あなたとよむ短歌 vol.18 風景を取り入れる

  • 公募ガイドから
  • 川柳・短歌・俳句

2021.09.09

あなたとよむ短歌
vol.18
風景を取り入れる

こんにちは、柴田葵です。お元気にお過ごしでしょうか?
少しずつ過ごしやすい気候になってきました。遠くへ旅行へ行かれなくとも、セミの声が変わったり、葉の色がくすんだり、スーパーに鍋つゆの素が並びだしたり……。なにげない風景も、少しずつ変化が見られるはずです。

今年の秋は「短歌の秋」にしてみるのもアリかもしれません。それでは、今月も寄せられた一首を読んで・詠んでいきましょう!

行きつけの店がなくなる寂しさは親しき友の死ぬるにも似て
(ゴルゴキャットさん/朝日歌壇)


今回の短歌は、朝日新聞の短歌投稿コーナー・朝日歌壇へ応募した作品。各新聞の○○歌壇(いわゆる新聞歌壇)は、全国から数多の投稿があり、採用倍率も高いそうです。読者が多いので、常連になると全国規模で名前が知られます。

ゴルゴキャットさんの作品は、このコロナ禍に切実な一首ですね。
新聞歌壇は、選者の意向にもよりますが、比較的「時事詠(社会問題などをテーマにした短歌)」も多く採用される傾向があります。新聞との親和性もあるかもしれません。いつでも気軽に行けると思っていたお店が閉店し、もう一生行けなくなってしまった、その寂しさを「いつでも会えると思っていた友人の死」と重ね合わせた一首です。

作品の意味・内容がしっかりと伝わってくる作品です。ただ、もう少し読者を信頼して「書かなくても」いいかもしれません。

例えば「寂しさ」と書いてしまうと、読者は「ああ、寂しいんだな」と考えてしまいます。「親しき友の死ぬるにも似て」という比喩は「寂しさ」だけでなく、なんとも言えない「辛さ」や「やるせなさ」「無力感」なども豊かに表現しているので、この場合は「寂しさ」と書いてしまわない方がいいかもしません。
また、「親しき友」についても、わざわざ「親しき」と言わずとも親密さはしっかり伝わる気がします。

こうした部分を削ると音数に余裕が出そうです。そうなると、何を加えたらいいでしょうか。

この短歌の「主体」はどこにいるのでしょうか? 閉まっている店のシャッターの前でしょうか? 店からのハガキが届いた郵便受けでしょうか? 時間は何時ごろでしょうか? 夕方でしょうか?
冒頭で書いたとおり、風景はさまざまに移ろいます。同じ風景は二度とありません。短歌のなかにも積極的に風景を取り入れることで、一首のなかに個性がでてきます。

① 行きつけの店がなくなり友人の訃報を手にしたような夕暮れ
② 行きつけの店がなくなり友人を亡くしたような心でバスへ

例を2つ考えてみました。①は、夕暮れに飲みにいった「行きつけの店」に閉店を告げる張り紙があった、という風景をイメージしました。物悲しく白い張り紙は、まるで訃報を知らせる電報やハガキのようです。
②は、仕事帰りに寄っていた「行きつけの店」が閉店し、仕方なくバスで帰路に着く風景です。「ここで降りて店に通ったな」「歩いて店に寄っていたから、バスは久しぶりだな」などと思いだしながら、心に穴が開いたような気持ちでバスに揺られるシーンを意識しました。

このように、心情を描く短歌でも時間・場所・物など風景を取り入れると、描かれる心情そのものにもリアリティが増します。

引き続き、一緒に「読む・詠む」短歌を募集中です。コンテストだけでなく、新聞歌壇、雑誌投稿、WEB投稿の短歌(投稿できなかった短歌)もお待ちしています!

 
■講師プロフィール
柴田 葵 1982年、神奈川県生まれ。元銀行員、現在はライター。「NHK短歌」や雑誌ダ・ヴィンチ「短歌ください」、短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」への投稿を経て、育児クラスタ短歌サークル「いくらたん」、詩・俳句・短歌同人「Qai(クヮイ)」に参加。第6回現代短歌社賞候補。第2回石井僚一短歌賞次席「ぺらぺらなおでん」。第1回笹井宏之賞大賞「母の愛、僕のラブ」。
応募要項
応募規定 ペンネームと、入選を逃した公募タイトル・応募した作品・お題やテーマ(ある場合のみ)をお送りください。
応募方法 応募フォームもしくはTwitterでご応募ください。Twitterの場合は公募ガイド公式アカウント「@kouboguide」をフォローして、ハッシュタグ「#あなたとよむ短歌」をつけてツイートしてください。
採用1点=公募ガイドONLINE上で講評・アドバイス、金券2000円分進呈
締切 常時募集
 
 

バックナンバー

2022年1月7日あなたとよむ短歌 vol.22「主体」の存在感
2021年12月9日あなたとよむ短歌 vol.21「視覚情報が8割」というけれど
2021年11月9日あなたとよむ短歌 vol.20 細かな工夫
2021年10月8日あなたとよむ短歌 vol.19 目と耳が驚く短歌
2021年9月9日あなたとよむ短歌 vol.18 風景を取り入れる
2021年8月6日あなたとよむ短歌 vol.17 連作のすすめ
2021年7月9日あなたとよむ短歌 vol.16 57577を守る・守らない
2021年6月9日あなたとよむ短歌 vol.15 メリハリをつける
2021年5月7日あなたとよむ短歌 vol.14 1音の可能性
2021年4月9日あなたとよむ短歌 vol.13 慣用的表現の誘惑
2021年3月9日あなたとよむ短歌 vol.12「テーマ詠」は能動的に
2021年2月9日あなたとよむ短歌 vol.11「意味の重複」に注目
2021年1月9日あなたとよむ短歌 vol.10 内容と構造をマッチさせよう
2020年12月9日あなたとよむ短歌 vol.9「推敲の大切さ」と「落選したときの気持ち」
2020年11月9日あなたとよむ短歌 vol.8 本当に「こそあど」でいい?
2020年10月9日あなたとよむ短歌 vol.7「語順」を変えてみる
2020年9月9日あなたとよむ短歌 vol.6「体言止め」には要注意
2020年8月7日あなたとよむ短歌 vol.5 いくつもの「読み」
2020年7月9日あなたとよむ短歌 vol.4「ひっくり返す」
2020年6月9日あなたとよむ短歌 vol.3「具体的」にする
2020年5月8日あなたとよむ短歌 vol.2「説明」をやめてみる
2020年4月9日あなたとよむ短歌 vol.1「分かち書き」をやめてみる