ヨルモの「小説の取扱説明書」~その30 小説に必須のもの その3 リアリティー~

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2020.10.16

 
公募ガイドのキャラクター・ヨルモが小説の書き方やコツをアドバイスします。ショートショートから長編小説まで、小説の執筆に必要な情報が満載の連載企画です。毎週金曜日に配信。
第30回のテーマは、「小説に必須のもの その3 リアリティー」です。

リアルである必要はないが、リアリティーは必要

小説にとって必須のもの、その3は、リアリティーです。
つまり、現実性、真実性、迫真性。
話し言葉では「リアルだ」と言ったりしますが、リアル(事実)である必要はありません。
たとえば、交通安全のポスターに事故現場を描くとしましょう。
その際、リアル(本物)の血を使ったからといってリアリティーが出るわけではありません。
それより、血痕だけが残された事故現場で泣いている女の子を描いたほうが、交通事故の悲しさを表現できます。

絵の具は本物の血ではありません。その意味ではウソですが、「泣いている女の子」(ウソ)によって、「交通事故を起こしたら大変なことになる」という事実を表現する。ここがポイントです。
小説も同じで、リアル(事実)でなくてもかまいません。しかし、リアリティーがない話ではだめですね。

現実に起こりそう、起こってもおかしくないと思える話

では、小説にとってのリアリティーとはなんでしょうか。
よく、「この表現、リアルだなあ」と言ったりしますが、これは「生々しい」「ありありと感じがわかる」ということだと思います。
それも必要ですが、「リアリティーのある話」とは、「現実に起こり得る話」「ウソっぽくない」という意味です。

フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』(映画「ブレードランナー」の原作)の主人公デッカードは、火星から逃げてきたアンドロイドを捕まえる賞金稼ぎです。
アンドロイドは精巧にできていて、テストをしなければ人間と見分けがつきません。中には脳に人間の記憶が埋め込まれ、自分を人間だと思い込んでいるアンドロイドもいます。そうしたアンドロイドは、テストの結果、「自分はアンドロイドだった」という事実が判明したとき、自分の人生を否定された気になり、そんなバカなと人間のように苦しむのです。

その姿を目の当たりにして、最後にはデッカード自身、自分で自分をウソ発見器にかけます。自分ももしかしたらアンドロイドなのではないかと思うわけですね。
小説ですから、この話はウソの話です。しかし、ちょっとだけ科学が進歩すれば、「あり得る話だ」と思えます。つまり、「リアリティーがあるなあ。我が身に起こってもおかしくない」と思うわけですね。

リアリティーのない設定をする場合の対処法

一方、こんな話はどうでしょうか。
〈健一はいじめられていたが、人は仲良くすべきだと思い、いつも笑顔を絶やさなかった。すると、いじめっ子ともすぐに仲よくなれた。〉
いじめはよくないと訴えたいのだと思いますが、理想を書いているだけで、リアリティーはありません。
こんな話、現実にいじめられている人が読んだら、こんなのウソだ、絵空事だと思ってしまいますね。

もちろん、読後感をよくするために、「あり得ない話だけど、世の中、こうあってほしい」という願いを込めてそう設定する場合もあります。
しかし、その場合は、99%はリアリティーある話で占め、ウソは一つだけにする。
全体がリアリティーある話で固められていれば、一つだけウソがあっても、本当のように思えるものです。

(ヨルモ)

教えてヨルモ!

「うまい展開が思いつかない」「話がスムーズに運べない」など、小説を書く上で困っていることを募集中! ヨルモが、あなたのお悩み解決をお手伝いします。

【Twitter応募】
ハッシュタグ「#教えてヨルモ」をつけて、お悩みを投稿してください。

【メール応募】
torisetsu@koubo.co.jp
件名を「教えてヨルモ宛」とし、本文にお悩みとペンネームを記載して送信ください。

※皆さまからいただいたお悩みは、選定後こちらの記事内で随時お答えする予定です。すべてのお悩みにお答えできるわけではございませんので、ご了承ください。

 
ヨルモって何者?

