公募を探す

あなたとよむ短歌 vol.28 「見る」は「要る」か?

  • 公募ガイドから
  • 川柳・短歌・俳句

2022.07.01

あなたとよむ短歌

入選を逃した短歌や投稿できなかった短歌などを募集し、歌人・柴田葵さんと一緒に短歌をよむ(詠む・読む)連載です。ただいま、テーマ詠「食べ物」で作品を募集中!

柴田 葵 1982年、神奈川県生まれ。元銀行員、現在はライター。「NHK短歌」や雑誌ダ・ヴィンチ「短歌ください」、短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」への投稿を経て、育児クラスタ短歌サークル「いくらたん」、詩・俳句・短歌同人「Qai(クヮイ)」に参加。第6回現代短歌社賞候補。第2回石井僚一短歌賞次席「ぺらぺらなおでん」。第1回笹井宏之賞大賞「母の愛、僕のラブ」。
■作品
プリキュアになるならわたしはキュアおでん熱いハートのキュアおでんだよ
(『母の愛、僕のラブ』より)
vol.28
「見る」は「要る」か?

じっとりと暑い日が増えてきました。日の当たる時間が長くなるのはうれしいですが、体調も崩しやすい季節です。
疲れた体には、短くて、どこからでも読みはじめられる歌集がなじみます。最近は、図書館などにも若手歌人の歌集が多く並んでいるようです。ぜひ手にとってみてくださいね。

それでは今月も、みなさんの一首を読んで・詠んでいきましょう!

もくもくと形を変える雲ながめあれはグッピー連想ゲーム
(COCOさん 容彩祭詩歌コンテスト応募作品)


「容彩祭詩歌コンテスト」は、オンラインゲーム『原神』のイベントとして今年の4月に開催されました。『原神』は美しく広い空、海、山、町などを冒険するオープンワールドRPGです。リアルな世界観を持つ最近のゲームをプレイすると、ゲームのなかでもう一人の自分が生きているような気さえします。

近年、ゲーム関係の公募も増えてきたそうです。特に多いのはゲームキャラクターのファンアートなどの募集ですが、この容彩祭詩歌コンテストのように「ゲームに関する短歌や川柳を募集」というのはユニークですね!

私は『原神』をプレイしたことがないので、公式WEBサイトなどを見てみました。なんて鮮やか! COCOさんが詠まれたように、雲や空も奥行きのある美麗なグラフィックが印象的です。ちなみに、プレイ中にグッピーを釣ったりできるようです。楽しそう!

COCOさんの作品は、私のようにゲームを知らない人でも共感できる一首です。特に夏は雲がもくもくと見える季節ですね。時間と共に次々と形を変えていく雲は、まるで連想ゲームのようで見ていて飽きません。

どうせだったら、もっと具体的に連想を続けてほしいきがします。より想像が広がりそうです。そう考えたとき、削るとしたらどこを削りましょうか?
私だったら「ながめ」を省略します。雲の形について詠んでいる、というだけで、雲を眺めていることが伝わるからです。

もくもくと形を変える雲あれはグッピーが龍に追いつくところ

『原神』をプレイしていないので、ゲームの本質からずれてしまっていたら申し訳ありません。改作の一例として読んでみてください。
「眺め」という言葉を入れなくても、雲を眺めていることは伝えられます。小さなグッピーのような雲が、流れに流れて、大きく伸びる龍のような雲に追いつく様子です(『原神』には龍も出てくるようですね!)。

人間は五感のうち、視覚から約8割の情報を得ていると言います。短歌も、基本的には「見た」ことを表現することが多いものです。だからこそ、特に「見る」という動詞は省略できる可能性があります。反対に、敢えて入れることで何かを強調することもできそうです。

引き続き、一緒に「読む・詠む」短歌を募集中です。コンテストだけでなく、新聞歌壇、雑誌投稿、WEB投稿の短歌(投稿できなかった短歌)もお待ちしています!

 

連載30回に向けた特別企画として、短歌を募集します! 課題はテーマ詠「食べ物」。採用された3首は30回の記事で、柴田葵さんの講評をもらえます。ふるってご応募ください!

応募要項
応募規定 テーマ詠「食べ物」で作った短歌をお送りください。
応募方法 応募フォームもしくはTwitterでご応募ください。Twitterの場合は公募ガイド公式アカウント「@kouboguide」をフォローして、ハッシュタグ「#あなたとよむ短歌30」をつけてツイートしてください。
※応募者には、弊社から公募やイベントに関する情報をお知らせする場合があります。
採用3首=公募ガイドONLINE上で講評、Amazonギフト券2000円分進呈
締切 2022年7月31日(日)
 
 

バックナンバー

2022年7月1日連載30回記念「あなたとよむ短歌」コンテスト
2022年8月1日あなたとよむ短歌 vol.29 読みやすさも大切に
2022年7月1日あなたとよむ短歌 vol.28 「見る」は「要る」か?
2022年6月1日あなたとよむ短歌 vol.27 半歩踏み込む
2022年5月1日あなたとよむ短歌 vol.26 「固有名詞」を取り入れる
2022年4月1日あなたとよむ短歌 vol.25 公募と作品のミスマッチを防ぐ
2022年3月1日あなたとよむ短歌 vol.24「答え」を言わない
2022年2月1日あなたとよむ短歌 vol.23「心情」を表す方法
2022年1月7日あなたとよむ短歌 vol.22「主体」の存在感
2021年12月9日あなたとよむ短歌 vol.21「視覚情報が8割」というけれど
2021年11月9日あなたとよむ短歌 vol.20 細かな工夫
2021年10月8日あなたとよむ短歌 vol.19 目と耳が驚く短歌
2021年9月9日あなたとよむ短歌 vol.18 風景を取り入れる
2021年8月6日あなたとよむ短歌 vol.17 連作のすすめ
2021年7月9日あなたとよむ短歌 vol.16 57577を守る・守らない
2021年5月7日あなたとよむ短歌 vol.14 1音の可能性
2021年6月9日あなたとよむ短歌 vol.15 メリハリをつける
2021年4月9日あなたとよむ短歌 vol.13 慣用的表現の誘惑
2021年3月9日あなたとよむ短歌 vol.12「テーマ詠」は能動的に
2021年2月9日あなたとよむ短歌 vol.11「意味の重複」に注目
2021年1月9日あなたとよむ短歌 vol.10 内容と構造をマッチさせよう
2020年12月9日あなたとよむ短歌 vol.9「推敲の大切さ」と「落選したときの気持ち」
2020年11月9日あなたとよむ短歌 vol.8 本当に「こそあど」でいい?
2020年9月9日あなたとよむ短歌 vol.6「体言止め」には要注意
2020年10月9日あなたとよむ短歌 vol.7「語順」を変えてみる
2020年8月7日あなたとよむ短歌 vol.5 いくつもの「読み」
2020年7月9日あなたとよむ短歌 vol.4「ひっくり返す」
2020年6月9日あなたとよむ短歌 vol.3「具体的」にする
2020年5月8日あなたとよむ短歌 vol.2「説明」をやめてみる
2020年4月9日あなたとよむ短歌 vol.1「分かち書き」をやめてみる