「小説の取扱説明書」~その59 本当の推敲 文章の推敲PART1

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2021.06.25

公募ガイドのキャラクター・ヨルモが小説の書き方やコツをアドバイスします。ショートショートから長編小説まで、小説の執筆に必要な情報が満載の連載企画です。隔週の金曜日に配信。
第59回のテーマは、「本当の推敲 文章の推敲PART1」です。

表現のよしあしをチェックしよう

本当の推敲の最後は、いわゆる校正・校閲的なチェックです。
これも大別すると、確認することは「表現」「文章」「文字」の三つがあります。
では、まずは「表現のチェック」からざっと挙げ、箇条書きにしていきます。

●説明不足はないか
5W1Hといいますが、あなたが書いた場面の基本的な設定、つまり、「出来事があった時間は?」「場所は?」「登場人物は?」「何があった?」「なぜ起きた?」といったことが抜けていないかを確認しましょう。
すべて網羅されていなくてもいいですが、抜けていたら話が成り立たないような大前提は書き洩らさないように!
また、季節感もわかると情景をイメージしやすいです。

●説明で終わっていないか
上記の説明は必要な説明、物語のアウトラインですが、ここで言う説明は、本来は描写すべきところを説明で済ませていないかということです。
たとえば、〈彼女に振られて悲しかった。〉の「悲しかった」は内面の説明であって、描写とは言えません。
では、どうしたら描写になるかというと、振られた現状をありのままに写生することで、「どう悲しいのか」を想像させることです。「悲しい」と書くのではなく、「悲しさ」を表現するのですね。

●読者に伝わるか
〈花が咲いていた。〉と書けば、意味するところはだいたいわかります。しかし、抽象的です。
では、どうするか。〈赤いバラが咲いていた。〉と書けば、絵が浮かんできます。そう書けるようになるには、あなた自身が頭に絵を描き、それを写すことです。
ただ、〈ソメイヨシノの木が三十五本あり、ある木は七分咲き、ある木は五分咲きで、それぞれ風に揺れていた。〉のように詳しく書けばいいというものではありません。
文章が持つ情報は、あるラインを超えると想像力が刺激されず、返ってわかりにくくなります。加減をしましょう。
もう一つ、単純に写生しただけでは伝達効果が悪いという場合があり、そういうときは比喩や擬音を使ってみましょう。
〈何本かの電線に鳥が留まっていた。〉でもいいですが、この情景を何かに見立てて、
〈五線譜に書かれた音符のように電線に鳩が留まっていた。〉
と表現してみる。
やりすぎは禁物ですが、ありありと状況を伝えたいときには比喩や擬音を使うことも考えてみましょう。

●セリフ
いきいきと、本当に人間の言葉でセリフが書けているかチェックしましょう。
説明ゼリフや長すぎるセリフは再考してください。
それ以前に、セリフにする必要があったかも考えましょう。
同時に、誰が言ったセリフかわかるかを考え、わからないと思ったら、セリフ自体か前後する地の文を読めばセリフの主がわかるようにします。

〔さらに表現を磨き、齟齬もなくそう〕
すでに完成度はかなり高まっていると思いますが、さらに磨きをかけていきましょう。

●リズム
ここでいうリズムは、韻文のリズムとは違います。
むしろ、散文の中に急に七五調の文章や文語文が混ざったら、それはそれでリズムが狂います。
また、体言止めや連用止め、現在形の多用も文章の品を落とします。基本的には過去形で書き、ここぞというときに体言止めや現在形を用いるといいと思います。
リズムが悪いなと思ったら、音読してみるのも手です。

●意味は通るのか
「言語明瞭、意味不明」という言葉がありますが、書かれていることはわかるのに、なんとなく意味が伝わってこないときがあります。
こういうときは、自問してみましょう。
「ええと、私は何が言いたいんだっけ」と。
また、文脈のロジックがおかしい場合もあります。
〈AはBだ。そして、BはCだ。〉という流れで書いてきて、〈だから、AはCでない。〉と言われたら、「え?」となりますよね。
筋道が通った文章かどうかもチェックしましょう。

●視点のブレ
たとえば、「ぼく」の視点で書いていた一人称小説で、
〈彼女は内心、帰りたいと思っていた。〉と書いては、「ぼく」は人の心が読めるエスパーになってしまいますね。
このような人物を視点人物と言いますが、視点人物に「見えないもの、聞こえないものなど知覚できないこと」を書いていないか、チェックしてみましょう。

●設定との齟齬
たとえば、聴覚を失った人物が、〈あ、ウグイスが鳴いた。〉と言ったら変ですね。
このような明らかにおかしいという文章のほか、初対面の人から〈君らしいね。〉と言われるなど、なんとなく不自然だな、そんなこと言うかなと思うような文章もあります。
初対面でもお調子者ならそう言ったりすることもあるかもしれませんが、悪くすると、「初対面と言いながら、実は前に会ったことがあるという伏線?」と思われて、その実、伏線でもなんでもなかったとなったら読者は拍子抜けします。

●そもそも必要?
調子よく長々と書いてしまったが、よくよく考えると、「この文章、必要?」と思うこともあります。
「せっかく書いたのだし、私の名文、開陳したい」と思う気持ちはわかりますが、こういうときは削る方向で考えると、想像以上

と、つらつらと挙げていたら、けっこうな分量になってしまいました。続きは「本当の推敲 文章の推敲PART2」に譲ります。

(ヨルモ)

 
教えてヨルモ!