公募ガイドのキャラクターの黒ヤギくん。公募に応募していることを内緒にしている隠れ公募ファン。幼馴染に白ヤギのヒルモくんがいます。「小説の取扱書」を執筆しているのは、ヨルモのお父さんの先代ヨルモ。

バックナンバー

2021年4月30日 「小説の取扱説明書」~その55 アイデアがない!
2021年4月16日 「小説の取扱説明書」~その54 視点はブレてもかまわない
2021年4月6日 「小説の取扱説明書」~その53 作者の次元(メタレベル) 
2021年3月19日 「小説の取扱説明書」~その52 創作はまるで薬物
2021年3月12日 「小説の取扱説明書」~その51 才能とは何か
2021年3月5日 「小説の取扱説明書」~その50 現在形をどう使うか
2021年2月26日 「小説の取扱説明書」~その49 一行空きと体言止めの功罪
2021年2月19日 「小説の取扱説明書」~その48 書くべきものとの出会い
2021年2月12日 「小説の取扱説明書」~その47 小説を書くには想像力が必須
2021年2月5日 「小説の取扱説明書」~その46 書き手が汗をかかないと面白くならない~
2021年1月29日 「小説の取扱説明書」~その45 読後感と納得感~
2021年1月22日 「小説の取扱説明書」~その44 作家志望者は数学を学べ~
2021年1月15日 「小説の取扱説明書」~その43 小説は、読まないと書けないか~
2021年1月8日 「小説の取扱説明書」~その42 体で覚えるまで練習する~
2021年1月1日 「小説の取扱説明書」~その41 ストーリーは降ってくるか~
2020年12月25日 「小説の取扱説明書」~その40 Xのある数式~
2020年12月18日 「小説の取扱説明書」~その39 プロットがいらなくなるには~
2020年12月11日 「小説の取扱説明書」~その38 プロットに対する考え方~
2020年12月4日 「小説の取扱説明書」~その37 プロットの書き方~
2020年11月27日 「小説の取扱説明書」~その36 深い小説にするには?~
2020年11月20日 「小説の取扱説明書」~その35 これぞエンタメという技法~
2020年11月13日 「小説の取扱説明書」~その34 小説で扱う時間~
2020年11月6日 「小説の取扱説明書」~その33 大きな嘘は一つだけにする~
2020年11月2日 「小説の取扱説明書」~その32 小説は嘘の話ではあるが~
2020年10月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その31 小説の構成法~
2020年10月16日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その30 小説に必須のもの その3 リアリティー~
2020年10月9日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その29 小説に必須のもの その2 場面~
2020年10月2日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その28 小説に必須のもの その1 描写~
2020年9月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その27 物語の大きさと枚数~
2020年9月18日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その26 象徴的小道具~
2020年9月11日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その25 主人公の死~
2020年9月4日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その24 ご都合主義~
2020年8月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その23 セリフの自然さ~
2020年8月21日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その22 セリフの役割~
2020年8月14日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その21 セリフの形式~
2020年8月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その20 視点によるセリフの違い~
2020年7月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その19 セリフのコツ~
2020年7月17日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その18 描写のコツ~
2020年7月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その17 神の視点の効用~
2020年6月26日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その16 神の視点~
2020年5月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その14 二人称小説~
2020年6月12日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その15 三人称一視点~
2020年5月15日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その13 一人称小説~
2020年4月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その12 多視点~
2020年4月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その11 自然主義文学~
2020年3月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その10 語り手の顔出し~
2020年3月13日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その9 語りの中性性~
2020年2月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その8 神の視点と大衆小説~
2020年2月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その7 一元視点の限界~
2020年1月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その6 人物視点~
2020年1月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その5 視点の問題~
2019年12月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その4 会話文~
2019年11月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その3 描写文~
2019年11月8日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その2 説明文~
2019年10月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その1 小説の材料~