ヨルモの「小説の取扱説明書」~その23 セリフの自然さ~

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2020.08.28

 
公募ガイドのキャラクター・ヨルモが小説の書き方やコツをアドバイスします。ショートショートから長編小説まで、小説の執筆に必要な情報が満載の連載企画です。毎週金曜日に配信。
第23回のテーマは、「セリフの自然さ」です。

作者の都合でセリフを言わせない

セリフは、話し言葉をそのまま書きます。ですから、
「この前の彼、仕事はなんだっけ?」と問われて、
「彼はサラリーマンである」
と答えたら変ですよね。
「彼はサラリーマンですよ」とか、「確か、サラリーマンって言ってましたね」とか、そんな感じが一般かと思います。

アマチュアの方が書かれた小説では、このように、なんだか自然ではないなと思うセリフがよくあります。
たとえば、こんな言い方するかなあという場合。

これはキャラクター設定の甘さも原因なのですが、それまでは気が弱く、人に対して全く自己主張できなかった人物がいきなり急変して、
「社長、ぼくは反対です。全く承服しかねます」
なんて言いだすとか。
おそらく、そうしないと話がうまく転がらないという都合があったのかもしれません。
でも、それは作者の都合であって、うまく書かないと、なんだか都合がいいなあと思われます。
いわゆる、ご都合主義ですね。

あり得ないセリフを強引に書かない

その際たるが、出会いの場面です。
若い女性が、通りすがりに高齢の男性に声をかけてくるような場面。
「ねえ、お茶でもしない?」
こんなセリフが出てきたら、あなたはどう思いますか。
いやいや、そんな可能性、万に一つもないよ、と思ってしまいますよね。
あったとしたら、間違いなく裏があるよと。

アマチュアの方は、人物にしゃべらせすぎる傾向があります。
セリフを書くとなると、どう書くかばかりに関心がいってしまいますが、いかにセリフにしないかも考えたいです。

以下は、黒川博行著『疫病神』の中で、二宮が母親に借金をしたときのシーンです。

 これで足りるんか――おふくろはタンスの中から五十万を出してきたが、事情はいっさい訊かなかった。

(黒川博行『疫病神』)

母親としてはいろいろ聞きたいところだと思いますが、事情は聞いていません。その行間に母親の気持ちがあります。

それから、「やあ、元気?」「うん、元気だよ」みたいな普通のセリフも、なるべく書かないほうがいいです。

間を飛ばしたセリフ

会話ですから、かみ合っていないといけません。
「ここは新橋ですか」
「私はアメリカ人です」
なんだか話が飛んでいます。
間をしっかり書いてほしいですね。

しかし、たまに意図的に飛ばすと面白くなります。

「やめとけ、パチンコなんか。依存症になるぞ」
「どの口がそんなこというの」

(黒川博行『疫病神』)

「依存症になんかなりません」のようにストレートに返すのではなく、少し飛躍させています。

「橋本がスポンサーということかな」
「あの子、やり手なのよ」

(黒川博行『疫病神』)

ここも少し飛躍させています。二つのセリフの間を敢えて埋めてみると……。

「橋本がスポンサーということかな」
「そうよ」
「スポンサーって、そんなに簡単にできるものか」
「それは人によるでしょ」
「それじゃあ、あの子は……?」
「やり手なのよ」

というような中間をスパッと抜いているため、話がサクッと進んだような爽快感があるわけです。

「どこへ行くんです」
「舟越の大阪本社や」
「交渉しに……?」
「わしがかけあうんなら、あんたを呼んだりせえへんがな」

(黒川博行『疫病神』)

ここも「わしは交渉せん。あんたがやるんや」というセリフが省略されていますね。

敢えてずらしたセリフ

「けど、湿布くらいせんと」
「そこに薬がある」
「私が手当てを?」

(黒川博行『疫病神』)

これは飛ばしというより、ズラしですね。
ズレた答えを言わせています。
この手のズラしは洋画によくあります。
たとえば、火災現場に突入しなければならないようなトラブルになり、「早く行って」と女性に急かされた男性が、「俺が消防士に見えるとでも?」と返すようなセリフですね。

ただ、この手の飛ばしやズラしは読んでいて容易に推測できることが絶対条件です。懲りすぎると意味不明のセリフになってしまいますので注意してください。

(ヨルモ)

教えてヨルモ!

