公募を探す

あなたとよむ短歌 vol.23「心情」を表す方法

  • 公募ガイドから
  • 川柳・短歌・俳句

2022.02.01

あなたとよむ短歌
vol.23
「心情」を表す方法

だんだんと日が長くなってきました。出歩きたいところですが、世間の感染状況を見ると、もう少し暖かくなるまで待ったほうがよさそうですね。
読書をしたり、公募に取り組んだり、短歌に取り組んだり。家のなかの時間も充実させたいところです。

それでは今月も、みなさんの一首を読んで・詠んでいきましょう!

バスタブに過剰なものを持ち込んで流れるお湯を楽しく送る
(河岸景都さん/月刊うたらば2021年8月号応募作品/テーマ「溢」)


短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」は、「短歌をよく知らない人」に現代短歌の面白さを伝えるフリーペーパーです。書店やカフェなどで配布されるほか、WEBサイトからも閲覧することができます。掲載される写真も短歌も本当にすてきなので、ぜひ一度チェックしてみてください。

定期的に発行されているフリーペーパーと月刊誌では、テーマを決めて短歌を公募しています。私も以前応募したことがあり、掲載していただきました。とてもうれしかったです。短歌を始めたばかりの方から、歌集にまとめるほど短歌を作っている方まで、多くの人が投稿しています。

河岸さんの応募作、「バスタブに過剰なものを持ち込んで」という上句が秀逸ですよね。

もし「過剰”に”ものを持ち込んで」だとしたら、単に「多すぎるもの」というニュアンスになりそうです。けれども「過剰な」とすることで、量が多いのかもしれないし、はたまた、量ではなく「バスタブに本来入れるべきではないもの」という意味かもしれない……そんな不穏さが生じます
おそらく短歌の中のこの人(主体)は、何かしらの「過剰なもの」をバスタブに持ち込みたくなる心境だったのでしょう。ヤケを起こしているのかもしれません。落ち込んでいるのかもしれません。テンションが上がっているのかもしれません。

対して、下句「流れるお湯を楽しく送る」が割とあっさりしている印象です。湯船に物を持ち込み、そのぶん溢れた湯を見ている。「楽しく」と書いてしまうと、俯瞰的・冷静的すぎて純粋に楽しそうに感じられないのが、現代短歌の面白いところです。いい大人なのに「過剰なもの」をバスタブに持ち込んだ主体は、どんな心情だったのでしょうか? 本当に「楽し」いだけだったのでしょうか?

バスタブに過剰なものを持ち込めばお湯と心は溢れてもいい

試しに、下句に少し違う方向性のものを入れてみました。大人になるとなかなか感情を表に出すことができなくなるものです。バスタブにわざと「過剰なもの」を持ち込んでお湯を溢れさせる。そんなバスタブで、一人、やっと素直に心情を溢れさせることができる。「溢」というテーマが、より生きてくるかもしれません。

引き続き、一緒に「読む・詠む」短歌を募集中です。コンテストだけでなく、新聞歌壇、雑誌投稿、WEB投稿の短歌(投稿できなかった短歌)もお待ちしています!

 
■講師プロフィール
柴田 葵 1982年、神奈川県生まれ。元銀行員、現在はライター。「NHK短歌」や雑誌ダ・ヴィンチ「短歌ください」、短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」への投稿を経て、育児クラスタ短歌サークル「いくらたん」、詩・俳句・短歌同人「Qai(クヮイ)」に参加。第6回現代短歌社賞候補。第2回石井僚一短歌賞次席「ぺらぺらなおでん」。第1回笹井宏之賞大賞「母の愛、僕のラブ」。
応募要項
応募規定 ペンネームと、入選を逃した公募タイトル・応募した作品・お題やテーマ(ある場合のみ)をお送りください。
応募方法 応募フォームもしくはTwitterでご応募ください。Twitterの場合は公募ガイド公式アカウント「@kouboguide」をフォローして、ハッシュタグ「#あなたとよむ短歌」をつけてツイートしてください。
採用1点=公募ガイドONLINE上で講評・アドバイス、金券2000円分進呈
締切 常時募集
 
 

バックナンバー

2022年5月1日あなたとよむ短歌 vol.26 「固有名詞」を取り入れる
2022年4月1日あなたとよむ短歌 vol.25 公募と作品のミスマッチを防ぐ
2022年3月1日あなたとよむ短歌 vol.24「答え」を言わない
2022年2月1日あなたとよむ短歌 vol.23「心情」を表す方法
2022年1月7日あなたとよむ短歌 vol.22「主体」の存在感
2021年12月9日あなたとよむ短歌 vol.21「視覚情報が8割」というけれど
2021年11月9日あなたとよむ短歌 vol.20 細かな工夫
2021年10月8日あなたとよむ短歌 vol.19 目と耳が驚く短歌
2021年9月9日あなたとよむ短歌 vol.18 風景を取り入れる
2021年8月6日あなたとよむ短歌 vol.17 連作のすすめ
2021年7月9日あなたとよむ短歌 vol.16 57577を守る・守らない
2021年5月7日あなたとよむ短歌 vol.14 1音の可能性
2021年6月9日あなたとよむ短歌 vol.15 メリハリをつける
2021年4月9日あなたとよむ短歌 vol.13 慣用的表現の誘惑
2021年3月9日あなたとよむ短歌 vol.12「テーマ詠」は能動的に
2021年2月9日あなたとよむ短歌 vol.11「意味の重複」に注目
2021年1月9日あなたとよむ短歌 vol.10 内容と構造をマッチさせよう
2020年12月9日あなたとよむ短歌 vol.9「推敲の大切さ」と「落選したときの気持ち」
2020年11月9日あなたとよむ短歌 vol.8 本当に「こそあど」でいい?
2020年10月9日あなたとよむ短歌 vol.7「語順」を変えてみる
2020年9月9日あなたとよむ短歌 vol.6「体言止め」には要注意
2020年8月7日あなたとよむ短歌 vol.5 いくつもの「読み」
2020年7月9日あなたとよむ短歌 vol.4「ひっくり返す」
2020年6月9日あなたとよむ短歌 vol.3「具体的」にする
2020年5月8日あなたとよむ短歌 vol.2「説明」をやめてみる
2020年4月9日あなたとよむ短歌 vol.1「分かち書き」をやめてみる