 休載のお知らせ(2021年2月9日更新)
2021年1月9日 落選する理由(2021年1月9日更新)
2020年12月9日 時事ネタを書くなら(2020年12月9日更新)
2020年11月9日 文学賞の時代考証について(2020年11月9日更新)
2020年10月9日 角川春樹小説賞 その3(2020年10月9日更新)
2020年9月9日 角川春樹小説賞 その2(2020年9月9日更新)
2020年7月9日 新潮ミステリー大賞 その2(2020年7月9日更新)
2020年8月7日 角川春樹小説賞(2020年8月7日更新)
2020年6月9日 新潮ミステリー大賞(2020年6月9日更新)
2020年5月22日 鮎川哲也賞 その2(2020年5月22日更新)
2020年5月8日 鮎川哲也賞(2020年5月8日更新)
2020年3月24日 直木賞受賞作『熱源』について(2020年3月24日更新)
2020年2月7日 新潮ミステリー大賞(2020年2月7日更新)
2020年1月17日 アガサ・クリスティー賞 その2(2020年1月17日更新)
2019年12月9日 アガサ・クリスティー賞 その1(2019年12月9日更新)
2019年11月8日 江戸川乱歩賞(2019年11月8日更新)
2019年10月25日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞 その3(2019年10月25日更新)
2019年9月9日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞 その2(2019年10月号)
2019年8月9日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞(2019年9月号)
2019年7月9日 時代劇本格ミステリーの手法(2019年8月号)
2019年6月7日 文章の巧いプロ作家(2019年7月号)
2019年5月9日 文章の欠点(2019年6月号)
2019年4月9日 「そして」「しまう」を使うな(2019年5月号)
2019年3月8日 新人賞を狙う際の心構え(2019年4月号)
2019年1月9日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その2(2019年2月号)
2019年2月8日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 その3(2019年3月号)
2018年12月7日 ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞(2019年1月号)
2018年11月9日 ミステリー系新人賞を狙うなら(2018年12月号)
2018年10月9日 松本清張賞(2018年11月号)
2018年9月7日 時代劇本格ミステリー その2(2018年10月号)
2018年8月9日 時代劇本格ミステリー(2018年9月号)
2018年7月9日 警察考証のポイント(2018年8月号)
2018年4月9日 予選突破作品のレベル(2018年5月号)
2018年6月8日 大藪春彦新人賞(2018年7月号)
2018年5月9日 選考委員との相性(2018年6月号)
2018年3月8日 プロ作家への道(2018年4月号)
2018年2月13日 警察小説大賞(2018年3月号)
2018年1月9日 一次選考で落とされる4つのパターン(2018年2月号)
2017年12月18日 オール讀物新人賞(2018年1月号)
2017年11月13日 落選作のレベル5段階(2017年12月号)
2017年10月5日 刑事ドラマの警察考証間違い3(2017年11月号)
2017年9月5日 刑事ドラマの警察考証間違い2(2017年10月号)
2017年8月9日 刑事ドラマの警察考証間違い(2017年9月号)
2017年8月9日 小学館文庫小説賞(2017年8月号)
2017年7月9日 予選を突破するには(2017年7月号)
2015年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2015年5月号)
2015年4月9日 横溝正史ミステリ大賞(2015年4月号)
2015年3月9日 本格トリックを創るのが苦手な人が ミステリーを書くには(2015年3月号)
2015年2月9日 江戸川乱歩賞(2015年2月号)
2014年11月9日 松本清張賞(2014年11月号)
2015年1月9日 福山ミステリー文学新人賞/鮎川哲也賞(2015年1月号)
2014年12月9日 アガサ・クリスティー賞(2014年12月号)
2016年1月9日 新潮ミステリー大賞(2016年1月号)
2015年12月9日 島田荘司推理小説賞(2015年12月号)
2015年11月9日 江戸川乱歩賞(2015年11月号)
2015年10月9日 小学館文庫小説賞(2015年10月号)
2015年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2015年9月号)
2014年10月9日 横溝正史ミステリ大賞(2014年10月号)
2014年9月9日 野性時代フロンティア文学賞(2014年9月号)
2014年8月9日 小学館文庫小説賞(2014年8月号)
2014年7月9日 日経小説大賞(2014年7月号)
2014年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2014年6月号)
2014年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2014年5月号)
2014年4月9日 小説すばる新人賞(2014年4月号)
