あなたとよむ短歌 vol.12「テーマ詠」は能動的に

  • 公募ガイドから
  • 川柳・短歌・俳句

2021.03.09

あなたとよむ短歌
vol.12
「テーマ詠」は能動的に

花粉が飛ぶ季節になりましたね。私はばっちり花粉症です。皆さんはいかがでしょうか?
歌人・花山周子さんの短歌には、スギや花粉に関するものがあります。

春風に杉の樹冠は揉み合える戦にも似る交合のさま
(花山周子「林立」本阿弥書店)

もうもうとしたスギ花粉の様子が目に浮かぶようです。短歌の題材は美しいものだけに限りません。
それでは今回も、投稿していただいた作品を一緒に読んで・詠んでいきましょう。

教室のあちらこちらで王国が興って亡ぶ、興って亡ぶ
(砂崎 柊さん/短歌ください テーマ「トランプ」)


雑誌「ダ・ヴィンチ」の人気投稿コーナー「短歌ください」は、「自由詠」と「テーマ詠」を同時に募集しています。
「テーマ詠」は指定されている言葉そのものを短歌に入れなくてもOKな場合がほとんどです。
似たようなものに「題詠」があります。こちらは、指定の語を入れる場合が多いようです。
いずれも必ず募集要項を確認しましょう!

砂崎さんの短歌は、テーマ「トランプ」という語を入れずに、トランプについて詠んだ作品です。
トランプには政治や戦争を思わせるゲームが多くあります。キングやクイーンを擁するトランプ自体が、王国を模したものです。
小学校か学習塾か。子どもの無邪気さと、王国の盛衰の対比が非常に面白い一首です。
「興って亡ぶ」の音の軽快さ・内容の重さも、一首のなかの対比を強化しています。インパクトがある作品です。

一方、もし「トランプ」というテーマを全く知らずに砂崎さんの一首を読んだら、どうでしょうか。
急に意味が通りづらくなってしまいます。少なくとも「トランプ」をイメージすることは難しく、もしかしたら「いじめ」や「スクールカースト」を詠んだ作品のように読解できるかもしれません。

たとえば、大喜利や「サラリーマン川柳」のように「テーマや題を生かした小粋な返し」を評価する公募もあります。
一方、テーマ詠は、テーマを前提に短歌を読んでもらうのではなく、短歌によってテーマを捉え直す気持ちで作歌するのがオススメです。
ですので、

教室のあちらこちらで王国が興って亡ぶトランプあそび

など、単純に「答え」を言ってしまっては、捉え直したことにならず、面白くありません。
砂崎さんもそれを分かっていて、今回はトランプという言葉を入れなかったのだと思います。
たとえば、こんな方法はいかがでしょうか。

教室のあちらこちらで王国が興って亡ぶ キングは棄てる

カードを場に捨てるのは、トランプゲームでよくある動作です。また、歴史上さまざまな王が処刑されたように、王国が滅べば王も捨てられます。その2つの意味をかけて結句にしました。
(「興って亡ぶ」に合わせて「捨」ではなく「棄」にしたことで、より残忍な雰囲気がでそうです)
また、もう少し情景を具体的にしてもいい気がします。

雨の日の休み時間に王国が興って亡ぶ キングは棄てる

いかがでしょうか。テーマ詠は、そのテーマに頼りすぎず、能動的な姿勢で望みたいものです。
引き続き、一緒に「読む・詠む」短歌を募集中です。コンテストだけでなく、新聞歌壇、雑誌投稿、WEB投稿の短歌(投稿できなかった短歌)もお待ちしています!

 
■講師プロフィール
柴田 葵 1982年、神奈川県生まれ。元銀行員、現在はライター。「NHK短歌」や雑誌ダ・ヴィンチ「短歌ください」、短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」への投稿を経て、育児クラスタ短歌サークル「いくらたん」、詩・俳句・短歌同人「Qai(クヮイ)」に参加。第6回現代短歌社賞候補。第2回石井僚一短歌賞次席「ぺらぺらなおでん」。第1回笹井宏之賞大賞「母の愛、僕のラブ」。
応募要項
応募規定 ペンネームと、入選を逃した公募タイトル・応募した作品・お題やテーマ(ある場合のみ)をお送りください。
応募方法 応募フォームもしくはTwitterでご応募ください。Twitterの場合は公募ガイド公式アカウント「@kouboguide」をフォローして、ハッシュタグ「#あなたとよむ短歌」をつけてツイートしてください。
採用1点=公募ガイドONLINE上で講評・アドバイス、金券2000円分進呈
締切 常時募集
 
 

バックナンバー

2022年1月7日あなたとよむ短歌 vol.22「主体」の存在感
2021年12月9日あなたとよむ短歌 vol.21「視覚情報が8割」というけれど
2021年11月9日あなたとよむ短歌 vol.20 細かな工夫
2021年10月8日あなたとよむ短歌 vol.19 目と耳が驚く短歌
2021年9月9日あなたとよむ短歌 vol.18 風景を取り入れる
2021年8月6日あなたとよむ短歌 vol.17 連作のすすめ
2021年7月9日あなたとよむ短歌 vol.16 57577を守る・守らない
2021年6月9日あなたとよむ短歌 vol.15 メリハリをつける
2021年5月7日あなたとよむ短歌 vol.14 1音の可能性
2021年4月9日あなたとよむ短歌 vol.13 慣用的表現の誘惑
2021年3月9日あなたとよむ短歌 vol.12「テーマ詠」は能動的に
2021年2月9日あなたとよむ短歌 vol.11「意味の重複」に注目
2021年1月9日あなたとよむ短歌 vol.10 内容と構造をマッチさせよう
2020年12月9日あなたとよむ短歌 vol.9「推敲の大切さ」と「落選したときの気持ち」
2020年11月9日あなたとよむ短歌 vol.8 本当に「こそあど」でいい?
2020年10月9日あなたとよむ短歌 vol.7「語順」を変えてみる
2020年9月9日あなたとよむ短歌 vol.6「体言止め」には要注意
2020年8月7日あなたとよむ短歌 vol.5 いくつもの「読み」
2020年7月9日あなたとよむ短歌 vol.4「ひっくり返す」
2020年6月9日あなたとよむ短歌 vol.3「具体的」にする
2020年5月8日あなたとよむ短歌 vol.2「説明」をやめてみる
2020年4月9日あなたとよむ短歌 vol.1「分かち書き」をやめてみる