公募を探す

Q. 華やかなメジャー作品に憧れがあります。 佐渡島庸平の創作お悩み相談

  • 公募ガイドから
  • ALLジャンル

2022.08.01

『ドラゴン桜』、『宇宙兄弟』など、今まで数多くのヒット作を手掛けてきた佐渡島庸平さん。
創作中に生まれるお悩みに、佐渡島さんが答えます!
モチベーションの保ち方やアイデアの発想方法、表現に関することなど、みなさんの赤裸々な悩みをお寄せください。
<お悩み>

学生時代から音楽活動をしています。ブランクがあった時期もありますが、最近はネットでコミュニティ向けに作品を作っています。金銭的報酬がなくても、喜んでもらえると充実感があり、このまま活動を続けてみようかと思っています。とはいえ、華やかなメジャー作品に憧れがあり、いつかそのような作品に参加できたらとも思います。
年齢の面も含め、このような活動方針についてどう思われますか。
また、無理せず活動を続けていくコツはありますか。
たもつ(沖縄県・49歳)


<佐渡島庸平さんの回答>

メジャーデビューしている人のほうがアマチュアより優れているということはありません。もし料理が趣味であれば、作って食べることを楽しみますよね。人が食べてくれたら嬉しいと感じる。それが一番幸せなことだと感じませんか。
料理が楽しいからメジャーデビュー、つまりレストランを開く必要はないはずです。今、生活のためではなく、創作の喜びに集中できているのだから、環境を変える必要はないのではないでしょうか。逆にプロになって稼ごうとすると、多くの人が「収入が少ない」といってやめてしまう。でも、趣味なら、この先何十年も創作を楽しめるんです。
佐渡島庸平

1979年生まれ。株式会社コルク代表取締役会長。編集者、経営者。 大学卒業後、講談社「週刊モーニング」編集部にて『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などの編集を担当した後、2012年にコルクを創業。

相談募集中!

第2回募集期間 
7/8~8/14

応募要項
募集内容

赤裸々な創作のお悩み・疑問を募集します。

「中学生の時から創作を続けていますが、なかなか受賞できません。最近、創作仲間と話しているうちに、制作中の自分の作品がつまらなく思えてしまいます。本当に面白いアイデアか見極める方法ってあるんでしょうか」

「感情表現がワンパターンになってしまいます。喜びの感情だったら、登場人物に『嬉しい』と言わせたり、にっこり笑わせたり。感情をうまく表現するコツなどはあるのでしょうか」

上記の例のように、あなたのこと・創作の悩みを、
200字程度で詳しく教えてください。

応募方法

郵送、WEBで応募。

● 郵送
郵便番号、住所、氏名(ペンネームの場合はカッコ内に本名)、年齢、電話番号、メールアドレスを明記のうえ、下記までご応募ください。
〒105-8475(住所不要)公募ガイド編集部「創作お悩み相談」係

● WEB
応募フォームからご応募ください。

応募規定

郵送は1通3点、WEBは1通1点。応募点数制限なし。
質問は趣旨を変えない範囲で要約、加筆修正することがあります。

採 用

2~3点=Amazonギフト券1000円分

掲 載

第2回 公募ガイド秋号(10/8発売予定)

締 切

7/8~8/14(消印有効)

お問い合わせ先

不明点は、公募ガイド編集部「創作お悩み相談」担当まで、
こちらからお問い合わせください。