これであなたも小説家♪ヨルモの「小説の取扱説明書」~その10「語り手の顔出し」について~

  • ニュース
  • 文芸

2020.03.27

よりよく小説を書くために、知っておきたい情報をわかりやすくお伝えするヨルモの連載企画。月2回、第2週・第4週の金曜に配信されます。

さて、第10回目のテーマは、「語り手の顔出し」についてです。

感情移入しやすい、内面の声

たまたま手元に、O・ヘンリーの「賢者の贈りもの」という短編があります。

その中に、こんな一節があります。

登場するのは、ジムという夫とデラという奥さんです。

 ドアが開いた。ジムがはいってきてドアを閉めた。やつれて、ひどく真剣な顔つきをしていた。

この文章は、デラの視点で書かれています。

つまり、デラが「ドアが開いた(のを見た)」、デラが「ジムがはいってきてドアを閉めた(のを見た)」、デラが「(ジムは)やつれて、ひどく真剣な顔つきをしていた(と思った)」という意味の文章です。

デラの内面を通して書いているわけですね。

読者は、デラの気持ちに寄り添うことができ、感情移入もしやすくなります。

 

先ほどの文章の後には、こう続きます。

ーーまだ二十二歳になったばかりだというのに――家庭という重荷を背負わされているなんて!

デラになりきって読んでいる読者からすると、急に“天の声”が聞こえたみたいに思えますよね。

これは誰が語っているかというと、作者とも言ってもいい語り手が、人物(デラ)を通さずに、ダイレクトに読者に語りかけてきた文章です。

天の声への違和感(人物と語り手の区別)

神の視点では、こうした“天の声”のような表現が自在にでき、人物の知らないことも自由に書けて便利ではあります。しかし、語り手によるナレーションなのか、人物が認識したことなのかは区別できるように書かないと、ストーリーを混乱させることになります。

上記の例で言えば、この奥さん(デラ)自身が、実は心の中で夫のことを「家庭という重荷を背負わされているなんて!」と思っていると解釈されてしまったら、印象が変わってきてしまいますね。

一元視点はカメラが一台しかないので、作品世界が狭いという弱点がありますが、その点、神の視点は広い世界を扱えます。

短編や童話でも使えますが、「語り手は誰で、誰の目を借りて語っているか」ということがわからない人には諸刃の刃になり得ます。ご注意を!

(ヨルモ)

教えてヨルモ!

「うまい展開が思いつかない」「話がスムーズに運べない」など、小説を書く上で、困っていることを募集中! ヨルモが、あなたのお悩み解決を手助けしちゃいます♪

ご応募は、Twitter&メールで受け付けています。

【Twitter】
ハッシュタグ「#教えてヨルモ」をつけて、お悩み投稿してください。

【メール】
torisetsu@koubo.co.jp

件名に「教えてヨルモ宛」と記載。

本文に、お悩みとペンネームを記入の上、送信ください。

※皆さまからいただいた悩みは、選定後こちらの記事内で随時お答えする予定です。
※すべてのお悩みにお答えできるわけではございませんので、ご了承ください。

 

ヨルモって何もの?

公募ガイドのマスコットキャラクターの黒ヤギくん。

応募していることを内緒にしている隠れ公募ファン。

「小説の取扱書」を執筆しているのは、ヨルモのお父さんの先代ヨルモ。