あなたとよむ短歌 vol.17 連作のすすめ

  • 公募ガイドから
  • 川柳・短歌・俳句

2021.08.06

あなたとよむ短歌
vol.17
連作のすすめ

こんにちは、柴田葵です。夏真っ盛りになってきましたね。
この連載が更新されるのは、俵万智さんのベストセラー歌集『サラダ記念日』に収録されている

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

から1ヶ月少し経った8月上旬です。
この有名な短歌は「連作」の一部だということをご存知でしょうか?
連作とは、複数の短歌を連ねて一作品とする作品形式です。短歌専門誌などが主催する、新しい歌人を発掘するための公募などは30~50首の連作を募集することが多いようです。 前述の俵万智さんの短歌も「サラダ記念日」というタイトルの連作に含まれる一首。30首並ぶうちの最後から3番目の短歌です。この後に続く、最後の2首も読んでみましょう。

トーストの焼きあがりよく我が部屋の空気ようよう夏になりゆく
ワイシャツをぱぱんと伸ばし干しおれば心ま白く陽に透けてゆく

「ゆく」という語尾の歌が並び、夏が力強く近づく様子と、恋人への想いの高まりが感じられます。最後の一首に描かれる日差しの強さなどは、8月の真夏日のような印象です。
このように連作は、時間の経過や感情の変化など、大きなうねりを表現できます。とても魅力的な作品形式です。

前置きが長くなりました。それでは、今回の一首を読んで・詠んでいきましょう!

ははそはの母の姿を追い求む煤けた子の背えんえんと燃ゆ
(しょたろさん・未発表作品)


今回は未発表作品の投稿です。「入選しなかった・結果が振るわなかった短歌」を募集しているコーナーですが「投稿しそびれた」「投稿できなかった」など、未発表の短歌も大歓迎です。お気軽に作品をお寄せください。

さて、しょたろさんの作品。ぜひ音読してみてください。
「ははそはの」は枕詞です。枕詞は特定の単語を引き出して引き立てる呪文、もしくは助走のようなもので、枕詞自体には意味はありません。「ははそはの」は「母」にかかる枕詞です。この作品では「音」の面で重要な役割を果たしています。ローマ字とひらがなで作品を分解してみましょう。

HAHASOHAのHAHAのSUがたをおいもとむSUSUKEたKOのSEえんえんともゆ

H、S、Kはいずれも息が強くでる子音です。特にHとSはかすれた音(摩擦音)と言えます。こうした子音を多用することで、まるで幽霊の衣ずれのような、繊細で不穏な雰囲気が生まれています。
そして語られるのは「母の姿を追い求む煤けた子」。そしてその子の背中は「えんえんと燃」えている……。
私がこの一首から思い浮かんだのは、幼いころに見た原爆に関する映像です。破けた服を引きずり、皮膚さえも溶かしながら、はぐれた母親を探しつづける子ども。終戦から70年以上経った今でも、焼かれた人々の悲しみは「えんえんと燃」えているのかもしれません。

しょたろさんの作品中に、戦争や原爆といった具体的な言葉は一切ありません。けれども、私はそのような印象を受けました。これは短歌の「音」「意味」「短さ」の効果だと思います。衝撃的で、すばらしい作品だと感じました。

この作品のように、写実的な場面を示さない短歌は、その読み(読解)が人によって大きく分かれます。さまざまな読みを生み出す懐の深さも、短歌というジャンルの魅力かもしれません。ただ、読む人によって大きく読解が異なる以上、作品の魅力が伝わりきらない可能性も否めません。

しょたろさんに強くオススメしたいのが、短歌の「連作」に挑戦することです。
前述の通り、連作は自らの世界観やイメージをより深く構成することが可能です。音やイメージにこだわり抜いたしょたろさんの連作を、私はぜひ読みたいと思いました。例えば、私自身も応募して受賞した笹井宏之賞も50首連作での募集です。第4回は2021年9月末締切とのこと。興味があればぜひ!

引き続き、一緒に「読む・詠む」短歌を募集中です。コンテストだけでなく、新聞歌壇、雑誌投稿、WEB投稿の短歌(投稿できなかった短歌)もお待ちしています!

 
■講師プロフィール
柴田 葵 1982年、神奈川県生まれ。元銀行員、現在はライター。「NHK短歌」や雑誌ダ・ヴィンチ「短歌ください」、短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」への投稿を経て、育児クラスタ短歌サークル「いくらたん」、詩・俳句・短歌同人「Qai(クヮイ)」に参加。第6回現代短歌社賞候補。第2回石井僚一短歌賞次席「ぺらぺらなおでん」。第1回笹井宏之賞大賞「母の愛、僕のラブ」。
応募要項
応募規定 ペンネームと、入選を逃した公募タイトル・応募した作品・お題やテーマ(ある場合のみ)をお送りください。
応募方法 応募フォームもしくはTwitterでご応募ください。Twitterの場合は公募ガイド公式アカウント「@kouboguide」をフォローして、ハッシュタグ「#あなたとよむ短歌」をつけてツイートしてください。
採用1点=公募ガイドONLINE上で講評・アドバイス、金券2000円分進呈
締切 常時募集
 
 

バックナンバー

2021年10月8日あなたとよむ短歌 vol.19 目と耳が驚く短歌
2021年9月9日あなたとよむ短歌 vol.18 風景を取り入れる
2021年8月6日あなたとよむ短歌 vol.17 連作のすすめ
2021年7月9日あなたとよむ短歌 vol.16 57577を守る・守らない
2021年6月9日あなたとよむ短歌 vol.15 メリハリをつける
2021年5月7日あなたとよむ短歌 vol.14 1音の可能性
2021年4月9日あなたとよむ短歌 vol.13 慣用的表現の誘惑
2021年3月9日あなたとよむ短歌 vol.12「テーマ詠」は能動的に
2021年2月9日あなたとよむ短歌 vol.11「意味の重複」に注目
2021年1月9日あなたとよむ短歌 vol.10 内容と構造をマッチさせよう
2020年12月9日あなたとよむ短歌 vol.9「推敲の大切さ」と「落選したときの気持ち」
2020年11月9日あなたとよむ短歌 vol.8 本当に「こそあど」でいい?
2020年10月9日あなたとよむ短歌 vol.7「語順」を変えてみる
2020年9月9日あなたとよむ短歌 vol.6「体言止め」には要注意
2020年8月7日あなたとよむ短歌 vol.5 いくつもの「読み」
2020年7月9日あなたとよむ短歌 vol.4「ひっくり返す」
2020年6月9日あなたとよむ短歌 vol.3「具体的」にする
2020年5月8日あなたとよむ短歌 vol.2「説明」をやめてみる
2020年4月9日あなたとよむ短歌 vol.1「分かち書き」をやめてみる