ヨルモの「小説の取扱説明書」~その8 神の視点と大衆小説~

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2020.02.28

公募ガイドのキャラクター・ヨルモが小説の書き方やコツをアドバイスします。ショートショートから長編小説まで、小説の執筆に必要な情報が満載の連載企画です。毎週金曜日に配信。
さて、第8回目のテーマは、「神の視点と大衆小説」についてです。

「神の視点」で書かれた「大衆小説」

神の視点は、作者である語り手が、まさに神のようになんでも知っている立場で語るので、主人公の内面を語ったかと思えば、その前にいる別の人物の内面を語ったりします。

現実世界では、目の前の人の心がわかったら超能力者であって、そんな事態は不自然。だから、神の視点で下手に書くと、なんとも不自然な印象を持ってしまったりします。

ここでまずは、神の視点で書かれた作品が多かった昔の「大衆小説」について記しておこう。

 

唐沢俊一さんの「裏モノ日記」に、こんな一節があります。ちょっと長いけど、引用します。

クラブ雑誌というのは戦前から戦後にかけてゾロゾロと刊行された、娯楽読み物雑誌群で、『面白倶楽部』だとか『講談倶楽部』、『探偵倶楽部』、『傑作倶楽部』など、“クラブ”と誌名につくものが多かったのでそう総称された。罵倒癖のあった百目鬼恭三郎などには、クラブ雑誌小説というのは“読者に頭を使わせずに、低俗な欲求を満たすことだけが要求され、従って文章は下品でなければならず、登場人物は紋切り型で、月並みな行動パターンと、必然性のないご都合主義の筋書きに乗って動くのが特徴”である。

と、これ以上ないというくらいひどい表現で説明されている。

「神の視点」に貼られた、レッテル

日本の大衆小説にも傑作が山ほどありますが、大衆小説が成立した大正期や昭和初期は、ご都合主義の安っぽい作品が多かったようで、当時の文学者たちは自分たちと大衆小説を一緒くたにされることを嫌っています。

純文学という言い方は、大衆小説との区別のために生まれた呼称と言っていいと思います。
芥川龍之介も、大衆小説について、こう書いています。

僕は大衆文芸家が自ら大衆文芸家を以て任じているのは考えものだと思っている。その為に大衆文芸は興味本位――ならばまだしも好い。興味以外のものを求めないようになるのは考えものだと思っている。大衆文芸家ももっと大きい顔をして小説家の領分へ斬りこんで来るが好い。さもないと却って小説家が(小説としての威厳を捨てずに)大衆文芸家の領分へ斬りこむかも知れぬ。

 

昔の大衆小説は、神の視点で書かれることが多く、そして、質も悪かったため、「神の視点で書く=粗悪な読み物」というレッテルが貼られたようです。加えて、大正から昭和にかけては私小説全盛の時代でもありますから、「視点がブレる=未熟な作品」と断じられたのだと思います。

もちろん、神の視点でもうまい人が書けばやはりうまいのですが、神の視点は神の視点というくらいですから、作者と作品の距離が遠くなりがちです。作品とは離れたところから書くと、作者自身、話に乗りにくいですし、それを読む読者としても感情移入しにくい作品になります。

うまい人が書くと、この距離の取り方が絶妙で、俯瞰して説明したかと思えば、ぐぐっと人物に寄って場面をリアルに描写したりするのですが、神の視点は、こういう芸当を自然にできる人でなければ難しい気がします。

 

次回は、小説におけるナレーション「語りの中性性」について解説していきます。

(ヨルモ)

「#教えてヨルモ」に答えるヨルモ♪

ここで、ヨルモに届いた小説の悩みをピックアップしてご紹介します。

今回は、「招き猫」さんからいただいた質問を取り上げます。

 

「教えてヨルモ宛」:質問者(招き猫)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは。

私の悩みは、「小説を書く上で、自分の知らないこと、世界はなかなか書きづらいこと」です。

資料などで調べて書いたとしても限界を感じ、素人は編集者がついて調べてくれるわけでもなく、どうしても浅く途中でごまかして作者に都合よくとばして書いてしまったりしがちで深みも出ず、想像力でも書けません。

どのように進めて書いていくのがいいでしょうか?

よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓  ↓  ↓  ↓

「招き猫さま」:回答(ヨルモ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご質問いただきありがとうございます。
資料を調べるのは、面倒ですよね。

 

書くにあたっては、2つの方向性があると思います。

1つは、エンタメ性が強い作品の場合

エンタメは、言ってみれば「嘘の話」です。嘘をつくためには、周りをリアルな事実でかためないといけません

ですので、舞台が「寿司屋」なら、「寿司」や「寿司店」について関連書籍を10冊、20冊と読み、寿司屋さんが読んでも「リアルだね」と思わせないといけません。

内館牧子さんも、「とにかく取材して、足下をかためる」と言っています。

取材といっても、アマチュアの場合、寿司店に行って、
「中を覗かせてください。なんなら握らせてください」。なんて言えませんよね。

できることは、寿司職人の知り合いに話を聞くぐらいでしょうか。

それでも現場の人の話は説得力があると思います。それが無理なら「寿司大全」みたいな本を読むだけでも大丈夫です。

ただし、小説で大事なのは、正しく書くことではなく、面白く書くことです

取材したことは、足下を固める材料ではありますが、メインではありません。これを履き違えると、実用書になってしまいます。

もうひとつの方向。

それは、純文学的な作品の場合です。

村上春樹さんは、第一稿の段階ではほとんど取材ということはしないそうです。

寿司店を作中に出す必要があれば多少は調べるでしょうが、大半は自分の知識をもとに推測するそうです。

「たぶん、こんなふうに仕入れ、接客し、こんなことを思っているんだろう」。それがだいたい的中するそうです。

小説家は、1%の知識をもって、あとの99%は想像で補うんですね

0から想像するのは難しいですが、ヒントがあれば想像できます。

想像と言うと格好いいですが、要は確からしい推測をしているだけで、誰でもできます。

小説を書きながら、「はて、神社の社務所ってどんな感じだったかな」と思えば、今はネットがあるので、検索すると説明やら画像やらが出てきます。

ちょっとした場面なら、それでだいたい推測できます。

神社がメインの「神社物語」を書くとなると、関連書籍を読むなどしてもっと詳しく調べないといけませんが、「これで重要な場面がリアルに書ける」と思うと、調べることが楽しくなってきます。

小説家は一つの題材を取り上げると、それでうんちくを語れるほど詳しくなっていますが、それは調べることが楽しい、未知のことを知ることに快感を覚えるからだと思います。

ご質問には、「想像力でも書けません」とありましたが、あんまり難しく考えず、自由に想像してみましょう

考え方としては、
事実かどうかより、読んだ人が騙されるようなうまい嘘をついてやろう」と思って想像してもいいかもしれません。

想像のためには、多少の資料は必要ですが、資料にあたるのも、楽しんでやるといいと思います。

でも、取材は土台であって、それだけでは家になりませんので、そのあとはしっかりした家づくりに注力してください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

あなたの小説を書く上でのお悩みも、どしどしお待ちしております!

質問の仕方は、以下をご確認ください。

 

教えてヨルモ!

「うまい展開が思いつかない」「話がスムーズに運べない」など、小説を書く上で、困っていることを募集中! ヨルモが、あなたのお悩み解決を手助けしちゃいます♪

ご応募は、Twitter&メールで受け付けています。

【Twitter】
ハッシュタグ「#教えてヨルモ」をつけて、お悩み投稿してください。

【メール】
torisetsu@koubo.co.jp

件名に「教えてヨルモ宛」と記載。

本文に、お悩みとペンネームを記入の上、送信ください。

※皆さまからいただいた悩みは、選定後こちらの記事内で随時お答えする予定です。
※すべてのお悩みにお答えできるわけではございませんので、ご了承ください。

 

ヨルモって何もの?

