ヨルモの「小説の取扱説明書」~その22 セリフの役割~

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2020.08.21

 
公募ガイドのキャラクター・ヨルモが小説の書き方やコツをアドバイスします。ショートショートから長編小説まで、小説の執筆に必要な情報が満載の連載企画です。毎週金曜日に配信。
第22回のテーマは、「セリフの役割」です。

セリフの3つの機能

フライタークの『作劇法』によれば、セリフの機能は以下の三つだと、柏田道夫著『シナリオの書き方』の中に書かれています。

1.事実を知らせる。
2.人物の心理、感情を表す。
3.ストーリーを展開させる。

セリフで事実を知らせる

今回は、セリフの名手と言われている、直木賞作家の黒川博行さんの著作を借りて、セリフの役割を説明します。

1.の「事実」とは、作品の設定や人物の外見といった情報です。それらを地の文で説明する代わりにセリフに書いて、それとなく伝えます。

「暑苦しい顔。髭ぐらい剃ったら」悠紀が麦茶をグラスに注いで机の上に置いた。

(黒川博行『疫病神』)

《二宮は髭面だった。暑苦しい顔をしていた。》と説明されるよりセリフで書いたほうが物語に入っていけ、自然に人物のことがわかってきます。

セリフで心理、感情を表す

2.の「人物の心理、感情」というのは、そのままですね。
以下は、『疫病神』の中で二宮がヤクザに拘束され、命からがら逃げてきたあとのシーンです。このとき、桑原は二宮を見捨てて逃げており、その少しあとに再会したとき、桑原は着替えて散髪までしていました。

「おまえのことが気になったんや」
「気にはなったけど、服を着替えて髭も剃った。本日はどちらの理容室でフェイスマッサージされたんです」
「ええ加減にさらせよ、こら。もひとつコブが増えるぞ」

(黒川博行『疫病神』)

二宮としては文句の一つも言いたい気分でしょうが、桑原はヤクザですし、歳も上ですから、気持ちを抑えめにしつつ慇懃無礼に振る舞っています。

セリフで展開させる

3.は、次なる展開に人物を導くセリフです。
以下は、ブルドーザーの運転手と二宮が話しているシーンです。

「うちの取引先に小畠総業いうのがあって、これが富田林で産廃業をしてる。こないだコンクリートガラを運んでいったときに、社長の小畠から、建設関係の相談事をできるとこはないやろかと訊かれたんやけど、いっぺん話を聞いてみいへんか」
「いいですね、お願いします」仕事になるかもしれない。

(黒川博行『疫病神』)

その後、二宮は小畠総業を訪ね、仕事を依頼されますが、そこからストーリーは大きく展開します。
「事実」「心理、感情」「展開」は地の文でも説明できますが、うまく使えばセリフでも伝えられ、余分な説明を排すことができます。

(ヨルモ)

教えてヨルモ!

「うまい展開が思いつかない」「話がスムーズに運べない」など、小説を書く上で困っていることを募集中! ヨルモが、あなたのお悩み解決をお手伝いします。

【Twitter応募】
ハッシュタグ「#教えてヨルモ」をつけて、お悩みを投稿してください。

【メール応募】
torisetsu@koubo.co.jp
件名を「教えてヨルモ宛」とし、本文にお悩みとペンネームを記載して送信ください。

※皆さまからいただいたお悩みは、選定後こちらの記事内で随時お答えする予定です。すべてのお悩みにお答えできるわけではございませんので、ご了承ください。

 
ヨルモって何者?

