「小説の取扱説明書」~その54 視点はブレてもかまわない

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2021.04.16

公募ガイドのキャラクター・ヨルモが小説の書き方やコツをアドバイスします。ショートショートから長編小説まで、小説の執筆に必要な情報が満載の連載企画です。隔週の金曜日に配信。
第54回のテーマは、「視点はブレてもかまわない」です。

現代小説では語り手はいないがごとく振る舞う

19世紀の大衆小説はほとんどが神の視点で書かれました。
しかし、時代を経るごとに神の視点的な書き方は影をひそめ、人物視点へと移行していきます。
なぜでしょうか。神の視点でもだめではないのですが、作者が邪魔なんですね。
紙芝居でいえば、紙芝居屋さんがストーリーを語っている部分はいいのですが、紙芝居屋さん自身の価値観を押しつけて、「こいつは悪人だ」「諸君、こんなことが許されようか」と言うのが邪魔なんです。
出来事だけを書いてくれよ、解釈は自分でするから、と読者は思うわけです。

さらに加えると、「作者と物語」には距離がありますから、下手な人が「作者=語り手」の視点で書くと、あらすじのようになりがちです。
すると、臨場感がなくなります。現場の雰囲気もリアルに伝わらない。
では、現場の雰囲気を一番知っているのは誰でしょう。出来事が起きた現場にいる主人公ですよね。だから、作中の物語現在を書く場合は、もっぱら主人公の視点を借りて書くのです。

これが人物視点という書き方ですが、こうすると話がリアルになり、まるで場面に立ち合っているような錯覚を起こします。
となると、もはや語り手である作者はいらないとなり、現代の小説では語り手は後ろに引っ込み、いないがごとく振る舞うというわけです。

視点は敢えてブレさせることも

ですが、だからと言って、語り手が主人公(登場人物)を通さずに書いていけないということでもありません。

 六本木。夜。
 構想ファッションビルの二十四階。店内をぐるりと囲む巨大なガラス窓から、東京タワーや汐留の再開発地区をフィーチャーした夜景が一面に広がっているのが見える。
 ビストロ「KIRAKU」。
 その日、朝比奈仁は、店のキッチンでガーリックライスを炒めていた。

(秦建日子『サイレント・トーキョー』)

登場人物の朝比奈仁はキッチンにいます。
だから、たぶん、「東京タワーや汐留の再開発地区をフィーチャーした夜景」は見えないでしょう。この部分は人物を通さずに、語り手自身が語ったナレーションの部分ですが、しかし、それがゆえに情景がよくわかります。
いい悪いという話ではありません。うまくやればいいということですね。

作者は「作者<人物<場面」という上位の次元にいますから、俯瞰的に説明するのは得意です。語り手自身の価値観を書き連ねたりしたら、司馬遼太郎レベルでもないとせっかくの作品が台なしになりますが、章の書き出しや場面転換のときは語り手自身のナレーションがあってもいいですし、実際そうやっている三人称小説はよくあります。
ただし、くれぐれも、「ここだけ急に客観三人称になったぞ」のように違和感をもたれないように、うまくやってくださいね。

(ヨルモ)

 
教えてヨルモ!

「うまい展開が思いつかない」「話がスムーズに運べない」など、小説を書く上で困っていることを募集中! ヨルモが、あなたのお悩み解決をお手伝いします。

【Twitter応募】
ハッシュタグ「#公募ガイド」と「#教えてヨルモ」をつけて、お悩みを投稿してください。

【メール応募】
torisetsu@koubo.co.jp
件名を「教えてヨルモ宛」とし、本文にお悩みとペンネームを記載して送信ください。

※皆さまからいただいたお悩みは、選定後こちらの記事内で随時お答えする予定です。すべてのお悩みにお答えできるわけではございませんので、ご了承ください。

 
ヨルモって何者?

公募ガイドのキャラクターの黒ヤギくん。公募に応募していることを内緒にしている隠れ公募ファン。幼馴染に白ヤギのヒルモくんがいます。「小説の取扱書」を執筆しているのは、ヨルモのお父さんの先代ヨルモ。

バックナンバー

2021年4月30日 「小説の取扱説明書」~その55 アイデアがない!
2021年4月16日 「小説の取扱説明書」~その54 視点はブレてもかまわない
2021年4月6日 「小説の取扱説明書」~その53 作者の次元(メタレベル) 
2021年3月19日 「小説の取扱説明書」~その52 創作はまるで薬物
2021年3月12日 「小説の取扱説明書」~その51 才能とは何か
2021年3月5日 「小説の取扱説明書」~その50 現在形をどう使うか
2021年2月26日 「小説の取扱説明書」~その49 一行空きと体言止めの功罪
2021年2月19日 「小説の取扱説明書」~その48 書くべきものとの出会い
2021年2月12日 「小説の取扱説明書」~その47 小説を書くには想像力が必須
2021年2月5日 「小説の取扱説明書」~その46 書き手が汗をかかないと面白くならない~
2021年1月29日 「小説の取扱説明書」~その45 読後感と納得感~
2021年1月22日 「小説の取扱説明書」~その44 作家志望者は数学を学べ~
2021年1月15日 「小説の取扱説明書」~その43 小説は、読まないと書けないか~
2021年1月8日 「小説の取扱説明書」~その42 体で覚えるまで練習する~
2021年1月1日 「小説の取扱説明書」~その41 ストーリーは降ってくるか~
2020年12月25日 「小説の取扱説明書」~その40 Xのある数式~
2020年12月18日 「小説の取扱説明書」~その39 プロットがいらなくなるには~
2020年12月11日 「小説の取扱説明書」~その38 プロットに対する考え方~
2020年12月4日 「小説の取扱説明書」~その37 プロットの書き方~
2020年11月27日 「小説の取扱説明書」~その36 深い小説にするには?~
2020年11月20日 「小説の取扱説明書」~その35 これぞエンタメという技法~
2020年11月13日 「小説の取扱説明書」~その34 小説で扱う時間~
2020年11月6日 「小説の取扱説明書」~その33 大きな嘘は一つだけにする~
2020年11月2日 「小説の取扱説明書」~その32 小説は嘘の話ではあるが~
2020年10月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その31 小説の構成法~
2020年10月16日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その30 小説に必須のもの その3 リアリティー~
2020年10月9日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その29 小説に必須のもの その2 場面~
2020年10月2日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その28 小説に必須のもの その1 描写~
2020年9月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その27 物語の大きさと枚数~
2020年9月18日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その26 象徴的小道具~
2020年9月11日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その25 主人公の死~
2020年9月4日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その24 ご都合主義~
2020年8月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その23 セリフの自然さ~
2020年8月21日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その22 セリフの役割~
2020年8月14日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その21 セリフの形式~
2020年8月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その20 視点によるセリフの違い~
2020年7月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その19 セリフのコツ~
2020年7月17日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その18 描写のコツ~
2020年7月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その17 神の視点の効用~
2020年6月26日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その16 神の視点~
2020年5月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その14 二人称小説~
2020年6月12日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その15 三人称一視点~
2020年5月15日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その13 一人称小説~
2020年4月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その12 多視点~
2020年4月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その11 自然主義文学~
2020年3月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その10 語り手の顔出し~
2020年3月13日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その9 語りの中性性~
2020年2月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その8 神の視点と大衆小説~
2020年2月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その7 一元視点の限界~
2020年1月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その6 人物視点~
2020年1月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その5 視点の問題~
2019年12月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その4 会話文~
2019年11月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その3 描写文~
2019年11月8日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その2 説明文~
2019年10月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その1 小説の材料~