公募ガイドのマスコットキャラクターの黒ヤギくん。

応募していることを内緒にしている隠れ公募ファン。

「小説の取扱書」を執筆しているのは、ヨルモのお父さんの先代ヨルモ。

バックナンバー

2021年7月9日 「小説の取扱説明書」~その60 本当の推敲 文章の推敲PART2
2021年6月25日 「小説の取扱説明書」~その59 本当の推敲 文章の推敲PART1
2021年6月11日 「小説の取扱説明書」~その58 本当の推敲 場面の推敲
2021年5月28日 「小説の取扱説明書」~その57 本当の推敲 テーマの推敲
2021年5月14日 「小説の取扱説明書」~その56 下手な小説が題材
2021年4月30日 「小説の取扱説明書」~その55 アイデアがない!
2021年4月16日 「小説の取扱説明書」~その54 視点はブレてもかまわない
2021年4月6日 「小説の取扱説明書」~その53 作者の次元(メタレベル) 
2021年3月19日 「小説の取扱説明書」~その52 創作はまるで薬物
2021年3月12日 「小説の取扱説明書」~その51 才能とは何か
2021年3月5日 「小説の取扱説明書」~その50 現在形をどう使うか
2021年2月26日 「小説の取扱説明書」~その49 一行空きと体言止めの功罪
2021年2月19日 「小説の取扱説明書」~その48 書くべきものとの出会い
2021年2月12日 「小説の取扱説明書」~その47 小説を書くには想像力が必須
2021年2月5日 「小説の取扱説明書」~その46 書き手が汗をかかないと面白くならない~
2021年1月29日 「小説の取扱説明書」~その45 読後感と納得感~
2021年1月22日 「小説の取扱説明書」~その44 作家志望者は数学を学べ~
2021年1月15日 「小説の取扱説明書」~その43 小説は、読まないと書けないか~
2021年1月8日 「小説の取扱説明書」~その42 体で覚えるまで練習する~
2021年1月1日 「小説の取扱説明書」~その41 ストーリーは降ってくるか~
2020年12月25日 「小説の取扱説明書」~その40 Xのある数式~
2020年12月18日 「小説の取扱説明書」~その39 プロットがいらなくなるには~
2020年12月11日 「小説の取扱説明書」~その38 プロットに対する考え方~
2020年12月4日 「小説の取扱説明書」~その37 プロットの書き方~
2020年11月27日 「小説の取扱説明書」~その36 深い小説にするには?~
2020年11月20日 「小説の取扱説明書」~その35 これぞエンタメという技法~
2020年11月13日 「小説の取扱説明書」~その34 小説で扱う時間~
2020年11月6日 「小説の取扱説明書」~その33 大きな嘘は一つだけにする~
2020年11月2日 「小説の取扱説明書」~その32 小説は嘘の話ではあるが~
2020年10月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その31 小説の構成法~
2020年10月16日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その30 小説に必須のもの その3 リアリティー~
2020年10月9日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その29 小説に必須のもの その2 場面~
2020年10月2日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その28 小説に必須のもの その1 描写~
2020年9月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その27 物語の大きさと枚数~
2020年9月18日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その26 象徴的小道具~
2020年9月11日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その25 主人公の死~
2020年9月4日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その24 ご都合主義~
2020年8月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その23 セリフの自然さ~
2020年8月21日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その22 セリフの役割~
2020年8月14日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その21 セリフの形式~
2020年8月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その20 視点によるセリフの違い~
2020年7月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その19 セリフのコツ~
2020年7月17日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その18 描写のコツ~
2020年7月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その17 神の視点の効用~
2020年6月26日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その16 神の視点~
2020年5月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その14 二人称小説~
2020年6月12日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その15 三人称一視点~
2020年5月15日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その13 一人称小説~
2020年4月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その12 多視点~
2020年4月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その11 自然主義文学~
2020年3月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その10 語り手の顔出し~
2020年3月13日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その9 語りの中性性~
2020年2月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その8 神の視点と大衆小説~
2020年2月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その7 一元視点の限界~
2020年1月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その6 人物視点~
2020年1月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その5 視点の問題~
2019年12月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その4 会話文~
2019年11月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その3 描写文~
2019年11月8日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その2 説明文~
2019年10月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その1 小説の材料~