結果発表

  • ノンセクション
  • アイデア

小さな村ビジネスアイディアコンテスト 「丹波宿通り復興アイディア」募集

応募総数
40点
主催
丹波山村
> 募集要項はこちら
  • 最優秀賞

    10万円

    「星が降る里 丹波山」 春山 雅昭(東京都)

    (ビジネスアイディアより一部抜粋)
    ●江戸時代、甲州裏街道は青梅から大河内・丹波山を抜け甲府へ、大菩薩峠越えの山道として栄えた街道です。多く人が行き来したこの街道の中心的な存在だったのが、丹波宿でした。行きかう人たちはここで荷を解き、情報交換をし、いつも新しい時代を感じたといいます。武田信玄の軍事力を養ったという黒川銀山があり、黄金が沢山採掘されたと言われます。銀河の流星が鶏冠山に流れ込み、多くの財宝になったという伝説があり、満天の星が美しい宿場町でした。実は、この宿に星にまつわる5つの物語があると言われています…
    ●このアイデアのゴールは5つの絵とストーリーを2020年までに完成させることです。このストーリーが完成した時に海外からの来村者を含めて、多くのアニメワールドのフアンを村へ呼び込むことが出来ます。
    この版画絵で限定100枚の半纏を制作し、その製品を返礼品にしてクラウドファンディングで次回作の100万(一人1万)を集めます。この作業を5回繰り返して、5つの版画とストーリーを完成させます。この5つの物語が版画や屏風など諸々の販促品となって、丹波宿活性化の大きな戦略とすることが、このビジネスアイデアの主旨です。

新着公募情報

はお気に入り登録された件数です。

〆切ジャンルタイトル