公募を探す

あなたとよむ短歌 vol.25 公募と作品のミスマッチを防ぐ

  • 公募ガイドから
  • 川柳・短歌・俳句

2022.04.01

あなたとよむ短歌
vol.25
公募と作品のミスマッチを防ぐ

入学、進級、就職、引っ越し……年度の始まりであり、気候も大きく変わる春がやってきました。春を詠む歌は、和歌が盛んな万葉の時代から多数ありますが、現代短歌にも多いような気がします。

ハーブティーにハーブ煮えつつ春の夜の嘘つきはどらえもんのはじまり
(穂村弘)
「はなびら」と点字をなぞる ああ、これは桜の可能性が大きい
(笹井宏之)


生命力や明るさ、期待感、不安感、浮き足立った様子など、気候や自然以外にも「春」を感じる瞬間はありますよね。ぜひ自分らしい「春」を短歌にしてみてはいかがでしょうか。

それでは今月も、みなさんの一首を読んで・詠んでいきましょう!

めずらしく奈良(ここ)にも雪がふりました東京都(きみのまち)にもふっていますか
(辻風文尊さん/綾町・照葉短歌賞/テーマ「愛・恋」)


綾町・照葉短歌賞は、奈良県の綾町(あやちょう)が開催する短歌賞です。綾町にある「創造の森」が、プロポーズの名所として知られているため、愛や恋をテーマに短歌を公募していました。

なお、今年はまだ募集情報が出ていないようです。コロナ禍ということもあり、毎年必ず同じ公募が同じように開催されるとは限りません。興味のある公募があったら次の機会を待たず、どんどんチャレンジしたいですね。

辻風文尊さんの作品は、ルビ(ふりがな)を生かした面白い短歌です。「奈良にも雪がふりましたが、東京都にもふっていますか?」であれば、地域ごとの天気を尋ねる何でもない文章です。しかし、奈良に「ここ」、東京都に「きみのまち」とルビをふることで、単なる地名ではなく、誰かが誰かを想う気持ちが表現されています。

すばらしいのは「なら/ここ」「とうきょうと/きみのまち」と両方とも音数が揃っていて、どちらの読み方でも57577の定型に収まる点です。トリックアートのような、計算された美しさが光ります。

とても魅力的な短歌です。けれども(これは短歌の魅力とは、本来関係ない点なのですが)たとえば、当て字や大胆なルビなどのトリッキーともいえる技は、短歌や文芸専門の組織「以外が」開催する短歌賞では取り上げにくいかもしれない、という懸念があります。WEBサイトに結果を載せる際に技術が必要だったり、表示が難しかったり、老若男女が理解するには困難だったりするかもしれません。

もちろん、力作をどこに投稿するのも自由です。けれども、もし入選を狙うとしたら、過去の入賞作品をチェックして「自分の作品とその公募がマッチしているか」を確認するのもいいかもしれません。

ついでにもう1点。「東京都」を「きみのまち」と読むのは、少し苦しいかもしれません。「東京都」は「まち」という規模ではないので……。「奈良」の方には「県」がついていないので、奈良市かもしれませんね。

めずらしく奈良(ここ)にも雪がふりました新宿区(きみのまち)にもふっていますか

このぐらい具体的な地名がいいかもしれません。奈良市に働く「主体」と新宿区で働く「きみ」が思い浮かびます。ちなみに、奈良市と新宿区の人口は共に34~35万人。もしも白い雪で覆われたなら、その景色は似るのでしょうか。それとも、やっぱり違うのでしょうか。

引き続き、一緒に「読む・詠む」短歌を募集中です。コンテストだけでなく、新聞歌壇、雑誌投稿、WEB投稿の短歌(投稿できなかった短歌)もお待ちしています!

 
■講師プロフィール
柴田 葵 1982年、神奈川県生まれ。元銀行員、現在はライター。「NHK短歌」や雑誌ダ・ヴィンチ「短歌ください」、短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」への投稿を経て、育児クラスタ短歌サークル「いくらたん」、詩・俳句・短歌同人「Qai(クヮイ)」に参加。第6回現代短歌社賞候補。第2回石井僚一短歌賞次席「ぺらぺらなおでん」。第1回笹井宏之賞大賞「母の愛、僕のラブ」。
応募要項
応募規定 ペンネームと、入選を逃した公募タイトル・応募した作品・お題やテーマ(ある場合のみ)をお送りください。
応募方法 応募フォームもしくはTwitterでご応募ください。Twitterの場合は公募ガイド公式アカウント「@kouboguide」をフォローして、ハッシュタグ「#あなたとよむ短歌」をつけてツイートしてください。
採用1点=公募ガイドONLINE上で講評・アドバイス、金券2000円分進呈
締切 常時募集
 
 

バックナンバー

2022年5月1日あなたとよむ短歌 vol.26 「固有名詞」を取り入れる
2022年4月1日あなたとよむ短歌 vol.25 公募と作品のミスマッチを防ぐ
2022年3月1日あなたとよむ短歌 vol.24「答え」を言わない
2022年2月1日あなたとよむ短歌 vol.23「心情」を表す方法
2022年1月7日あなたとよむ短歌 vol.22「主体」の存在感
2021年12月9日あなたとよむ短歌 vol.21「視覚情報が8割」というけれど
2021年11月9日あなたとよむ短歌 vol.20 細かな工夫
2021年10月8日あなたとよむ短歌 vol.19 目と耳が驚く短歌
2021年9月9日あなたとよむ短歌 vol.18 風景を取り入れる
2021年8月6日あなたとよむ短歌 vol.17 連作のすすめ
2021年7月9日あなたとよむ短歌 vol.16 57577を守る・守らない
2021年5月7日あなたとよむ短歌 vol.14 1音の可能性
2021年6月9日あなたとよむ短歌 vol.15 メリハリをつける
2021年4月9日あなたとよむ短歌 vol.13 慣用的表現の誘惑
2021年3月9日あなたとよむ短歌 vol.12「テーマ詠」は能動的に
2021年2月9日あなたとよむ短歌 vol.11「意味の重複」に注目
2021年1月9日あなたとよむ短歌 vol.10 内容と構造をマッチさせよう
2020年12月9日あなたとよむ短歌 vol.9「推敲の大切さ」と「落選したときの気持ち」
2020年11月9日あなたとよむ短歌 vol.8 本当に「こそあど」でいい?
2020年10月9日あなたとよむ短歌 vol.7「語順」を変えてみる
2020年9月9日あなたとよむ短歌 vol.6「体言止め」には要注意
2020年8月7日あなたとよむ短歌 vol.5 いくつもの「読み」
2020年7月9日あなたとよむ短歌 vol.4「ひっくり返す」
2020年6月9日あなたとよむ短歌 vol.3「具体的」にする
2020年5月8日あなたとよむ短歌 vol.2「説明」をやめてみる
2020年4月9日あなたとよむ短歌 vol.1「分かち書き」をやめてみる