「小説の取扱説明書」~その34 小説で扱う時間~

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2020.11.13

 
公募ガイドのキャラクター・ヨルモが小説の書き方やコツをアドバイスします。ショートショートから長編小説まで、小説の執筆に必要な情報が満載の連載企画です。毎週金曜日に配信。
第34回のテーマは、「小説で扱う時間」です。

今回は小説で扱う時間について説明するために、テキストとして藤沢周平「ど忘れ万六」(『たそがれ清兵衛』所収)を使います。未読の方はご注意ください。

短編では、そんなに長い時間は扱えない

大きい犬には大きい犬小屋が必要ですが、小さな犬は小さな犬小屋で十分です。
ということが、小説にもあります。
つまり、ある程度の枚数があれば、長い時間を扱うことができますが、短編の枚数ではそんなに長い時間は扱えません。
扱えば、長い時間をダイジェストしたような感じになってしまいます。

それなら、短編ではどれぐらいの時間を扱えば適当なのかというと、これという決まりはありません。
それを承知で言えば、「一日」「数日間」「一週間」といった短い時間です。
本編が終わったあと、後日談として「一年後」というのが出てきたりすることはありますが、本編で扱う時間は極めて短いのが普通と思ってください。

さて、藤沢周平の「ど忘れ万六」です。
万六は、隠居の身です。
冒頭のシーンでは、襖が開いて、嫁の亀代が朝食の膳を持ってきます。
「あれは、ナニは……」
万六は息子のことを聞こうとしますが、名前が出てきません。
老いが迫っており、そんな舅を亀代は粗末に扱い、それにかぶれて息子の参之助も父親に挨拶もせずに登城してしまっています。

作劇的には、ここで主人公の万六にハンディを与えているところがとても巧妙です。弱い主人公のほうが共感を持てるのですね。

それはさておき、冒頭の場面で万六が三杯目の飯椀を突き出すと、亀代は暗い顔で何か考え事をしています。
「何かあったのか」
万六が聞くと、亀代は肩を震わせて泣き出してしまいます。
ここまでが文庫本で3ページ分です。
全体が24ページですので、ほんの導入部です。

隠居に至った事件は、なぜ回想で書かれたか

このあと、万六が隠居に至った経緯が説明されます。
万六は普請組の小頭で、川の工事で働いている者たちに、
「まず川の中に残っている荷車や胴突きの道具をかたづける。つぎに木枠をはずしてそれが終ったら土固めにかかる」
と指示し、あとは部下に任せ、二里ほど離れた水門の見回りに行きます。

見回りを終え、元の工事現場に戻ろうとしたとき、四つの鐘が鳴ります。
「しまった」
万六は思い出します。四つになったら水を通してよしと、昨日、郡代屋敷に返事をしていたことを。
今日、川の工事で働いている者たちに指示をしたとき、このことを言い忘れていました。
幸い、水が通った頃にはかたづけはだいたい終わっており、水が来たときにまだ川に残っていた数人もすぐに避難して事なきを得ましたが、重大な要件をど忘れしたことから、万六は一年前の五十四歳で隠居したのでした。

この説明に6ページ要しています。
全体の1/4を費やしたわけで、その間、物語の進行は止まっています。
物語の進行を止めてまで、ここで6ページ分、時を巻き戻したのはなぜでしょうか。
冒頭で「万六のど忘れのせいで、危うく多くの人が事故に遭うところだった」という事件を書き、そのあと、万六は隠居を申し出て、さらに実際の冒頭部分にあたる朝食の場面、そして亀代が暗い顔をして泣いている場面につなげてはだめだったのでしょうか。

しかし、そうすると、危うく事故になりそうになった事件は一年前という設定になっていますので、全体で扱う時間が一年とちょっとということになってしまいます。
24ページの短編で一年は長い。間延びします。

それに、危うく事故になりそうになった事件はメインプロットから見ると、「隠居するに至った原因」というほんの説明です。
だから、メインのストーリーに組み込む必要はなく、「実はこんなことがあった」という回想で説明し、メインプロットで扱う時間を「ある数日」ぐらいにしたほうが、扱う時間が凝縮されて、読者としては「現場」に立ち会っている感じがでるのです。
結果、作品の密度が濃くなって、まとまりがよくなりました。
作者は、これがわかっていて、敢えて事故になりそうな事件を回想にしたのです。

(ヨルモ)

教えてヨルモ!

