ヨルモの「小説の取扱説明書」~その19 セリフのコツ~

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2020.07.23

 
公募ガイドのキャラクター・ヨルモが小説の書き方やコツをアドバイスします。ショートショートから長編小説まで、小説の執筆に必要な情報が満載の連載企画です。毎週金曜日に配信。
第19回のテーマは、「セリフのコツ」です。

「と言った」は多用しない

欧米の小説では、
“I love you” he said.
のように、かなり頻繁に「said」が出てきます。
一方、日本の小説作法の場合は、「  」で書いているのだから、「~と言った」は言わずもがなだろう、と考えます。

そこにきて、日本語の文章作法には、「同じ言葉は(できれば)繰り返さない」があり、「と言った」ばかり書いていると、語彙が少なく、工夫がないような印象を持たれます。

それで、必要なければ「~と言った」を削るわけですが、ときどき、必要のある「と言った」を削ってしまい、「これ、誰のセリフだ」と思ってしまう原稿もあります。
「と言った」は削っても、誰が言ったセリフかは明確でないといけません。

セリフの主を主語にすれば、話者だとわかる

よい例を見てみましょう。
横山秀夫『クライマーズハイ』です。
同作は、御巣鷹山に墜落した日航機の事件を扱う地方新聞の記者の話です。
とりあげる場面は、編集会議の模様です。
主人公の悠木は日航機事件のデスク、粕谷は編集局長、追村は同次長、等々力は社会部長です。
悠木が今日の紙面立てのプランを話し、それについて議論がなされます。

「じゃあ、やるか」
 粕谷がソファに巨体を移し、追村と等々力も座り直した。
「今日の紙面建てだ。悠木、お前の考えを言ってみろ」
 一つ頷き、悠木は口を開いた。
「柱はおそらく四つになると思います」
「四つ? 多いな」
 悠木はメモ帳を開いた。
「まずは山での遺体搬出作業。これは間もなく始まります。次いで藤岡市民体育館で行われる遺族と遺体との対面。あとは生存者の証言と事故原因です」
「事故原因についちゃあウチはお手上げだ。それに後部ドアの破損で決まりなんだろ?」
「いや、尾翼の破損のほうが可能性が高いようです。詳しいことはわかりませんが」
「尾翼な……。まあ、いずれにしても共同に頑張ってもらうしかないな」
 投げやりに言って、粕谷は背もたれに百キロ近い体重を預けた。
 悠木は引き戻すように言った。
「端から捨てる手はないでしょう。事故調が今日現地入りします。次席クラスが泊まり込むようなので、工学部出の玉置を張りつけてみるつもりです」
「ああ、やるだけはやってみろ」
「そうします。続いて遺体の搬出作業ですが」

(横山秀夫『クライマーズハイ』)

まず、最初のセリフに連動する地の文。
ここには、
〈粕谷がソファに巨体を移し、追村と等々力も座り直した。〉
と書いてあります。

〈粕谷はそう言い、巨体を移し、追村と等々力も座り直した。〉
と書いてもいいですが、「粕谷が」または「粕谷は」のように、セリフの人物を主語にし、その人物の動作を書くことで、彼がセリフの主だとわからせています。
「~と言った」と書かなくても、セリフの主の動作や様子を書けばいいということですね。

言い方で誰のセリフか示す

一方、そのあとも、〈悠木は口を開いた〉という地の文があるだけで、「~と言った」に類する地の文はでてきません。

この場面にいるのは四人ですが、ここではもっぱら粕谷編集局長と主人公の悠木の二人でしゃべっています。
このような場合は、最初にセリフの主を示し、あとは交互にしゃべらせれば、セリフの主は自ずとわかります。

ただ、できれば、どっちがどっちのセリフか、セリフからもわからせたほうがよく、例文では組織の中の立場の違いが“言い方”に現れています。
粕谷は上司なので仕切るような話し方をしていますが、悠木は部下ですので敬語で話しています。
“言い方”で誰のセリフか示すというのも、セリフの主を示す方法の一つです。

(ヨルモ)

教えてヨルモ!

「うまい展開が思いつかない」「話がスムーズに運べない」など、小説を書く上で困っていることを募集中! ヨルモが、あなたのお悩み解決をお手伝いします。

【Twitter応募】
ハッシュタグ「#教えてヨルモ」をつけて、お悩みを投稿してください。

【メール応募】
torisetsu@koubo.co.jp
件名を「教えてヨルモ宛」とし、本文にお悩みとペンネームを記載して送信ください。

※皆さまからいただいたお悩みは、選定後こちらの記事内で随時お答えする予定です。すべてのお悩みにお答えできるわけではございませんので、ご了承ください。

 
ヨルモって何者?