公募ガイドのキャラクターの黒ヤギくん。公募に応募していることを内緒にしている隠れ公募ファン。幼馴染に白ヤギのヒルモくんがいます。「小説の取扱書」を執筆しているのは、ヨルモのお父さんの先代ヨルモ。

バックナンバー

2021年7月9日 「小説の取扱説明書」~その60 本当の推敲 文章の推敲PART2
2021年6月25日 「小説の取扱説明書」~その59 本当の推敲 文章の推敲PART1
2021年6月11日 「小説の取扱説明書」~その58 本当の推敲 場面の推敲
2021年5月28日 「小説の取扱説明書」~その57 本当の推敲 テーマの推敲
2021年5月14日 「小説の取扱説明書」~その56 下手な小説が題材
2021年4月30日 「小説の取扱説明書」~その55 アイデアがない!
2021年4月16日 「小説の取扱説明書」~その54 視点はブレてもかまわない
2021年4月6日 「小説の取扱説明書」~その53 作者の次元(メタレベル) 
2021年3月19日 「小説の取扱説明書」~その52 創作はまるで薬物
2021年3月12日 「小説の取扱説明書」~その51 才能とは何か
2021年3月5日 「小説の取扱説明書」~その50 現在形をどう使うか
2021年2月26日 「小説の取扱説明書」~その49 一行空きと体言止めの功罪
2021年2月19日 「小説の取扱説明書」~その48 書くべきものとの出会い
2021年2月12日 「小説の取扱説明書」~その47 小説を書くには想像力が必須
2021年2月5日 「小説の取扱説明書」~その46 書き手が汗をかかないと面白くならない~
2021年1月29日 「小説の取扱説明書」~その45 読後感と納得感~
2021年1月22日 「小説の取扱説明書」~その44 作家志望者は数学を学べ~
2021年1月15日 「小説の取扱説明書」~その43 小説は、読まないと書けないか~
2021年1月8日 「小説の取扱説明書」~その42 体で覚えるまで練習する~
2021年1月1日 「小説の取扱説明書」~その41 ストーリーは降ってくるか~
2020年12月25日 「小説の取扱説明書」~その40 Xのある数式~
2020年12月18日 「小説の取扱説明書」~その39 プロットがいらなくなるには~
2020年12月11日 「小説の取扱説明書」~その38 プロットに対する考え方~
2020年12月4日 「小説の取扱説明書」~その37 プロットの書き方~
2020年11月27日 「小説の取扱説明書」~その36 深い小説にするには?~
2020年11月20日 「小説の取扱説明書」~その35 これぞエンタメという技法~
2020年11月13日 「小説の取扱説明書」~その34 小説で扱う時間~
2020年11月6日 「小説の取扱説明書」~その33 大きな嘘は一つだけにする~
2020年11月2日 「小説の取扱説明書」~その32 小説は嘘の話ではあるが~
2020年10月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その31 小説の構成法~
2020年10月16日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その30 小説に必須のもの その3 リアリティー~
2020年10月9日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その29 小説に必須のもの その2 場面~
2020年10月2日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その28 小説に必須のもの その1 描写~
2020年9月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その27 物語の大きさと枚数~
2020年9月18日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その26 象徴的小道具~
2020年9月11日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その25 主人公の死~
2020年9月4日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その24 ご都合主義~
2020年8月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その23 セリフの自然さ~
2020年8月21日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その22 セリフの役割~
2020年8月14日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その21 セリフの形式~
2020年8月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その20 視点によるセリフの違い~
2020年7月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その19 セリフのコツ~
2020年7月17日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その18 描写のコツ~
2020年7月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その17 神の視点の効用~
2020年6月26日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その16 神の視点~
2020年5月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その14 二人称小説~
2020年6月12日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その15 三人称一視点~
2020年5月15日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その13 一人称小説~
2020年4月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その12 多視点~
2020年4月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その11 自然主義文学~
2020年3月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その10 語り手の顔出し~
2020年3月13日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その9 語りの中性性~
2020年2月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その8 神の視点と大衆小説~
2020年2月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その7 一元視点の限界~
2020年1月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その6 人物視点~
2020年1月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その5 視点の問題~
2019年12月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その4 会話文~
2019年11月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その3 描写文~
2019年11月8日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その2 説明文~
2019年10月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その1 小説の材料~