あの特集をもう一度!誰でもタダ読みキャンペーン第2弾

  • 公募ガイドから

2021.12.09

公募ガイドは2022年4月発売号から季刊としてスタートします。
そこで、過去5年分の特集の中から「これだけはもう一度読んでほしい!」
というイチオシを、編集部メンバーそれぞれが選びました。
特設サイトで誰でも読むことができるとともに、読者投票も行います!
あなたにピッタリの特集はどれでしょう!?
 
澤田香織
机や棚の上はもちろん、床や、何かと何かの隙間にまで浸食している本たち。愛しいなあ。
 
2017年10月号
その作品、みんなとかぶってますよ

応募作品の9割が一次選考で落ちるという現実にどう立ち向かうか? 公募を楽しみたい人にとって避けては通れない、最初の大きな壁ですね。田丸雅智さんによる「誌上ショートショート講座」も収録!

 
2018年5月号
小説新人賞受賞の条件

作家デビューの王道であり、憧れでもある「新人賞受賞」。長年、選考委員を務めてきた保坂和志さんと中島京子さんに、受賞する作品に必要なもの、小説の新しさや個性について伺いました。何度も読み返したい!

 
2019年8月号
小説家を目指すなら、原稿用紙30枚をものにせよ!

公募ガイドの掌編小説募集(原稿用紙5枚)に応募している人が、次に目指すべきは何枚? というところから発想した特集。原稿用紙30枚の短編小説を書くことで、アイデア力、構成力、文章力が格段にアップします!

 
 
黒田清
朝ドラ、大河、ドラマ10、土曜時代劇。ドラマはNHK。民放は真犯人フラグが断トツにいい!
 
2018年7月号
詩を書こう

詩の書き方を説明するために、近代詩、現代詩、ライトバースなどをなるべくたくさん読んで引用しました。最果タヒさんのインタビューに加え、詩人になる方法も収録しています。詩作ファン方、ぜひともお手元に!

 
2019年11月号
その小説に“謎”を!

どんな小説も結末の謎で物語を牽引する。ミステリーはもはやジャンルではなく手法。そんなミステリーを学んで作品を面白くしようという意図で企画しました。倒叙、伏線、ミスリード。ミステリーでなくても生かせます。

 
2020年3月号
小説・エッセイ主流と本質がわかる!

「物語は破綻してはいけない」と言う人もいれば、「破綻していい」と言う人もいます。ことほどさように方法論には真逆が存在します。題目だけ覚えるのではなく、本質を理解しないと危険だという意図で企画しました。

 
 
甲斐いづみ
蜂が主役やモチーフになっている物語が好き。勝手に「蜂文学」と名付け集めている。
 
2018年3月号
きむらゆういち&原ゆたか童話教室

「あらしのよるに」のきむら先生と「かいけつゾロリ」の原先生による童話教室。お二人の創作術について具体的に教えていただいています。「童話作家ほどステキな商売はない」と話すきむら先生が素敵です。

 
2021年3月号
夏井いつきの俳句キット

「プレバト!」で大人気の俳人・夏井いつき先生による俳句キット。夏井流を完全伝授していただきました。「季語ってなに?」「俳句なんて作れない!」と思っている初心者さんにこそ読んで欲しい特集です。

 
2021年10月号
書きたいのに書けない

アイデアはあるのに、気持ちはあるのに、書けない。多くの方が経験あるのではないでしょうか。そんな「書けない」に焦点を当てました。上橋菜穂子、佐藤究、千葉雅也とインタビューにも力を入れた号です。

 
 
田中佑季
たまに友人と文通をしている。万年筆やインク、レターセットを選ぶ楽しさに目覚めた。
 
2017年12月号
絵心ある人、全員集合!

イラスト制作は少しコツを掴めばぐんぐん上達します。手帳にかわいいワンポイントイラストを描きたい人にもおすすめ。公募ガイドマスコットのヒルモとヨルモの生みの親、坂崎千春さんのインタビューも。

 
2019年4月号
文章力とは“自問自答力”だ!

いかに自分にツッコミを入れられるかが文章力を鍛えるカギ。基本的な5W1Hが不足していないか、思い込みで書いてしまいがちな文脈など、自問自答を繰り返す思考方法を紹介。

 
2020年11月号
SNSエッセイ漫画キット

「エッセイ漫画って意外と簡単かも!」と思えてくる特集です。4コマ漫画は絵の上手さではなく、構成次第。身近に起こった出来事を絵日記のように描くだけでオッケー! まずは紙とペンで気軽に始めてみませんか。