「小説の取扱説明書」~その33 大きな嘘は一つだけにする~

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2020.11.06

 
公募ガイドのキャラクター・ヨルモが小説の書き方やコツをアドバイスします。ショートショートから長編小説まで、小説の執筆に必要な情報が満載の連載企画です。毎週金曜日に配信。
第33回のテーマは、「大きな嘘は一つだけにする」です。

今回は小説の中の“嘘”について説明するために、テキストとして浅田次郎「うらぼんえ」(『鉄道員(ぽっぽや)』所収)を使います。未読の方はご注意ください。

故人が登場するファンタジー

浅田次郎「うらぼんえ」は、主人公(ちえ子)の前に、亡くなった祖父が現れるというファンタジーです。
死んだ人が現れ、しかも、ちえ子の夫の親族と離婚の話し合いまでするのです。
あり得ないといえばあり得ない話ですが、説得力があるからそうは思わないんですね。

「うらぼんえ」は、こんな話です。
ちえ子の両親はちえ子が幼い頃に離婚し、お互いが親権を放棄したため、ちえ子は祖父母に育てられます。その祖父母も、ちえ子が大学生のときまでに亡くなり、ちえ子は一人になります。
このあたり、文庫本で2ページほどの導入部として説明されています。

夫の親族にいじめられるちえ子

メインの舞台は、ちえ子と邦男夫妻が、邦男の祖父の新盆のために帰省する場面です。
このとき、邦男には愛人がいて、もうすぐ愛人に子が生まれるという状況です。
このことは邦男の親族にも発覚しており、父親は邦男とちえ子を離婚させるつもりです。
そんな状況で帰省したわけですから、ちえ子は邦男の親族に嫌味を言われます。

「なあ、ちえ子さん。そりゃ大学まで出て、専業主婦になるのはいやかも知れんけど、仕事か家庭かって言われたら、ふつうはどっちか取るもんだら。共働きで子供もよう作れんじゃ、邦男ばかり責めるわけにもいかんで」

邦男の兄のセリフですが、「共働きで子供がいなかったから邦男が浮気をした、ちえ子にも責任の一端がある」と言いたいようです。ひどいですね。

「邦男は毎日が針のむしろじゃ言うとるよ。身内としちゃ放っとけんだろうが。親兄弟がしゃしゃり出て困るんなら、あんたも身内を連れてこい。本人同士で埒があくはずはねえら」

邦男の父親のセリフですが、ちえ子に身内がないと知ったうえで言った嫌味です。
ちえ子はやり場のない怒りで身を震わせつつ、話し合いに応じる旨、返事をします。
そして、一族に取り囲まれた話し合いの場を想像し、「悪いことは何一つしていないのに、たった一人では正義を主張することはできないだろう、理不尽だ」と思い、「誰か一人でもいい、正義を代弁してくれる人がいたらどれほど心強いだろうか」と思います。

孤軍奮闘のちえ子の前におじいちゃん登場

「ちいこ」と幼い頃の呼び名で呼ばれ、振り返ると、そこにちえ子のおじいちゃんがいます。
冷静に考えると、「そんなバカな」なのですが、ちえ子が可哀想で、誰か助けてやってよと思ったときに登場しますから、なんとなくおじいちゃんの登場を受け入れてしまうんですね。
しかも、おじいちゃんはお盆の迎え火に彩られた煙の中から現れますので、さもありなんと思ってしまう。

このあと、なんだか笑ってしまうようなやりとりがあります。
ちえ子のおじいさんを知らない人は、
「ちえ子さん、何でそれならそうと言ってくれんだね」
と、突然のちえ子の身内の登場に慌てます。
「あれ、何か不都合でもあるんですか。さっきは、身内を連れてこいとおっしゃっていたくせに」
いじめられていたちえ子が一矢報いた感じで痛快ですね。

一方、邦男はちえ子のおじいちゃんが故人だと知っています。

「おじいちゃんが来てくれたの。ご挨拶してよ、あなた」
「あ、どうも……来てくれたって、おまえ。どういうことなんだ、どうなってるんだよ」
「お盆だから」

幽霊が現れた理由を「お盆だから」には思わず笑ってしまいましたが、ちえ子も邦男もおじいちゃんの存在を疑っていないようなので、読者としても、きっと生きたままの姿で現れたんだろうなと想像します。
また、このおじいさんがなんとも人間っぽい。

「――やい、邦男」
「は、はい」
「てめえ、よくも俺の孫娘をコケにしてくれたな」
(中略)
「あとでじっくりと話し合ってやるが、事と次第によっちゃてめえを連れて帰るぞ。いいや、なんならじじいもばばあも、まとめて面倒みたろうかい」

ちえ子のおじいさんは肩に入れ墨がある江戸っ子ですが、この口上がなんとも小気味よく、話に引き込まれて、「あり得ない話」なんて思う暇がありません。

事実の中に一つだけ嘘を交える

幽霊が現れても、それを受け入れてしまうのは、設定と筆力が絶妙だからです。
「舞台設定が、先祖の霊が帰ってくるというお盆」
まず、これが効いています。
その上で、場面の状況がありありとわかるように書かれていますから、読者自身も現場を目撃したような気持ちになり、本当の話のように錯覚してしまうんですね。

それともう一つ、大きなコツがあって、
「故人であるおじいちゃんが現れる」
という一点を除いて、それ以外は忠実に現実を書いているということ。
事実(と思われる)ことを積み重ねて、一つだけ嘘をつく。
これが本当っぽくするコツです。

(ヨルモ)

教えてヨルモ!