「うまい展開が思いつかない」「話がスムーズに運べない」など、小説を書く上で困っていることを募集中! ヨルモが、あなたのお悩み解決をお手伝いします。

【Twitter応募】
ハッシュタグ「#公募ガイド」と「#教えてヨルモ」をつけて、お悩みを投稿してください。

【メール応募】
torisetsu@koubo.co.jp
件名を「教えてヨルモ宛」とし、本文にお悩みとペンネームを記載して送信ください。

※皆さまからいただいたお悩みは、選定後こちらの記事内で随時お答えする予定です。すべてのお悩みにお答えできるわけではございませんので、ご了承ください。

 
ヨルモって何者?

公募ガイドのキャラクターの黒ヤギくん。公募に応募していることを内緒にしている隠れ公募ファン。幼馴染に白ヤギのヒルモくんがいます。「小説の取扱書」を執筆しているのは、ヨルモのお父さんの先代ヨルモ。

バックナンバー

2021年7月9日 「小説の取扱説明書」~その60 本当の推敲 文章の推敲PART2
2021年6月25日 「小説の取扱説明書」~その59 本当の推敲 文章の推敲PART1
2021年6月11日 「小説の取扱説明書」~その58 本当の推敲 場面の推敲
2021年5月28日 「小説の取扱説明書」~その57 本当の推敲 テーマの推敲
2021年5月14日 「小説の取扱説明書」~その56 下手な小説が題材
2021年4月30日 「小説の取扱説明書」~その55 アイデアがない!
2021年4月16日 「小説の取扱説明書」~その54 視点はブレてもかまわない
2021年4月6日 「小説の取扱説明書」~その53 作者の次元(メタレベル) 
2021年3月19日 「小説の取扱説明書」~その52 創作はまるで薬物
2021年3月12日 「小説の取扱説明書」~その51 才能とは何か
2021年3月5日 「小説の取扱説明書」~その50 現在形をどう使うか
2021年2月26日 「小説の取扱説明書」~その49 一行空きと体言止めの功罪
2021年2月19日 「小説の取扱説明書」~その48 書くべきものとの出会い
2021年2月12日 「小説の取扱説明書」~その47 小説を書くには想像力が必須
2021年2月5日 「小説の取扱説明書」~その46 書き手が汗をかかないと面白くならない~
2021年1月29日 「小説の取扱説明書」~その45 読後感と納得感~
2021年1月22日 「小説の取扱説明書」~その44 作家志望者は数学を学べ~
2021年1月15日 「小説の取扱説明書」~その43 小説は、読まないと書けないか~
2021年1月8日 「小説の取扱説明書」~その42 体で覚えるまで練習する~
2021年1月1日 「小説の取扱説明書」~その41 ストーリーは降ってくるか~
2020年12月25日 「小説の取扱説明書」~その40 Xのある数式~
2020年12月18日 「小説の取扱説明書」~その39 プロットがいらなくなるには~
2020年12月11日 「小説の取扱説明書」~その38 プロットに対する考え方~
2020年12月4日 「小説の取扱説明書」~その37 プロットの書き方~
2020年11月27日 「小説の取扱説明書」~その36 深い小説にするには?~
2020年11月20日 「小説の取扱説明書」~その35 これぞエンタメという技法~
2020年11月13日 「小説の取扱説明書」~その34 小説で扱う時間~
2020年11月6日 「小説の取扱説明書」~その33 大きな嘘は一つだけにする~
2020年11月2日 「小説の取扱説明書」~その32 小説は嘘の話ではあるが~
2020年10月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その31 小説の構成法~
2020年10月16日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その30 小説に必須のもの その3 リアリティー~
2020年10月9日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その29 小説に必須のもの その2 場面~
2020年10月2日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その28 小説に必須のもの その1 描写~
2020年9月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その27 物語の大きさと枚数~
2020年9月18日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その26 象徴的小道具~
2020年9月11日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その25 主人公の死~
2020年9月4日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その24 ご都合主義~
2020年8月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その23 セリフの自然さ~
2020年8月21日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その22 セリフの役割~
2020年8月14日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その21 セリフの形式~
2020年8月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その20 視点によるセリフの違い~
2020年7月23日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その19 セリフのコツ~
2020年7月17日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その18 描写のコツ~
2020年7月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その17 神の視点の効用~
2020年6月26日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その16 神の視点~
2020年5月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その14 二人称小説~
2020年6月12日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その15 三人称一視点~
2020年5月15日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その13 一人称小説~
2020年4月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その12 多視点~
2020年4月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その11 自然主義文学~
2020年3月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その10 語り手の顔出し~
2020年3月13日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その9 語りの中性性~
2020年2月28日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その8 神の視点と大衆小説~
2020年2月7日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その7 一元視点の限界~
2020年1月24日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その6 人物視点~
2020年1月10日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その5 視点の問題~
2019年12月27日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その4 会話文~
2019年11月22日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その3 描写文~
2019年11月8日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その2 説明文~
2019年10月25日 ヨルモの「小説の取扱説明書」~その1 小説の材料~