「小説の取扱説明書」~その50 現在形をどう使うか

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2021.03.05

 

公募ガイドのキャラクター・ヨルモが小説の書き方やコツをアドバイスします。ショートショートから長編小説まで、小説の執筆に必要な情報が満載の連載企画です。毎週金曜日に配信。
第50回のテーマは、「現在形をどう使うか」です。

現在形には時間の感覚がない

なぜ現在形を使いたがる人がいるのかはわかりませんが、おそらく義務教育時代に「現在形を使うと目の前で起きている感じがでる」と教わり、それでやっているのか、あるいは、〈――た。――た。――た。〉と同じ語尾が続くのを避けるためにやっているのでしょう。
いずれにしても、よく考えたうえで表現しているのではなさそうです。

確かに、「血が流れた」より、「血が流れる」と書いたほうがライブ感はあります。
一方で現在形にすると、そうした事実があったという意味合いが失われます。
〈負けないように必死に努力した。〉と書けば、そうした事実があったのだと示せますが、
〈負けないように必死に努力する。〉」と書くと、これはそういう概念を示しただけであって、出来事は意味しません。現在形には時間の感覚がないのです。

 私はその人を常に先生と呼んでいた。だから此処でもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。これは世間を憚かる遠慮というよりも、その方が私に取って自然だからである。私はその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「先生」と云いたくなる。筆を執っても心持は同じ事である。余所々々しい頭文字などはとても使う気にならない。

(夏目漱石『こころ』)

最初のセンテンス以外は現在形です。
現在形で書くと、今まさに告白をしているような印象を醸すことができます。だから、現在形なのです。
試しに、すべて過去形にしてみましょう。

 私はその人を常に先生と呼んでいた。だから此処でもただ先生と書くだけで本名は打ち明けなかった。これは世間を憚かる遠慮というよりも、その方が私に取って自然だからだった。私はその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「先生」と云いたくなった。筆を執っても心持は同じ事だった。余所々々しい頭文字などはとても使う気にならなかった。

(夏目漱石『こころ』語尾加筆版)

現在形のときは、「今まさに出来事が起きている最中」という印象でしたが、過去形にすると、出来事が起きたのはあくまでも過去であって、今はそれを振り返るようにして書いているという印象になりますね。
過去において出来事が起きたことはわかりますが、〈余所々々しい頭文字などはとても使う気にならなかった。〉と言われると、それは過去の話であって、今は違うのかなと思ってしまいます。『心』の冒頭に関しては、現在形で正解だったということですね。

では、それならなぜ冒頭の一文だけは過去形にしたのでしょうか。
まず、すべて現在形にするとふわっとした印象になってしまいます。
また、小説の中には敢えて書きませんが、語り手の立ち位置はあくまでも今現在であり、それを忘れて現在形で書くと、何が現在で何か過去なのかわからなくなるからです。
過去を現在として書くから現在形にできますが、今現在から見れば出来事が起きた時間はあくまでも過去なのです。

それで最初の一文だけは過去形にし、「これは今現在から見ると過去の話であり、過去においてこういう出来事があったんだよ」と印象づけておいて、そのあと、現在形をもってきたものと思われます。
現在形を使うときは、段落の最初などどこか重要なところに過去形を置いておく。乱用はせず、使うときは過去形でないほうがいいと判断できるところだけにする。うまい小説家はそのように書いていると思われます。

(ヨルモ)

 
教えてヨルモ!

「うまい展開が思いつかない」「話がスムーズに運べない」など、小説を書く上で困っていることを募集中! ヨルモが、あなたのお悩み解決をお手伝いします。

【Twitter応募】
ハッシュタグ「#公募ガイド」と「#教えてヨルモ」をつけて、お悩みを投稿してください。

【メール応募】
torisetsu@koubo.co.jp
件名を「教えてヨルモ宛」とし、本文にお悩みとペンネームを記載して送信ください。

※皆さまからいただいたお悩みは、選定後こちらの記事内で随時お答えする予定です。すべてのお悩みにお答えできるわけではございませんので、ご了承ください。

 
ヨルモって何者?

