ヨルモの「小説の取扱説明書」~その26 象徴的小道具~

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2020.09.18

 
公募ガイドのキャラクター・ヨルモが小説の書き方やコツをアドバイスします。ショートショートから長編小説まで、小説の執筆に必要な情報が満載の連載企画です。毎週金曜日に配信。
第26回のテーマは、「象徴的小道具」です。

シャレードは文章で書かずに行間で言う

ストーリーを物語るためには、単に設定を説明したり、セリフを書いたりするだけでなく、言いたいことを効果的に伝えていく必要があります。
映像表現ではシャレードと言ったりしますが、小説でもそうした工夫が必要ですね。

シャレードの1つに、モンタージュという手法もあります。
公式は、「A×B=C」です。
Aという場面とBという場面を並べ、Cという意味を得ます。

たとえば、こんな感じ。

A=ストローが鼻に刺さって苦しむウミガメ。
B=ストローをポイ捨てする若者。それが川に落ち、流れていくシーン。

この2つを並べれば、わざわざ「C=自然にかえらないものを捨てると動物たちに被害が及ぶ」と言わなくても伝わります。
これを文章で書けば押しつけっぽくなりますが、書かずにCという意味を得ました。これがシャレードです。

形のない思いを形あるモノに託す

同じくシャレードの1つですが、言いたいことをモノに象徴させる方法があります。
特に感情を表現する場合に有効です。
感情には形がないので、「寂しい」「悔しい」と書いても、読み手の心には伝わりにくいものです。
そこで、形あるモノに変換するわけですね。

端的に言えば、「沈鬱な気分」を「曇天」で表現したり、「生命が生まれる喜び」を「開花した花」にたとえたりとかですね。
あまり安直にやると、「あざといなあ、バレバレだよ」と思われてしまいますが、その作品のテーマを小道具に象徴させると、印象深い作品になります。

三浦哲郎に「拳銃」という短編があります(講談社文芸文庫『拳銃と十五の短篇』所収)。
あらすじを記すと、こんな内容です。

〔あらすじ〕
主人公の私は、83歳になる母親から、16年前に見つかった一挺の拳銃の処分について相談されます。
それは父親の形見の32口径で、実弾も50発入りの箱のまま残っています。使った形跡はありません。
それならば父親はなぜ拳銃を買ったのだろうと私は考えます。考えているうちに、16年前、初めてこの拳銃を見たとき、すべてを覚ったことを思い出します。16年前、父親は死の床にありました。私は毎日少しずつ死んでいく父親を見守りながら、生まれつき体に色素がないという障害を持った二人の娘たちには死なれ、また二人の息子たちには家出された男親というものは、一体なにを支えにして生きるものかと考えます。

そして父親の死後、金庫の底から出てきた拳銃を目にした途端、一瞬のうちに父親のすべてがわかったような気になります。
この拳銃こそが父の支えだったのではあるまいか。その気になりさえすればいつだって死ねる。確実に死ぬための道具もある――そういう思いが父親をこの齢まで生き延びさせたのではあるまいか。私はそう確信します。

小道具といっても、大きなものでもいい

娘二人に死なれ、息子二人は家出し、その下に妹がいますが、障害があります。そして、作者はそれら兄妹の弟なのですが、親としてはつらいところです。責任を感じて何もかも嫌になっても不思議ではないですよね。
しかし、父親は天寿を全うしました。作者はその理由を、「その気になりさえすればいつだって死ねるという思いが父親を生き延びさせた」と書いています。

いつでも死ねることが生きる支え――。話が深すぎてめまいがしそうです。
小説「拳銃」は、芥川賞作家、三浦哲郎らしい名作ですが、もしも母親の相談が「拳銃」のことではなく、モノでもなく、漠然と「昔の嫌な思い出を消したい」という内容だったらどうだったでしょうか。

三浦哲郎ならそれでも名作にしたと思いますが、「拳銃」よりは印象が薄かったでしょう。
「拳銃」のストーリーを思い出すたび、まさに本物の拳銃のような存在感でテーマがずしりと迫ってくるのは、モノが口ほどにものを言っているからですね。

ちなみ、小道具といっても、テーマを象徴させるときは「小さい」ことにこだわりません。「摩天楼」のような大道具でもいいですし、もっと言えば、道具でなくてもいいです。「老人」でも「新生児」でも「新入社員」でも、形あるものとして象徴させられるのであればなんでもOKです。
皆さんも、自分の作品のテーマをモノに象徴させてみてください。

(ヨルモ)

教えてヨルモ!

