学ぶ

課題を提出、講師の講評を参考に次の課題に取り組む。
その繰り返しが着実に力を伸ばします。半年~1年で修了するカリキュラムです。

絵本

はじめての絵本講座

自分だけの絵本を作ってみたい!というご要望にお応えして、「はじめての絵本講座」がスタート。テキストに沿って学べば、あなただけの絵本が出来上がります。思い描いていた夢を形にしてみませんか。

 

野崎麻理(ブックデザイナー)

38,880円(全6回/テキスト代込み)

講座内容

  • 課程1

    絵本製作の基礎知識

    「絵本を作りたい」と思っても、何からはじめたらいいのかわからないことも多いと思います。まず最初に絵本に関する基礎知識を学び、次にお話作り、絵作りとステップに分けて絵本を作り上げていきます。
     

  • 課程2

    絵本を読んでみよう

    絵本作家がどのような工夫をして、楽しく読める絵本を制作しているのかについて研究します。まず、できるだけ広いジャンルの、タイプの異なる絵本を読んでみましょう。良質な絵本に数多く触れることが、ストーリー展開、絵の見せ方など、いろいろな発見につながり、絵本を制作するときの糧となります。
     

  • 課程3

    物語を書いてみよう

    いよいよ絵本制作に入っていきます。前回までの講義から、まずは、どのような読者に読んでもらいたいか、どのような主人公がでてくる、どのような世界のお話にするかなどを整理して、物語を書いてみましょう。
     

  • 課程4

    ミニスケッチを作ろう

    絵のプランも具体的に描き、物語と構成して、絵本の形の土台を作っていきます。まずは、ページを割り付けるために、絵と文章を組み合せたミニスケッチを作りましょう。ミニスケッチはページの一覧表なので全体の構成を把握するのに役立ちます。
     

  • 課程5

    ダミー本を作ろう

    実際の絵本のようにページをめくることができる「ダミー本」を作ってみましょう。これまで平面的なイメージをメインに作成してきたものを、実物のように綴じた形とすることで、ページの流れ、読みやすさ、前後関係など、全体の流れをより体感的に理解することができることでしょう。
     

  • 課程6

    絵本を作ろう

    これまで積み重ねた計画にもとづき、製本キットを使った本制作を行います。伝えたいメッセージがきちんと伝わるような、いい絵本を制作していきましょう。
     

講師のご紹介

  • 野崎麻理(ブックデザイナー)

    東京都生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。装幀家菊地信義氏に師事。講談社、集英社などの書籍の装幀、「こどもちゃれんじ」の表紙デザイン等約500点を手がける。現在武蔵野美術大学非常勤講師「絵本」担当。こどものアトリエ「かいどりやまアートスタジオ」主宰。

受講料金

 

38,880円(全6回/テキスト代込み)