「小説の取扱説明書」~その45 読後感と納得感~

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2021.01.29

 
公募ガイドのキャラクター・ヨルモが小説の書き方やコツをアドバイスします。ショートショートから長編小説まで、小説の執筆に必要な情報が満載の連載企画です。毎週金曜日に配信。
第45回のテーマは、「読後感と納得感」です。

完結させるだけでなく、読後感をよくする

たとえば、こんなストーリーがあったとします。

主人公のタカオは小学生。クラスメートのリュウは何かとタカオに反発し、嫌がらせをしてくる。それがエスカレートし、ある日、リュウは「ケンカで勝負をつけよう」と言い出した。タカオは仕方なく売られたケンカを買うことにする。

この場合、どうすれば話が終われるでしょうか。

対立構造の物語ですので、二人が対決をし、勝敗が決すれば一応話は終わります。しかし、それだけでは不十分です。もっと読後感よく終わらせたいです。
主人公タカオはケンカに勝ったとしましょう。そこで「やった、勝った」と言って狂喜する。これだけだと後味が悪いです。なんだか勝負に勝てばいいと思っているようで、底が浅い印象を受けてしまいます。

勝つかどうかより、どう勝つかが問題です。
では、どう勝てばいいかと言うと、正々堂々と戦ったがゆえに主人公は相手の手にはまり、窮地に陥りますが、味方の協力やこれまでの努力が実り、最後は大逆転。しかも、勝つだけでなく、相手を許すことで大団円を迎えるというのが定石です。
いや、そうでなくてもいいですが、勝つことに痛快さ、爽快さが伴うような結末が理想です。

未解決の問題を残さない

どんなに小気味よい結末を迎えても、「これで問題はすべて解決した?」と思われてはだめ。しっくり来ません。
上記の例の場合も、勝負には勝ってもリュウは嫌がらせをやめないかもしれませんし、その可能性を残したままでは終わった気がしません。

嫌がらせをしてくるのにはなんらかの原因があるはずです。話を完結させるには、相手の心の問題も解決に導かないと、「ああ、これで終わった。もとの平和が戻った」とは思えません。
問題を解決せずに終わるのは、ミステリーで言えば謎を残したまま終わるようなものだと思いましょう。

誤解がないように言っておくと、純文学的な深淵なテーマを扱う場合、あえて謎を残すことがあります。そう簡単に「人間はこういうものだ」と答えをだせるものでもないですから、結論は行間の中に書く。すると、答えをあずけられた読者は一人勝手に思いを巡らし、答えを導きだそうと考えてくれます。

純文学的なテーマを扱った小説以外では、結末を迎えたとき、作者は「すべて問題が解決したか」と考える必要があります。
それで未解決の問題が残っていたら、「その後、こうなった」のように説明を加えますが、一言説明しただけでは済まない場合はもっと前のほうまで遡り、何枚か書き足さなければならなくなる場合もあります。

(ヨルモ)

 
教えてヨルモ!

「うまい展開が思いつかない」「話がスムーズに運べない」など、小説を書く上で困っていることを募集中! ヨルモが、あなたのお悩み解決をお手伝いします。

【Twitter応募】
ハッシュタグ「#教えてヨルモ」をつけて、お悩みを投稿してください。

【メール応募】
torisetsu@koubo.co.jp
件名を「教えてヨルモ宛」とし、本文にお悩みとペンネームを記載して送信ください。

※皆さまからいただいたお悩みは、選定後こちらの記事内で随時お答えする予定です。すべてのお悩みにお答えできるわけではございませんので、ご了承ください。

 
ヨルモって何者?

公募ガイドのキャラクターの黒ヤギくん。公募に応募していることを内緒にしている隠れ公募ファン。幼馴染に白ヤギのヒルモくんがいます。「小説の取扱書」を執筆しているのは、ヨルモのお父さんの先代ヨルモ。

バックナンバー

2021年4月30日 「小説の取扱説明書」~その55 アイデアがない!
2021年4月16日 「小説の取扱説明書」~その54 視点はブレてもかまわない
2021年4月6日 「小説の取扱説明書」~その53 作者の次元(メタレベル) 
2021年3月19日 「小説の取扱説明書」~その52 創作はまるで薬物
2021年3月12日 「小説の取扱説明書」~その51 才能とは何か
2021年3月5日 「小説の取扱説明書」~その50 現在形をどう使うか
2021年2月26日 「小説の取扱説明書」~その49 一行空きと体言止めの功罪
2021年2月19日 「小説の取扱説明書」~その48 書くべきものとの出会い
2021年2月12日 「小説の取扱説明書」~その47 小説を書くには想像力が必須
2021年2月5日 「小説の取扱説明書」~その46 書き手が汗をかかないと面白くならない~
2021年1月29日 「小説の取扱説明書」~その45 読後感と納得感~
2021年1月22日 「小説の取扱説明書」~その44 作家志望者は数学を学べ~
2021年1月15日 「小説の取扱説明書」~その43 小説は、読まないと書けないか~
2021年1月8日 「小説の取扱説明書」~その42 体で覚えるまで練習する~
2021年1月1日 「小説の取扱説明書」~その41 ストーリーは降ってくるか~
2020年12月25日 「小説の取扱説明書」~その40 Xのある数式~
2020年12月18日 「小説の取扱説明書」~その39 プロットがいらなくなるには~
2020年12月11日 「小説の取扱説明書」~その38 プロットに対する考え方~
2020年12月4日 「小説の取扱説明書」~その37 プロットの書き方~
2020年11月27日 「小説の取扱説明書」~その36 深い小説にするには?~
2020年11月20日 「小説の取扱説明書」~その35 これぞエンタメという技法~
2020年11月13日 「小説の取扱説明書」~その34 小説で扱う時間~
2020年11月6日 「小説の取扱説明書」~その33 大きな嘘は一つだけにする~
2020年11月2日 「小説の取扱説明書」~その32 小説は嘘の話ではあるが~
2020年10月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その31 小説の構成法~
2020年10月16日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その30 小説に必須のもの その3 リアリティー~
2020年10月9日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その29 小説に必須のもの その2 場面~
2020年10月2日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その28 小説に必須のもの その1 描写~
2020年9月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その27 物語の大きさと枚数~
2020年9月18日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その26 象徴的小道具~
2020年9月11日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その25 主人公の死~
2020年9月4日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その24 ご都合主義~
2020年8月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その23 セリフの自然さ~
2020年8月21日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その22 セリフの役割~
2020年8月14日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その21 セリフの形式~
2020年8月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その20 視点によるセリフの違い~
2020年7月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その19 セリフのコツ~
2020年7月17日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その18 描写のコツ~
2020年7月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その17 神の視点の効用~
2020年6月26日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その16 神の視点~
2020年5月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その14 二人称小説~
2020年6月12日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その15 三人称一視点~
2020年5月15日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その13 一人称小説~
2020年4月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その12 多視点~
2020年4月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その11 自然主義文学~
2020年3月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その10 語り手の顔出し~
2020年3月13日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その9 語りの中性性~
2020年2月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その8 神の視点と大衆小説~
2020年2月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その7 一元視点の限界~
2020年1月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その6 人物視点~
2020年1月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その5 視点の問題~
2019年12月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その4 会話文~
2019年11月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その3 描写文~
2019年11月8日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その2 説明文~
2019年10月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その1 小説の材料~