ヨルモの「小説の取扱説明書」~その24 ご都合主義~

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2020.09.04

 
公募ガイドのキャラクター・ヨルモが小説の書き方やコツをアドバイスします。ショートショートから長編小説まで、小説の執筆に必要な情報が満載の連載企画です。毎週金曜日に配信。
第24回のテーマは、「ご都合主義」です。

ご都合主義の代表的パターン

ご都合主義とは、必然性のないストーリー展開のことを言います。
端的に言うと、そんなふうに展開させたのはストーリーを進めるうえでの作者の都合でしょ! と不自然に思ってしまうような展開を言います。
ご都合主義の代表的な4パターンを挙げてみます。

〔そんなうまい話はない〕
中年の男性、またはもてない男性が街を歩いていると、ちょっと影がありそうな美少女が現れ、いきなり誘ってくる――。
そんなこと、普通はまず起こらない。単に作者が小説の中で願望を満たしたいだけではないかなと思ってしまいます。

〔問題がすぐに解決する〕
主人公はさまざまなトラブルに直面するが、唐突に救いの神が現れて、主人公を助けてくれるなど、問題が都合よく解決する――。
読者は、そんな神がいるなら世話はないなあと失望してしまいます。

〔設定と合っていない〕
今までは「引っ込み思案」という性格だったはずが、急に積極的な性格になり、ストーリーは結末に向かって都合よく展開していく――。
なぜ急に性格が変わったのだろう。そうでないと都合が悪いので、作者が操り人形のように人物を動かしているのではないか、と舞台裏が見えて白けてしまいます。

〔偶然が過ぎる〕
急いでいると都合よくタクシーが来る、晴れていたのに別れのシーンになって急に雨が降り出す――。
流れが自然でない。科学的根拠も薄く、確率からいってもそうなるのは不自然だなあ、強引さが目立つなあと思ってしまいます。

「それもあるな」と思わせる説得力が必要

アマチュアの小説に中には、このようなご都合主義がよく見られますが、このような設定が悪いかというと、必ずしもそうではありません。
要は、「まあ、あり得なくはないかな」と読者が自然に受け止めてくれるように設定しておけばいいわけです。

都合よくタクシーが来たという場合でも、その道が大通りだったり、タクシーが客待ちをしていそうな場所だったりすれば、すぐに空車が見つかっても不自然ではありません。
中年男性と美少女の出会いにしても、誘わざるを得ないような切羽詰まった状況を設定すれば、「それもあるかもね」と思えたりします。
要は、いかに説得力を持たせるか。「そんなことある?」と思わせないことですね。

そのためには、作者自身が「展開が強引だな」と気づけないといけません。
簡単なことです。ストーリー上の都合ではなく、常識的に考えればいいだけです。
そういう意味では、作者は一面で極めて常識人である必要があります。

不自然に気づいたら、普通はどういう行動をするのが自然かと考え、自然な行動をとらせる。それができないときは、そこに必然性が出るような条件を加える。
これでだいたい解決します。

(ヨルモ)

教えてヨルモ!

「うまい展開が思いつかない」「話がスムーズに運べない」など、小説を書く上で困っていることを募集中! ヨルモが、あなたのお悩み解決をお手伝いします。

【Twitter応募】
ハッシュタグ「#教えてヨルモ」をつけて、お悩みを投稿してください。

【メール応募】
torisetsu@koubo.co.jp
件名を「教えてヨルモ宛」とし、本文にお悩みとペンネームを記載して送信ください。

※皆さまからいただいたお悩みは、選定後こちらの記事内で随時お答えする予定です。すべてのお悩みにお答えできるわけではございませんので、ご了承ください。

 
ヨルモって何者?

