せきしろの自由律俳句 第46回結果発表

  • 公募ガイドから
  • 川柳・短歌・俳句

2021.01.08

【自由律俳句とは】
自由律俳句は定型にこだわらず(定型ではなく)、しかし、リズムはある俳句。
情景を切り取り、その中に心情を込めてください。

 

結果発表
第46回 課題:ラジオ
 

せきしろの一句

放送中言った合言葉をメモした跡

 

最優秀賞

この町から出たハガキが読まれている
(福岡県 ながれだま 28歳)

この町で売られていたハガキを、この町の人が買って、この町のポストに投函し、この町の郵便局へと運ばれる。当たり前のことではあるが、そんな流れを改めて考えさせてくれる句である。客観的で淡々としていて、それでいて旅情まで感じさせてくれる。
 

 

優秀賞

大根を洗いながら一人で笑う
(神奈川県 廣瀬順子 76歳)

母親が台所で大根を洗っている姿も思い浮かぶし、外で洗っている姿も思いうかぶ。どちらも懐かしくなる光景である。こういう光景にはAMラジオが似合う。「夕方の放送かな?」なんてことも考えてしまう。とにかく笑ってくれているならそれに越したことはない。

 

 
1000円カットにて知る女優の結婚
(埼玉県 バーティカルモンチョーネ 26歳)

私も1000円カットの店に行くことがあって、そこで流れているラジオから、最近の嫁・姑事情やママ友問題を知ることが多い。通っている歯医者ではいつもFMラジオが流れていて、トレンド情報を聞きながら治療を受ける。どちらも他人事として聞いている。
 

 

佳作

ラジオネームだけ読まれた
(和歌山県 中村まふゆ 47歳)

好きな子が聞いていると聴いて
(北海道 てふ子 17歳)

交通情報でしか知らない都会
(秋田県 紀野珍 45歳)

パーソナリティの鼻声が気になる
(北海道 エリンギ 33歳)

ラジオネームのイントネーションが違う
(群馬県 からっぽ 41歳)

絶叫したけどファウル
(東京都 三つ葉 44歳)

80年代が流れる停電
(北海道 夕紫洋 51歳)

雑音が耳をくすぐって行った
(神奈川県 まんまるお月様 14歳)

ロシア語で目覚める朝
(島根県 ヒロ 16歳)

同じ局をずっと聴いているおじいさん
(京都府 NCハマー 44歳)

イヤホンをした兄が急に笑った
(石川県 浅草亭蓮兎 19歳)

ラジオだけが笑っている新築の1K
(東京都 ねむっこ五臓 21歳)

アンテナを東京へ伸ばす
(大阪府 パスカ 33歳)

畑の孤独にラジオ
 (広島県 sora 60歳)

レンタカーにて地方のFM
 (東京都 しまこう 34歳)

積まれた本が音を浴びるだけ
(岐阜県 次元 29歳)

中三の夏休みのヒット曲
(大阪府 heptax 51歳)

イヤホンしてラジオ体操中らしき人
(岐阜県 たかんボ 55歳)

OFFした瞬間に広がる現実
(東京都 太田きなこ 38歳)

祖父の寝室から初音ミク
(長崎県 毎日ハッピー 45歳)

 

今月の総評
『好きな子が聞いていると聴いて』の「聞く」と「聴く」の使い分けが絶妙でたまらない。いつか好きな子が聞いているラジオに、好きな子よりもはまり、やがて投稿まで始め、そして常連になる日がくるかもしれない。『交通情報でしか知らない都会』からは交通情報を読む生真面目な音声が聞こえてきそうだ。同時に知らないジャンクションや行ったことがないトンネルの名前も聞こえてきそうである。『80年代が流れる停電』は停電からラジオを想像させるところが良い。停電の中ラジオから流れてきたのは80年代のヒット曲だったのだろう。不安や戸惑い、懐かしさ等、様々な感情が伝わってくる。『イヤホンをした兄が急に笑った』から、昔深夜放送を聴いていると弟の部屋からも笑い声が聞こえてきたことを思い出した。『ラジオだけが笑っている新築の1K』は引っ越してきた直後の句だろうか。『中三の夏休みのヒット曲』は、私も「この曲は高一の時に聴いていたから86年だ」というように結びつけて覚えているので共感しかない。
 
プロフィール
せきしろ
1970年北海道生まれ。俳人、コラムニスト。芥川賞作家でお笑いタレントの又吉直樹との共著『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』『蕎麦湯が来ない』のほか、『たとえる技術』などの著書がある。
 

イラスト:飯田研人/撮影:賀地マコト

募集要項

自由律俳句は、定型(五七五)ではない俳句です。定型ではありませんが、どこかリズム(律)のある句を募集します。句読点は使わず、俳句らしい味わいを意識して、心にしみるような情景、共感できるような情景を切り取ってください。俳句のもとは俳諧ですから、滑稽味があってかまいません。しかし、笑いだけではなく、しみじみ、ペーソス、人間くさいといった句を期待しています。
 

応募規定
定型(五七五)でない自由律の俳句。
面白コピーの募集ではなく、定型ではない無季俳句。
応募上のご注意
・ペンネームを使わない方は、応募フォームのペンネームの欄に本名をお書きください。
・応募フォームの「年齢」の欄は必ずお書きください。
・応募点数に制限はありませんが、1応募につき1作品とします。
応募規定
作品は未発表作品とし、採用作品の著作権は公募ガイド社に帰属。
応募者に弊社から公募に関する情報をお知らせする場合があります。
最優秀賞1点=5000円(商品券)
優秀賞2点=2000円(商品券)
佳作10点=記念品
公募ポイント
mottomo会員の方は、ログイン後WEBから応募するだけで自動的にポイントがたまります。
応募者全員=5pt追加
【最優秀賞】 さらに50pt追加
【優秀賞】 さらに30pt追加
【佳作】 さらに10pt追加
※応募者全員ポイントの付与は各回ひとり1回までです。
※ポイント付与は結果発表の時期に行われます。
募集中のお題
第48回「休み」
応募期間 12月25日~1月20日

 
第49回「写真」
応募期間 1月25日~2月20日

発表
第48回 3月9日 WEB上
第49回 4月9日 WEB上