公募ガイドのキャラクターの黒ヤギくん。公募に応募していることを内緒にしている隠れ公募ファン。幼馴染に白ヤギのヒルモくんがいます。「小説の取扱書」を執筆しているのは、ヨルモのお父さんの先代ヨルモ。

バックナンバー

2021年7月9日 「小説の取扱説明書」~その60 本当の推敲 文章の推敲PART2
2021年6月25日 「小説の取扱説明書」~その59 本当の推敲 文章の推敲PART1
2021年6月11日 「小説の取扱説明書」~その58 本当の推敲 場面の推敲
2021年5月28日 「小説の取扱説明書」~その57 本当の推敲 テーマの推敲
2021年5月14日 「小説の取扱説明書」~その56 下手な小説が題材
2021年4月30日 「小説の取扱説明書」~その55 アイデアがない!
2021年4月16日 「小説の取扱説明書」~その54 視点はブレてもかまわない
2021年4月6日 「小説の取扱説明書」~その53 作者の次元(メタレベル) 
2021年3月19日 「小説の取扱説明書」~その52 創作はまるで薬物
2021年3月12日 「小説の取扱説明書」~その51 才能とは何か
2021年3月5日 「小説の取扱説明書」~その50 現在形をどう使うか
2021年2月26日 「小説の取扱説明書」~その49 一行空きと体言止めの功罪
2021年2月19日 「小説の取扱説明書」~その48 書くべきものとの出会い
2021年2月12日 「小説の取扱説明書」~その47 小説を書くには想像力が必須
2021年2月5日 「小説の取扱説明書」~その46 書き手が汗をかかないと面白くならない~
2021年1月29日 「小説の取扱説明書」~その45 読後感と納得感~
2021年1月22日 「小説の取扱説明書」~その44 作家志望者は数学を学べ~
2021年1月15日 「小説の取扱説明書」~その43 小説は、読まないと書けないか~
2021年1月8日 「小説の取扱説明書」~その42 体で覚えるまで練習する~
2021年1月1日 「小説の取扱説明書」~その41 ストーリーは降ってくるか~
2020年12月25日 「小説の取扱説明書」~その40 Xのある数式~
2020年12月18日 「小説の取扱説明書」~その39 プロットがいらなくなるには~
2020年12月11日 「小説の取扱説明書」~その38 プロットに対する考え方~
2020年12月4日 「小説の取扱説明書」~その37 プロットの書き方~
2020年11月27日 「小説の取扱説明書」~その36 深い小説にするには?~
2020年11月20日 「小説の取扱説明書」~その35 これぞエンタメという技法~
2020年11月13日 「小説の取扱説明書」~その34 小説で扱う時間~
2020年11月6日 「小説の取扱説明書」~その33 大きな嘘は一つだけにする~
2020年11月2日 「小説の取扱説明書」~その32 小説は嘘の話ではあるが~
2020年10月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その31 小説の構成法~
2020年10月16日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その30 小説に必須のもの その3 リアリティー~
2020年10月9日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その29 小説に必須のもの その2 場面~
2020年10月2日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その28 小説に必須のもの その1 描写~
2020年9月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その27 物語の大きさと枚数~
2020年9月18日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その26 象徴的小道具~
2020年9月11日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その25 主人公の死~
2020年9月4日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その24 ご都合主義~
2020年8月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その23 セリフの自然さ~
2020年8月21日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その22 セリフの役割~
2020年8月14日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その21 セリフの形式~
2020年8月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その20 視点によるセリフの違い~
2020年7月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その19 セリフのコツ~
2020年7月17日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その18 描写のコツ~
2020年7月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その17 神の視点の効用~
2020年6月26日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その16 神の視点~
2020年5月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その14 二人称小説~
2020年6月12日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その15 三人称一視点~
2020年5月15日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その13 一人称小説~
2020年4月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その12 多視点~
2020年4月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その11 自然主義文学~
2020年3月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その10 語り手の顔出し~
2020年3月13日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その9 語りの中性性~
2020年2月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その8 神の視点と大衆小説~
2020年2月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その7 一元視点の限界~
2020年1月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その6 人物視点~
2020年1月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その5 視点の問題~
2019年12月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その4 会話文~
2019年11月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その3 描写文~
2019年11月8日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その2 説明文~
2019年10月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その1 小説の材料~