「うまい展開が思いつかない」「話がスムーズに運べない」など、小説を書く上で困っていることを募集中! ヨルモが、あなたのお悩み解決をお手伝いします。

【Twitter応募】
ハッシュタグ「#教えてヨルモ」をつけて、お悩みを投稿してください。

【メール応募】
torisetsu@koubo.co.jp
件名を「教えてヨルモ宛」とし、本文にお悩みとペンネームを記載して送信ください。

※皆さまからいただいたお悩みは、選定後こちらの記事内で随時お答えする予定です。すべてのお悩みにお答えできるわけではございませんので、ご了承ください。

 
ヨルモって何者?

公募ガイドのキャラクターの黒ヤギくん。公募に応募していることを内緒にしている隠れ公募ファン。幼馴染に白ヤギのヒルモくんがいます。「小説の取扱書」を執筆しているのは、ヨルモのお父さんの先代ヨルモ。

バックナンバー

2021年7月9日 「小説の取扱説明書」~その60 本当の推敲 文章の推敲PART2
2021年6月25日 「小説の取扱説明書」~その59 本当の推敲 文章の推敲PART1
2021年6月11日 「小説の取扱説明書」~その58 本当の推敲 場面の推敲
2021年5月28日 「小説の取扱説明書」~その57 本当の推敲 テーマの推敲
2021年5月14日 「小説の取扱説明書」~その56 下手な小説が題材
2021年4月30日 「小説の取扱説明書」~その55 アイデアがない!
2021年4月16日 「小説の取扱説明書」~その54 視点はブレてもかまわない
2021年4月6日 「小説の取扱説明書」~その53 作者の次元(メタレベル) 
2021年3月19日 「小説の取扱説明書」~その52 創作はまるで薬物
2021年3月12日 「小説の取扱説明書」~その51 才能とは何か
2021年3月5日 「小説の取扱説明書」~その50 現在形をどう使うか
2021年2月26日 「小説の取扱説明書」~その49 一行空きと体言止めの功罪
2021年2月19日 「小説の取扱説明書」~その48 書くべきものとの出会い
2021年2月12日 「小説の取扱説明書」~その47 小説を書くには想像力が必須
2021年2月5日 「小説の取扱説明書」~その46 書き手が汗をかかないと面白くならない~
2021年1月29日 「小説の取扱説明書」~その45 読後感と納得感~
2021年1月22日 「小説の取扱説明書」~その44 作家志望者は数学を学べ~
2021年1月15日 「小説の取扱説明書」~その43 小説は、読まないと書けないか~
2021年1月8日 「小説の取扱説明書」~その42 体で覚えるまで練習する~
2021年1月1日 「小説の取扱説明書」~その41 ストーリーは降ってくるか~
2020年12月25日 「小説の取扱説明書」~その40 Xのある数式~
2020年12月18日 「小説の取扱説明書」~その39 プロットがいらなくなるには~
2020年12月11日 「小説の取扱説明書」~その38 プロットに対する考え方~
2020年12月4日 「小説の取扱説明書」~その37 プロットの書き方~
2020年11月27日 「小説の取扱説明書」~その36 深い小説にするには?~
2020年11月20日 「小説の取扱説明書」~その35 これぞエンタメという技法~
2020年11月13日 「小説の取扱説明書」~その34 小説で扱う時間~
2020年11月6日 「小説の取扱説明書」~その33 大きな嘘は一つだけにする~
2020年11月2日 「小説の取扱説明書」~その32 小説は嘘の話ではあるが~
2020年10月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その31 小説の構成法~
2020年10月16日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その30 小説に必須のもの その3 リアリティー~
2020年10月9日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その29 小説に必須のもの その2 場面~
2020年10月2日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その28 小説に必須のもの その1 描写~
2020年9月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その27 物語の大きさと枚数~
2020年9月18日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その26 象徴的小道具~
2020年9月11日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その25 主人公の死~
2020年9月4日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その24 ご都合主義~
2020年8月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その23 セリフの自然さ~
2020年8月21日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その22 セリフの役割~
2020年8月14日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その21 セリフの形式~
2020年8月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その20 視点によるセリフの違い~
2020年7月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その19 セリフのコツ~
2020年7月17日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その18 描写のコツ~
2020年7月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その17 神の視点の効用~
2020年6月26日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その16 神の視点~
2020年5月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その14 二人称小説~
2020年6月12日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その15 三人称一視点~
2020年5月15日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その13 一人称小説~
2020年4月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その12 多視点~
2020年4月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その11 自然主義文学~
2020年3月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その10 語り手の顔出し~
2020年3月13日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その9 語りの中性性~
2020年2月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その8 神の視点と大衆小説~
2020年2月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その7 一元視点の限界~
2020年1月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その6 人物視点~
2020年1月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その5 視点の問題~
2019年12月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その4 会話文~
2019年11月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その3 描写文~
2019年11月8日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その2 説明文~
2019年10月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その1 小説の材料~