「うまい展開が思いつかない」「話がスムーズに運べない」など、小説を書く上で困っていることを募集中! ヨルモが、あなたのお悩み解決をお手伝いします。

【Twitter応募】
ハッシュタグ「#教えてヨルモ」をつけて、お悩みを投稿してください。

【メール応募】
torisetsu@koubo.co.jp
件名を「教えてヨルモ宛」とし、本文にお悩みとペンネームを記載して送信ください。

※皆さまからいただいたお悩みは、選定後こちらの記事内で随時お答えする予定です。すべてのお悩みにお答えできるわけではございませんので、ご了承ください。

 
ヨルモって何者?

公募ガイドのキャラクターの黒ヤギくん。公募に応募していることを内緒にしている隠れ公募ファン。幼馴染に白ヤギのヒルモくんがいます。「小説の取扱書」を執筆しているのは、ヨルモのお父さんの先代ヨルモ。

バックナンバー

2021年7月9日 「小説の取扱説明書」~その60 本当の推敲 文章の推敲PART2
2021年6月25日 「小説の取扱説明書」~その59 本当の推敲 文章の推敲PART1
2021年6月11日 「小説の取扱説明書」~その58 本当の推敲 場面の推敲
2021年5月28日 「小説の取扱説明書」~その57 本当の推敲 テーマの推敲
2021年5月14日 「小説の取扱説明書」~その56 下手な小説が題材
2021年4月30日 「小説の取扱説明書」~その55 アイデアがない!
2021年4月16日 「小説の取扱説明書」~その54 視点はブレてもかまわない
2021年4月6日 「小説の取扱説明書」~その53 作者の次元(メタレベル) 
2021年3月19日 「小説の取扱説明書」~その52 創作はまるで薬物
2021年3月12日 「小説の取扱説明書」~その51 才能とは何か
2021年3月5日 「小説の取扱説明書」~その50 現在形をどう使うか
2021年2月26日 「小説の取扱説明書」~その49 一行空きと体言止めの功罪
2021年2月19日 「小説の取扱説明書」~その48 書くべきものとの出会い
2021年2月12日 「小説の取扱説明書」~その47 小説を書くには想像力が必須
2021年2月5日 「小説の取扱説明書」~その46 書き手が汗をかかないと面白くならない~
2021年1月29日 「小説の取扱説明書」~その45 読後感と納得感~
2021年1月22日 「小説の取扱説明書」~その44 作家志望者は数学を学べ~
2021年1月15日 「小説の取扱説明書」~その43 小説は、読まないと書けないか~
2021年1月8日 「小説の取扱説明書」~その42 体で覚えるまで練習する~
2021年1月1日 「小説の取扱説明書」~その41 ストーリーは降ってくるか~
2020年12月25日 「小説の取扱説明書」~その40 Xのある数式~
2020年12月18日 「小説の取扱説明書」~その39 プロットがいらなくなるには~
2020年12月11日 「小説の取扱説明書」~その38 プロットに対する考え方~
2020年12月4日 「小説の取扱説明書」~その37 プロットの書き方~
2020年11月27日 「小説の取扱説明書」~その36 深い小説にするには?~
2020年11月20日 「小説の取扱説明書」~その35 これぞエンタメという技法~
2020年11月13日 「小説の取扱説明書」~その34 小説で扱う時間~
2020年11月6日 「小説の取扱説明書」~その33 大きな嘘は一つだけにする~
2020年11月2日 「小説の取扱説明書」~その32 小説は嘘の話ではあるが~
2020年10月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その31 小説の構成法~
2020年10月16日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その30 小説に必須のもの その3 リアリティー~
2020年10月9日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その29 小説に必須のもの その2 場面~
2020年10月2日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その28 小説に必須のもの その1 描写~
2020年9月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その27 物語の大きさと枚数~
2020年9月18日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その26 象徴的小道具~
2020年9月11日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その25 主人公の死~
2020年9月4日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その24 ご都合主義~
2020年8月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その23 セリフの自然さ~
2020年8月21日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その22 セリフの役割~
2020年8月14日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その21 セリフの形式~
2020年8月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その20 視点によるセリフの違い~
2020年7月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その19 セリフのコツ~
2020年7月17日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その18 描写のコツ~
2020年7月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その17 神の視点の効用~
2020年6月26日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その16 神の視点~
2020年5月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その14 二人称小説~
2020年6月12日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その15 三人称一視点~
2020年5月15日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その13 一人称小説~
2020年4月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その12 多視点~
2020年4月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その11 自然主義文学~
2020年3月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その10 語り手の顔出し~
2020年3月13日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その9 語りの中性性~
2020年2月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その8 神の視点と大衆小説~
2020年2月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その7 一元視点の限界~
2020年1月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その6 人物視点~
2020年1月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その5 視点の問題~
2019年12月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その4 会話文~
2019年11月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その3 描写文~
2019年11月8日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その2 説明文~
2019年10月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その1 小説の材料~