これであなたも小説家♪ヨルモの「小説の取扱説明書」~その7「一元視点の限界」について~

  • ニュース
  • 文芸

2020.02.07

よりよく小説を書くために、知っておきたい情報をわかりやすくお伝えするヨルモの連載企画。月2回、第2週・第4週の金曜に配信されます。

さて、第7回目のテーマは、「一元視点の限界」についてです。

主人公の「心」のすべて

一元視点は、「特定の人物(主に主人公)」「一人の目(五感)」をよりどころに書いていきます。

主人公がビデオカメラを担いで、「自分の目に見えるもの、自分の耳に聞こえる音」を書いていく感じです。

このビデオカメラのすごいところは、主人公に知覚できることなら、「嗅覚、味覚、触覚」なども映せること。もっと言うと、主人公の心の中も映せます。

というより、もともと小説に書く風景も音も匂いも味も肌触りも、思ったこと、考えたことも、すべて主人公の心に映ったもの。

主人公の心に映ったことを書いていくのが、一元視点の書き方ですね。

限界を見据えて技術を伸ばす

逆に言えば、主人公の心に映らないこと(知らないこと)は書けません。

主人公は自分の未来を知りませんし、自分以外の人の内面はわかりません。

知りたいなら、誰かの言葉や行動から断定したり推測したりするしかありません。

当然、今、どこかで起きている事件のことも、通信手段でもなければ知り得ません。そもそも、鏡でもなければ、自分の背中すら見えません。

見えないもの、知らないものは書けない。

これが一元視点の限界です。

ですが、簡単にはあきらめず、一元という制約の中で、どうにかして書こうとするところに技術が生まれます。

限界があるなら多視点で書けばいいや、とは考えないほうがいいです。やるとしたら、もうどう考えても一元視点ではこの物語は収まりきれない、という大きな物語に挑戦するときにしましょう。

 

次回は、小説の世界観が広がる「神の視点と大衆小説」について解説していきます。

(ヨルモ)

「#教えてヨルモ」に答えるヨルモ♪

長らくお待たせいたしました。

ここで、ヨルモに届いた小説の悩みをピックアップしてご紹介します。

今回はTwitterからの質問を取り上げます。

 

あなたの小説を書く上でのお悩みも、どしどしお待ちしております!

質問の仕方は、以下をご確認ください。

 

教えてヨルモ!

「うまい展開が思いつかない」「話がスムーズに運べない」など、小説を書く上で、困っていることを募集中! ヨルモが、あなたのお悩み解決を手助けしちゃいます♪

ご応募は、Twitter&メールで受け付けています。

【Twitter】
ハッシュタグ「#教えてヨルモ」をつけて、お悩み投稿してください。

【メール】
torisetsu@koubo.co.jp

件名に「教えてヨルモ宛」と記載。

本文に、お悩みとペンネームを記入の上、送信ください。

※皆さまからいただいた悩みは、選定後こちらの記事内で随時お答えする予定です。

※すべてのお悩みにお答えできるわけではございませんので、ご了承ください。

ヨルモって何もの?

公募ガイドのマスコットキャラクターの黒ヤギくん。

応募していることを内緒にしている隠れ公募ファン。

「小説の取扱書」を執筆しているのは、ヨルモのお父さんの先代ヨルモ。