せきしろの自由律俳句 第47回結果発表

  • 公募ガイドから
  • 川柳・短歌・俳句

2021.02.09

【自由律俳句とは】
自由律俳句は定型にこだわらず(定型ではなく)、しかし、リズムはある俳句。
情景を切り取り、その中に心情を込めてください。

 

結果発表
第47回 課題:空
 

せきしろの一句

焼酎の空き瓶に映る快晴

 

最優秀賞

地上25センチから犬が見上げる
(埼玉県 クッキーママ 51歳)

25センチという具体的な数字を提示することによって尋常ではないほどの臨場感が生まれる。同時に空の高さ、そして広さが伝わってきて頭の中が空一色になる。犬は空を見て何を思っているのかはわからないが、犬が見てたら私も一緒に見てしまいそうだ。
 

 

優秀賞

曇天がキャッチャーフライを吸い込む
(北海道 みよおぶ 29歳)

モノクロで曖昧な色をした曇天は白球を見事に隠してしまう。ボールを見失ったキャッチャーは、やがて曇天が吐き出すフライを捕ることができたのか、それともできなかったのか。晩秋の河川敷グラウンドで行われている草野球をイメージしてしまう俳句だ。

 

 
ふてくされた中学生が車の窓から見ている
(神奈川県 レモン丸 48歳)

中学生はふてくされるものである。家族と一緒に行動することが嫌になってくる年頃で、そんなところを友達に見られたら大変だ。万が一誰かに見られた時のためにもつまらない態度で武装するしかないのだ。そんな時に見た空の色など覚えてはいない。私も覚えていない。
 

 

佳作

ヤクザも黙る日蝕にっしょく
(大阪府 石川聡 39歳)

ジェット機がチャックを開けている
(神奈川県 廣瀬順子 76歳)

結露の向こう側で晴れている
(東京都 大西麟太朗 19歳)

白鳥の先頭が変わる
(北海道 りーに 36歳)

あの風船はいつ割れるのか
(東京都 遊星 21歳)

大空じゃなかった試しがない
(大阪府 ペンた丸 22歳)

ちょうど虹が見えない
(北海道 エリンギ 33歳)

よく見ても青い
(島根県 ヒロ 16歳)

青すぎて笑う
(はなほし 福岡県 61歳)

UFOを目で追ってたらドブに落ちる
(神奈川県 海辺のトリーヌ 38歳)

影送りを二回
(福島県 きりんのき 18歳)

カーテンから今日が覗く
(東京都 稲葉智子 41歳)

水たまりの中落ちる空。誇らしげに立つ子
(秋田県 羊 25歳)

空を褒め合って会話終了
 (兵庫県 布原夏芽 31歳)

もうジェットコースターからは空しか見えない
 (千葉県 xissa 55歳)

まだ伸びるはしご車
(長崎県 毎日ハッピー 45歳)

見えない天気図が動いて行く
(神奈川県 笹本耕治 70歳)

何もかも忘れた母が空を見ている
(茨城県 海老原順子 66歳)

グラウンドのほうに空がある
(北海道 もより 30歳)

ロケット花火の行方を見守る小さな宇宙飛行士
(神奈川県 未瑛 36歳)

 

今月の総評
『結露の向こう側で晴れている』は冬の日常だ。私の家は今朝もそうだった。凛とした気持ちになる俳句である。『白鳥の先頭が変わる』からは動きが伝わってくる。かつ寒さも伝わってくる。そして静かだ。『あの風船はいつ割れるのか』は空に舞い上がっていく風船を見ながら思ったことだろうか。メルヘンな風景でもあるのにそこを一切排除しているのが良い。『まだ伸びるはしご車』にはまるで子どものような驚きがある。『見えない天気図が動いて行く』は空を見上げながらニュースで見た気圧の動きと重ね合わせているのだろう。『もうジェットコースターからは空しか見えない』は実に臨場感がある俳句だ。ジェットコースターが動き始め、ゆっくりと登っていき、もうすぐ頂点に達するところは空しか見えない。想像しただけで緊張してくる。『グラウンドのほうに空がある』は何だか懐かしくて不思議な気持ちになる。空は野外ならたいていのところにあるだろうが「グラウンドのほうにある」と言われたらそこにしかないような気になるのはどうしてだろう。ちょっとした智恵子抄のようである。
 
プロフィール
せきしろ
1970年北海道生まれ。俳人、コラムニスト。芥川賞作家でお笑いタレントの又吉直樹との共著『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』『蕎麦湯が来ない』のほか、『たとえる技術』などの著書がある。
 

イラスト:飯田研人/撮影:賀地マコト

募集要項

自由律俳句は、定型(五七五)ではない俳句です。定型ではありませんが、どこかリズム(律)のある句を募集します。句読点は使わず、俳句らしい味わいを意識して、心にしみるような情景、共感できるような情景を切り取ってください。俳句のもとは俳諧ですから、滑稽味があってかまいません。しかし、笑いだけではなく、しみじみ、ペーソス、人間くさいといった句を期待しています。
 

応募規定
定型(五七五)でない自由律の俳句。
面白コピーの募集ではなく、定型ではない無季俳句。
応募上のご注意
・ペンネームを使わない方は、応募フォームのペンネームの欄に本名をお書きください。
・応募フォームの「年齢」の欄は必ずお書きください。
・応募点数に制限はありませんが、1応募につき1作品とします。
応募規定
作品は未発表作品とし、採用作品の著作権は公募ガイド社に帰属。
応募者に弊社から公募に関する情報をお知らせする場合があります。
最優秀賞1点=5000円(商品券)
優秀賞2点=2000円(商品券)
佳作10点=記念品
公募ポイント
mottomo会員の方は、ログイン後WEBから応募するだけで自動的にポイントがたまります。
応募者全員=5pt追加
【最優秀賞】 さらに50pt追加
【優秀賞】 さらに30pt追加
【佳作】 さらに10pt追加
※応募者全員ポイントの付与は各回ひとり1回までです。
※ポイント付与は結果発表の時期に行われます。
募集中のお題
第49回「写真」
応募期間 1月25日~2月20日

 
第50回「買い物」
応募期間 2月25日~3月20日

発表
第49回 4月9日 WEB上
第50回 5月8日 WEB上