「うまい展開が思いつかない」「話がスムーズに運べない」など、小説を書く上で困っていることを募集中! ヨルモが、あなたのお悩み解決をお手伝いします。

【Twitter応募】
ハッシュタグ「#教えてヨルモ」をつけて、お悩みを投稿してください。

【メール応募】
torisetsu@koubo.co.jp
件名を「教えてヨルモ宛」とし、本文にお悩みとペンネームを記載して送信ください。

※皆さまからいただいたお悩みは、選定後こちらの記事内で随時お答えする予定です。すべてのお悩みにお答えできるわけではございませんので、ご了承ください。

 
ヨルモって何者?

公募ガイドのキャラクターの黒ヤギくん。公募に応募していることを内緒にしている隠れ公募ファン。幼馴染に白ヤギのヒルモくんがいます。「小説の取扱書」を執筆しているのは、ヨルモのお父さんの先代ヨルモ。

バックナンバー

2021年4月30日 「小説の取扱説明書」~その55 アイデアがない!
2021年4月16日 「小説の取扱説明書」~その54 視点はブレてもかまわない
2021年4月6日 「小説の取扱説明書」~その53 作者の次元(メタレベル) 
2021年3月19日 「小説の取扱説明書」~その52 創作はまるで薬物
2021年3月12日 「小説の取扱説明書」~その51 才能とは何か
2021年3月5日 「小説の取扱説明書」~その50 現在形をどう使うか
2021年2月26日 「小説の取扱説明書」~その49 一行空きと体言止めの功罪
2021年2月19日 「小説の取扱説明書」~その48 書くべきものとの出会い
2021年2月12日 「小説の取扱説明書」~その47 小説を書くには想像力が必須
2021年2月5日 「小説の取扱説明書」~その46 書き手が汗をかかないと面白くならない~
2021年1月29日 「小説の取扱説明書」~その45 読後感と納得感~
2021年1月22日 「小説の取扱説明書」~その44 作家志望者は数学を学べ~
2021年1月15日 「小説の取扱説明書」~その43 小説は、読まないと書けないか~
2021年1月8日 「小説の取扱説明書」~その42 体で覚えるまで練習する~
2021年1月1日 「小説の取扱説明書」~その41 ストーリーは降ってくるか~
2020年12月25日 「小説の取扱説明書」~その40 Xのある数式~
2020年12月18日 「小説の取扱説明書」~その39 プロットがいらなくなるには~
2020年12月11日 「小説の取扱説明書」~その38 プロットに対する考え方~
2020年12月4日 「小説の取扱説明書」~その37 プロットの書き方~
2020年11月27日 「小説の取扱説明書」~その36 深い小説にするには?~
2020年11月20日 「小説の取扱説明書」~その35 これぞエンタメという技法~
2020年11月13日 「小説の取扱説明書」~その34 小説で扱う時間~
2020年11月6日 「小説の取扱説明書」~その33 大きな嘘は一つだけにする~
2020年11月2日 「小説の取扱説明書」~その32 小説は嘘の話ではあるが~
2020年10月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その31 小説の構成法~
2020年10月16日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その30 小説に必須のもの その3 リアリティー~
2020年10月9日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その29 小説に必須のもの その2 場面~
2020年10月2日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その28 小説に必須のもの その1 描写~
2020年9月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その27 物語の大きさと枚数~
2020年9月18日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その26 象徴的小道具~
2020年9月11日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その25 主人公の死~
2020年9月4日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その24 ご都合主義~
2020年8月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その23 セリフの自然さ~
2020年8月21日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その22 セリフの役割~
2020年8月14日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その21 セリフの形式~
2020年8月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その20 視点によるセリフの違い~
2020年7月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その19 セリフのコツ~
2020年7月17日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その18 描写のコツ~
2020年7月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その17 神の視点の効用~
2020年6月26日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その16 神の視点~
2020年5月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その14 二人称小説~
2020年6月12日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その15 三人称一視点~
2020年5月15日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その13 一人称小説~
2020年4月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その12 多視点~
2020年4月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その11 自然主義文学~
2020年3月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その10 語り手の顔出し~
2020年3月13日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その9 語りの中性性~
2020年2月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その8 神の視点と大衆小説~
2020年2月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その7 一元視点の限界~
2020年1月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その6 人物視点~
2020年1月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その5 視点の問題~
2019年12月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その4 会話文~
2019年11月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その3 描写文~
2019年11月8日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その2 説明文~
2019年10月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その1 小説の材料~