「小説の取扱説明書」~その58 本当の推敲 場面の推敲

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2021.06.11

公募ガイドのキャラクター・ヨルモが小説の書き方やコツをアドバイスします。ショートショートから長編小説まで、小説の執筆に必要な情報が満載の連載企画です。隔週の金曜日に配信。
第58回のテーマは、「本当の推敲 場面の推敲」です。

場面のありようを考える

前回は推敲を家の建築にたとえました。
柱を組んでから家の構造を変えるという事態になったら大変ですので、段取りを考えましょうという話でした。
家の骨組みもできないうちに、一生懸命壁を磨いたりしても意味がありません。そもそもその壁はなくすかもしれないのですから。

さて、第一工程が全体を見る工程なら、第二工程はもう少し細かいところを再考していく工程です。
具体的には、場面自体を俯瞰し、「シーンやカットの順番はこれでいいか」「これで面白いか、飽きられないか」といった観点で見直していきます。

テーマについてチェックする

第一工程でのチェック項目は、三つあります。
一つ目は、テーマです。
作品を読み返してみて自問してみましょう。
「今作のテーマって、なんだったっけ」
すると、「テーマがわかりにくい」、「読後にテーマが立ち上がってこない」、「欲張りすぎてテーマが二つある気がする。どっちかをメインにしないと」のように反省点が浮かんでくると思います。

読者が退屈しない工夫をする

たとえば、こんな場面があったとしましょう。

朝、目覚める。主人公は倦怠感を覚えながらコーヒーだけの朝食を済ませ、いつものように駅に向かい、いつものように出勤する。
今日も人生という壮大な暇つぶしをするかと会社のドアを開ける。
「え?」
一瞬、フロアーを間違えたのかと思った。そこにはデスクも什器もなかった。会社が消滅したのだ。

と、あらすじのように書いてみましたが、これが実際の作品の場合、朝起きて出勤するまでの箇所はちょっと退屈かもしれません。
あとで必要になるというのなら別ですが、読者からすると、「ごく普通の日常が書かれていて、退屈だなあ。これが延々と続くのかな。だったらだるいなあ」と思ってしまうところです。

そこで、まず事件を起こしてしまう。

「え?」
一瞬、フロアーを間違えたのかと思った。そこにはデスクも什器もなかった。会社が消滅したのだ。

ここから書き始め、そのあと、必要があれば時間を巻き戻します。
このやり方の場合、面白い場面から始めていますので、読者の関心を惹きやすいというメリットがあります。
また、「会社が消滅した」という状況をあらかじめ知らせてありますから、「この話、結局、どこに向かって進んでいくのか」と読者が戸惑うことがありません。
車で言えば、冒頭部分がウィンカーの役割を果たしているわけです。

ずらしたり、焦らしたり

以下のような場面があったとき、あとにはどんな場面が来るか、考えてみてください。

今日、栄子は彼氏からプロポーズされるらしい。シェアハウスの住人たちはその結果が気になって仕方がない。
そこにくだんの彼女が帰宅する。
どうだった? 美子は声をかけようとして黙った。栄子が青ざめた顔で自室に飛び込んでいったからだ。

さて、あなたならこのあと、どう展開させるでしょうか。

A. 美子が様子を見にいくと、栄子は「別れた」と言う。
B. 栄子が部屋から出てきて、「タッタラ~。どっきりでした。プロポーズ、されました~」と晴れやかに言う。

〈栄子が青ざめた顔で自室に飛び込んで〉のあたりを受けて、そのままストレートに「うまくいかなかった」とつなげたのがA。
一方、そう思わせて、「実は」と切り返したのがBです。
Aはいささか普通すぎますが、まあ、A、Bどちらでもいいです。
一方、「Yes」か「No」かという二元論の思考をずらし、ここでいったん話を切ってしまうという手もあります。

たとえば、栄子が青ざめた顔で自室に飛び込んでいったあと、一行空きで場面転換する。そのあと、シェアハウスの仲間は無言で食事をしている。何やら重苦しい雰囲気。

「で、結局、雨降って地固まるってこと?」
聞かれた栄子は、こらえきれず笑みをこぼす。
「ヘヘ、そうなの」
「もったいぶって。心配したじゃないか」
「でも、ショックだったのよ」
聞けば、彼氏と食事をしていると、偶然元カノが現れ……。

最終的には彼にプロポーズはされたが、その前にひと悶着あったのだという複雑な状況を設定する手もあります。
話が決着する前に場面転換された読者としては、「え?」と思うかもしれませんが、最終的には話は続いています。
場面転換で話をちょっとずらし、読者を焦らしているわけですね。ずらしすぎ、焦らしすぎは考えものですが、こんなふうにすると平板な話でも少しメリハリがつきます。
推敲の第二工程では、このようにして中規模の改修をしていきます。

次回は推敲の第三工程について解説します。

(ヨルモ)

 
教えてヨルモ!

