「小説の取扱説明書」~その55 アイデアがない!

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2021.04.30

公募ガイドのキャラクター・ヨルモが小説の書き方やコツをアドバイスします。ショートショートから長編小説まで、小説の執筆に必要な情報が満載の連載企画です。隔週の金曜日に配信。
第55回のテーマは、「アイデアがない!」です。

アイデアはあっても加工ができない

アイデアがないという状態には、以下の三つのパターンがあります。
一つは、アイデアが全くない状態。
もう一つは、アイデア自体はあるが、それを小説として形にできない状態。
最後は、アイデアもプランもあるが、それを書く筆力が追いつかないという状態です。
阿刀田高先生は、『アイデアを捜せ』の中でこう書かれています。

 私の頭の中に小説工房とも言うべき製作所があって、いくつかの工作機械が揃っている。工房は万能ではない。この手の加工は得意だが、こちらの加工はできない。工房の能力に特徴と限界がある。

(阿刀田高『アイデアを捜せ』)

たとえば、電車の中などでたまたまこんな雑談を耳にしたとしましょう。
「『うちの子はもう十歳なので、おばあちゃんなのよ』なんて言うから、十歳ならまだ小学生だろうよと思ったら、『うちの子』って猫だったのよ」
ペットを飼っている人はよく「うちの子」と言いますが、この話をしていたどこかの乗客はペットのことに、うとかったのかもしれません。そこに誤解が生じたのです。

ペットのことは置いておくとして、創作している人はこんな話を聞くと、「あれ、その勘違い、使えないかな」と思うものです。「うちの子、うちの子」と言っていたが、その子は人間ではなかった。うん、使えるかもと。
ちなみに、こんなふうに何気ない雑談からアイデアを得ることがありますが、これを「アネクドート型」と言います。驚いた話、勘違いした話、はっと気づいた話などはアイデアのたね、聞き流さないようにしましょう。

プロットは作れても筆力が追いつかない

しかし、取っ掛かりのアイデアだけで、それ以上は具体化できないと、なんのアイデアもなかったのと同じということになります。
これは前述した二つ目の状態。つまり、アイデアはあっても、脳内にある小説工房の機械が貧弱で、作品化ができないというケースにあたります。

作品化できないのは、アイデアはあってもストーリーにならないと言うことだと思いますが、そんなときは、「もしも……だったら?」と考えてみましょう。
猫のことを「うちの子」と言った人がいて、それを人間の子だと勘違いした人がいたら?
野良猫がいなくなってもさして困りませんが、人間の子が失踪したら事件です。

〈「うちの子がいなくなったの」顔面蒼白で探しているご婦人がいる。そこに天然ボケの男が協力を申し出て、警察に捜索願いを出し、ネットには「うちの子」の写真が拡散される。近所中が大騒ぎするなか、ネットのツイートを見たご婦人の息子さんが、「なぜぼくを捜索しているんですか」と現れ、その腕には「うちの子」が抱かれている……。〉
大山鳴動して鼠一匹のようなストーリーを思いついたとしましょう。

結末まで見えていれば、あとは早いと思いますが、書き慣れていない人は、うまく場面を書けなかったり、警察に捜索願いを出して大騒ぎになるあたりをリアルに書けなかったりで、「なんか全然下手、もうやめたい」となってしまうのですね。
本当はいくらでも面白くできるのに、自分の力不足を棚に上げて、「このアイデア、面白くない」と結論づけて放り出してしまうのです。

これもアイデアがないのと同じ状態です。
それでまた「ああ、どこかにアイデアが落ちてないかなあ」と嘆くわけですね。
アイデアはあるんです。育てられないだけで。
アイデアを育てられるようにするには、とにかく諦めずに書き上げること。
それをやっていかないと、いくら取っ掛かりのアイデアを得たところで、「アイデアを得た」という状態にはならないのですから。

(ヨルモ)

 
教えてヨルモ!

「うまい展開が思いつかない」「話がスムーズに運べない」など、小説を書く上で困っていることを募集中! ヨルモが、あなたのお悩み解決をお手伝いします。

【Twitter応募】
ハッシュタグ「#公募ガイド」と「#教えてヨルモ」をつけて、お悩みを投稿してください。

【メール応募】
torisetsu@koubo.co.jp
件名を「教えてヨルモ宛」とし、本文にお悩みとペンネームを記載して送信ください。

※皆さまからいただいたお悩みは、選定後こちらの記事内で随時お答えする予定です。すべてのお悩みにお答えできるわけではございませんので、ご了承ください。

 
ヨルモって何者?