2014年3月9日 日本エンタメ小説大賞(2014年3月号)
2014年2月9日 小説現代長編新人賞(2014年2月号)
2014年1月9日 江戸川乱歩賞(2014年1月号)
2013年12月9日 日本ホラー小説大賞(2013年12月号)
2013年11月9日 鮎川哲也賞(2013年11月号)
2015年7月9日 日経小説大賞(2015年7月号)
2013年10月9日 小学館文庫小説賞(2013年10月号)
2015年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2015年6月号)
2013年9月9日 野生時代フロンティア文学賞(2013年9月号)
2013年8月9日 日本ラブストーリー大賞(2013年8月号)
2013年7月9日 ゴールデン・エレファント賞(2013年7月号)
2013年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2013年6月号)
2013年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2013年5月号)
2013年4月9日 小説すばる新人賞(2013年4月号)
2013年3月9日 新潮エンターテインメント大賞(2013年3月号)
2013年2月9日 江戸川乱歩賞(2013年2月号)
2013年1月9日 小説現代長編新人賞(2013年1月号)
2012年12月9日 角川春樹小説賞(2012年12月号)
2012年11月9日 松本清張賞(2012年11月号)
2012年10月9日 日本ホラー小説大賞(2012年10月号)
2012年9月9日 横溝正史ミステリ大賞(2012年9月号)
2012年8月9日 小学館文庫小説賞(2012年8月号)
2012年7月9日 日本ラブストーリー大賞(2012年7月号)
2012年6月9日 『幽』怪談文学賞(2012年6月号)
2012年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2012年5月号)
2012年4月9日 ゴールデン・エレファント賞(2012年4月号)
2012年3月9日 小説すばる新人賞(2012年3月号)
2012年2月9日 江戸川乱歩賞(2012年2月号)
2012年1月9日 朝日時代小説大賞(2012年1月号)
2011年12月9日 松本清張賞(2011年12月号)
2011年11月9日 日本ホラー小説大賞(2011年11月号)
2011年10月9日 キャラ立て(2011年10月号)
2011年9月9日 リアリティ(2011年9月号)
2011年8月9日 時代小説の文学賞(2011年8月号)
2011年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2011年7月号)
2011年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2011年6月号)
2011年4月9日 日本ファンタジーノベル大賞について(2011年4月号)
2011年5月9日 日本ファンタジーノベル大賞 その2(2011年5月号)
2011年3月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(続)(2011年3月号)
2011年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2011年2月号)
2011年1月9日 新潮エンターテインメント大賞について(2011年1月号)
2010年12月9日 小説現代長編新人賞について(2010年12月号)
2010年11月9日 松本清張賞について(2010年11月号)
2010年10月9日 新人賞を狙う基本常識について(2010年10月号)
2017年6月9日 日本ファンタジーノベル大賞(2017年6月号)
2017年5月9日 受賞に必要な要素(2017年5月号)
2010年9月9日 歴史群像大賞について(2010年9月号)
2010年8月9日 『幽』怪談文学賞長編賞について(2010年8月号)
2010年7月9日 日本ラブストーリー大賞について(2010年7月号)
2010年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞について(2010年6月号)
2010年5月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞について(2010年5月号)
2017年4月9日 新人賞が求めること、読者が求めること(2017年4月号)
2017年3月9日 展開を読まれてはならない(2017年3月号)
2017年2月9日 受賞するための三要素(2017年2月号)
2017年1月9日 アガサ・クリスティー賞(2017年1月号)
2016年12月9日 江戸川乱歩賞(2016年12月号)
2016年11月9日 時代劇で受賞するには(2016年11月号)
2016年10月9日 新人賞の選考基準(2016年10月号)
2016年8月9日 メフィスト賞 その2(2016年8月号)
2016年9月9日 強い女性刑事の書き方(2016年9月号)
2016年7月9日 メフィスト賞(2016年7月号)
2016年6月9日 『このミステリーがすごい!』大賞   その2(2016年6月号)
2016年5月9日 『このミステリーがすごい!』大賞(2016年5月号)
2016年4月9日 ばらのまち福山ミステリー文学賞(2016年4月号)
2016年3月9日 日経小説大賞(2016年3月号)
2016年2月9日 日本ミステリー文学大賞新人賞(2016年2月号)