三大噺で鍛えよう!

2018.05.22

先日「ストーリーの組み立て方入門」講座の藤咲あゆな先生とお目にかかってきました。
締切を毎月何本も抱えているお忙しい先生。以前は専門学校で講師をされていたそうです。

その時に受け持っていた授業で必ず行っていたのが、お題を3つ出し、800字以内のストーリーを1時間で書かせるというもの。
「夕暮れ・キス・教室」というお題を出すと、ストレートに放課後に男女がキスをする話を書く生徒もいれば、魚のキスを持ち出してくる生徒もいたとか。

最初はなかなか書くことができない生徒も何度も何度も三大噺に取り組むうちにお題から物語を組み立てる力がメキメキと付いていったそうです。
現在ご担当いただいている公募スクールの講座でも2回目の課題として三大噺を提出していただいています。

最近、ストーリづくりに行き詰まりを感じている方、ぜひご家族や友人に言葉を3つ挙げてもらい、それをもとにストーリーを作ってみると、意外とご自分の小説作りにも役に立つかもしれませんよ。

藤咲あゆな先生の新刊情報もぜひご覧ください。