公募を探す

あなたとよむ短歌 vol.29 読みやすさも大切に

  • 公募ガイドから
  • 川柳・短歌・俳句

2022.08.01

あなたとよむ短歌

入選を逃した短歌や投稿できなかった短歌などを募集し、歌人・柴田葵さんと一緒に短歌をよむ(詠む・読む)連載。作品は常時募集中です!

柴田 葵 1982年、神奈川県生まれ。元銀行員、現在はライター。「NHK短歌」や雑誌ダ・ヴィンチ「短歌ください」、短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」への投稿を経て、育児クラスタ短歌サークル「いくらたん」、詩・俳句・短歌同人「Qai(クヮイ)」に参加。第6回現代短歌社賞候補。第2回石井僚一短歌賞次席「ぺらぺらなおでん」。第1回笹井宏之賞大賞「母の愛、僕のラブ」。
■作品
プリキュアになるならわたしはキュアおでん熱いハートのキュアおでんだよ
(『母の愛、僕のラブ』より)
vol.29
読みやすさも大切に

梅雨のような天気が戻ってきたり、熱中症が心配になるようなかんかん照りだったり。同じ「夏」でも、数十年前と今とではずいぶんと気候が違う気がします。

貴族たちが和歌をたしなんでいた時代は、さらに気候も違ったんでしょうね。古い文学は当時の風土を伝えてくれます。この夏に生まれる短歌も、未来の人から見ると別の意味で興味深いものになっているかもしれません。なんだかロマンがありますね!

それでは今月も、みなさんの一首を読んで・詠んでいきましょう。

ついでだと寺へ案内してくれる生き仏のような老いたる夫婦
(ゴルゴキャットさん/方代の里なかみち短歌大会応募作品)


「方代の里なかみち短歌大会」は、山梨県甲府市出身の歌人・山崎方代(ほうだい)の名を冠した短歌大会です。甲府市教育委員会が主催ですが、全国から応募可能だそうです。

大正時代に生まれた方代は、太平洋戦争で視力をほぼ失い、各地を転々としながら生きていました。放浪の歌人、漂白の歌人と言われています。方代の平易で素直な口語体の短歌は、現代に生きる私たちの心にもまっすぐに届きます。

柚子の実がさんらんと地を打って落つただそれだけのことなのよ
一度だけ本当の恋がありまして南天の実が知っております
(山崎方代)


さて、ゴルゴキャットさんの応募作を読んでいきます。
旅先でしょうか? 老夫婦は「(何かの)ついでだ」と、お寺まで案内してくれます。作中の主体は、そんな夫婦を「生き仏のような」と表しています。おそらく、老夫婦は「ついで」というほどお寺の方に用があったわけではないと、作中主体も気づいているのでしょう。老夫婦の親切と気遣いに感謝しながら、お寺まで案内してもらう、そんな優しい時間が感じられる一首です。

少し気になるのが、一句目「ついでだと」です。ひらがな5文字で表記しているため、一読した際に「ついで」という単語が浮かび上がらず、意味が読み取りづらくなっています。

短歌は「歌」なので、ぜひ声に出して読みたいものですが、一方で「文字」の文学でもあります。やはり、目で読んだときの伝わりやすさも考慮したいもの。

①「ついで」だと
②「ついでだ」と

いずれかのように、かぎ括弧でくくってみてはいかがでしょうか? 短歌にかぎ括弧を使ってはいけない、というようなルールはありません。音数にもカウントしません。

私としては②のほうが、実際に老夫婦が声にしたセリフのようになり、臨場感が増すような気がします。ついでに、結句も「老たる夫婦」と体言止めにするのを避けてみましょう。

「ついでだ」と寺へ案内してくれる老いたる夫婦は生き仏かな

体言止めはビシッと決まる感覚がありますが、余韻が消えて固い印象を与えがちです。この短歌については、人の優しさや素朴さ、柔らかさが出た方がいいと思うので、語順を入れ替えてみました。どうでしょうか。読みやすさも向上した気がします。

引き続き、一緒に「読む・詠む」短歌を募集中です。コンテストだけでなく、新聞歌壇、雑誌投稿、WEB投稿の短歌(投稿できなかった短歌)もお待ちしています。
来月は連載30回を記念した、短歌コンテストの発表回です。お楽しみに!

 
応募要項
応募規定 ペンネームと、入選を逃した公募タイトル・応募した作品・お題やテーマ(ある場合のみ)をお送りください。
応募方法 応募フォームもしくはTwitterでご応募ください。Twitterの場合は公募ガイド公式アカウント「@kouboguide」をフォローして、ハッシュタグ「#あなたとよむ短歌」をつけてツイートしてください。
※応募者には、弊社から公募やイベントに関する情報をお知らせする場合があります。
採用1点=公募ガイドONLINE上で講評・アドバイス、Amazonギフト券2000円分進呈
締切 常時募集
 
 

バックナンバー

2022年7月1日連載30回記念「あなたとよむ短歌」コンテスト
2022年8月1日あなたとよむ短歌 vol.29 読みやすさも大切に
2022年7月1日あなたとよむ短歌 vol.28 「見る」は「要る」か?
2022年6月1日あなたとよむ短歌 vol.27 半歩踏み込む
2022年5月1日あなたとよむ短歌 vol.26 「固有名詞」を取り入れる
2022年4月1日あなたとよむ短歌 vol.25 公募と作品のミスマッチを防ぐ
2022年3月1日あなたとよむ短歌 vol.24「答え」を言わない
2022年2月1日あなたとよむ短歌 vol.23「心情」を表す方法
2022年1月7日あなたとよむ短歌 vol.22「主体」の存在感
2021年12月9日あなたとよむ短歌 vol.21「視覚情報が8割」というけれど
2021年11月9日あなたとよむ短歌 vol.20 細かな工夫
2021年10月8日あなたとよむ短歌 vol.19 目と耳が驚く短歌
2021年9月9日あなたとよむ短歌 vol.18 風景を取り入れる
2021年8月6日あなたとよむ短歌 vol.17 連作のすすめ
2021年7月9日あなたとよむ短歌 vol.16 57577を守る・守らない
2021年5月7日あなたとよむ短歌 vol.14 1音の可能性
2021年6月9日あなたとよむ短歌 vol.15 メリハリをつける
2021年4月9日あなたとよむ短歌 vol.13 慣用的表現の誘惑
2021年3月9日あなたとよむ短歌 vol.12「テーマ詠」は能動的に
2021年2月9日あなたとよむ短歌 vol.11「意味の重複」に注目
2021年1月9日あなたとよむ短歌 vol.10 内容と構造をマッチさせよう
2020年12月9日あなたとよむ短歌 vol.9「推敲の大切さ」と「落選したときの気持ち」
2020年11月9日あなたとよむ短歌 vol.8 本当に「こそあど」でいい?
2020年9月9日あなたとよむ短歌 vol.6「体言止め」には要注意
2020年10月9日あなたとよむ短歌 vol.7「語順」を変えてみる
2020年8月7日あなたとよむ短歌 vol.5 いくつもの「読み」
2020年7月9日あなたとよむ短歌 vol.4「ひっくり返す」
2020年6月9日あなたとよむ短歌 vol.3「具体的」にする
2020年5月8日あなたとよむ短歌 vol.2「説明」をやめてみる
2020年4月9日あなたとよむ短歌 vol.1「分かち書き」をやめてみる