「うまい展開が思いつかない」「話がスムーズに運べない」など、小説を書く上で困っていることを募集中! ヨルモが、あなたのお悩み解決をお手伝いします。

【Twitter応募】
ハッシュタグ「#公募ガイド」と「#教えてヨルモ」をつけて、お悩みを投稿してください。

【メール応募】
torisetsu@koubo.co.jp
件名を「教えてヨルモ宛」とし、本文にお悩みとペンネームを記載して送信ください。

※皆さまからいただいたお悩みは、選定後こちらの記事内で随時お答えする予定です。すべてのお悩みにお答えできるわけではございませんので、ご了承ください。

 
ヨルモって何者?

公募ガイドのキャラクターの黒ヤギくん。公募に応募していることを内緒にしている隠れ公募ファン。幼馴染に白ヤギのヒルモくんがいます。「小説の取扱書」を執筆しているのは、ヨルモのお父さんの先代ヨルモ。

バックナンバー

2021年7月9日 「小説の取扱説明書」~その60 本当の推敲 文章の推敲PART2
2021年6月25日 「小説の取扱説明書」~その59 本当の推敲 文章の推敲PART1
2021年6月11日 「小説の取扱説明書」~その58 本当の推敲 場面の推敲
2021年5月28日 「小説の取扱説明書」~その57 本当の推敲 テーマの推敲
2021年5月14日 「小説の取扱説明書」~その56 下手な小説が題材
2021年4月30日 「小説の取扱説明書」~その55 アイデアがない!
2021年4月16日 「小説の取扱説明書」~その54 視点はブレてもかまわない
2021年4月6日 「小説の取扱説明書」~その53 作者の次元(メタレベル) 
2021年3月19日 「小説の取扱説明書」~その52 創作はまるで薬物
2021年3月12日 「小説の取扱説明書」~その51 才能とは何か
2021年3月5日 「小説の取扱説明書」~その50 現在形をどう使うか
2021年2月26日 「小説の取扱説明書」~その49 一行空きと体言止めの功罪
2021年2月19日 「小説の取扱説明書」~その48 書くべきものとの出会い
2021年2月12日 「小説の取扱説明書」~その47 小説を書くには想像力が必須
2021年2月5日 「小説の取扱説明書」~その46 書き手が汗をかかないと面白くならない~
2021年1月29日 「小説の取扱説明書」~その45 読後感と納得感~
2021年1月22日 「小説の取扱説明書」~その44 作家志望者は数学を学べ~
2021年1月15日 「小説の取扱説明書」~その43 小説は、読まないと書けないか~
2021年1月8日 「小説の取扱説明書」~その42 体で覚えるまで練習する~
2021年1月1日 「小説の取扱説明書」~その41 ストーリーは降ってくるか~
2020年12月25日 「小説の取扱説明書」~その40 Xのある数式~
2020年12月18日 「小説の取扱説明書」~その39 プロットがいらなくなるには~
2020年12月11日 「小説の取扱説明書」~その38 プロットに対する考え方~
2020年12月4日 「小説の取扱説明書」~その37 プロットの書き方~
2020年11月27日 「小説の取扱説明書」~その36 深い小説にするには?~
2020年11月20日 「小説の取扱説明書」~その35 これぞエンタメという技法~
2020年11月13日 「小説の取扱説明書」~その34 小説で扱う時間~
2020年11月6日 「小説の取扱説明書」~その33 大きな嘘は一つだけにする~
2020年11月2日 「小説の取扱説明書」~その32 小説は嘘の話ではあるが~
2020年10月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その31 小説の構成法~
2020年10月16日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その30 小説に必須のもの その3 リアリティー~
2020年10月9日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その29 小説に必須のもの その2 場面~
2020年10月2日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その28 小説に必須のもの その1 描写~
2020年9月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その27 物語の大きさと枚数~
2020年9月18日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その26 象徴的小道具~
2020年9月11日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その25 主人公の死~
2020年9月4日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その24 ご都合主義~
2020年8月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その23 セリフの自然さ~
2020年8月21日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その22 セリフの役割~
2020年8月14日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その21 セリフの形式~
2020年8月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その20 視点によるセリフの違い~
2020年7月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その19 セリフのコツ~
2020年7月17日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その18 描写のコツ~
2020年7月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その17 神の視点の効用~
2020年6月26日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その16 神の視点~
2020年5月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その14 二人称小説~
2020年6月12日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その15 三人称一視点~
2020年5月15日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その13 一人称小説~
2020年4月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その12 多視点~
2020年4月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その11 自然主義文学~
2020年3月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その10 語り手の顔出し~
2020年3月13日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その9 語りの中性性~
2020年2月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その8 神の視点と大衆小説~
2020年2月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その7 一元視点の限界~
2020年1月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その6 人物視点~
2020年1月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その5 視点の問題~
2019年12月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その4 会話文~
2019年11月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その3 描写文~
2019年11月8日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その2 説明文~
2019年10月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その1 小説の材料~