公募ガイドのキャラクターの黒ヤギくん。公募に応募していることを内緒にしている隠れ公募ファン。幼馴染に白ヤギのヒルモくんがいます。「小説の取扱書」を執筆しているのは、ヨルモのお父さんの先代ヨルモ。

バックナンバー

2021年6月11日 「小説の取扱説明書」~その58 本当の推敲 場面の推敲
2021年5月28日 「小説の取扱説明書」~その57 本当の推敲 テーマの推敲
2021年5月14日 「小説の取扱説明書」~その56 下手な小説が題材
2021年4月30日 「小説の取扱説明書」~その55 アイデアがない!
2021年4月16日 「小説の取扱説明書」~その54 視点はブレてもかまわない
2021年4月6日 「小説の取扱説明書」~その53 作者の次元(メタレベル) 
2021年3月19日 「小説の取扱説明書」~その52 創作はまるで薬物
2021年3月12日 「小説の取扱説明書」~その51 才能とは何か
2021年3月5日 「小説の取扱説明書」~その50 現在形をどう使うか
2021年2月26日 「小説の取扱説明書」~その49 一行空きと体言止めの功罪
2021年2月19日 「小説の取扱説明書」~その48 書くべきものとの出会い
2021年2月12日 「小説の取扱説明書」~その47 小説を書くには想像力が必須
2021年2月5日 「小説の取扱説明書」~その46 書き手が汗をかかないと面白くならない~
2021年1月29日 「小説の取扱説明書」~その45 読後感と納得感~
2021年1月22日 「小説の取扱説明書」~その44 作家志望者は数学を学べ~
2021年1月15日 「小説の取扱説明書」~その43 小説は、読まないと書けないか~
2021年1月8日 「小説の取扱説明書」~その42 体で覚えるまで練習する~
2021年1月1日 「小説の取扱説明書」~その41 ストーリーは降ってくるか~
2020年12月25日 「小説の取扱説明書」~その40 Xのある数式~
2020年12月18日 「小説の取扱説明書」~その39 プロットがいらなくなるには~
2020年12月11日 「小説の取扱説明書」~その38 プロットに対する考え方~
2020年12月4日 「小説の取扱説明書」~その37 プロットの書き方~
2020年11月27日 「小説の取扱説明書」~その36 深い小説にするには?~
2020年11月20日 「小説の取扱説明書」~その35 これぞエンタメという技法~
2020年11月13日 「小説の取扱説明書」~その34 小説で扱う時間~
2020年11月6日 「小説の取扱説明書」~その33 大きな嘘は一つだけにする~
2020年11月2日 「小説の取扱説明書」~その32 小説は嘘の話ではあるが~
2020年10月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その31 小説の構成法~
2020年10月16日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その30 小説に必須のもの その3 リアリティー~
2020年10月9日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その29 小説に必須のもの その2 場面~
2020年10月2日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その28 小説に必須のもの その1 描写~
2020年9月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その27 物語の大きさと枚数~
2020年9月18日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その26 象徴的小道具~
2020年9月11日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その25 主人公の死~
2020年9月4日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その24 ご都合主義~
2020年8月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その23 セリフの自然さ~
2020年8月21日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その22 セリフの役割~
2020年8月14日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その21 セリフの形式~
2020年8月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その20 視点によるセリフの違い~
2020年7月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その19 セリフのコツ~
2020年7月17日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その18 描写のコツ~
2020年7月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その17 神の視点の効用~
2020年6月26日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その16 神の視点~
2020年5月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その14 二人称小説~
2020年6月12日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その15 三人称一視点~
2020年5月15日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その13 一人称小説~
2020年4月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その12 多視点~
2020年4月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その11 自然主義文学~
2020年3月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その10 語り手の顔出し~
2020年3月13日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その9 語りの中性性~
2020年2月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その8 神の視点と大衆小説~
2020年2月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その7 一元視点の限界~
2020年1月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その6 人物視点~
2020年1月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その5 視点の問題~
2019年12月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その4 会話文~
2019年11月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その3 描写文~
2019年11月8日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その2 説明文~
2019年10月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その1 小説の材料~