「うまい展開が思いつかない」「話がスムーズに運べない」など、小説を書く上で困っていることを募集中! ヨルモが、あなたのお悩み解決をお手伝いします。

【Twitter応募】
ハッシュタグ「#教えてヨルモ」をつけて、お悩みを投稿してください。

【メール応募】
torisetsu@koubo.co.jp
件名を「教えてヨルモ宛」とし、本文にお悩みとペンネームを記載して送信ください。

※皆さまからいただいたお悩みは、選定後こちらの記事内で随時お答えする予定です。すべてのお悩みにお答えできるわけではございませんので、ご了承ください。

 
ヨルモって何者?

公募ガイドのキャラクターの黒ヤギくん。公募に応募していることを内緒にしている隠れ公募ファン。幼馴染に白ヤギのヒルモくんがいます。「小説の取扱書」を執筆しているのは、ヨルモのお父さんの先代ヨルモ。

バックナンバー

2021年7月9日 「小説の取扱説明書」~その60 本当の推敲 文章の推敲PART2
2021年6月25日 「小説の取扱説明書」~その59 本当の推敲 文章の推敲PART1
2021年6月11日 「小説の取扱説明書」~その58 本当の推敲 場面の推敲
2021年5月28日 「小説の取扱説明書」~その57 本当の推敲 テーマの推敲
2021年5月14日 「小説の取扱説明書」~その56 下手な小説が題材
2021年4月30日 「小説の取扱説明書」~その55 アイデアがない!
2021年4月16日 「小説の取扱説明書」~その54 視点はブレてもかまわない
2021年4月6日 「小説の取扱説明書」~その53 作者の次元(メタレベル) 
2021年3月19日 「小説の取扱説明書」~その52 創作はまるで薬物
2021年3月12日 「小説の取扱説明書」~その51 才能とは何か
2021年3月5日 「小説の取扱説明書」~その50 現在形をどう使うか
2021年2月26日 「小説の取扱説明書」~その49 一行空きと体言止めの功罪
2021年2月19日 「小説の取扱説明書」~その48 書くべきものとの出会い
2021年2月12日 「小説の取扱説明書」~その47 小説を書くには想像力が必須
2021年2月5日 「小説の取扱説明書」~その46 書き手が汗をかかないと面白くならない~
2021年1月29日 「小説の取扱説明書」~その45 読後感と納得感~
2021年1月22日 「小説の取扱説明書」~その44 作家志望者は数学を学べ~
2021年1月15日 「小説の取扱説明書」~その43 小説は、読まないと書けないか~
2021年1月8日 「小説の取扱説明書」~その42 体で覚えるまで練習する~
2021年1月1日 「小説の取扱説明書」~その41 ストーリーは降ってくるか~
2020年12月25日 「小説の取扱説明書」~その40 Xのある数式~
2020年12月18日 「小説の取扱説明書」~その39 プロットがいらなくなるには~
2020年12月11日 「小説の取扱説明書」~その38 プロットに対する考え方~
2020年12月4日 「小説の取扱説明書」~その37 プロットの書き方~
2020年11月27日 「小説の取扱説明書」~その36 深い小説にするには?~
2020年11月20日 「小説の取扱説明書」~その35 これぞエンタメという技法~
2020年11月13日 「小説の取扱説明書」~その34 小説で扱う時間~
2020年11月6日 「小説の取扱説明書」~その33 大きな嘘は一つだけにする~
2020年11月2日 「小説の取扱説明書」~その32 小説は嘘の話ではあるが~
2020年10月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その31 小説の構成法~
2020年10月16日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その30 小説に必須のもの その3 リアリティー~
2020年10月9日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その29 小説に必須のもの その2 場面~
2020年10月2日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その28 小説に必須のもの その1 描写~
2020年9月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その27 物語の大きさと枚数~
2020年9月18日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その26 象徴的小道具~
2020年9月11日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その25 主人公の死~
2020年9月4日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その24 ご都合主義~
2020年8月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その23 セリフの自然さ~
2020年8月21日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その22 セリフの役割~
2020年8月14日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その21 セリフの形式~
2020年8月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その20 視点によるセリフの違い~
2020年7月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その19 セリフのコツ~
2020年7月17日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その18 描写のコツ~
2020年7月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その17 神の視点の効用~
2020年6月26日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その16 神の視点~
2020年5月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その14 二人称小説~
2020年6月12日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その15 三人称一視点~
2020年5月15日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その13 一人称小説~
2020年4月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その12 多視点~
2020年4月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その11 自然主義文学~
2020年3月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その10 語り手の顔出し~
2020年3月13日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その9 語りの中性性~
2020年2月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その8 神の視点と大衆小説~
2020年2月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その7 一元視点の限界~
2020年1月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その6 人物視点~
2020年1月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その5 視点の問題~
2019年12月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その4 会話文~
2019年11月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その3 描写文~
2019年11月8日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その2 説明文~
2019年10月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その1 小説の材料~