ハンドドロー川柳 第3回結果発表

2021.08.03

公募ガイド公式Twitterにて募集した「ハンドドロー川柳」。
第3回テーマ「掃除」の審査結果を発表します。
ハンドドロー川柳も今回で最終回となります。ありがとうございました!
総評
最終回ということもあり、写真や手書き文字に多種多様な工夫が。第2回テーマ「家電」に比べ、人の感情を強く感じるものが多かったように思われます。
掃除をする理由は人それぞれ。掃除をする対象も汚れだけではありません。面倒な掃除も、実は奥が深いのかもしれないと気づかされました。

 懐かしい時間を呼び戻すものは誰にでもあるはず。手に取ると、その記憶がありありと目に浮かぶせいで、なかなか手放せないもの。
 掃除とは自身から見た価値の取捨選択です。周りから見たら価値がなくても、自分には宝石に見える。この貝殻が輝いているのは、添えられた歌のちからですね。

 本の背表紙にリズムよく書かれた一句。本を減らそうといくら吟味しても、どれひとつとして不要な本はなく……。
 「マンガ」とうまく絡めた本棚の写真の発想力も素晴らしいのですが、少しずつ高さをずらして書かれた細さの異なる文字、一冊だけ斜めな本、強いこだわりを感じます!

 朝日に照らされた舞い上がるほこりを見て、ふと掃除を思い立つのでしょうか。きらきら輝く景色に、少しだけ「きれいだな」と思うこともあるかも。
 スローな動きのほこりと鼓動、ゆったりとした一句に、掃除のせわしないイメージを打ち壊された気がします。