7月号連動企画「プロの詩人になるには?」

  • 雑誌連動企画
  • 公募ガイドから
  • 文芸

2018.06.20

小説の場合、「公募文学賞を受賞してプロデビュー」という道があります。
では、プロの詩人になるには?
詩の公募はありますが、デビューに直結した公募はありません。

詩でプロになる方法は、今では1つしかないと言ってもいいでしょう。
現代詩手帖賞を受賞し、その後、中原中也賞またはH氏賞を受賞することです。

 

まず、現代詩手帖賞ですが、これを受賞するためには、現代詩の専門誌『現代詩手帖』の投稿欄に応募し、毎月の入選作に選ばれる必要があります。
入選すると、現代詩手帖賞(年間最優秀賞)の対象になりますので、頑張って応募を続け、現代詩手帖賞を受賞してください。
受賞すると、それだけで箔がつきますが、それだけなく、ほとんどの人が詩集を商業出版してもらえます。

次に、中原中也賞に応募します。
中原中也賞は出版された詩集を対象とした賞で、詩人の登竜門と呼ばれています。
H氏賞は、詩の芥川賞とも言うべき新人賞ですが、応募はできません。
しかし、現代詩手帖賞のような有名な賞を受賞すれば、間違いなく選考の対象になるはずです。

 

つまり、現代詩手帖賞を受賞し、その後、詩集を刊行して、中原中也賞やH氏賞を受賞する。これがプロの詩人になる最短ルートと言えましょう。
実際、最果タヒさん、文月悠光さんもこのルートをたどっています。

 

公募ガイド2018年7月号

公募ガイド2018年7月号
特集 「詩を書こう」

6月9日発売/定価630円

詳しくはこちら