【PART1】たった40分で誰でも必ず小説が書ける 超ショートショート”誌上”講座

  • 雑誌連動企画
  • 文芸

2017.09.14

公募ガイド10月号(9/8発売)では、「その作品、みんなとかぶってますよ」と題し、いかに発想を広げるかという特集を組んでいます。
その中で、ショートショート作家の田丸雅智さんを講師として迎え、「たった40分で誰でも必ず小説が書ける超ショートショート“誌上”講座」をやってもらいました。
ここでは、公募ガイドには盛り込めなかった部分も含め、さらに詳しく解説します。
公募ガイド10月号と併せてお読みください。

【講師】 田丸雅智(ショートショート作家)

Profile

たまる・まさとも。87年、愛媛県生まれ。東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。新世代のショートショートの旗手として活躍。『夢巻』『海色の壜』など著書多数。

【受講者】

ショートショートを作る3つのステップ

田丸

みなさん、こんにちは。田丸と申します。
本日は、みなさんにショートショートを作ってもらいたいと思います。その前にショートショートの定義ですが、ぼくの講座ではショートショートを、「短くて不思議な物語」と定義しています。いろいろな考え方がありますが、一番大事なのは楽しむことです。定義についてはあまり深く考えず、リラックスして創作に臨んでください。
では、まず手順について簡単に説明します。

 

ステップ1 不思議な言葉を作る
ステップ2 不思議な言葉から想像を広げていく
ステップ3 想像したことを短い物語にまとめる

 

不思議な言葉というのは、たとえば、「発電に使えるタコ」や「ぽかぽかする傘」といった言葉です。「それ、知ってる」という人はいませんよね。
「それ、何?」と思う言葉です。
そういった言葉を作ります。
それでは、ステップ1「不思議な言葉を作る」から。

 

(1 )まず、好きな名詞を20個書き出します。
今回は「秋」をテーマにして、「秋」から連想する名詞を20個書き出してください。
もし途中で詰まってしまったら、周囲を眺めてみたり、辞書をめくってみてください。
どんな名詞でもかまいません。
制限時間は3分です。
それでは始めてください。

 

―― 3分経過 ――

 

できましたか?
それでは、この20個の名詞の中から1つ選び、丸をつけてください。

名詞を探して書いてみよう
赤とんぼ どんぐり
さんま ぎんなん
お彼岸 黄色
紅葉
さつまいも ハイキング
台風 芋煮会
稲刈り マラソン
芸術
コスモス 学芸会
カシオペア座 オレンジ色


(2)
次に、(1)で選んだ名詞から連想されることを10個書き出してください。

10個は、「秋」に関することでもいいですし、関係ないことでもかまいません。
制限時間は4分です。
それでは始めてください。

名詞から思いつくことを書いてみよう
祖父母
コンバイン
お昼ゴハンがおいしい
農協
泥だらけの手足
新米を楽しみに待つ親戚
達成感
一致団結
疲労と睡眠
冬がくるなあ……

 

不思議な言葉を作る

田丸

次に、(1)で書いた名詞20個の中の選ばなかった名詞と、(2)で連想した10個を組み合わせて不思議な言葉を3つ作ります。

 

たとえば、「タコ」という名詞と、「発電に使える」という「太陽」から連想した言葉があるとします。この2つを組み合わせて、「発電に使えるタコ」という言葉を作る、といった具合です。

 

あるいは、「マグマみたいな鏡」でもいいですし、「夕焼けたんす」でもかまいません。
ありえない、という言葉を作ってみてください。

 

このとき、少し言葉を変えて「発電するタコ」のようにしてもかまいませんし、
もっと言うと、「組み合わせるんだったら、タコではなく、紙コップがよかった」というのなら、「紙コップ」に変えてしまって全然かまいません。
不思議な言葉ができれば、それでかまいません。

 

「それってどういうもの?」と思うような言葉を作りましょう。
組み合わせるものが遠いほど、不思議な言葉になります。

受講者が考えた不思議な言葉

田丸

どうですか。うまく作れそうですか。
(後藤さんのワークシートを見て)
たとえば、「お昼ごはんがおいしい」と「赤とんぼ」を組み合わせ、
「お昼ごはんがおいしい赤とんぼ」とか。
「泥だらけの手足」の場合は、「手足」をとってしまって、「泥だらけの」と組み合わせると……どれか面白い言葉はありますか?

後藤

「泥だらけのカシオペア座」
(一同爆笑)

田丸

そうそう、そういうことなんですよ。
「新米を楽しみに待つ親戚」なら、
「新米を楽しみに待つ台風」とか、「新米を楽しみに待つ学芸会」とか、わけわかんないじゃないですか。それでいいんですよ。 さて、みなさん3つの不思議な言葉ができたようですので、発表してもらいましょう。

「吉田拓郎トンボ」
「ジャズ山」
「掃除が大変なススキ」

田丸

ああ、いいですね。ばっちりです。

濱田

「ドラキュラそば」
「さつまいもでできたかぼちゃ」
「渋谷で山登り」

田丸

ほう、いいですね。

後藤

「新米を楽しみに待つ台風」
「泥だらけのカシオペア座」
「冬が来るなあと思うカシオペア座」

田丸

いいですね。同じ言葉でも組み合わせが違うと全然ニュアンスが違うんですね。ばっちりです。

三浦

「海の月という名前のきのこ」
「漂っている秋祭り」
「夕焼け大量発生」

田丸

全部素晴らしい。なんかこんな感じで、もうストーリーが膨らみそうですね。
ここまでがステップ1です。

※part2 へ続きます!