公募ガイドのキャラクターの黒ヤギくん。公募に応募していることを内緒にしている隠れ公募ファン。幼馴染に白ヤギのヒルモくんがいます。「小説の取扱書」を執筆しているのは、ヨルモのお父さんの先代ヨルモ。

バックナンバー

2021年4月30日 「小説の取扱説明書」~その55 アイデアがない!
2021年4月16日 「小説の取扱説明書」~その54 視点はブレてもかまわない
2021年4月6日 「小説の取扱説明書」~その53 作者の次元(メタレベル) 
2021年3月19日 「小説の取扱説明書」~その52 創作はまるで薬物
2021年3月12日 「小説の取扱説明書」~その51 才能とは何か
2021年3月5日 「小説の取扱説明書」~その50 現在形をどう使うか
2021年2月26日 「小説の取扱説明書」~その49 一行空きと体言止めの功罪
2021年2月19日 「小説の取扱説明書」~その48 書くべきものとの出会い
2021年2月12日 「小説の取扱説明書」~その47 小説を書くには想像力が必須
2021年2月5日 「小説の取扱説明書」~その46 書き手が汗をかかないと面白くならない~
2021年1月29日 「小説の取扱説明書」~その45 読後感と納得感~
2021年1月22日 「小説の取扱説明書」~その44 作家志望者は数学を学べ~
2021年1月15日 「小説の取扱説明書」~その43 小説は、読まないと書けないか~
2021年1月8日 「小説の取扱説明書」~その42 体で覚えるまで練習する~
2021年1月1日 「小説の取扱説明書」~その41 ストーリーは降ってくるか~
2020年12月25日 「小説の取扱説明書」~その40 Xのある数式~
2020年12月18日 「小説の取扱説明書」~その39 プロットがいらなくなるには~
2020年12月11日 「小説の取扱説明書」~その38 プロットに対する考え方~
2020年12月4日 「小説の取扱説明書」~その37 プロットの書き方~
2020年11月27日 「小説の取扱説明書」~その36 深い小説にするには?~
2020年11月20日 「小説の取扱説明書」~その35 これぞエンタメという技法~
2020年11月13日 「小説の取扱説明書」~その34 小説で扱う時間~
2020年11月6日 「小説の取扱説明書」~その33 大きな嘘は一つだけにする~
2020年11月2日 「小説の取扱説明書」~その32 小説は嘘の話ではあるが~
2020年10月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その31 小説の構成法~
2020年10月16日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その30 小説に必須のもの その3 リアリティー~
2020年10月9日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その29 小説に必須のもの その2 場面~
2020年10月2日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その28 小説に必須のもの その1 描写~
2020年9月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その27 物語の大きさと枚数~
2020年9月18日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その26 象徴的小道具~
2020年9月11日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その25 主人公の死~
2020年9月4日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その24 ご都合主義~
2020年8月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その23 セリフの自然さ~
2020年8月21日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その22 セリフの役割~
2020年8月14日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その21 セリフの形式~
2020年8月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その20 視点によるセリフの違い~
2020年7月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その19 セリフのコツ~
2020年7月17日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その18 描写のコツ~
2020年7月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その17 神の視点の効用~
2020年6月26日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その16 神の視点~
2020年5月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その14 二人称小説~
2020年6月12日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その15 三人称一視点~
2020年5月15日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その13 一人称小説~
2020年4月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その12 多視点~
2020年4月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その11 自然主義文学~
2020年3月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その10 語り手の顔出し~
2020年3月13日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その9 語りの中性性~
2020年2月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その8 神の視点と大衆小説~
2020年2月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その7 一元視点の限界~
2020年1月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その6 人物視点~
2020年1月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その5 視点の問題~
2019年12月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その4 会話文~
2019年11月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その3 描写文~
2019年11月8日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その2 説明文~
2019年10月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その1 小説の材料~