学ぶ

課題を提出、講師の講評を参考に次の課題に取り組む。
その繰り返しが着実に力を伸ばします。半年~1年で修了するカリキュラムです。

小説

編集者が教える小説講座

小野不由美など数々の作家を育てた編集者が、プロになるために知っておくべき心得から指導します。

※この講座は、「語り部になるために」小説講座を全面リニューアルしたものです

菊池優(きくち・まさる)

¥30,240(テキスト代込み/全6回)

講座内容

  • 課程1

    まずテーマありき

    「いま、自分が一番書きたいテーマ」で作品を書く。

  • 課程2

    魅力的なキャラクターを創り出しましょう(主役編)

    「魅力的な主人公」の登場する作品を書く。

  • 課程3

    魅力的なキャラクターを創り出しましょう(脇役編)

    主役にプラスして、「魅力的な脇役(相棒・ライバル・敵、等々何でも可)」が登場する作品を書く。

  • 課程4

    面白いストーリーとは?

    「ホラー」というジャンルで作品を書く。

  • 課程5

    作品づくりの心得あれこれ

    「ジャンボ宝くじの賞金10億円が当たった」想定で、できるだけ夢のある使い方を含んだ作品を書く。

  • 課程6

    取材及び資料活用のススメ

    第1回目の課題と同じ「いま、自分が一番書きたいテーマ」で作品を書く。
    ただし、実際に足を運んで取材をする、資料を紐解いて深い部分を調べるなどをの工夫をする。

講師のご紹介

  • 菊池優(きくち・まさる)

    岩手県釜石市出身、1952年生まれ、青山学院大学卒業後、「(株)スタジオシップ(現・小池書院)/マネージャー課」に約5年間勤務。
    その後、「(株)ピンポイント(キティレコード系列の出版社)」に約10年間勤務。2年間フリーの編集者をした後、’95年1月に(株)シップス入社。現在に至る。
    2007年4月より2013年3月末まで、東京工芸大学・芸術学部・マンガ学科で教壇に立つ。
    マネージメントを担当した主な作家
    我孫子武丸、小野不由美、坂元純、霜島ケイ、涼風涼、竹本健治、西谷史  ほか

受講の流れ

  • 1

    お申し込み後1週間以内に全6回分のテキスト(課題付き)をお送りいたします。

  • 2

    テキストで学び、課題をご提出ください。

  • 3

    3~4週間で課題と講評をご返送いたします。

  • 4

    次の課題をご提出ください。

  • 5

    第6回の課題と講評が戻ってきたら修了です。修了証を進呈いたします。

受講料金

 

¥30,240(テキスト代込み/全6回)

※受講料には、テキスト費、添削費、消費税、テキストの送料が含まれています。
受講料以外では、課題提出の際の送料のみご負担いただいております。