公募を探す

あなたとよむ短歌 vol.24「答え」を言わない

  • 公募ガイドから
  • 川柳・短歌・俳句

2022.03.01

あなたとよむ短歌
vol.24
「答え」を言わない

ついにこの連載も2周年を迎えました。読んでくださる方々、大切な作品を送ってくださる方々のおかげです。ありがとうございます!

2周年だからか、公募ガイドONLINEリニューアルのためか、今回は投稿数がとても多かったです。魅力的な作品ばかりでご紹介しきれないのが残念です。ご投稿前に、よければぜひバックナンバーも読んでみてくださいね。引き続き、作品をお待ちしています。

それでは今月も、みなさんの一首を読んで・詠んでいきましょう!

大好きな君の隣で見る花火1ルクス分明るく光る
(真冬の雪光さん/令和相聞歌/テーマ「恋」)


令和相聞歌は、「恋人の聖地」に認定された香川県宇多津町が開催している公募です。相聞歌は、恋愛を含め、大切な人を思って詠んだ短歌を指します。この公募では令和時代の相聞歌として、80字以内であれば短歌に限らなくても応募可能だそうです。もちろん、短歌でもOK。テーマは「恋」ですが「恋」の字を作品に入れるかどうかは不問です。

真冬の雪光さんの応募作は、しっかりと短歌の定型(57577)に収まり、リズムよくあざやかな一首です。なによりカッコいいのが「1ルクス分」という表現です。明るさの単位で「恋」を表現することで、不器用な雰囲気や、抗いようのない運命を感じます。

ここでは「大好きな」という1句目について考えてみたいと思います。この正直でまっすぐな表現は、私はとても好きです。もし連作(複数の短歌をまとめて1つの作品にすること)であれば、このような開放感のある明快な表現もより輝くような気がします。

ただ、「大好きな」というのは「君」に対する感情の答えです。最初に書いてしまうと、せっかく後から「1ルクス分明るく光る」とカッコいい表現で恋を表している、そのインパクトが薄れてしまう気がします。「大好きな」と明確に表現できる関係性や感情ならば、「1ルクス分明るく光る」という比喩をするまでもなさそうです。

なぜだろう君の隣で見る花火1ルクス分明るく光る

たとえば、このように少しすっとぼけてしまってもいいかもしれません。「なぜだろう、どうも花火が明るい、これは恋…?」という発見の短歌になります。

グーひとつ君の隣で見る花火1ルクス分明るく光る

もう1パターン、今度は「君」との距離を入れてみました。こぶし1個分、微妙な近さでドキドキしますね。「1ルクス」という物理的単位に比べ、君との距離は「グーひとつ」で計るというのも、ちぐはぐでもどかしい「恋」の雰囲気を伝えられそうです。

引き続き、一緒に「読む・詠む」短歌を募集中です。コンテストだけでなく、新聞歌壇、雑誌投稿、WEB投稿の短歌(投稿できなかった短歌)もお待ちしています!

 
■講師プロフィール
柴田 葵 1982年、神奈川県生まれ。元銀行員、現在はライター。「NHK短歌」や雑誌ダ・ヴィンチ「短歌ください」、短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」への投稿を経て、育児クラスタ短歌サークル「いくらたん」、詩・俳句・短歌同人「Qai(クヮイ)」に参加。第6回現代短歌社賞候補。第2回石井僚一短歌賞次席「ぺらぺらなおでん」。第1回笹井宏之賞大賞「母の愛、僕のラブ」。
応募要項
応募規定 ペンネームと、入選を逃した公募タイトル・応募した作品・お題やテーマ(ある場合のみ)をお送りください。
応募方法 応募フォームもしくはTwitterでご応募ください。Twitterの場合は公募ガイド公式アカウント「@kouboguide」をフォローして、ハッシュタグ「#あなたとよむ短歌」をつけてツイートしてください。
採用1点=公募ガイドONLINE上で講評・アドバイス、金券2000円分進呈
締切 常時募集
 
 

バックナンバー

2022年5月1日あなたとよむ短歌 vol.26 「固有名詞」を取り入れる
2022年4月1日あなたとよむ短歌 vol.25 公募と作品のミスマッチを防ぐ
2022年3月1日あなたとよむ短歌 vol.24「答え」を言わない
2022年2月1日あなたとよむ短歌 vol.23「心情」を表す方法
2022年1月7日あなたとよむ短歌 vol.22「主体」の存在感
2021年12月9日あなたとよむ短歌 vol.21「視覚情報が8割」というけれど
2021年11月9日あなたとよむ短歌 vol.20 細かな工夫
2021年10月8日あなたとよむ短歌 vol.19 目と耳が驚く短歌
2021年9月9日あなたとよむ短歌 vol.18 風景を取り入れる
2021年8月6日あなたとよむ短歌 vol.17 連作のすすめ
2021年7月9日あなたとよむ短歌 vol.16 57577を守る・守らない
2021年5月7日あなたとよむ短歌 vol.14 1音の可能性
2021年6月9日あなたとよむ短歌 vol.15 メリハリをつける
2021年4月9日あなたとよむ短歌 vol.13 慣用的表現の誘惑
2021年3月9日あなたとよむ短歌 vol.12「テーマ詠」は能動的に
2021年2月9日あなたとよむ短歌 vol.11「意味の重複」に注目
2021年1月9日あなたとよむ短歌 vol.10 内容と構造をマッチさせよう
2020年12月9日あなたとよむ短歌 vol.9「推敲の大切さ」と「落選したときの気持ち」
2020年11月9日あなたとよむ短歌 vol.8 本当に「こそあど」でいい?
2020年10月9日あなたとよむ短歌 vol.7「語順」を変えてみる
2020年9月9日あなたとよむ短歌 vol.6「体言止め」には要注意
2020年8月7日あなたとよむ短歌 vol.5 いくつもの「読み」
2020年7月9日あなたとよむ短歌 vol.4「ひっくり返す」
2020年6月9日あなたとよむ短歌 vol.3「具体的」にする
2020年5月8日あなたとよむ短歌 vol.2「説明」をやめてみる
2020年4月9日あなたとよむ短歌 vol.1「分かち書き」をやめてみる