公募を探す

あなたとよむ短歌 vol.11「意味の重複」に注目

  • 公募ガイドから
  • 川柳・短歌・俳句

2021.02.09

あなたとよむ短歌
vol.11
「意味の重複」に注目

少しずつ日が長くなってきましたね。お元気でしょうか? 柴田葵です。
季節の移り変わりは、短歌の良い題材になります。
和歌に多く詠まれる植物や動物、気候だけでなく、たとえば「パン屋さんの春の新作がおいしかった!」など、自分らしい「季節」を詠むのもオススメです!

それでは今回も、投稿していただいた作品を一緒に読んで・詠んでいきましょう。

写真にて会ったことない祖父の顔初めて目にす母とそっくり
(かふ子さん/第6回うえだ七夕文学賞 テーマ「その他自由」)


「うえだ七夕文学賞」は、長野県にある上田西高等学校・上田女子短期大学が主催する文学賞です。短歌だけでなく、俳句、自由詩の部門もあります。
第6回は全部門合わせて7541作品の応募があったとのこと。国内外から、熱意のこもった作品が寄せられます。
複数のテーマが設定されているのも特徴的な賞ですが、かふ子さんの作品は「その他自由」を選択された自由詠だそうです。

かふ子さんのこちらの短歌は、多くの読者から共感を得られる作品ではないでしょうか。
「あったことのない祖父」の顔を写真で初めて見る。「母とそっくり」であることの驚き。
「祖母と母」ではなく「祖父と母」という異性の親子であることにも、なるほど、と思います。顔立ちや歳の取り方は、歳を取るほど、性別関係なく似てくるものではないでしょうか。

「母とそっくり」という言い差し調の結句は、まるで「!」がつくような、驚いた心情が表現されている部分です。
(たとえば「母とそっくりだと気づく」という書き方だと、より冷静な雰囲気になってしまいますよね)

今回、少し気になったのが「意味の重複」です。
祖父の顔を「初めて目に」したと書けば、祖父と「会ったことない」ことも伝わります。
「会ったことない」からこそ、写真で「初めて目に」したわけですが、少し説明に音数を取られすぎているかもしれません。「写真で祖父の顔を初めて見た」という情報自体は、どちらか片方だけで伝えることもできそうです。

写真には会ったことない祖父の顔○○○○○○○母とそっくり

「写真にて」を「写真には」としました。「~にて~する」から「~には~(がある)」に変えることで「写真で祖父の顔を初めて見た」という情報を端的に伝えています。
もしこの形にするなら、余った7音を自由に使うことができます。さて、何に使いましょうか?

私は「どんなところが似ていたのか」を知りたいと思いました。多くの人が共感する作品に、具体性を出すことで、より「かふ子さんにしか詠めない」作品になります。
いくつか例を挙げてみたいと思います。実際にどんなところが似ていらしたんでしょうか? いろいろ入れてみてください!

1)写真には会ったことない祖父の顔あかるい額が母とそっくり
2)写真には会ったことない祖父の顔けわしい眉が母とそっくり
3)写真には会ったことない祖父の顔うすいくちびる母とそっくり

いかがでしょうか。額や、眉、くちびると具体的な部分を入れることで、読者にも情景がイメージしやすくなりました。1は優しそうな印象、2は厳しそうな印象、3は少しドキッとする大人の雰囲気が感じられます。

短歌は、説明文と違って「情報を伝えるためのもの」ではありません。なので、必ずしも効率的に言葉を選ぶ必要もなく「意味の重複」も一概にダメではありません。ただ「限られた音数をどう使うか」に意識的になって、あれこれ実験してみるのも面白さの一つです。

引き続き、一緒に「読む・詠む」短歌を募集中です。コンテストだけでなく、新聞歌壇、雑誌投稿、WEB投稿の短歌(投稿できなかった短歌)もお待ちしています!

 
■講師プロフィール
柴田 葵 1982年、神奈川県生まれ。元銀行員、現在はライター。「NHK短歌」や雑誌ダ・ヴィンチ「短歌ください」、短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」への投稿を経て、育児クラスタ短歌サークル「いくらたん」、詩・俳句・短歌同人「Qai(クヮイ)」に参加。第6回現代短歌社賞候補。第2回石井僚一短歌賞次席「ぺらぺらなおでん」。第1回笹井宏之賞大賞「母の愛、僕のラブ」。
応募要項
応募規定 ペンネームと、入選を逃した公募タイトル・応募した作品・お題やテーマ(ある場合のみ)をお送りください。
応募方法 応募フォームもしくはTwitterでご応募ください。Twitterの場合は公募ガイド公式アカウント「@kouboguide」をフォローして、ハッシュタグ「#あなたとよむ短歌」をつけてツイートしてください。
採用1点=公募ガイドONLINE上で講評・アドバイス、金券2000円分進呈
締切 常時募集
 
 

バックナンバー

2022年5月1日あなたとよむ短歌 vol.26 「固有名詞」を取り入れる
2022年4月1日あなたとよむ短歌 vol.25 公募と作品のミスマッチを防ぐ
2022年3月1日あなたとよむ短歌 vol.24「答え」を言わない
2022年2月1日あなたとよむ短歌 vol.23「心情」を表す方法
2022年1月7日あなたとよむ短歌 vol.22「主体」の存在感
2021年12月9日あなたとよむ短歌 vol.21「視覚情報が8割」というけれど
2021年11月9日あなたとよむ短歌 vol.20 細かな工夫
2021年10月8日あなたとよむ短歌 vol.19 目と耳が驚く短歌
2021年9月9日あなたとよむ短歌 vol.18 風景を取り入れる
2021年8月6日あなたとよむ短歌 vol.17 連作のすすめ
2021年7月9日あなたとよむ短歌 vol.16 57577を守る・守らない
2021年5月7日あなたとよむ短歌 vol.14 1音の可能性
2021年6月9日あなたとよむ短歌 vol.15 メリハリをつける
2021年4月9日あなたとよむ短歌 vol.13 慣用的表現の誘惑
2021年3月9日あなたとよむ短歌 vol.12「テーマ詠」は能動的に
2021年2月9日あなたとよむ短歌 vol.11「意味の重複」に注目
2021年1月9日あなたとよむ短歌 vol.10 内容と構造をマッチさせよう
2020年12月9日あなたとよむ短歌 vol.9「推敲の大切さ」と「落選したときの気持ち」
2020年11月9日あなたとよむ短歌 vol.8 本当に「こそあど」でいい?
2020年10月9日あなたとよむ短歌 vol.7「語順」を変えてみる
2020年9月9日あなたとよむ短歌 vol.6「体言止め」には要注意
2020年8月7日あなたとよむ短歌 vol.5 いくつもの「読み」
2020年7月9日あなたとよむ短歌 vol.4「ひっくり返す」
2020年6月9日あなたとよむ短歌 vol.3「具体的」にする
2020年5月8日あなたとよむ短歌 vol.2「説明」をやめてみる
2020年4月9日あなたとよむ短歌 vol.1「分かち書き」をやめてみる