公募ガイドのキャラクターの黒ヤギくん。公募に応募していることを内緒にしている隠れ公募ファン。幼馴染に白ヤギのヒルモくんがいます。「小説の取扱書」を執筆しているのは、ヨルモのお父さんの先代ヨルモ。

バックナンバー

2021年7月9日 「小説の取扱説明書」~その60 本当の推敲 文章の推敲PART2
2021年6月25日 「小説の取扱説明書」~その59 本当の推敲 文章の推敲PART1
2021年6月11日 「小説の取扱説明書」~その58 本当の推敲 場面の推敲
2021年5月28日 「小説の取扱説明書」~その57 本当の推敲 テーマの推敲
2021年5月14日 「小説の取扱説明書」~その56 下手な小説が題材
2021年4月30日 「小説の取扱説明書」~その55 アイデアがない!
2021年4月16日 「小説の取扱説明書」~その54 視点はブレてもかまわない
2021年4月6日 「小説の取扱説明書」~その53 作者の次元(メタレベル) 
2021年3月19日 「小説の取扱説明書」~その52 創作はまるで薬物
2021年3月12日 「小説の取扱説明書」~その51 才能とは何か
2021年3月5日 「小説の取扱説明書」~その50 現在形をどう使うか
2021年2月26日 「小説の取扱説明書」~その49 一行空きと体言止めの功罪
2021年2月19日 「小説の取扱説明書」~その48 書くべきものとの出会い
2021年2月12日 「小説の取扱説明書」~その47 小説を書くには想像力が必須
2021年2月5日 「小説の取扱説明書」~その46 書き手が汗をかかないと面白くならない~
2021年1月29日 「小説の取扱説明書」~その45 読後感と納得感~
2021年1月22日 「小説の取扱説明書」~その44 作家志望者は数学を学べ~
2021年1月15日 「小説の取扱説明書」~その43 小説は、読まないと書けないか~
2021年1月8日 「小説の取扱説明書」~その42 体で覚えるまで練習する~
2021年1月1日 「小説の取扱説明書」~その41 ストーリーは降ってくるか~
2020年12月25日 「小説の取扱説明書」~その40 Xのある数式~
2020年12月18日 「小説の取扱説明書」~その39 プロットがいらなくなるには~
2020年12月11日 「小説の取扱説明書」~その38 プロットに対する考え方~
2020年12月4日 「小説の取扱説明書」~その37 プロットの書き方~
2020年11月27日 「小説の取扱説明書」~その36 深い小説にするには?~
2020年11月20日 「小説の取扱説明書」~その35 これぞエンタメという技法~
2020年11月13日 「小説の取扱説明書」~その34 小説で扱う時間~
2020年11月6日 「小説の取扱説明書」~その33 大きな嘘は一つだけにする~
2020年11月2日 「小説の取扱説明書」~その32 小説は嘘の話ではあるが~
2020年10月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その31 小説の構成法~
2020年10月16日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その30 小説に必須のもの その3 リアリティー~
2020年10月9日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その29 小説に必須のもの その2 場面~
2020年10月2日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その28 小説に必須のもの その1 描写~
2020年9月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その27 物語の大きさと枚数~
2020年9月18日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その26 象徴的小道具~
2020年9月11日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その25 主人公の死~
2020年9月4日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その24 ご都合主義~
2020年8月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その23 セリフの自然さ~
2020年8月21日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その22 セリフの役割~
2020年8月14日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その21 セリフの形式~
2020年8月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その20 視点によるセリフの違い~
2020年7月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その19 セリフのコツ~
2020年7月17日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その18 描写のコツ~
2020年7月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その17 神の視点の効用~
2020年6月26日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その16 神の視点~
2020年5月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その14 二人称小説~
2020年6月12日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その15 三人称一視点~
2020年5月15日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その13 一人称小説~
2020年4月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その12 多視点~
2020年4月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その11 自然主義文学~
2020年3月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その10 語り手の顔出し~
2020年3月13日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その9 語りの中性性~
2020年2月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その8 神の視点と大衆小説~
2020年2月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その7 一元視点の限界~
2020年1月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その6 人物視点~
2020年1月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その5 視点の問題~
2019年12月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その4 会話文~
2019年11月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その3 描写文~
2019年11月8日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その2 説明文~
2019年10月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その1 小説の材料~